秋山の写真   

2010年 02月 27日

c0219866_11481928.jpg
c0219866_11483268.jpg

c0219866_13511856.jpg

c0219866_13513349.jpg

c0219866_1225873.jpg
c0219866_123139.jpg

c0219866_1233293.jpg

c0219866_1234919.jpg
c0219866_124450.jpg
c0219866_18494111.jpg
c0219866_1062014.jpg
c0219866_18495532.jpg
c0219866_1241411.jpg
c0219866_1781339.jpg
c0219866_1357051.jpg

c0219866_1245078.jpg

c0219866_125571.jpg

c0219866_1251912.jpg

c0219866_12123386.jpg
c0219866_12124842.jpg
c0219866_1213019.jpg
c0219866_12131288.jpg
c0219866_14195861.jpg

c0219866_12132560.jpg
c0219866_1213413.jpg

c0219866_1665450.jpg
c0219866_16757.jpg
c0219866_1672030.jpg
c0219866_1673112.jpg
c0219866_1674269.jpg
c0219866_1675357.jpg

c0219866_168495.jpg
c0219866_1681438.jpg

# by nakatuminesan | 2010-02-27 12:14 | 秋の山(写真) | Comments(0)

夏山の写真   

2010年 02月 27日

c0219866_18473657.jpg

c0219866_12444372.jpg

c0219866_12445699.jpg

c0219866_18475119.jpg

c0219866_1851721.jpg

c0219866_1851255.jpg

c0219866_18514226.jpg

c0219866_18521083.jpg

c0219866_18324158.jpg

c0219866_18325151.jpg

c0219866_1833446.jpg

c0219866_18331879.jpg

c0219866_18332741.jpg

c0219866_18584975.jpg

c0219866_1859578.jpg

c0219866_9503464.jpg

c0219866_9504988.jpg

c0219866_1735327.jpg
c0219866_174226.jpg
c0219866_1744995.jpg
c0219866_175545.jpg
c0219866_13532895.jpg
c0219866_1353414.jpg
c0219866_13535380.jpg
c0219866_13543731.jpg
c0219866_1150204.jpg

c0219866_11503274.jpg
c0219866_11504313.jpg

c0219866_11505677.jpg

c0219866_1944356.jpg
c0219866_1945487.jpg
c0219866_195487.jpg
c0219866_1951376.jpg
c0219866_1952332.jpg
c0219866_1953162.jpg
c0219866_1954011.jpg

c0219866_11515661.jpg

c0219866_1152880.jpg
c0219866_1152174.jpg
c0219866_18564133.jpg
c0219866_18555555.jpg
c0219866_11523380.jpg

c0219866_11524949.jpg
c0219866_1153322.jpg

c0219866_11532073.jpg

c0219866_11533945.jpg

c0219866_11535469.jpg
c0219866_11511082.jpg

c0219866_1154784.jpg
c0219866_11541986.jpg

c0219866_18583983.jpg
c0219866_1858487.jpg
c0219866_18585772.jpg
c0219866_11544623.jpg
c0219866_1155021.jpg
c0219866_11551344.jpg

c0219866_11543466.jpg

# by nakatuminesan | 2010-02-27 11:56 | 夏の山(写真) | Comments(0)

春山の写真   

2010年 02月 27日

c0219866_11355321.jpg

c0219866_11364993.jpg

c0219866_170377.jpg

c0219866_19353099.jpg
c0219866_19354463.jpg

c0219866_11372612.jpg

c0219866_11404641.jpg

c0219866_1658015.jpg

c0219866_16554327.jpg

c0219866_11341315.jpg
c0219866_11331768.jpg
c0219866_11374945.jpg

c0219866_11304152.jpg
c0219866_18424629.jpg
c0219866_11302798.jpg
c0219866_18425792.jpg
c0219866_1843713.jpg
c0219866_1843177.jpg
c0219866_11311688.jpg

c0219866_18432555.jpg

c0219866_1132173.jpg

c0219866_11325649.jpg

c0219866_18432238.jpg

# by nakatuminesan | 2010-02-27 11:41 | 春の山(写真) | Comments(0)

3月の計画   

2010年 02月 26日

2月28日(日)・・・大山(雪山登山 行動7時間)集合5時

3月5日(金)・・・日ノ丸山~城ノ丸山(中級 行動5時間)集合7時

3月20日(土)~21日(日)・・・乗鞍岳(雪山登山 長野)
★20日は位ヶ原山荘に宿泊し、21日は剣ヶ峰に登ります。
詳細はお問い合わせください。
c0219866_7463174.jpg

3月27日(土)~28日(日)・・・大日ヶ岳~荒島岳(雪山登山 岐阜・福井)
★27日は大日ヶ岳に登り九頭竜平成の湯でテント泊、28日は荒島岳に登ります。
詳細はお問い合わせください。
c0219866_7502171.jpg

2月26日現在、以上の計画が決まっています。

※いずれの計画も登頂できそうにない天気予報の場合は計画を延期します。

★雪山登山は積雪やルートにより、スノーシューが必要となります。
 スノーシューはレンタル(1日1000円)があります。

3月の雪山の計画として
①三嶺
②天狗塚
③石鎚山(愛媛県)
④西赤石山(愛媛県)
以上を予定していましたが、今後の降雪に期待できません。

四国外では
⑤西穂高岳(岐阜・長野)・・・参加者3名で3月中に実施します。
詳細はお問い合わせください。

⑥氷ノ山(兵庫県)・・・氷ノ山国際スキー場閉鎖後(3月中旬以降)に実施します。
c0219866_7475514.jpg


その他に日は未定ですが3月から4月は
山姥岳~ボタモチ山~青ノ塔(中級 行動8時間)
剣ノ山~天狗岳(中級 行動7時間)
山姥岳~ボタモチ山~平家平(中級 行動8時間)
カロート山~六郎山(中級 行動6時間)
西之川~瓶ヶ森~東之川(中級 行動7時間)
五剣山(初級 行動4時間)
甚吉森~西又山(中級 行動8時間)
赤城尾山~行者山(中級 行動7時間)
虎丸山(初級 行動3時間)
などを予定しています。

日程が決まればお知らせします。

※※※この「お知らせと募集企画」は1週間に1度程度アップします。

# by nakatuminesan | 2010-02-26 22:20 | Comments(0)

ナマステ   

2010年 02月 25日

「ナマステ」はネパールやインドで交わされる挨拶の言葉である。
「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」を意味するから便利な言葉である。
我々は簡単にナマステと挨拶するが、もともとは手軽な挨拶言葉ではないそうだ。
ナマステのナマは、仏教でいう南無阿弥陀仏や南無妙法蓮華経の南無と同じ語源を持つ"ナマ"であって、ナマステの"テ"はあなたにという意味だから、"あなたに仏様のご加護がありますように"というような意味合いの言葉だそうだ。
本来はしっかりと両手を会わせて、ナマステとまじめにゆっくり節度を持って合掌をしなくてはいけない。
c0219866_12201534.jpg

ネパールの山岳に住む人たちは厳しい環境のなかで暮らしている。
声をかけると小さな子供でさえ両手を合わせて「ナマステ」と挨拶をしてくれる。
貧しい生活のように見えるが、自然の恵みに感謝し誇りを持って暮らしている力強さを感じる。
c0219866_1229476.jpg

c0219866_1229312.jpg

外国からの観光客が増えたネパールでは、その人たちに対して気軽にナマステを使うようになった。
c0219866_12214855.jpg

ヒマラヤトレッキングでは各国のトレッカーたちが「ナマステ」と声を掛け合う姿は明るく楽しい。

# by nakatuminesan | 2010-02-25 12:29 | ヒマラヤ | Comments(2)

天気図   

2010年 02月 24日

もう何十年も天気図を書かないが、昔はよく書いていた時期があった。
2、3日間の山なら入山前の天気予報で間に合うが、一週間ともなると天気図から自分で先の天気を予想する必要があった。

天気図は気象通報を聞いて書く。
ラジオの気象通報はNHK第2放送で毎日3回放送している。
放送時間は9:10~9:30(午前六時の天気)、16:00~16:20(正午の天気)、22:00~22:00(午後六時の天気)。
放送内容は各地の天気、船舶の報告、漁業気象、等圧線である。

各地の天気・・・日本および周辺各地54箇所の風向、風力、天気、気圧、気温を放送する。
石垣島から始まりロシア、中国など、そして富士山で終わる。
たとえば「石垣島では南南東の風、風力3、天気晴れ、気圧1012ヘクトパスカル、気温22度」というように放送される。

船舶の報告・・・船舶や海上のブイが観測した風向、風力、天気、気圧を放送する。
たとえば「日本の南の北緯28度、東経133度では、東の風、風力4、天気曇り、気圧1006ヘクトパスカル」。

漁業気象・・・低気圧、高気圧、前線などの位置を緯度、経度で放送する。
たとえば「北緯38度、東経131度には、992ヘクトパスカルの低気圧があって東北東へ毎時30キロで進んでいます」。
また暴風域や霧などの範囲を緯度経度で放送する。

等圧線・・・日本付近を通る1、2本の等圧線を緯度、経度で放送する。

天気図が2枚でてきた。
1枚は昭和54年3月7日12時。
立山から槍ヶ岳までの単独スキー縦走のとき。
書いた場所は覚えていない。
移動性高気圧が日本を覆い、典型的な春の天気だ。
c0219866_1674555.jpg



もう1枚は昭和56年12月29日12時。
北鎌尾根から槍ヶ岳のとき。
27日は湯俣泊、28日は北鎌尾根のP5泊、29日は独標を越え槍ヶ岳冬期小屋だったと記憶している。
槍の冬期小屋で書いたものだろう。
まずまずの天気のおかげで楽に北鎌尾根を登れたことと、日本海を低気圧が通過中で翌30日は冬型となることがよく分かる。
c0219866_161033.jpg

# by nakatuminesan | 2010-02-24 16:13 | 山のあれこれ | Comments(0)

2010.2.22甚吉森~湯桶丸   

2010年 02月 23日

老朽化により通行禁止となった吊橋を1人ずつ渡る。
c0219866_11155069.jpg

山頂まで植林されていて、ジグザク道は展望もない。
c0219866_11161637.jpg

山頂からの展望を期待したが剣山方面は雲がかかっている。
c0219866_11164249.jpg

ここから見る湯桶丸はずいぶん遠くに感じる。
c0219866_1117898.jpg

スズダケが枯れた徳島・高知県境稜線は歩きやすい。
c0219866_11175224.jpg

ヒメシャラやブナが林立するP1308m東の広い尾根は雰囲気のいい所だ。
c0219866_1118285.jpg

P1322mからはハイウェイとなる。
c0219866_11185259.jpg

立ち枯れの杉は高さ20mはあろうか。
c0219866_11191928.jpg

標高1230mにある大杉(おばけ杉と呼ばれる)。
樹高はそれほどでもないが何本にも枝分かれしていて珍しい。
幹周8m27cm。
c0219866_11195450.jpg

標高点1331で県境稜線を離れる。
直線距離で1キロの湯桶丸だがアップダウンの繰り返しがあり遠い。
左から神戸丸、金瀬、吉野丸、鰻轟山、請ヶ峰
c0219866_11203795.jpg

1210mの鞍部からは最後の登りとなる。
やはり縦走は楽しいという声が山頂で聞かれる。
赤城尾山~行者山や甚吉森~西又山なども計画したいルートである。
湯桶丸からの甚吉森
c0219866_11212513.jpg
 
次郎笈~剣山~一ノ森が霞んで見える。
c0219866_11215294.jpg

今日一番の難所となった林道湯桶平井線。
c0219866_11222116.jpg


天候:曇り時々晴れ
登山口8:05・・・10:05甚吉森10:15・・・11:15P1308m11:45・・・12:05P1322m・・・12:35P1269m・・・12:45大杉12:55・・・13:50P1331m・・・15:00湯桶丸15:10・・・16:00登山口・・・林道湯桶平井線・・・17:20林道合流点

# by nakatuminesan | 2010-02-23 11:27 | 山行報告(中級) | Comments(0)