<   2017年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧   

大晦日   

2017年 12月 31日

明日は正月なので餅をつきました。
c0219866_18215017.jpg
ちょっと気が早いとは思いましたが、2月の植え付けを前にしてジャガの浴光育芽を始めました。
c0219866_18222486.jpg
2日前にフランスのニースから直子が帰ってきて、珍しいワインやチーズのお土産で普段の貧しい食事が豪華になりそうです^-^;
c0219866_18230923.jpg
c0219866_18232341.jpg
近場の里山で登り納めと思いましたが雪がないのではつまらなく、雨になりそうな空模様だったので畑納めにしました。

12月上旬に比べて10分ぐらい日没時刻が遅くなったと感じます。
c0219866_18243379.jpg

今年も県内外の山に多くの方に参加していただき有難うございました。

2018年も宜しくお願いいたします。






by nakatuminesan | 2017-12-31 18:25 | 四季 | Comments(0)

2018年1月の計画(1)   

2017年 12月 29日

13日(水)・・・三嶺(雪山 行動7時間)集合:文化の森6

カモシカクラブ2018年の初登山は『新春の三嶺に登ろう!』です。
TEL:090-7782-6031

c0219866_17435084.jpg
c0219866_17440680.jpg
c0219866_17442798.jpg
c0219866_17444341.jpg




by nakatuminesan | 2017-12-29 17:45 | 募集企画 | Comments(0)

2017.12.28 腕山1333m   

2017年 12月 28日

今シーズンになって2回目のスノーシュー。
c0219866_17374262.jpg
ナデシコゲレンデを10分ほど登れば登山口に着き、トレースがないのは期待したとうり。
c0219866_17382212.jpg
少し締まった雪の上に2センチの新雪が乗っていて、スノーシューは5センチぐらいしか沈まない。
c0219866_17385873.jpg
水ノ口峠への分岐地点にはカラマツ林があり、それこそ小さな小さな霧氷が付いている。
c0219866_17393925.jpg
大きな足跡はカモシカに違いないだろう。
c0219866_17400953.jpg
伐採地の右上に山頂が見えるようになる。
c0219866_17411258.jpg
山頂直下の作業道まで来れば2分で山頂だ。
c0219866_17414322.jpg
少しだが霧氷が大きくなってくる。
c0219866_17421394.jpg
山頂標識が雪に埋没しているから積雪は30センチ以上ありそうだ。
c0219866_17433542.jpg
眺めはゼロだが放牧場へは向かいます。
c0219866_17441096.jpg
わざわざ吹き溜まりを選んだりして。
c0219866_17444542.jpg
c0219866_17450419.jpg
幹周を測ったことはないけれど、この腕山では貴重なブナだと勝手に思っている。
c0219866_17454061.jpg
スノーシューは先に歩くほうが面白いですよ。
c0219866_17461058.jpg
放牧場
c0219866_17463795.jpg
向こうに休憩所のようなものが見えていて、10分ぐらいで着きそうだから行ってみる。
c0219866_17470866.jpg
c0219866_17472404.jpg
ちょうど10分で着きました。
c0219866_17481791.jpg
あいにくの曇り空で中津山も山頂を隠している。
c0219866_17485473.jpg
中津山よりも高い烏帽子山と寒峰も山頂は見えないが、標高1300m以上は霧氷に覆われている。
c0219866_17492902.jpg
c0219866_17494783.jpg
気温はマイナス4度ぐらいだろうが曇り空なので寒く感じてしまい、なんだか冬の北海道みたいな雰囲気がしないでもない。
c0219866_17515032.jpg
すすきの~なんちゃって^-^;
c0219866_17522326.jpg
霧氷の中を引き返す。
c0219866_17525339.jpg
山頂直下の作業道には15センチもある霜柱。
c0219866_17532638.jpg
c0219866_17534234.jpg
ブナには発達した霧氷があるというのに、日頃の行いは良いはずなのに日が射さない。
c0219866_17542492.jpg
水ノ口峠への分岐地点からは作業道をジグザグに歩いて無事に道路に下山する。
c0219866_17554813.jpg
c0219866_17560389.jpg
小屋の屋根には40センチの雪が積もっていて、山頂付近では50センチあったかもしれません。
c0219866_17563605.jpg
スキー場まで戻ってきた。
c0219866_17590672.jpg
c0219866_17592319.jpg

天候:曇り
井川スキー場830・・・910水ノ口峠分岐・・・955腕山1005・・・1025放牧場1055・・・1115腕山直下・・・1200水ノ口峠分岐・・・1230井川スキー場






by nakatuminesan | 2017-12-28 17:57 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

竹製トンネル   

2017年 12月 27日

畝にアーチ状に支柱を渡し、資材で覆うのをトンネルと呼ぶそうです。
害虫が入るのを防いだり遮光や保温の効果があるらしく、トンネルを使うことで野菜の栽培が楽になるとか。

これは1週間ぐらい前に作ったトンネルです。
c0219866_18405725.jpg
トンネルにせずにそのまま資材で畝を覆うのがベタがけで、低温期の種まき後は寒さを防いで発芽を助けます。
c0219866_18414189.jpg
トンネルやベタがけを覆う資材は多種類で、防虫ネット、ビニール、寒冷紗、不織布などがあるそうです。
トンネルは最近になってよその畑を見たりネットで調べて知りました。

さーて竹職人の始まりです。
c0219866_18423385.jpg
100均で不織布(1.8m×4m)を5枚買ってきたので竹で支柱を作りました。
作る野菜は決めていません。
c0219866_18443202.jpg
こまつなの種が残っている。
c0219866_18450677.jpg
蒔く時期は過ぎている。
c0219866_18454075.jpg
ダメで元々だし発芽すればラッキーじゃん(^^)v 

種を蒔いてもみ殻を被せて水をたっぷりと。
c0219866_18463129.jpg
不織布で覆ってはい終了。
c0219866_18470472.jpg
発芽するか楽しみです。

師匠のOさんがやってきて
「上手に作っとんなあ。素人にしてはうまいもんや」
「夏場の雑草にやられて投げ出すと思っとんたんでしょう?」
「ほんなことはないでよ」
「師匠のおかげです。初めは3040坪ぐらいのつもりでしたが、なんやかんやで全部畑になってしまいました」
30坪や40坪ではちょこっと植えたら終わりやで。どうせやるならこれぐらい要るでよ」
c0219866_18484845.jpg
師匠の教えどおりにやっているだけです。

すぐ横にある師匠の畑は200坪ぐらいあり、離れた場所にも200坪ほど持っています。

物置を片付けていると巻尺が出てきたので畑の広さを測ってみました。
南北に27m少々。
c0219866_18495298.jpg
東西は24mあるので約200坪。
c0219866_18502817.jpg
c0219866_18504200.jpg
師匠に褒められたので気を良くしてしまい、嬉しげにいま畑にある主な野菜です。

玉ねぎ
c0219866_18512376.jpg
ホウレン草
c0219866_18515274.jpg
ハクサイ
c0219866_18522266.jpg
ソラマメ
c0219866_18525897.jpg
ブロッコリー
c0219866_18533298.jpg
c0219866_18534941.jpg
鍋が多いゴリラ家なので大根は残り少なくなってきて、来年は今年の3倍ぐらい栽培予定です。
c0219866_18542990.jpg
カブ
c0219866_18545697.jpg
サンチュ
c0219866_18552974.jpg
絹さや
c0219866_18555928.jpg
グリーンピース
c0219866_18562716.jpg
シュンギクも不足気味で困っている。
c0219866_18565792.jpg
レタス
c0219866_18580297.jpg
ニンニクは小指ぐらいの太さになってきた。
c0219866_18584092.jpg
野菜じゃなく移動椅子兼小物入れ。
c0219866_18591152.jpg
七つ道具が入っている。
c0219866_19002384.jpg
里芋を1株掘ってみたところ、大小合わせて30個ぐらいありました。
c0219866_19051269.jpg
c0219866_19053056.jpg





by nakatuminesan | 2017-12-27 19:02 | | Comments(0)

2017年あと5日   

2017年 12月 26日

クリスマスが終わったので玄関にミニ門松を飾りました。
c0219866_18183946.jpg
高さは25センチぐらいしかありません。

真ん中の石は2013419日のトロン・パス5416mで拾ったものです。
c0219866_18192182.jpg
この石で楽しかったトレッキングを思い出します。
c0219866_18201017.jpg
c0219866_18202905.jpg
右の三角石は20131013日に登頂したタシカンⅠ峰6386mの記念石です。
c0219866_18211301.jpg
これまた思い出すのは緊迫した山頂アタックで、標高6280m地点で山頂に迫るシェルパのラクパです。
c0219866_18224237.jpg
山頂の80m手前で雪崩そうな不安定なナイフリッジで馬乗りになりました。
c0219866_18233302.jpg
後の板はニースにいる直子のお土産ですが、フランス語で何を書いてあるのか意味不明(--,
c0219866_18241943.jpg

またまた脱線してしまいましたが、正月三が日はまずまずの天気予報になっていますね。










by nakatuminesan | 2017-12-26 18:25 | 四季 | Comments(2)

12月の計画(9)   

2017年 12月 24日

1228日(木)・・・腕山(雪山 行動4時間)集合:文化の森6

★今シーズン初めてのスノーシューハイキングです。
c0219866_12461439.jpg
c0219866_12463002.jpg
c0219866_12464785.jpg
c0219866_12470050.jpg




by nakatuminesan | 2017-12-24 12:48 | 募集企画 | Comments(0)

2017.12.23 剣山1955m   

2017年 12月 23日

コリトリの辺りから四駆走行になってくる。
c0219866_18220457.jpg
土曜日だというのに見ノ越に停まっている車はたったの2台。
c0219866_18240543.jpg
雪山シーズンになってアイゼンを使うのは初めてで、昨日チェックしたカジタックスLXF12が登場する。
c0219866_18245586.jpg
この時期にマイナス3度とはやけに暖かい。
c0219866_18254367.jpg
積雪2030センチは今の時期としては多めかもしれないが、このトンネルが埋まるぐらい積もってほしいと願っている。
c0219866_18263026.jpg
冬はウェア調整やアイゼンチェックなどのため、この標高1580m地点にある標識で小休止すると決めている。
c0219866_18272123.jpg
この西島神社手前にある35度の斜面はシリセードに最適だけど、残念ながら今はまだ雪不足なので滑れない。
c0219866_18280612.jpg
次郎笈
c0219866_18290094.jpg
西島駅でやっとこさ日が当たり始める。
c0219866_18294494.jpg
西方には三嶺と塔ノ丸が眺められ、今シーズンも登らなければいけない山である。
c0219866_18302647.jpg
尾根に上がると雪が増えてくるが、トレースバッチリなのでアイゼン登行は快適だ。
c0219866_18311109.jpg
この辺り冬場は吹き溜まりになる箇所で、強風のときは前進不可能になることが稀にある。

今はまだ70センチぐらいしかストックが埋まらない。
c0219866_18320495.jpg
見事なのはこのカラマツに霧氷が付いたときだけど、そうそう毎回のように見られる霧氷ではありません。
c0219866_18324712.jpg
1ヵ月後には赤い屋根まで雪が積もることを期待している。
c0219866_18333333.jpg
ここも吹き溜まる場所だが夏道を登っている。
c0219866_18341740.jpg
雲海荘と頂上ヒュッテが近くなってくる。
c0219866_18345981.jpg
ヒュッテ下の鳥居までやってきた。
c0219866_18354108.jpg
鳥居をくぐれないほどの積雪に期待して、この画像は2015214日です。
c0219866_18362591.jpg
頂上ヒュッテ
c0219866_18370615.jpg
昨シーズンから温度計がなくなっているが、たぶん気温はマイナス2度ぐらい。
c0219866_18374889.jpg
平家ノ馬場の木道が新しくなっている。
c0219866_18383328.jpg
山頂に着いてまず目をやるのは次郎笈。
c0219866_18390519.jpg
もうひと降りしてほしい雪。
c0219866_18395084.jpg
丸石~高ノ瀬と続く三嶺への縦走路。
c0219866_18403159.jpg
塔ノ丸の後方は寒峰~矢筈山方面。
c0219866_18411797.jpg
一ノ森の後方は平家平や青ノ塔方面。
c0219866_18415918.jpg
測候所跡
c0219866_18424049.jpg
昔の話だが・・・風雪のときなど中に入れてもらい、熱いコーヒーをご馳走になった若いころが懐かしい。

新雪の剣山を楽しめました~
c0219866_18433436.jpg
まだ10時半過ぎなので下山してから食事にしたほうがよさそう。
c0219866_18442639.jpg
c0219866_18444080.jpg
プラス3度まで気温が上昇しているとは、明日の雨で雪が減りはしないか心配だ。
c0219866_18453254.jpg
無事下山。
c0219866_18522689.jpg

天候:晴れのち曇り

見ノ越815・・・925西島駅・・・1015頂上ヒュッテ・・・1030剣山1040・・・1045頂上ヒュッテ・・・1115西島駅・・・1200見ノ越






by nakatuminesan | 2017-12-23 18:45 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

雪山の準備   

2017年 12月 22日

冬靴やアイゼンをサンデッキに並べました。 
c0219866_17434560.jpg
冬靴は長年使用しているモンベル・アルパインクルーザー3000
そして1年前に購入したSCARPA(スカルパ) モンブランGTX030です。

アイゼンは使用20年以上にもなるカジタックスLXF12
c0219866_17442853.jpg
そしてヒマラヤ用のチタン合金アイゼン「チタネスク」。
c0219866_17450797.jpg
それにブラックダイヤモンドの10本爪。
c0219866_17454186.jpg
アイゼンの爪が磨耗していないか点検しました。

カジタックスLXF12の爪は尖っています。
c0219866_17462297.jpg
チタネスクはヒマラヤの雪と氷にしか使わないので尖っています。
c0219866_17480567.jpg
c0219866_17482231.jpg
ちゃんと靴に合うかもチェックします。
c0219866_17494108.jpg
c0219866_17501202.jpg
c0219866_17503807.jpg
c0219866_17505220.jpg
カジタックスLXF12 
c0219866_17513278.jpg
雪山に登る機会の多い人にはワンタッチアイゼンが装着できる冬靴をお勧めします。
少々高価な買い物になってしまいますが、とにかく保温性が抜群で快適そのものです。

そしてアイゼンはワンタッチタイプがいいですね。
なんといってもワンタッチアイゼンの装着は簡単で、オーバー手袋をしていても30秒でOKです。

手袋もチェック。
c0219866_17561017.jpg
ピッケルはカジタックス エキスパートⅡ(65センチ 760グラム)と少し重いですが頑丈です。
握る部分にテープを巻くことをお勧めします。
なぜなら手指の冷えを少しでも防ぐことができるから。
c0219866_17565656.jpg
スピッツェ近くにもテープを巻いてあります。
アイゼンに付いたダンゴ雪を叩き落とすとき、シャフトを傷めないようにするガードです。
c0219866_18035012.jpg
オイラも雪山に登りたい!
c0219866_18041931.jpg






by nakatuminesan | 2017-12-22 17:58 | 山のあれこれ | Comments(0)

今年もあと10日   

2017年 12月 21日

干し柿は甘くていい感じに出来上がりました。
c0219866_17241808.jpg
外に吊るしたままだと固くなってしまうので、ラップで包んで冷凍保存するのは毎年のことです。
c0219866_17244929.jpg
c0219866_17250529.jpg
早くもホームセンターに種ジャガが並んでいました。
メークイン、キタアカリ、男爵の3種類をそれぞれ3キロずつ買いました。
c0219866_17300250.jpg
今年は畑を始めたのが2月だったので、植え付けが32日になってしまいました。
来年は2月下旬あたりに植え付けようと思っていて、種芋9キロで15002000個の収穫を目指します。

今年も残りあと10日となり、正月用の飾り付けとして
ミニ門松を作ってみました。
c0219866_17310388.jpg

材料は畑から徒歩2分のところで揃いました。







by nakatuminesan | 2017-12-21 17:32 | 四季 | Comments(0)

2017.12.19太龍寺山618m   

2017年 12月 19日

阿瀬比集落から入る「いわや道」にはモチツツジが咲いている。
c0219866_17504866.jpg
c0219866_17510347.jpg
c0219866_17511655.jpg
ロープの張られた急登を頑張ると標高430mで北斜面に入り、今シーズン初めて行動食の干し柿を口にする。
c0219866_17515385.jpg
c0219866_17520779.jpg
帰りは山頂から東に延びる尾根を辿ることになっていて、この辺りに降り立つことになっている。
c0219866_17524109.jpg
水平な道が続いているので下ノ廊下を思い出している。
c0219866_17531000.jpg
石仏ぐらいしかない単調な遍路道。
c0219866_17533844.jpg
c0219866_17535249.jpg
飽きてきたころ持福院からの道に合流する。
c0219866_17542429.jpg
c0219866_17543758.jpg
すぐに標識のある鞍部に到着する。
c0219866_17552985.jpg
山さきもりとは高さ3mぐらいのブロンズ像(ピンボケ)。
c0219866_17555824.jpg
高丸山と雲早山と思われる。
c0219866_17562641.jpg
太龍寺山
c0219866_17565306.jpg
南舎心獄にある弘法大師の像は東を向いている。
c0219866_17572201.jpg
太龍寺とロープウェイの駅が見えている。
c0219866_17582483.jpg
ジャーン! 5頭の山犬像はいろんな方向を向いている。
c0219866_17592485.jpg
c0219866_17593904.jpg
c0219866_17595718.jpg
c0219866_18001802.jpg
土佐日記だよ食べるかい?
c0219866_18005163.jpg
さあ岩尾根の始まりだ!
c0219866_18012001.jpg
勝手に第1ジャンダルムと呼んでいる。
c0219866_18015581.jpg
c0219866_18021142.jpg
c0219866_18023360.jpg
c0219866_18025037.jpg
c0219866_18031170.jpg
眼下に眺められるのは鷲敷の町並み。
c0219866_18034998.jpg
まだまだ面白い岩尾根が続いていて、さ~て次に現れる岩は第2ジャンダルム。
c0219866_18044363.jpg
c0219866_18045686.jpg
c0219866_18050806.jpg
 攀じま~す!
c0219866_18055463.jpg
c0219866_18061069.jpg
壁の傾斜は体感80度?
c0219866_18065981.jpg
c0219866_18071668.jpg
c0219866_18073485.jpg
c0219866_18074805.jpg
わりと簡単だったわね。
c0219866_18082118.jpg
鷲敷町
c0219866_18085189.jpg
御世山~矢筈山
c0219866_18092117.jpg
この三角岩が現れると岩場は終盤で、単調な尾根を進むこと10分で反射板。
c0219866_18095393.jpg
c0219866_18100769.jpg
c0219866_18102089.jpg
さらに進んだ乗越はふだらく峠と呼ばれていて、標識には太龍寺山を補陀洛山(ふだらく山)と書いてある。
c0219866_18105240.jpg
太龍寺山
c0219866_18112294.jpg
c0219866_18113756.jpg
北側が開けた山頂からは中津峰山の左右に古田山と平石山が眺められる。
c0219866_18120969.jpg
東に向かう尾根に道はなく、久しぶりにコンパスの登場だ。
c0219866_18124413.jpg
c0219866_18130181.jpg
三角点601.5
c0219866_18133501.jpg
岩尾根も楽しかったし道のないほうが面白い。
c0219866_18150086.jpg
c0219866_18152324.jpg
1時間余りで約束したいわや道に降り立ち一安心。
c0219866_18155464.jpg
ゴリラ、読図失敗しないので(^^)v
c0219866_18161033.jpg
わじき道の駅に無事下山。
c0219866_18203476.jpg

天候:曇り

わじき道の駅830・・・920北斜面・・・1020中山道分岐・・・1025山さきもり・・・

1035弘法大師像・・・1050山犬像1105・・・1130岩尾根取り付き・・・11401

ジャンダルム・・・11552ジャンダルム・・・1230ふだらく峠・・・1235太龍寺山13

05・・・1325三角点601.5m・・・1350祠・・・1400標高点513m・・・1415いわや

道・・・1505わじき道の駅

c0219866_18284828.jpg



おまけ・・・ふん 山犬か おいら11歳の誕生日~♪
c0219866_18242446.jpg
c0219866_18244111.jpg



by nakatuminesan | 2017-12-19 18:16 | 山行報告(中級) | Comments(0)