<   2016年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

今日から11月下旬   

2016年 11月 21日

昨日の山では蒸し暑くてまいりました。

今日も暖かな天気になっていて、本当に寒い冬がやってくるのか心配です。

古くなったサンデッキを取り壊し、慣れない大工の真似事を始めました。
c0219866_15554352.jpg

サンデッキを新しくするのは今回で5回目になります。
山の装備を乾かしたりするのに必要で、以前より広いスペースになる予定です。
c0219866_15572169.jpg

午後になり雨が降りはじめたので中止です。
c0219866_15574777.jpg

by nakatuminesan | 2016-11-21 15:58 | 四季 | Comments(0)

2016.11.20 青ノ塔1434m~夏切山1430m   

2016年 11月 21日

上用知林道からは青ノ塔と夏切山を眺められ、今日も秋晴れの山行になりそうである。
c0219866_810356.jpg

古くから地元ではアオントウと呼ばれていたが、2.5万分の地形図に青ノ塔と記載されていない。
c0219866_811357.jpg

標高差は800mしかないが急登が続くこともあり、徳島ではきつい山として知られている。

南東尾根に乗ってしばらく進むと急登の始まりだ。
c0219866_8121592.jpg
c0219866_8122890.jpg

急登が続くので今日もふくらはぎと大腿四頭筋が大喜び…♪。
c0219866_8125693.jpg

標高880mあたりで自然林が現れるようになり、右手には青ノ塔が呼んでいるが速くは登れない。
c0219866_8133271.jpg
c0219866_8134322.jpg

コシアブラ
c0219866_8155184.jpg

再び植林帯に入るが標高1100m付近から自然林に変わってゆく。
c0219866_8162065.jpg

まだ黄や赤が残っている。
c0219866_8165653.jpg

c0219866_817129.jpg

c0219866_817265.jpg

標高を上げるにしたがい初冬の装いになってくる。
c0219866_8175591.jpg

ところが初冬どころか異常に蒸し暑く、汗で風呂に入ったようなのにタオルを忘れて大失敗。

ゴヨウツツジが現れる。
c0219866_820574.jpg

c0219866_8211155.jpg

見晴らしのきく展望岩に立ってみよう。
c0219866_8214961.jpg

右から平家平~ボタモチ山~三ツ石~山姥岳
c0219866_8221539.jpg

右からシラタキ山~天海山~ミノテ山と木頭三笠が並んでいて、遠く後方に連なるのは西又山~甚吉森~湯桶丸。
c0219866_8224642.jpg

今日は晴れ予報なのに怪しい曇り空になってきた。
c0219866_8231973.jpg

山頂
c0219866_823474.jpg

初めて登った20年前は青々としたスズタケが生い茂り、枯れてしまった今ではジャングルだった昔が懐かしい。

一ノ森方面
c0219866_8242618.jpg

高城山
c0219866_8245516.jpg

右から樫戸丸~川成山~当野石山~天神丸
c0219866_8252492.jpg

夏切山~六郎山
c0219866_8255413.jpg

やたらと倒木が多くなっている。
c0219866_8262189.jpg

ちょっと大きめのブナにほっとする。
c0219866_8265584.jpg

昔はスズタケ漕ぎだった山頂直下はシダばっかりだ。
c0219866_827279.jpg

夏切山
c0219866_8275336.jpg

雲早山~高丸山
c0219866_8283725.jpg

六郎山とカロート山も見えている。
c0219866_8298100.jpg

引き返して青ノ塔直下の急な尾根を慎重に下りました。
c0219866_8295077.jpg

天候:晴れのち曇り
上用知9:20・・・9:30南東尾根725m・・・10:00大岩・・・10:35標高1030m・・・12:00展望岩・・・12:05青ノ塔12:30・・・12:50夏切山13:00・・・13:20青ノ塔13:30・・・14:15標高1030m・・・15:10上用知

by nakatuminesan | 2016-11-21 08:32 | 山行報告(中級) | Comments(0)

11月の計画(8)   

2016年 11月 19日

11月26日(土)・・・剣山(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

★霧氷との出合いに期待できる季節になってきました。
TEL:090-7782-6031
c0219866_18404331.jpg
c0219866_1841015.jpg
c0219866_18411364.jpg

by nakatuminesan | 2016-11-19 18:41 | 募集企画 | Comments(0)

2017年のカレンダー   

2016年 11月 18日

ネパールから帰って早くも1ヶ月になりました。

表紙の写真はダウラギリ一周の時に撮ったものを使いました。
山行のときにお渡しします。
c0219866_15232390.jpg
c0219866_15234041.jpg

おまけ↓
c0219866_152496.jpg

by nakatuminesan | 2016-11-18 15:27 | 四季 | Comments(0)

11月の計画(7)   

2016年 11月 17日

11月23日(水祝)・・・中内~西山1326m~折宇谷山1653m周回(中級 行動7時間)集合:文化の森6時

★桃ノ丸と杉生山や石立山をはじめ、荒瀬や湯桶丸など県南の山岳展望が広がります。
徳島県内に数ある1000m峰のうち、登る機会の少ない山の一つに西山があります。
マイナールートによる周回です。
TEL:090-7782-6031
c0219866_16355483.jpg
c0219866_1636647.jpg
c0219866_16362656.jpg
c0219866_16364793.jpg

by nakatuminesan | 2016-11-17 16:37 | 募集企画 | Comments(0)

2016.11.16 カロート山1240m~六郎山1287m   

2016年 11月 16日

五倍木からカロート山と六郎山に登ってきました。
すでに山頂部は晩秋の装いでしたが、中腹では見事な自然林の紅葉が広がっていました。
c0219866_16291464.jpg
c0219866_16292982.jpg
c0219866_16293918.jpg

登山口には薬師堂と大きなイチョウがあり、見事な黄葉と抜けるような青空が広がっている。
c0219866_979100.jpg

3年ぐらい前に作業道が出来たので、初めてだと道が分かりにくいかもしれません。
c0219866_974711.jpg

紅葉が残っているが日陰なのでイマイチだけど、日が当たりそうな下山時のお楽しみ。
c0219866_983220.jpg

標高850m付近は胸突き八丁になっていて、ふくらはぎと大腿四頭筋の張りぐあいが快感だ。
c0219866_991894.jpg
c0219866_994593.jpg

足元ばかりじゃかく上も見てくださいよ。
c0219866_910177.jpg

標高点948m付近は緩やかになっているが、それも少しだけで再び急斜面の登りが待っている。
c0219866_911432.jpg

c0219866_9112223.jpg

c0219866_911471.jpg

目指すは日が当たる大岩のコル。
c0219866_9261031.jpg

c0219866_9262719.jpg

小さなコルはカエデが見ごろになっている。
c0219866_927931.jpg

嬉しいことにスズタケが現れる。
c0219866_9275281.jpg

あの三角ピークの向こうがカロート山だと思われる。
c0219866_9282588.jpg

スズタケは以前に比べて薄くなっている。
c0219866_9291080.jpg

あれはカロート山ではありません。
c0219866_9294230.jpg

一ノ森~天神丸~当野石山
c0219866_930866.jpg

登ってばかりではなく下ります。
c0219866_9303938.jpg

ゴヨウツツジが現れるとカロート山に到着する。
c0219866_9311024.jpg

c0219866_9312443.jpg

シャクナゲやアセビは花の準備中。
c0219866_9321592.jpg

c0219866_9323057.jpg

小休止したら六郎山へ向かおう。
c0219866_9333100.jpg

岩の上に立つと展望抜群で、振り返って見える雲早山には雲がかかっている。
またカロート山の左右には西三子山と高丸山。
c0219866_9335769.jpg

c0219866_9341429.jpg

まだ登ったことのない日明山。
c0219866_9344674.jpg

その後方には幾重にも山が連なって、遠く八郎山や胴切山まで見渡せる。

岩場や痩せ尾根を通過するのが面白い。
c0219866_9352580.jpg

c0219866_9354029.jpg

晩秋の装いをした緩い尾根を進めば三等三角点のある六郎山。
c0219866_9361135.jpg

c0219866_9362877.jpg

夏切山や青ノ塔を眺められるが木が邪魔をして説明が難しい。

誰にでも判りやすいのが高城山
c0219866_937832.jpg

ポカポカと暖かい山頂で昼ごはん。
c0219866_938293.jpg

南の方向には請ヶ峰と鰻轟山や吉野丸も見えている。
c0219866_93978.jpg

さあ下山です。
c0219866_9393688.jpg

c0219866_9395138.jpg

c0219866_9401287.jpg

c0219866_9403284.jpg

登るときは日陰だった場所に日が射している。
c0219866_941389.jpg

c0219866_9411965.jpg

幹周が約8mある一本杉。
c0219866_9415848.jpg

c0219866_9421890.jpg

c0219866_9424397.jpg

c0219866_9425976.jpg

天候:快晴
五倍木8:00・・・9:00P948m・・・9:25大岩・・・10:15カロート山10:30・・・10:50六郎山11:20・・・11:40カロート山・・・12:20大岩・・・12:40P948m・・・13:10一本杉・・・13:30五倍木

by nakatuminesan | 2016-11-16 16:30 | 山行報告(中級) | Comments(2)

今シーズンの雪山計画   

2016年 11月 15日

①次郎笈
②天狗塚
③三嶺
④剣山
⑤黒笠山
⑥西寒峰~寒峰
⑦烏帽子山北尾根~北東尾根
⑧塔ノ丸
⑨風呂塔~火打山
⑩国見山
⑪腕山
⑫次郎笈北西尾根~剣山北西尾根
⑬中尾山~赤帽子山
⑭雲早山
⑮丸笹山
⑯伊予富士「愛媛・高知」
⑰石鎚山「愛媛」
⑱西赤石山「愛媛」
⑲寒風山~笹ヶ峰「愛媛・高知」
⑳伯耆大山「鳥取」⇒1月下旬~3月上旬を予定
c0219866_18283637.jpg

c0219866_18285212.jpg

c0219866_18291450.jpg

c0219866_18292778.jpg

c0219866_18294338.jpg

信州方面の計画として・・・
①西穂高岳独標2701m⇒1月中旬~2月中旬の好天2日間
1日目…新穂高ロープウェイ西穂高口駅~西穂山荘(泊)・・・行動1時間30分。
2日目…西穂山荘~丸山~独標~西穂山荘~西穂高口駅・・・行動5時間。

独標は穂高連峰の展望台です。

ピラミッドピーク~西穂高岳~奥穂高岳
c0219866_1830442.jpg

奥穂高岳~前穂高岳
c0219866_1831168.jpg

乗鞍岳
c0219866_18314179.jpg

②乗鞍岳3026m「長野・岐阜」⇒3月中旬の好天2日間
1日目…乗鞍高原スキー場~位ヶ原山荘(2360m 泊)・・・行動2時間30分。
2日目…位ヶ原山荘~乗鞍岳剣ヶ峰~乗鞍高原スキー場・・・行動8時間。

位ヶ原山荘
c0219866_1832278.jpg

剣ヶ峰~蚕玉岳~朝日岳
c0219866_18331411.jpg

槍穂高連峰
c0219866_18335051.jpg

by nakatuminesan | 2016-11-15 18:35 | 募集企画 | Comments(0)

11月の計画(6)   

2016年 11月 14日

11月20日(日)・・・夏切山~青ノ塔~青ノ峠(中級 行動6時間)集合:文化の森7時

★中谷から横石を経由して青ノ塔に登り、夏切山を往復(40分)したのち青ノ峠を経る周回です。
山頂からは一ノ森や剣山をはじめ高城山や平家平などの眺めが広がります。
TEL:090-7782-6031
c0219866_1232432.jpg
c0219866_12325224.jpg
c0219866_12331223.jpg

by nakatuminesan | 2016-11-14 12:35 | 募集企画 | Comments(0)

北アルプスの根雪   

2016年 11月 13日

11月の中旬だというのに根雪の付きかたが遅い気がします。

今日のライブカメラの様子です。

室堂からの立山
c0219866_18431099.jpg

雄山からの剱岳
c0219866_1843358.jpg

白馬三山が白いのは標高2000m以上です。
c0219866_1844462.jpg

穂高は標高2500m以上でないと白くなっていません。
c0219866_18443146.jpg

10日間予報でも雪が降りそうにありません。
山岳部現役だった45年前に比べると根雪が遅いので、やはり地球温暖化が加速しているのかと感じてしまいます。

by nakatuminesan | 2016-11-13 18:45 | 四季 | Comments(0)

2016.11.11~12 雁巻山1125m&宝蔵山1249mキャンプ山行   

2016年 11月 12日

高知県馬路村にあるマイナーな2座に登ってきました。
c0219866_952129.jpg

c0219866_1841020.jpg
c0219866_1842182.jpg

2016.11.11 天候:快晴
東川林道のゲートは森林組合に鍵の番号を聞いている。
c0219866_1547098.jpg

魚梁瀬から13.5キロ走ると登山口。
c0219866_15482957.jpg

キッコウハグマ
c0219866_15485525.jpg

ちょっと藪くさい登りに加えて何箇所かで道が消えている。
c0219866_154924100.jpg

ツルリンドウ
c0219866_15494997.jpg

驚かされるのは山頂直下にある宿杉の大きさだ。
c0219866_15502049.jpg

三等三角点がある雁巻山の山頂は標識もなく、ヌタ場になっているだけで展望もない。
c0219866_15512254.jpg

c0219866_15513788.jpg

植林の間からは甚吉森から湯桶丸への県境稜線が見えるだけ。
c0219866_1552845.jpg

魚梁瀬丸山公園
c0219866_15524277.jpg

c0219866_1553232.jpg

やなせの湯
c0219866_15533360.jpg

c0219866_15535238.jpg

今朝S姫さんが市場で仕入れたマグロのカマの刺身が口に入るとは~♪
c0219866_15542560.jpg

c0219866_15543841.jpg

R子さん、N子さん、Y子さんたちが準備してくれた猪鍋。
c0219866_1555584.jpg

人気のフィッシュカツにトマトも出てきます。
c0219866_15574847.jpg

サルナシ酒も登場する。
c0219866_15571456.jpg



11.12 天候:快晴
宝蔵山林道は究極の四駆走行を強いられる。
登山口に近いと思われる辺りで落石のため通れない。
c0219866_16312126.jpg

西又山から甚吉森への県境稜線が見えていて、今日も秋晴れで天気は文句なし。
c0219866_16321221.jpg

歩いて10分足らずで登山口。
c0219866_16324280.jpg

昨日と違って快適な道を進むと山頂が見えてくる。
c0219866_16331245.jpg

西又山
c0219866_16334194.jpg

スズタケの急な登りが終われば宝蔵山に到着する。
c0219866_16342070.jpg

c0219866_16343363.jpg

県境稜線の向こうに眺められるのは次郎笈~剣山~一ノ森。
c0219866_1635225.jpg

折宇谷山~中内山~権田山~勘場山~平家平
c0219866_16352919.jpg

甚吉森
c0219866_16355486.jpg

さあ鳥帽子ヶ森までの往復縦走だ!
c0219866_16362320.jpg

ところが予想に反してスズタケ漕ぎが半端でない。
c0219866_16453320.jpg

c0219866_1636587.jpg

c0219866_16371729.jpg

20分でたったの300mしか進めなく、往復8時間以上かかることは確実だ。
ゴヨウツツジ(シロヤシオ)が沢山ある標高1210m地点で引き返す・・・ゴリラ失敗したので。
c0219866_1638282.jpg

碑己屋山
c0219866_16391385.jpg

宝蔵山に戻ってきた。
c0219866_16394433.jpg

無事下山
c0219866_1640985.jpg

帰りの林道では恐い場所で皆さんカモシカ号を降りてしまう。
c0219866_16404044.jpg

c0219866_16405674.jpg

このまま帰ったんじゃ山女が黙っているはずはなく、3時間で往復できる天狗森1295mに向かうことになる。
魚梁瀬丸山公園からは真西に天狗森が眺められる。
c0219866_1641332.jpg

戦の前には腹ごしらえだ。
c0219866_18155868.jpg

c0219866_1272824.jpg

鍵の番号はすべて同じだと思っていたが、4キロほど走った林道ゲートの鍵が開かない。
c0219866_18162532.jpg

また天狗森には登ることもあるだろう。
そして敗退したマイナーピーク鳥帽子ヶ森ではあるけれど、シロヤシオが咲く来年の春に西又山でキャンプして登ることに決めました。
c0219866_18212914.jpg

魚梁瀬ダムを眺めながらコーヒーを飲んで帰りました。
c0219866_181753.jpg

by nakatuminesan | 2016-11-12 18:04 | 山を歩いてきました | Comments(0)