<   2015年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

2015.2.19 烏帽子山1670m(北尾根~北東尾根周回)   

2015年 02月 20日

林道烏帽子線の起点で出発準備をする。
c0219866_1035519.jpg

今日は北尾根から烏帽子山に登り北東尾根を下る周回で、以前からやりたいと思っていた念願の計画だ。

屈強な男性の参加を期待していたが、3名の女性と普通のオジサンだ。
女性とはいえ北鎌尾根を登っているし大キレットやジャンダルムも越えていて、先月の三嶺避難小屋やシラサ避難小屋にも泊まっているから心配無用。

NANAKOさんはワカンにアイゼン併用だが4人はスノーシューを着けている。
c0219866_10364017.jpg

5センチの新雪の下は締まり雪で沈まない。
c0219866_103786.jpg
c0219866_10371974.jpg

小さな谷の右岸が北尾根支稜の取付だ。
c0219866_10374547.jpg

急な登りを嫌って右岸を100mほど進み、支稜に取り付くも新雪の下は凍っている。
c0219866_10381922.jpg
c0219866_10382893.jpg

急斜面なのでスノーシューでは危険と判断し、アイゼンで登れば簡単だし安全だ。
c0219866_10394044.jpg

c0219866_10395265.jpg

支稜に乗ると傾斜は緩いので再びスノーシューを装着する。
c0219866_10401932.jpg

c0219866_10403191.jpg

標高1200m地点は展望台になっていて、烏帽子山は雪雲に覆われているが霧氷がすごそうだ。
c0219866_10405510.jpg

c0219866_1041740.jpg

トップを交替しながらどんどん登っていくのは自称ギャルギャルたちだ。
c0219866_10413298.jpg

標高1250mで作業道に出たので進んでみるが、斜面のトラバースがあり尾根に突き上げたほうがよかったかな。
c0219866_10415868.jpg

c0219866_1042966.jpg

作業道を離れ北尾根まではスキーに快適そうな斜面を登っていく。
c0219866_1044864.jpg

この辺りは5月になればヤマシャクヤクが咲くしウドも生えているけれど、深い雪に覆われ軽いラッセルを強いられる。
c0219866_10443517.jpg

標高1360mで北尾根に乗ると霧氷街道になっている。
c0219866_1045151.jpg

c0219866_10451265.jpg

c0219866_10452493.jpg

無雪期には何度も登っている北尾根だが、雪の季節は初めてなので嬉しくて感動だ。
c0219866_10455525.jpg

標高1450mからは胸を突くような急登になり、雪のないときでも四駆登りの場所なので苦労している。
c0219866_10462884.jpg

登りきった1510m地点で軽く食べ、吹き溜まりやラッセルがあるかもしれず先行する。
c0219866_1047418.jpg

c0219866_10471797.jpg

ラッセルは軽くスノーシューの爪が締まり雪をグリップする。
c0219866_10475039.jpg

休んで下を見ると全員の姿があるので登頂はもらったと確信し、見覚えのある風景になると北東尾根に乗る。
c0219866_10501174.jpg

c0219866_10502590.jpg

待つこと10分で次々と登ってくる。
c0219866_10505277.jpg

c0219866_105139.jpg

c0219866_10511596.jpg

c0219866_17333338.jpg

全員の登頂が確実になりゴリラほっとしたよ。
c0219866_17363826.jpg

さっきの急登どうなるかと思ったけど、厳冬の烏帽子山を踏めるなんて嬉し~い。
c0219866_17393835.jpg

山頂までは100mの距離であるが雪の稜線が大きく波打っていて、ここまで夏とは違うものかと驚いてしまう。
c0219866_10515650.jpg

積雪量と吹き溜まりの大きさは剣山や次郎笈の比ではない。
c0219866_10521151.jpg

c0219866_10522370.jpg

この風景はすごいと全員が驚いたり喜んだり。
c0219866_1053146.jpg

これに青空が広がっていると100点満点だけど、こんな天気も雪山の厳しさを実感できるというものだ。
c0219866_17424078.jpg

c0219866_10531693.jpg

やったね!厳冬の烏帽子山に北尾根から登頂だ~♪
c0219866_1054592.jpg

気温はマイナス7度ぐらいだが風があり、北東尾根を風のない場所まで下ったほうがよさそうだね。
c0219866_10552671.jpg

昔から山スキーをと考えている北東尾根だが実現していない。
c0219866_1055512.jpg

北尾根よりも風が強く霧氷は続いている。
c0219866_10563545.jpg

営林署小屋跡への下降地点を通過し、なかなか風は弱まらず雪深い下りが続く。
c0219866_10571190.jpg

c0219866_10572882.jpg

植林帯に入った吹き溜まりで風を避け、もう腹ペコなんだよ昼ごはんにしよう。
c0219866_1058273.jpg

c0219866_10581569.jpg

え~い! 滑ったほうが面白いし快適よ。
c0219866_10584427.jpg

c0219866_10585974.jpg

c0219866_105999.jpg

標高を下げるにしたがい雪は減ってくる。
c0219866_10593668.jpg

c0219866_10594899.jpg

c0219866_110835.jpg

そのうち小雪が舞いだすが、ぴったり予定していた廃屋に無事下山する。
c0219866_1113135.jpg

c0219866_1114267.jpg

いや~ ギャルギャルさんたち頑張ったね。
c0219866_1123970.jpg

積雪期の烏帽子山周回は念願だったので嬉しいっす・・・感謝。
c0219866_1131293.jpg

林道歩き15分で出発地点に戻ってきた。
c0219866_114494.jpg

c0219866_1141772.jpg

なんと深淵にはニホンジカがたくさんいて、サービス精神旺盛な子どものシカが桟敷峠へ案内してくれる。
c0219866_1145925.jpg

次回は作業道に入らず尾根に突き上げるか、雪の状態がよければ北尾根末端から登ってみようと思います。
c0219866_1152528.jpg

天候:曇りガス
林道烏帽子線起点8:30・・・9:15北尾根支稜取付・・・10:00北尾根支稜1130m・・・10:40作業道・・・11:15北尾根1360m・・・12:10北尾根1510m12:40・・・13:10北東尾根13:20・・・13:25烏帽子山13:30・・・14:00標高点1499m・・・14:30北東尾根1300m14:50・・・15:10P1160m・・・15:40北東尾根取付950m・・・15:55林道烏帽子線起点

by nakatuminesan | 2015-02-20 11:11 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

2015.2.18 塔ノ丸1713m   

2015年 02月 18日

うっすら新雪が積もっていて第1ヘアピンから雪道になっている。
c0219866_18325861.jpg

今日は4人がスノーシュー初めてで、どんな感じだろうかと楽しみにしている。
c0219866_1834899.jpg

新雪の下には中途半端な締まり雪があり、モナカのように割れてしまうので歩きにくい。
c0219866_18343741.jpg

お気に入りの場所で休憩したあとは、スノーシューが初めてのKさんやTさんがトップになり登っていく。
c0219866_1835680.jpg
c0219866_18351743.jpg
c0219866_18352758.jpg
c0219866_18354250.jpg

モミ林を抜けると広い雪の斜面が広がっていて、期待していた霧氷が現れはじめる。
c0219866_1836968.jpg
c0219866_18361842.jpg
c0219866_18363444.jpg
c0219866_1836454.jpg

稜線に立つと薄日が射しはじめ、雪山に来て良かったと思う瞬間だ。
c0219866_18371733.jpg

c0219866_18373091.jpg

c0219866_18375138.jpg

c0219866_1838316.jpg

予想していたよりも風は弱く、雪も締まっているのでスノーシューには最適だ。
c0219866_18383728.jpg

毎冬のようにスキー滑降する斜面が呼んでいるようで、今シーズンはまだなので早く来なければと焦っている。
c0219866_18392869.jpg

山頂が見えてくる。
c0219866_18395573.jpg

今年は特に雪が多いとは思わないが、雪庇の発達は超特大サービスになっている。
c0219866_1840256.jpg

c0219866_18403647.jpg

ツツジの霧氷を抜けると山頂下の北東コルに着く。
c0219866_1841325.jpg

c0219866_18411597.jpg

ときたま青空が広がり歓声が上がるけど、それも一瞬で雲に覆われてしまう。
c0219866_18414262.jpg

ここから15分で山頂だ。
c0219866_1842549.jpg

矢筈山方向は雲に隠れて見えないし、三嶺の方向も展望に期待をするのは無理だろう。
c0219866_18423582.jpg

c0219866_18424813.jpg

山は見えないけど嬉しい山頂だね。
c0219866_18431523.jpg

スノーシューだから自由に歩いてくださいよ。
c0219866_18434076.jpg

剣山や次郎笈の眺めもないけれど、こんなふうに晴れ間があるからよしとしよう。
c0219866_18441157.jpg

北東コルが食事処になるのは毎冬のことであり、気温はマイナス7度ぐらいだが寒くない。
c0219866_18443746.jpg

なぜか最近はこの弁当(おむすび&唐揚げセット290円)に凝っている。
c0219866_184567.jpg

雪庇見学しながら引き返すとしよう。
c0219866_18471650.jpg

c0219866_18472940.jpg

山頂を振り返る。
c0219866_18475463.jpg

ぼんやり津志嶽が見えている。
c0219866_18481794.jpg

今年の吹き溜まりは特に深くて4mぐらいはありそうだ。
c0219866_18484969.jpg

前方に丸笹山と赤帽子山を眺めながら下っていく。
c0219866_18491694.jpg

稜線の南側は雪庇と雪壁が続いている。
c0219866_18494169.jpg

雪山のお楽しみシリセードだけど、今日は新雪が少ないのであまり滑らない。
c0219866_185087.jpg

c0219866_18501926.jpg

c0219866_18503546.jpg

c0219866_18504646.jpg

滑らないとはいえ工事中の林道が終着駅ときたもんだ~♪
c0219866_18511598.jpg

c0219866_18512844.jpg

科捜研の女には余裕で間に合いました。

天候:曇り
第7ヘアピン8:45・・・9:15標高点1414m・・・10:15稜線1660m・・・10:30P1682m・・・10:45北東コル1650m・・・10:55塔ノ丸11:05・・・11:10北東コル11:35・・・11:50P1682m・・・12:00稜線1660m・・・12:30標高点1414m・・・12:50第7ヘアピン

by nakatuminesan | 2015-02-18 18:54 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

カール   

2015年 02月 17日

日本語では圏谷(けんこく)と呼んでいるが、一般的にはドイツ語のカール(Kar)が分かりやすい。
氷河の侵食作用によってできた窪んだ地形のことで、「スプーンやお椀ですくったような」と表現されることが多い。

日本国内では本州中部の日本アルプスに多く見られ、北海道においては日高山脈にも明瞭な圏谷地形が存在する。

北アルプスの涸沢カールや槍沢カールはよく知られていて、夏でも豊富な残雪が存在感を誇っているかのようである。

涸沢カール
c0219866_1243972.jpg

涸沢カールを初めて見たときの感動は忘れることができないでいる。

もう45年にもなる若かりしころになってしまったが、春や夏には仲間と涸沢合宿とか涸沢定着と称し、素人のくせに一端の岳人気分を味わったものである。
雪の前穂北尾根から奥穂高岳に登ったり、毎日のように滝谷を攀じたことも懐かしい思い出になっている。
c0219866_130546.jpg


槍沢カール
c0219866_12461122.jpg

氷河公園の天狗池は一昨年の北鎌の帰りに立ち寄ったが、一度は紅葉の時期に訪れたい場所の一つでもある。
c0219866_12465311.jpg

スケールを誇る薬師岳の圏谷群も有名で、金作谷カールと中央カールは登山道から足元に大きく見える。
c0219866_12473268.jpg

c0219866_12474842.jpg

c0219866_1373562.jpg

立山の山崎カールは規模が小さいにもかかわらず国の天然記念物に指定されている。
c0219866_12481435.jpg

1905(明治38)年に日本で最初に発見されたカールだというのが理由らしい。

それ以前に国土地理院の前身である陸地測量部が立山を測量しているし、日本アルプスを世界に紹介したイギリス人宣教師ウォルター・ウェストンも槍ヶ岳や穂高に登っているが、槍沢や涸沢が氷河地形とは気付かなかったのだろう。

by nakatuminesan | 2015-02-17 13:05 | 山のあれこれ | Comments(0)

2015.2.16 旭ヶ丸~高鉾山   

2015年 02月 16日

塔ノ丸へ山スキーにと思いましたが、昨日から気温が高くて雪質に期待できそうにありません。
それに明後日は塔ノ丸の計画があるので気が向きません。

じゃ雲早山だと車を走らせると大川原の霧氷が目に入り、手軽な山歩きに変更するあたりは軟弱山屋になってきた。
c0219866_15163149.jpg

霧氷は今シーズンになって27日目。
c0219866_15165941.jpg
c0219866_151791.jpg
c0219866_15171993.jpg

1mぐらいあった吹き溜まりは減ってきた。
c0219866_15174347.jpg

振り返ると轆轤山の北斜面にも霧氷がありそうだ。
c0219866_15181039.jpg

KさんやAさんが使っている防寒手袋を試してみる。
c0219866_15183776.jpg

この斜面でスキーをしたいと思っていたけれど、もう2月中旬だから今シーズンはあきらめよう。
c0219866_1519323.jpg

霧氷のトンネルになっている。
c0219866_15195058.jpg

潜るほど雪はないのでスパッツはしていない。
c0219866_15201738.jpg

展望台から眺める高丸山や雲早山はぼんやり霞んでいる。
c0219866_15204144.jpg

旭ヶ丸
c0219866_1521513.jpg

南斜面に雪はないけど高鉾山には霧氷がビッシリ付いている。
c0219866_1521343.jpg

c0219866_15214873.jpg

直登を選ばなくなるのは山屋を卒業するときだ。
c0219866_1522187.jpg

c0219866_15222962.jpg

土日のものと思われる足跡が続いていて、やっとのことで高鉾山に到着する。
c0219866_1523079.jpg

c0219866_15231298.jpg

稜線を西に歩いてみると霧氷があるけれど、いまいちなのは日差しと青空がないからだ。
c0219866_15235489.jpg

c0219866_1524953.jpg

c0219866_15242148.jpg

c0219866_15243460.jpg

雪は締まっているので登った直登コースを下ってみよう。
c0219866_15254175.jpg

c0219866_15255341.jpg

ゴリラ、雪には慣れているので分岐まで6分足らずで戻ってきた。
c0219866_15262021.jpg

林道には轍があるが100m歩くと雪はない。
c0219866_15265949.jpg

c0219866_15271150.jpg

駐車場に帰ってくると薄日が射していて、気温の上昇とともに霧氷は消えている。
c0219866_15273951.jpg

c0219866_15275352.jpg

今日もおまけはユキワリイチゲが続きますが、6日前に比べると花は綺麗になってきました。
c0219866_15291921.jpg

散歩コースでも開きはじめましたし、ツボミがたくさん見られるので楽しみです。
c0219866_15295166.jpg
c0219866_1530350.jpg

by nakatuminesan | 2015-02-16 15:31 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2015.2.14 剣山1955m~次郎笈1930m   

2015年 02月 15日

歩きはじめると里山倶楽部さんが出発準備中。
c0219866_10185990.jpg

11日の三嶺をご一緒したHさんも近くにいて、今日は4人パーティーで一ノ森へ行くらしい。
マイナス8度だから平年並みだろう。
c0219866_10194925.jpg

トレースがあるので今日は楽勝だと思っていたら、手摺りのところでラッセル中の3人パーティーに追いついてしまう。
c0219866_10201241.jpg

なんとNANAKOさんがいるとは驚きで、先月末のシラサ避難小屋で伝言メモとチョコレート差し入れの彼女ではないか。
トップの男性から「1年前の西赤石山ではラッセル助かりました」と声をかけられ、1月13日の西赤石山で愛媛の方に会ったことを思い出す。
トップを譲られるんじゃないかと嫌な予感が的中する。

トンネルは完全に埋没しているから上を越えていく。
c0219866_10211282.jpg
c0219866_10212167.jpg

締まり雪には昨日降った新雪が10センチ乗っていて、ツボ足ラッセルは膝下までだから楽なほうだろう。
c0219866_10215393.jpg

でも今日は若者が3人もいることだし、少しはトップを交替してもらって楽をしよう。
c0219866_10222559.jpg

ラッセルのトップはカモシカクラブ初参加のH君で、30歳と若いから力強くどんどん登っていく。
c0219866_10225384.jpg

いつもの陽だまりでバレンタインチョコだ~♪と小休止していると、NANAKOさんたち3人が追い越していくので助かった。
c0219866_10232667.jpg

c0219866_10233982.jpg

ところが200mも進まないうちに追いついてしまい、名誉あるラッセルのトップを任せられるとは光栄だ。

ほ~ら西島神社からは次郎笈が真っ白で、早く登っておいでと呼んでいるようだね。
c0219866_10251055.jpg

上部を見上げると霧氷はあるが小さめだ。
c0219866_10253782.jpg

西島駅からは三嶺と塔ノ丸の眺めがすばらしい。
c0219866_102638.jpg

c0219866_10261319.jpg

尾根に上がると10日前よりも雪庇が発達している様子がよくわかる。
c0219866_10264259.jpg

c0219866_10265472.jpg

冬型が緩んだ今日は雪山に登るには最高といえそうな日和だね。
c0219866_1027249.jpg

期待のカラマツに霧氷はないけれど、3日前に登った三嶺がくっきり見えるからよしとしよう。
c0219866_10275991.jpg

「刀掛けの松ってこの辺になかった?」
「そうここですよ~ 吹き溜まりに埋まっているんです」
c0219866_10284778.jpg

c0219866_10285925.jpg

10日前は見られたダケカンバにも霧氷が付いていない。
c0219866_10293584.jpg

沈み20センチぐらいのラッセルが続くけど、気温が高くないので日差しで汗をかくことはないし、今日はみんな気持ちよさそうに登っている。
c0219866_10313071.jpg

c0219866_10314535.jpg

鉄ハシゴのあたりに少し霧氷が付いている。
c0219866_10321130.jpg

c0219866_10322292.jpg

鳥居は10日前よりも埋まっていて、子どもでも這わなければくぐれそうにない。
c0219866_10325346.jpg

c0219866_1033622.jpg

頂上ヒュッテに到着すると気温はマイナス8度だが、強い日差しがあるので寒くは感じない。
c0219866_10333777.jpg

c0219866_10335062.jpg

「私もうここまでで十分よ待っていようかな」
「なに言ってるんですか、こんな天気に次郎笈へ行かなきゃソンですよ」
c0219866_10343380.jpg

誰も追いついてこないから今日の剣山は一番に登頂だ。
c0219866_1035779.jpg

c0219866_10351954.jpg

次郎笈
c0219866_1035447.jpg

一ノ森方面
c0219866_1036857.jpg

塔ノ丸の後方は寒峰~矢筈山~黒笠山方面
c0219866_10364548.jpg

さあ新雪を蹴散らしながら次郎笈へ向かおう。
c0219866_10371522.jpg

c0219866_10372750.jpg

c0219866_10373991.jpg

次郎笈を眺めながらトラバース道分岐を通過する。
c0219866_10381563.jpg

c0219866_10382518.jpg

c0219866_10383765.jpg

ここまで下ると冷たかった風はなくなり、もう12時だし次郎笈の登りに備えて昼ごはんにしよう。
c0219866_10395891.jpg

c0219866_1040108.jpg

日差しがあるので素手でも冷たいとは感じない。
c0219866_10403817.jpg

c0219866_10405017.jpg

今年は大きな雪庇が面白い形に発達していて、珍しいので写真を撮るのに忙しい。
c0219866_10415981.jpg

c0219866_10421125.jpg

c0219866_10422010.jpg

深谷側から吹き付ける風が強くて霧氷は落ちている。
c0219866_1043993.jpg

c0219866_10432464.jpg

予想していた吹き溜まりや凍った箇所はなく、クラストしているのでアイゼンが気持ちよく快適だ。
c0219866_1043544.jpg

c0219866_1044982.jpg

少しだけ急な箇所があるので安全を期すことにして、ストックをデポしてピッケルで登るほうがよさそうだ。
c0219866_10444198.jpg

c0219866_1044537.jpg

ここは雪の状態次第で下りは注意が必要だが、今日は雪質が安定しているので心配はなさそうだ。
c0219866_10455284.jpg

お~ やっぱりピッケル持つと感じ出るね雪山は!
c0219866_10472116.jpg

スキー滑降したくなるじゃないか。
c0219866_10474712.jpg

エビのシッポの向こうに山頂が見えている。
c0219866_10481221.jpg

あと2分でサミットだよ。
c0219866_1048364.jpg

カモシカ隊だけの山頂だよ、ほ~ら簡単だったね雪の次郎笈!
c0219866_10491533.jpg

ピッケル使うの初めてなの? 貸してあげたゴリラのピッケルは47年前に買ったウッドシャフトだよ。
c0219866_10501615.jpg

剣山~一ノ森
c0219866_10494051.jpg

白銀の丸石から三嶺まで歩きたくなるような稜線が続いている。
c0219866_10511350.jpg

アイゼンを引っ掛けないように下山は慎重に。
c0219866_10514071.jpg

雪庇
c0219866_1052541.jpg

さあ登り返しだゆっくり進もう。
c0219866_10523990.jpg

c0219866_10525192.jpg

あと10分か15分のところで小休止していると、H君がドラエモンの顔を上手に描いている。
c0219866_10531891.jpg

c0219866_10532980.jpg

やれやれ剣山まで戻ってきた。
c0219866_10535640.jpg

宝蔵石と頂上ヒュッテ
c0219866_10541850.jpg

ヒュッテの下でHさんと合流したので聞くと、一ノ森まではスノーシューで帰りはアイゼンを使っている。
c0219866_1055598.jpg

やっぱり今日もシリセード大会になりそうだよ。
c0219866_11284577.jpg

c0219866_1129053.jpg

c0219866_11291933.jpg

c0219866_11293394.jpg

お楽しみロングコース滑りますよ!
c0219866_11301527.jpg

c0219866_11302927.jpg

c0219866_1131497.jpg

c0219866_11304964.jpg

だんだん暴走族みたいになってきて、オリンピック種目だと金メダル確実だね。
c0219866_11321245.jpg

c0219866_11322640.jpg

c0219866_11324048.jpg

天候:快晴
見ノ越8:50・・・10:15西島駅10:25・・・10:40刀掛け松・・・11:10頂上ヒュッテ・・・11:25剣山11:30・・・11:55コル12:15・・・13:05次郎笈13:15・・・13:50コル・・・14:35剣山・・・15:05西島駅・・・15:45見ノ越

by nakatuminesan | 2015-02-15 11:01 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

2月の計画(9)   

2015年 02月 13日

2月21日(土)・・・天狗塚(雪山 行動6時間)集合:文化の森5時

★やはり積雪期の天狗塚には登っておかなければなりません。
ご希望があれば雪の状態で牛ノ背三角点まで足を延ばします。
TEL:090-7782-6031
c0219866_18264117.jpg
c0219866_18265618.jpg
c0219866_18271169.jpg
c0219866_18272296.jpg

by nakatuminesan | 2015-02-13 18:29 | 募集企画 | Comments(0)

2月の県外計画   

2015年 02月 12日

厳冬の西穂高岳2909m・・・2月23日(月)~25日(水)3日間の好天2日間

★1日目は徳島を6時ごろ出発し、新穂高ロープウェイを使い西穂山荘に泊まります。
2日目は独標とピラミッドピークを越えて西穂高岳に登頂し、帰徳は夜10時ごろを予定しています。
丸山から上は風が強いことの多い西穂高岳です。
移動性高気圧に覆われる天候で、登頂が確実と予想される場合のみ催行します。
個人装備はアイゼン、ピッケル、ハーネス、カラビナなどが必要です。
詳細はお問い合わせください。
c0219866_1728337.jpg
c0219866_17281446.jpg
c0219866_17282413.jpg

by nakatuminesan | 2015-02-12 17:30 | 募集企画 | Comments(0)

2015.2.11 三嶺1894m   

2015年 02月 12日

先行する二人のトレースはアイゼンだ。
c0219866_1054182.jpg

造林小屋跡を過ぎると植林帯となり、夏はつまらない登りが続くが雪の時季は趣がある。
c0219866_1061168.jpg
c0219866_1062174.jpg

植林から自然林に変わると尾根に乗り、右手には山頂部を望めるようになる。
c0219866_106566.jpg
c0219866_107630.jpg

冬場はP1578m付近から現れる霧氷だが今日はない。
c0219866_1073552.jpg

急な登りは1660mあたりの大岩で終わり、ここから先のトレースはワカンに変わっている。
c0219866_108522.jpg
c0219866_1081528.jpg

北東尾根と合流する標高1730m付近は霧氷輝く雪原になっていて、ちょうど1ヶ月前も皆が大喜びした場所である。
c0219866_1085324.jpg

塔ノ丸~丸笹山~剣山~次郎笈
c0219866_1094256.jpg

出発するころは雲が多かったが快晴になり、Hさんは気持ちよさそうに歩き回っている。
c0219866_10101588.jpg

c0219866_10102999.jpg

日替わり定食のように変わるのが雪質であり、締まり雪に乗った今日の新雪はサラサラで登りでも滑りやすく、先ほどの急登に苦労した桃さんはワカンにアイゼン併用で登ってきた。
c0219866_1011260.jpg

P1791mの最後も急登だが霧氷に励まされる。
c0219866_10113023.jpg

c0219866_10114263.jpg

c0219866_10115383.jpg

三嶺の山頂が真っ白な姿で迎えてくれ、下る北西尾根も白いスロープを見せている。
c0219866_10122453.jpg

c0219866_10123674.jpg

いったん下ると再び急な登りが待っている。
c0219866_1013583.jpg

c0219866_10131813.jpg

下部は硬雪だが軟雪に変わると雪庇が張り出した尾根に乗る。
c0219866_10134842.jpg

シカネットの向こうに山頂が呼んでいるようだ。
c0219866_1014171.jpg

振り返って眺められるのは寒峰から矢筈山。
c0219866_10142832.jpg

雪原の向こうは三角の山頂だ。
c0219866_1015682.jpg

1ヶ月前に泊まった避難小屋の入り口は吹き溜まりになっている。
c0219866_10153492.jpg

今日はここまで晴れるとは予想外で、やはり山は来てみなければ分からない。
c0219866_1016212.jpg

c0219866_10161414.jpg

先行者2人が下りてきたのでトレースの礼を言い、聞くと7時前に出発したそうだ。

山頂が近づいてくる。
c0219866_10171326.jpg

c0219866_101725100.jpg

ヒマラヤみたいな感じがしないでもない。
c0219866_1018019.jpg

山頂タッチは秒読みになってきた。
c0219866_10182890.jpg

西熊山から天狗塚までは白い稜線が続いている。
c0219866_1018533.jpg

落合峠~矢筈山~黒笠山
c0219866_10191530.jpg

寒峰~前烏帽子山~落合山
c0219866_10194177.jpg

気温はマイナス5度ぐらいだし風もなく、日差しがあるから素手でも冷たくは感じない。
c0219866_10202071.jpg

さあ写真を撮って山頂をあとにしよう。
c0219866_10204836.jpg

c0219866_102107.jpg

山頂を振り返ると我々のトレースがこちらに続いている。
c0219866_10212997.jpg

テキサスゲートを通過する。
c0219866_102155100.jpg

c0219866_1022920.jpg

前方にP1806mが見えてきた。
c0219866_10224050.jpg

なんだか食べたくなる美味しい何かを連想してしまいそう。
c0219866_10233858.jpg

滑りやすい雪質なので勝手にシリセードになってしまう。
c0219866_1024781.jpg

白骨樹の後方には西熊山が白い斜面を見せている。
c0219866_10244838.jpg

もちろんトレースはないので沈みはスノーシューで20センチ。
c0219866_1025222.jpg

標高1590mから真北に方向を変え、1520m地点でアイゼンを装着する。
c0219866_102557100.jpg

1450mまでの急斜面に備えて手にはピッケルだ。
c0219866_10262572.jpg

c0219866_10263890.jpg

ややこしい倒木を越えなければならないのが面倒だ。
c0219866_10284232.jpg

急斜面を終えると尾根状になり、アイゼンを外し再びスノーシューの登場だ。
c0219866_10292726.jpg

いつものように適当に下れば除雪された林道に降り立ち、楽をしようとショートカットしながら下っていく。
c0219866_10305957.jpg

c0219866_10344381.jpg

c0219866_1035067.jpg

麓ではフクジュソウが咲いていました。
c0219866_10353081.jpg

c0219866_10354232.jpg

c0219866_1036231.jpg

天候:晴れ
いやしの温泉郷8:20・・・9:55造林小屋跡・・・10:45P1578m・・・11:25雪原1730m11:45・・・12:00P1791m・・・12:30避難小屋前・・・12:45三嶺13:10・・・13:20縦走路分岐・・・13:25P1806m・・・13:50白骨樹1700m・・・14:10標高1520m・・・14:30標高1450m・・・15:25林道・・・16:10いやしの温泉郷

by nakatuminesan | 2015-02-12 10:40 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

2月の計画(8)   

2015年 02月 10日

2月19日(木)・・・烏帽子山(雪山 行動6時間)集合:文化の森6時

★ルートは北東尾根末端から山頂を往復するか、北尾根から登り北東尾根を下る周回になります。
ルートは当日の雪の状態で決めます。
c0219866_173444.jpg
c0219866_17341575.jpg
c0219866_17342879.jpg

by nakatuminesan | 2015-02-10 17:35 | 募集企画 | Comments(0)

2月の計画(7)   

2015年 02月 10日

2月18日(水)・・・塔ノ丸(雪山 行動5時間)集合:文化の森6時

★塔ノ丸は徳島県ではスノーシューハイキングに最も適した山です。
三嶺や矢筈山など祖谷の山並みが広がります。
スノーシューをお持ちでない方にはレンタルがあります。
c0219866_17315240.jpg
c0219866_1732163.jpg
c0219866_17321073.jpg
c0219866_17322035.jpg

by nakatuminesan | 2015-02-10 17:34 | 募集企画 | Comments(0)