<   2013年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧   

三大急登   

2013年 12月 20日

日本の山には古くから三大急登と呼ばれる登山道がある。
その三つは烏帽子山のブナ立尾根、甲斐駒ケ岳の黒戸尾根、谷川岳の西黒尾根だとされている。
北アルプス三大急登は剱岳の早月尾根、烏帽子山のブナ立尾根、燕岳の合戦尾根だ。
北アルプス三大急登に笠ヶ岳の笠新道や鹿島槍ヶ岳の赤岩尾根は含まれていなく、一般的には上記の三つということらしい。

早月尾根
c0219866_130271.jpg

徳島三大急登はどこだろうか。
急な登りが多く標高差を1000m以上とするならば、白井からの黒笠山と日和田からの石立山ぐらいしか浮かばない。
名頃やいやしの温泉郷からの三嶺は標高差が1000mあっても急登の箇所が少ないからだ。

途中までの道路や一般的な登山口を無視するならば、久保からの天狗塚やコリトリからの一ノ森を挙げられる。
c0219866_1303935.jpg

急登でなくとも標高差1000m以上となれば、大歩危駅からの国見山や山川町からの高越山なども入ってくる。
日浦からの平家平や中内からの折宇谷山なども標高差1000m近くあり、上用地からの青ノ塔も標高差は800mほどしかないとはいえ、急登が続くなかなか骨の折れる楽しい山ではなかろうか。
c0219866_1311123.jpg

by nakatuminesan | 2013-12-20 13:03 | 山のあれこれ | Comments(0)

2013.12.19柴小屋山~大道丸~高根山~旭ノ丸   

2013年 12月 19日

昨日の南岸低気圧は冷たい雨を降らせ、標高の高い山は確実に雪になっている。
もしかして滑れるかと思い風呂塔へ向かいました。
桟敷峠で積雪は15センチと予想よりも少なく、しかも雪質は湿雪で最悪ときている。
c0219866_1742348.jpg

今シーズンの初滑りをあきらめ帰宅して、この季節は冬靴を車に積んでおかなければと反省。
なぜなら冬靴があれば山スキーが無理でも山歩きはできるから。

午後の時間がもったいなく、冬靴を持って雪を踏みに柴小屋山あたりを歩きに向かう。
柴小屋休憩所でも積雪は15センチある。
c0219866_1744933.jpg
c0219866_17441615.jpg

当たり前だがトレースのないことが嬉しい。
c0219866_17444134.jpg

冬靴は今シーズン初めてで、雪質はこのとうりの湿雪だ。
c0219866_1745420.jpg
c0219866_17451176.jpg

柴小屋山で山スキーをしたのは10年以上前のことになる。
c0219866_17453826.jpg

大道丸への稜線にはブナの実がたくさん落ちていて、大川原からの往復も宿題の一つとして残っている。
c0219866_17463331.jpg

c0219866_1746424.jpg

大道丸
c0219866_174744.jpg

ついでだから久しく登っていない高根山と旭ノ丸に寄り道しました。
c0219866_17473112.jpg

この足跡の動物は?
c0219866_17488100.jpg

柴小屋山方面
c0219866_17483018.jpg

c0219866_17484457.jpg

by nakatuminesan | 2013-12-19 17:55 | 山を歩いてきました | Comments(0)

12月の計画(8)   

2013年 12月 18日

12月23日(月)・・・次郎笈北西尾根~剣山北西尾根周回(雪山中級 行動8時間)
集合:文化の森5時

★今シーズン初の雪山はマイナールートによる次郎笈と剣山の周回です。
北西尾根はブナやダケカンバが多く、上部は霧氷に期待できそうです。
c0219866_1357216.jpg
c0219866_1357335.jpg
c0219866_13575077.jpg
c0219866_13575869.jpg

by nakatuminesan | 2013-12-18 14:01 | 募集企画 | Comments(0)

2013.12.17 野根山街道(野根山~装束山~宿屋杉)   

2013年 12月 18日

奈半利町高札場を起点とする野根山街道は約35キロ余りあり、野根山連山を尾根伝いに東洋町野根まで結ばれている。
岩佐の関所は野根山街道のほぼ中間点にあり、藩政時代には通行者、脱藩などの監視場所として重要な位置を占めていた。
c0219866_10565348.jpg

番所長木下家と番人頭川島家があったようで、使用人などを含めると80人ほどが住み、当時は岩佐村と呼ばれる関所村を形成していた。
c0219866_10572284.jpg

奈良時代から官道として利用されていた野根山街道は、これまでに数々の歴史ドラマが繰り広げられてきた。
c0219866_10575123.jpg
c0219866_10575991.jpg

時代劇の撮影ができそうな立派な道が続いているが山の展望はない。
c0219866_10583019.jpg

幹周6mはありそうな太いスギもあるので退屈しないで歩ける。
c0219866_10585469.jpg
c0219866_1059268.jpg
c0219866_10591242.jpg

加奈木の崩え
c0219866_10593221.jpg

剣山と次郎笈
c0219866_110263.jpg

お産杉跡
c0219866_1102152.jpg

装束峠
c0219866_110418.jpg

一等三角点がある装束山1083mは野根山街道の最高峰。
c0219866_111269.jpg

干し柿初登場~♪
c0219866_1114860.jpg

この元気なスズタケを徳島に持って帰りたい。
c0219866_1121133.jpg

スズタケ峠と呼びたい熊笹峠からは奈半利の町と太平洋が広がるが、今日は曇り空なので写真も残念ながらいまいち。
c0219866_1124124.jpg

装束山と熊笹峠を振り返る。
c0219866_113384.jpg

野川林道を横断して再び山に入ると宿屋杉だ。
c0219866_1133574.jpg

c0219866_113441.jpg

旅人が一夜をしのいだと言われ、さすが名のとうり5人ぐらいはビバークOK。
c0219866_1142538.jpg

中から上を見上げると穴が開いていて、屋久島のウィルソン株のようにハート型はしていない。
c0219866_1144620.jpg

今日はここで食事をしたあと引き返し、のんびり歩きながら野根山へ向かう。

参勤交代の道として三とうりの方法があったようだが、この野根山街道が参勤交代のメインルートであった。
c0219866_115207.jpg

お茶屋場に寄り道してみるが、お駕籠石は見つからずスギの巨木だけ。
c0219866_1154628.jpg

c0219866_1155779.jpg

なにか動物に似ていると思ったら突然カモシカ君が登場して、おや参勤交代かな?とこちらを窺っている。
c0219866_116271.jpg

c0219866_1163529.jpg

岩佐の関所で小休止し、藪くさい道をひと登りで野根山だ。
c0219866_117113.jpg

吉野丸~鰻轟山~請ヶ峰(画像中央)の後方に雲早山と高丸山が霞んでいる。
c0219866_1173423.jpg

岩佐の清水
c0219866_1175415.jpg

川島家屋敷跡には懐かしい石臼がある。
c0219866_1181785.jpg

c0219866_1182759.jpg

晴れ間のない寒い天気でしたが、なかなか見所の多い野根山街道でした。
次回は白石神社から四郎ヶ野峠の約25キロを歩こうと思います。

天候:曇り
岩佐の関所登山口8:50・・・9:10岩佐の関所・・・9:45加奈木の崩え・・・10:10お産杉跡・・・10:15装束峠・・・10:25装束山1083m10:40・・・10:45熊笹峠・・・11:10野川林道鞍部・・・11:15宿屋杉11:50・・・11:55野川林道鞍部・・・12:25熊笹峠12:35・・・12:40装束峠・・・12:50お茶屋場・・・お産杉跡・・・13:40岩佐の関所・・・14:10野根山983m14:20・・・14:35川島家屋敷跡・・・14:45岩佐の関所・・・15:00岩佐の関所登山口

by nakatuminesan | 2013-12-18 11:13 | 山行報告(中級) | Comments(0)

12月の計画(7)   

2013年 12月 16日

12月21日(土)・・・胴切山~白木山~矢筈山(中級 行動6時間)集合:文化の森6時

★縦走路の所々から太平洋の展望が広がる県南の3座を周回。 
胴切山にはマイナーな西尾根から登ります。
白木山とお地蔵さんがある矢助峠を経由して、4座あるうちの徳島県最南の矢筈山への縦走です。
c0219866_1852881.jpg
c0219866_1853836.jpg
c0219866_1855287.jpg

by nakatuminesan | 2013-12-16 18:06 | 募集企画 | Comments(0)

2013.12.14~15 忘年登山   

2013年 12月 16日

高知メンバーとの合同忘年登山も今年で5回目。
一日目は竜王山で雪山気分を味わい、二日目は讃岐の女体山に登りました。

12月14日(土)
積雪10センチに今シーズン本格的四駆走行を楽しみ、阿波竜王山直下で出発準備をする。
c0219866_1154417.jpg
c0219866_11545144.jpg

山頂には10分で着いてしまうが、嬉しいことに小さいながらも霧氷がある。
c0219866_11551327.jpg

すぐそこに讃岐竜王山が見えている。
c0219866_11553268.jpg

今日は本格的な雪山歩きを楽しもう。
c0219866_11555631.jpg

讃岐竜王山山頂
c0219866_11561782.jpg

小さなピークを越えて下っていくと鷹山公園だ。
c0219866_115641100.jpg

まだ昼前だけどランチタイムになり、相栗峠を目指して再び山に入っていく。
c0219866_1157758.jpg

c0219866_11571887.jpg

サザンカ
c0219866_11573861.jpg

足の短いシカ君?
c0219866_11575930.jpg

三角点776.5mには美女という名の標識があり、このころから青空が広がり日も当たりだす。
c0219866_11582216.jpg

標高を下げるにしたがい雪は減り、予定よりも早く相栗峠に下山する。
c0219866_11584558.jpg

c0219866_11585516.jpg

今宵の宿となる塩江温泉郷の樺川荘本店には2時に着いてしまう。
c0219866_1159182.jpg

一風呂浴びたあとは生ビール(アップでゴメン)
c0219866_11594177.jpg

さあ宴会が始まるぞ~!
c0219866_1202041.jpg

c0219866_1202970.jpg

c0219866_1204340.jpg

c0219866_120517.jpg

土佐名物しばてん踊りが始まった!
c0219866_1211327.jpg

c0219866_1212281.jpg

c0219866_1213854.jpg

c0219866_1214643.jpg

しばてん踊りに続いて次はカラオケだ~!
c0219866_1221215.jpg

c0219866_1222029.jpg

c0219866_1223926.jpg

c0219866_1225097.jpg

c0219866_123320.jpg

ゴリラも熱唱する
c0219866_1232567.jpg

天候:曇り時々小雪&晴れ
登山口9:55・・・10:05阿波竜王山(1059.8m)・・・10:30讃岐竜王山(1050m)・・・11:10鷹山公園11:40・・・12:20美女(三角点776.5m)・・・12:50相栗峠(車両回送)13:30⇒⇒14:00塩江温泉郷 樺川荘本店


12月15日(日)
朝御飯
c0219866_1264390.jpg

女体山の登山口となっている大窪寺には25分で着く。
c0219866_1265911.jpg

大窪寺は四国八十八箇所霊場の第八十八番札所であり、納経印は「結願所」(けちがんしょ)となっている。
c0219866_1272323.jpg

c0219866_1273379.jpg

c0219866_1274254.jpg

遍路道は四国のみちでもあり、女体山までは石段などの急な登りが続く。
c0219866_128539.jpg

ツルリンドウ
c0219866_1282646.jpg

いったん道路に出てしまうが、ひと登りで標高774mの女体山に到着する。
c0219866_1805122.jpg

北方には五剣山や屋島の展望が開けるけど、北風が冷たくて早々と山頂をあとにする。
c0219866_12102275.jpg

矢筈山への取り付きは胸を突くような登りだが、30mほどで終わると自然林の尾根に乗る。
c0219866_1210476.jpg

小さな岩場があり変化のある尾根歩きとなる。
c0219866_1211965.jpg

c0219866_12111913.jpg

一等三角点のある矢筈山に着きはいチーズ♪
c0219866_1211413.jpg

尾根を引き返したあとは林道歩きになり、北面は風が冷たいが南側は日差しで暖かい。
c0219866_12121461.jpg

展望台になっている女体山(761.8m)に寄り道してみるが、展望は主に高松方面しか得られない。
c0219866_1212395.jpg

c0219866_12124916.jpg

風を避けられ日差しの暖かい電波塔?の建物が昼のお食事処となる。
なぜか皆でカップラーメンを食べている・・・檻の中の動物には餌を与えないように。
c0219866_12332191.jpg

東女体山へは鉄塔巡視路を辿り、尾根を外れた陽だまりのトラバースが気持ちいい。
c0219866_12135311.jpg

c0219866_1214467.jpg

山頂直下の急な登りを少し頑張れば、今日の4座目となる東女体山に登頂です。
c0219866_12143893.jpg

c0219866_12144891.jpg

東女体山を眺めながらの道路歩きとお喋りで大窪寺へ帰ります。
c0219866_12151755.jpg

c0219866_1215286.jpg

今年も楽しい高知徳島合同忘年登山となりました。

天候:曇り時々晴れ
樺川荘本店8:00⇒⇒R193⇒⇒R377⇒⇒8:25大窪寺8:35・・・9:40車道・・・9:45女体山(774m)9:50・・・10:20矢筈山(787.7m)10:30・・・10:50車道・・・11:25女体山展望台(761.8m)・・・11:40電波塔12:20・・・12:25東女体山入口・・・13:05東女体山(673m)13:20・・・14:05東女体山入口・・・車道・・・15:00大窪寺

by nakatuminesan | 2013-12-16 12:18 | 山を歩いてきました | Comments(4)

12月の計画(6)   

2013年 12月 14日

12月19日(木)・・・カロート山~六郎山(中級 行動6時間)集合:文化の森6時

★平家伝説の残る那賀の2座に五倍木(ふしのき)から登ります。
枝を八方に広げた巨樹“一本杉”も一見の価値があります。
TEL:090-7782-6031
c0219866_6133337.jpg
c0219866_6134061.jpg
c0219866_6134690.jpg

by nakatuminesan | 2013-12-14 06:14 | 募集企画 | Comments(0)

2013.12.13 雲早山   

2013年 12月 13日

昨日の新雪が気持ちよかったので、時間のある午後は雲早山へ向かいました。

ヘアピンカーブの道路が陥没した場所は、来年まで工事が行われる様子はないようだ。
c0219866_17463246.jpg

沢には氷やツララが見られるし、葉を落とした姿も冬の訪れを告げるようだ。
c0219866_1747576.jpg
c0219866_1747133.jpg
c0219866_17473075.jpg
c0219866_17473778.jpg

シカの鳴き声は聞こえないが足跡は続いている。
c0219866_1748474.jpg

高丸山への分岐からは風が強く、飛ばされた雪が10センチほど積もっている。
c0219866_17484070.jpg
c0219866_17484736.jpg
c0219866_1748594.jpg

昨日の疲労から登頂は無理かと思ったが、汗をかかないスローペースがよかったみたい。
でも山頂は風が強くて10秒ほどで下山する。
c0219866_17492814.jpg

c0219866_17493637.jpg

“相棒”を見て過ごすよりも、雪の山を歩けて有意義な午後でした。

天候:曇り時々晴れ
雲早トンネル13:35・・・14:00登山口・・・14:45雲早山・・・15:15登山口・・・15:40雲早トンネル

おまけです
c0219866_17501839.jpg

by nakatuminesan | 2013-12-13 17:51 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2013.12.12 岩倉山1509m~大久保山1563m   

2013年 12月 13日

今日は岩倉山~大久保山~権田山~中内山周回の予定。
ところが町道槍戸線の起点には、3.0km先で通行止めの看板がある。
現場では側溝工事が行われていて、2月末まで通ることができない。
林道岩倉蝉谷線から岩倉山と大久保山の往復に計画を変更する。

先日の黒滝山で背負っていたKさんの古いザックに刺激され、今日のゴリラは44年前に買ったさかいやのアタックザック。
若かりしころの激しい山はこのザックが相棒だった。
捨てることもできずいつもは棚に座っているのだが、それこそ久しぶりに現役復帰する。
c0219866_904425.jpg

雪が舞っているので雨具姿で出発する。
岩倉山北面の植林帯から山に入り小さな谷を渡れば伐採地となり、3年前にはなかったネットが張られている。
c0219866_912096.jpg
c0219866_912724.jpg

P1291の南鞍部には幹周3mほどのブナが立つ。
c0219866_915432.jpg

胸突き八丁
c0219866_921698.jpg

イノシシか熊の檻?
c0219866_923794.jpg

嬉しいことに雪山登山になってきた♪
c0219866_93323.jpg

スズタケの斜面にはヒメシャラが多く、太いミズナラを5mロープで測ったところ5.5mある。
c0219866_942949.jpg

岩倉山
c0219866_944953.jpg

山頂から南に20m下ると大桧があり、4年前の計測では幹周が4m10cmだった。
c0219866_951164.jpg

さらさらの新雪を踏んで歩くのは気持ちがいい。
c0219866_953345.jpg

c0219866_954252.jpg

大久保山が近くなると平家平が姿を現してくる。
c0219866_96494.jpg

木頭三笠の後方中央に三角の形をした胴切山が小さく見えている。
c0219866_962446.jpg

鰻轟山(画像中央)
c0219866_964369.jpg

食事をしていると晴れ間が広がり、平家平の右奥に見えるのはボタモチ山~三ッ石~山姥岳。
c0219866_971360.jpg

c0219866_972170.jpg

権田山と中内山
c0219866_974333.jpg

伐採地まで下ると雪雲のなかに一ノ森方面が霞んでいる。
c0219866_98519.jpg

富士山頂ではマイナス20度と冷え込んでいて、南国徳島の山も雪化粧する季節になりました。
四季美谷温泉で温まって帰りました。

天候:曇り時々小雪&晴れ
林道岩倉蝉谷線伐採地下9:05・・・9:40P1291m・・・10:30岩倉山10:50・・・11:20大久保山12:00・・・12:25岩倉山・・・13:00P1291m・・・13:30林道岩倉蝉谷線伐採地下

by nakatuminesan | 2013-12-13 09:10 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2013.12.11 恥ずかしの峰164.3m   

2013年 12月 11日

5日前に登った熊山から西に164.3m峰が見えていた。
この山の名を“恥ずかしの峰”だと教えてくれたのは八万町のKさん。
一度登らねばと思っていたので、決心がついたのは熊山のときである。

登山口は勝占神社
c0219866_14223810.jpg

神社には石段を10分足らずで着いてしまう。
c0219866_1423092.jpg

神社の左から適当に登って90mピークに立つ。
c0219866_14232348.jpg

北に下ると竹林だが道はあるので快適だ。
c0219866_14234865.jpg

里山だから当然展望はなく、ただ一箇所だけ中津峰山が見える場所がある。
c0219866_14241071.jpg

小さなアップダウンがあり、四つ目のピークが三等三角点のある恥ずかしの峰。
c0219866_14243384.jpg

木に標識らしきがぶら下がっているが、残念ながら字が消えている。
c0219866_14245324.jpg

樹林に囲まれた山頂からの展望はないが、少し西に下ると北方向が開けた場所がある。
徳島の町や眉山の眺めだけでなく、あの有名な弁天山も小さく見えている。
c0219866_14252289.jpg

標高140m地点にはロープが設置されている。
c0219866_14254640.jpg

標高115mの鞍部には「恥ずかし峠」の標識があり、方上町や渋野町の人々には恥ずかしがりやが多いのだろうか。
c0219866_1426814.jpg

道は快適ハイウェイなので、クヌギやクリの落ち葉をカサカサ踏みながら。
c0219866_14263365.jpg

c0219866_14264822.jpg

150mピークを越えて下ると道路に出てしまう。
c0219866_14271522.jpg

前方に三角点のある106.8mピークが見えていて、なんとしてもあの峰までは行ってみたい。
c0219866_14273963.jpg

道路を離れて藪に突入すると展望はなく、コンパスと地形図で怪しい読図に頼るしかない。
65m鞍部は堀切道になっていて、読図が正しかったことに一安心。
白菜さんからコメントがあり、この峠を“ニットキ越え”と呼ぶそうだ。
c0219866_14281026.jpg

昔は人の行き来があったのだろうが、今ではイノシシか怪しい山屋ぐらいのもの。
「しっかり読図して三角点まで行けよ!」と、お不動様が怪しいゴリラに言っている。
c0219866_14284014.jpg

二つの80mピークはシダが生え茂り、それを嫌って南斜面をトラバースする。
小さな尾根を越えると106.8mピークが目の前になる。
c0219866_14291310.jpg

ミカン畑から150mピークを振り返る。
c0219866_14293751.jpg

三角点のある106.8mピークに到着する。
c0219866_14295971.jpg

適当に南へ下っていくと八幡神社の西に下山する。
c0219866_14302552.jpg

c0219866_14303456.jpg

麓の道を歩いて帰りました。
c0219866_14305885.jpg

c0219866_1431730.jpg

熊山
c0219866_14312963.jpg

気になる山を歩けたので嬉しかったです。
c0219866_14393292.jpg

恥ずかしの峰(画像中央)と後方は中津峰山
c0219866_14322121.jpg

天候:晴れ時々曇り
勝占神社下9:10・・・9:45恥ずかしの峰164.3m・・・10:00恥ずかし峠・・・10:05P150m・・・10:15道路・・・10:30鞍部65m・・・10:45三角点106.8m・・・11:05道路・・・11:40勝占神社下

by nakatuminesan | 2013-12-11 14:34 | 山を歩いてきました | Comments(1)