カテゴリ:ヒマラヤ( 144 )   

ヒマラヤで知り合った岳人が   

2019年 01月 07日

2008年秋のマナスルで知り合った長野県のK氏が来徳し、剣山に登ると今朝携帯に連絡がありました。

マナスルは大雪のため6400mのC2までしか届きませんでした。
c0219866_16135709.jpg
K氏は同じ長野県在住の友人との挑戦でしたが6300mで敗退したようでした。
c0219866_16153267.jpg
c0219866_16155984.jpg
あれから10年が過ぎましたけれど、チベットの山に登ってきたと年賀状にありました。
c0219866_16164257.jpg
昨年913日、長野県山岳協会とチベット登山協会の合同隊が、友好兄弟協定30周年記念事業として挑戦したチベット自治区の未踏峰 シュエラプカンリ6310mの登頂に成功しています。

根っからの山屋らしく74歳にしてますます山に前向きと感じられました。

今日は青空が広がる剣山からの眺めを楽しめたことでしょう。





by nakatuminesan | 2019-01-07 16:18 | ヒマラヤ | Comments(0)

エベレストサミッター   

2018年 12月 05日

1920年代から何度もの挑戦で英国隊により1953年に初登頂がなされたエベレスト。
c0219866_17554196.jpg
日本人が初めて登頂したのが1970511日で、すでに日本人サミッターは200人ちかくになるらしい。

高額な公募隊ではなく単独によるエベレスト登山を考えたことはあります。
単独とはいってもシェルパ2人との個人登山です。
ルートはチベット側から全行程55日間で、年齢は60歳までだと思っていました。
特に理由はありませんが60歳以上だと登頂は無理なように思い込んでいました。
c0219866_17565486.jpg
ヒマラヤ登山を3度ともにしたシェルパからエベレストを誘われたことがあります。
ルートはネパール側からでカトマンズ~エベレスト~カトマンズ75日間の行程でした。
c0219866_17573411.jpg

すでに70歳に手が届くようになり、財力のみならず体力もなくなってしまいました。
エベレストサミッターは夢の夢に終わりました。





by nakatuminesan | 2018-12-05 17:59 | ヒマラヤ | Comments(0)

ネパール西部の山で韓国人遠征隊員ら9人死亡   

2018年 10月 14日

ネパール西部のグルジャ(Gurja7193mでキャンプが猛吹雪に襲われ、韓国の遠征隊員ら9人が死亡したと13日に発表されました。

韓国外務省は声明で「韓国人5人の登山隊および外国人(ネパール人ガイド4人)は、グルジャへの登山中にベースキャンプで強風により命を奪われた。
崖から落ちて死亡した」と発表しています。
ネパールで発生した山岳事故としては、ここ数年で最悪の規模となったそうです。

吹雪の後、最初に現場入りした一人であるヘリコプターの操縦士は、現場は完全に破壊されテントも倒れ登山者の遺体が散乱していたと証言。
ヘリコプターはキャンプ地の上方に着陸したものの、不安定な気象条件のため遺体の収容はできていないという。

グルジャという名の山は知られていませんが、世界で7番目の高さを誇るダウラギリ(Dhaulagiri)の西方21キロに位置しています。
c0219866_16211482.jpg
どこかで知った山の名だと思ったら、2016年秋のダウラギリ一周のとき眺めた山でした。
トレッキング1日目は
シバン(Sibang1600を出発し、昼すぎにムリ(Muri)1800mという村に着きました。
c0219866_16221258.jpg
前日に続いてテントサイトは小学校になり、有難いことに調理室として教室が提供されました。
c0219866_16224879.jpg
20本ほど用意した缶ビールが切れると困るので、さっそく村の店に買出しに出かけたりしました。
c0219866_16241506.jpg
快晴で明けた翌日は純白の峰々が輝いて、皆で大騒ぎしたことを覚えています。
c0219866_16244539.jpg
左からグルジャGurja7193m~Khambong6570m~Myagdi Matha6273mと連なっていました。
c0219866_16251973.jpg
グルジャはムリの北方19キロの距離にあります。
c0219866_16255072.jpg
見た目にも急峻なだけでなく、地図からして厳しい山だと想像しています。
c0219866_16283131.jpg

亡くなった方のご冥福をお祈りします。





by nakatuminesan | 2018-10-14 16:26 | ヒマラヤ | Comments(0)

ムクト・ヒマール登頂の記事   

2018年 07月 06日

徳島新聞に掲載されました。

c0219866_08200552.jpg
c0219866_09422997.jpg





by nakatuminesan | 2018-07-06 08:20 | ヒマラヤ | Comments(8)

登頂祝い(2018.6.27~28)   

2018年 06月 28日

ヒマラヤへ行っている間は畑の草抜き隊に大変お世話になりました。
その草抜き隊の皆さんがムクト・ヒマールの登頂祝いをしてくれました。

台所や風呂もあるし貸切です。
c0219866_18052618.jpg
c0219866_18061404.jpg
張られたタルチョーがヒマラヤムードを盛り上げてくれ、スパークリングワインで乾杯です。
c0219866_18065063.jpg
なんと登頂祝いは酒ばかりときてるから、しばらく晩酌に困ることはなさそうです(^-^)v
c0219866_18073408.jpg
昼食は日本製のルーを使ったものではなく、カトマンズで買ってきたカレー粉にスパイスを入れた(カアチャン作)カレー。
c0219866_18080723.jpg
ヤマモモに始まり持ち寄りいっぱいです。
c0219866_18083819.jpg
c0219866_18085316.jpg
飲んで食べて喋っては当たり前で、山の話題は国内からヒマラヤまで賑わしい。
c0219866_18093389.jpg
夕方からは泊まり組でバーベキュー。
c0219866_18100450.jpg
差し入れも含めてゴリラ畑の野菜10種類以上が並びます。
c0219866_18103969.jpg
c0219866_18110166.jpg
c0219866_18111568.jpg
昼に続いて2度目の乾杯だ!
c0219866_18115384.jpg
暗くなってからは部屋でお喋りが続きましたZZZ。


翌朝は山の計画や雑談(畑など)で大いに盛り上がり、笑いすぎてアゴが外れる前に昼ごはんを食べて解散しました。
c0219866_18123551.jpg
c0219866_18125056.jpg

皆さん登頂祝い本当にありがとうございました。





by nakatuminesan | 2018-06-28 18:14 | ヒマラヤ | Comments(2)

ヒマラヤの雪崩   

2018年 06月 23日

2005年秋のツクチェ・ピークでは6200mのC1上の斜面で雪崩が起きた。
c0219866_19082510.jpg
それは画像左下の45度ぐらいの斜面で起きフィックスロープが流された。
c0219866_19090222.jpg
2013年秋のタシカンⅠ峰では雪質が不安定だった。
シェルパに今日は雪の状態が悪いと言うと「ビーズのようで良くないです」という返事があった。
c0219866_19095248.jpg
この箇所は下山のとき雪崩が起きていた。
登るときにはなかった段差を変だと思ったところ、なんと厚さ50センチほどの板状表層雪崩の跡だった。
フィックスロープの中間だったからいいようなもので、スノーバーを打ち込んでいたなら流されていたであろう。

雪崩そうな雪は山頂まで続くのだが、いつもラクパの後姿にはしびれるのである。
c0219866_19110591.jpg
c0219866_19112084.jpg
2018年春のムクト・ヒマールでは雪は安定していたようで、急斜面にもかかわらず小さな雪崩跡さえ見られなかった。
c0219866_19120137.jpg
c0219866_19121693.jpg
無事に登頂を終えることができたが、過去の雪崩を思い出すと急斜面を下りきるまでは安心はできない。

戻ってきたHCから見上げる斜面には1本のトレースが続いていた。
c0219866_19151600.jpg
おまけおいらシャンプーカットしてもらったよ~♪
c0219866_19190999.jpg



by nakatuminesan | 2018-06-23 19:12 | ヒマラヤ | Comments(2)

今年もシェルパたちが来日   

2018年 06月 17日

庭のタルチョーでヒマラヤを回想する毎日ですが、本当に早いもので帰国から1ヶ月が過ぎました。
c0219866_19202124.jpg
ムクト・ヒマールからの眺めは眼に焼きついています。
c0219866_19205380.jpg
c0219866_19210801.jpg
シェルパとポーターたちが7月に来日することになっています。
観光が目的ではなく薬師岳山荘で働くのです。

9月には
立山~ザラ峠~薬師岳の計画があり、彼らと再会できることが楽しみです。



by nakatuminesan | 2018-06-17 19:22 | ヒマラヤ | Comments(0)

マルファ(Marpha)のアップルブランデー   

2018年 05月 30日

ネパールでは「マルファといえばリンゴ、リンゴといえばマルファ」です。
それほどマルファのリンゴは有名です。

そのマルファには大規模な
リンゴ園があり、リンゴ生産には日本のNGOが貢献したことはよく知られています。
c0219866_18420953.jpg
しゃれた白壁造りの建物と石畳が続き、マルファはトレッカーたちにも人気が高い村です。
c0219866_18433332.jpg
c0219866_18435046.jpg
リンゴの生産地らしくアップルパイが美味しいです。
c0219866_18442818.jpg
そしてアップルブランデーも有名です・・・実はこれを強調したかった。
c0219866_18450295.jpg
自分の土産に大小2本のアップルブランデーを買って帰りました。
アルコール度数は42%です。
c0219866_18465269.jpg

昨夜は小瓶をロックで飲んでみました。
リンゴの良い香りがして飲みやすかったです。









by nakatuminesan | 2018-05-30 18:47 | ヒマラヤ | Comments(0)

タルチョーが新しく   

2018年 05月 29日

ネパールにはタルチョーがよく似合います。
5色の旗で青・白・赤・緑・黄と順番が決まっていて、青が空、白が風、赤が火、緑が水、黄が地を意味しています。
c0219866_18342611.jpg
それぞれが五大を表現していて、小さな字で経文が書いてある祈祷旗のこと。
c0219866_18351335.jpg
ムクト・ヒマール登山の麓の村マルファで見たタルチョーです。
c0219866_18355394.jpg
この縦のタイプが気に入ったので同サイズをカトマンズで買いました。

古くなった我が家のタルチョーは半年前に切れたままだったので新品を張りました。
c0219866_18363686.jpg
青空が似合うタルチョーなので梅雨空には映えないのが残念です。

真ん中の大きなタルチョーを張るのは初めてで、昨秋のチベット行きのお土産にKさんから頂いたものです。
c0219866_18375483.jpg





by nakatuminesan | 2018-05-29 18:38 | ヒマラヤ | Comments(0)

ヒマラヤ2018 ムクト・ヒマール(6087m) 4.26~5.17 NO.2   

2018年 05月 21日

NO.2登頂~カトマンズ~帰国

58日(火)晴れ BC940・・・1035氷河(5450m)・・・1335HC(5755m)

よい天気で明けた。
c0219866_11031226.jpg
新しい下着を身に付けて(ヒマラヤアタック時は慣例になっている)、鯉のぼりをザックに入れることは忘れない。
c0219866_11035327.jpg
朝食後はHCへ揚げる装備や食料を点検する。
c0219866_11042552.jpg
c0219866_11044067.jpg
靴を履いているとラーメンがきた。
c0219866_11051576.jpg
c0219866_11053195.jpg
1時間前にトーストと目玉焼きを食べたばかりなのにブツブツ。
半分口に入れるのが精一杯だった。

HCへのサポートにはパサンが同行することになっていたが、昨日のHC往復で足が痛いとかでラメスが上がることになった。
c0219866_11062630.jpg
じゃ 行ってくるよと皆に手を振ると、コックのポラカスが手を握り“Good luck!”。

ガレ場を登ると氷河の末端辺りが見えてきて、ここは2016年秋の最高到達地点直下である。
c0219866_11071322.jpg
だんだん氷河が近くなってきて、ついにやってきたぞと叫びたい気持ちでいっぱいだ。
c0219866_11092741.jpg
氷河を辿り山頂に立ちたいという、小さな夢に向かっている自分がここにいる。

ザレ斜面をトラバースすると氷河には簡単に乗ることができた。
c0219866_11115860.jpg
c0219866_11121458.jpg
氷河は緩いが凍った箇所が多いのでアイゼン(ヒマラヤ用チタン製)を装着する。
c0219866_11125205.jpg
c0219866_11151811.jpg
チャプテはルート工作があるので先行する。
c0219866_11161452.jpg
c0219866_11163451.jpg
氷河は末端部に近いのでアイスフォールやセラック(氷塔)になっている。
c0219866_11170902.jpg
c0219866_11173646.jpg
氷河の幅は1キロ以上あり薄く新雪が乗った状態だが、気をつけなければならないヒドゥンクレバスはないようだ。
c0219866_11183516.jpg
ただ強い日射で雪が湿りアイセンが団子になるので疲れる。
ラメスはアイゼンについた雪をピッケルで落としながら後を歩いている。

標高5500mを超える。
c0219866_11191853.jpg
セラックの向こうには青いヒマラヤの空が広がっている。
c0219866_11195087.jpg
ホンデ・ヒマールと6338m峰が見えてくる。
c0219866_11202555.jpg
c0219866_11203894.jpg
左に並ぶ奥大日岳から大日岳に似た峰は6128m峰だろう。
c0219866_11211755.jpg
登頂ルートの支稜が見えるようになってきた。
c0219866_11214911.jpg
チャプテが言っていた二つのルートが分かった。
①緩い雪の尾根を左に登る。
②中央の雪壁を突き上げる。

ルート工作があると言っていたので②であろう。
c0219866_11223946.jpg
ホンデ・ヒマールと6338m峰を繋ぐ鞍部が見えてくる。
c0219866_11231849.jpg
標高差400mを4時間かけてHC予定地に着き、風があるので3人でテントを設営した。
c0219866_11240534.jpg
c0219866_11242022.jpg
テント設営後はミルクティーを飲み、チャプテはロープをフィックスすると言って出て行った。

動脈血酸素飽和度(
SpO2)の数値は77%だ。
c0219866_11250861.jpg
保険がかかっていないラメスはHCに泊まることはできずBCに下っていった。
明日の朝には登ってくることになっている。

1
時間ぐらいしてテントから出ると雪稜に立つチャプテの姿が見えた。
c0219866_11255843.jpg
部分的に50度ぐらいありそうな雪壁だが、フィックスロープがあれば問題はなさそうだ。
c0219866_11263582.jpg
戻ってきたチャプテに聞いてみる「上はどうだった?」
easyです。フィックスロープの上は緩いので、クレバスもないしメインザイルがあれば大丈夫です。

夕食は五目ごはん&赤貝
c0219866_11283377.jpg
c0219866_11285033.jpg
今夜は禁酒!


チャプテはジャガイモを温めている。
c0219866_11300213.jpg
動脈血酸素飽和度(SpO2)の数値は84%と改善された。
c0219866_11333254.jpg
暗くなると風が強まり雪が降りはじめるが、きっと明日は素敵な登頂日和になるだろう。


59日(水)快晴 HC545・・・750支稜(5950m)・・・850ムクト・ヒマール(6087m)905・・・925支稜(5950m)・・・1030HC1150・・・1430BC

長い夜だった。
テントをたたく風と雪の音で目が覚めた。
テントを潰された1年前のヤラピークを思いだしていた。

新雪が20センチ以上積もるとチャプテがフィックスロープを張った斜面は雪崩の恐れがある。
その場合は
支稜の末端から登ればいいが時間がかかるだろう。
風が強くても雪が深くても登頂は無理だろう。
いや時間をかけたら山頂に立てるだろう、そんなことを考えながら過ごす夜は長かった。

眠れたのはたった2時間ぐらいで、この高度での睡眠不足は老体には過酷だ。
風が強くて雪は明け方まで降り続いていた。

幸いにも白みはじめると雪は止み風も少し弱まった。
とはいえテントの外では雪が舞い上がっているが、気温はマイナス15度だから日本の冬山なみである。

インスタント焼きそばとミルクティーで出発する。
振り返ると朝日が当たりはじめたニルギリがツクチェ・ピークの左に見えた。
c0219866_09295329.jpg
降り積もった新雪は1520センチだ。
c0219866_09303939.jpg
岩場のトラバースを終えると急な斜面に入ってゆく。
c0219866_09310912.jpg
朝日が当たった斜面を前にしてチャプテに聞く
「雪崩は大丈夫か?」
「大丈夫です」
c0219866_09322359.jpg
フィックスロープは完全に埋没している。
c0219866_09330401.jpg
チャプテに聞く
「昨日張ったロープはもっと右じゃなかったのか?」
彼はフィックスロープを掘り出そうとするが、上から流れてきた雪に埋まった状態で見つからない。
c0219866_09335094.jpg
そろそろフィックスロープが出てきてもよさそうだ。
そう思ったときチャプテが手を上げた。



c0219866_09315320.jpg
ロープにユマールをセットした。
c0219866_09344338.jpg
「私はゆっくりしか登れないぞ」
チャプテビスターリでOKです。
c0219866_09351995.jpg
フィックスロープの支点はスノーバーではなく、今シーズンは氷が多いためアイススクリューを使っている。
斜度は45度から50度といったところだが、新雪なのでステップが崩れて一歩一歩が重い。

そうだここはヒマラヤなんだから、一歩ごとに呼吸を整えながら高みを目指そう。
立ち止まっては周囲の景色も楽しもう。
c0219866_09361936.jpg
雪壁を登りきると支稜に立った。
c0219866_09370717.jpg

HCが小さく見えていて、そこから1本のトレースが続いている。
c0219866_09372698.jpg
支稜は広い雪の斜面が広がっていて、左奥には山頂らしきが見えている。
c0219866_09380403.jpg
風は10mぐらいで雪煙は舞い上がっていない。
ここで登頂を確信した。

チャプテは軽い足どりで新雪を蹴散らしながら青空に吸い込まれていく。
c0219866_09384618.jpg
6000mを少し超えるだけの小さなピークだが、初めての山に登ることはシェルパにとっても嬉しいのだろう。

山頂直下でチャプテ「あそこが山頂です」と指差した。
「先に行っていいよ。でも最後の一歩は私に残しておいてくれ」
c0219866_12390388.jpg
c0219866_12440815.jpg

c0219866_09405468.jpg
c0219866_12500640.jpg
バックはホンデ・ヒマールと6338m峰
c0219866_12572857.jpg
シタチュチュラ
c0219866_09421885.jpg
ドルパ方面
c0219866_09425429.jpg
c0219866_09431025.jpg
ホンデ・ヒマール6556
c0219866_09434369.jpg
ツクチェ・ピーク(右)の左後方はニルギリとアンナプルナ山群
c0219866_09441572.jpg
HCに下るとラメスが待ってくれていて、“congratulation”と登頂を祝福してくれた。

しっかり登頂ルートを眼に焼き付ける。
c0219866_09445271.jpg
たっぷり飲み物を口にして乾いた喉を潤し、ツクチェ・ピークとニルギリを正面にしながら氷河を下っていく。
c0219866_09452900.jpg
再び訪れることのない山域であろう、何度も振り返りながら下ってゆこう。
c0219866_09460324.jpg
氷河が終わったところで小休止して登頂の余韻に浸っていると、チャプテ16日から仕事が入っています。
明日はカロパニに下ります」

信じられない思いを強くした。
予備日を含めて15日まではBCにいてもよく、せめて明日か明後日まではBCでのんびり過ごしたいと考えていたからだ。

そんな雇い主を無視した行動はないだろう、と文句を言おうとしたが山中での喧嘩は避けたいと思いなおした。
コックのポラカスは下痢が続いているらしく、明日の朝の天気に任せようと気持ちを切り替えることにした。

BCでは皆が登頂を祝ってくれた。
最も歳が近いポラカスは抱き合って喜んでくれた。

BCでも10センチの新雪が解けずに残っていた。
c0219866_09473093.jpg
夕食のスパゲティがきたのでビールを頼んだら、なんと驚くことに返事はビールありません。
「何故だ!? まだ23缶あるだろう!」
「マルファを出発した日に馬につけた樽が木にぶつかって、中に入っていたビールが3缶ぐらい壊れました」
c0219866_09490081.jpg
ガーン(> <。登頂記念日なのになんてこった。
ガックリした。
マルファからラム酒を持ち上げていたのは正解だった。

湯割りで一人淋しく祝杯だ。
c0219866_09515332.jpg

のこりのボトルは皆で飲んでくれ。

カアチャンに電話した。
「登ったよ」
「へー すごいじゃん」
「まあな」

510日(木)晴れ時々曇り BC915・・・1220ヒドン・バレー5100m)・・・1455ダンパス・パス・・・1650カロパニ

目覚めると15センチの新雪だ。

c0219866_11132052.jpg
上は20センチ以上あると考えられ、昨日の登頂は幸運だったといえそうだ。

もう訪れることもない
ヒドン・バレーであり、せめて今日ぐらいは休養日としたかった。
チャプテは16日からランタン行きが決まっているらしく、13

日にはカトマンズに帰りたいと思っている。

ゴタゴタはヒマラヤ登山につき物で、なんでも受け入れる度量が必要である。
しかし今回のようなことは初めてで、
この身勝手な行動には怒り以上の感情しかない。

装備をバッグに詰め込んだ。

c0219866_11141995.jpg

テントから出ると撤収が始まっていた。

c0219866_11180298.jpg

明後日はマルファでビールだと気を持ち直し、周囲を見回したあと下山を開始する。

c0219866_11184908.jpg
c0219866_11190313.jpg
c0219866_11192056.jpg
来るときと違ってヒドン・バレーは銀世界になっていて、白さを増したタシカンも見納めである。
c0219866_11195779.jpg
ツクチェ・ピークは姿を変えてゆく。
c0219866_11202566.jpg
c0219866_11204179.jpg
ダンパス・パスの登りになると雪が増えてきて、ポーターたちは何度も小休止を繰り返すようになる。
c0219866_11211883.jpg
c0219866_11213260.jpg
ダンパス・パスの手前で振り返ると、曇り空の下にムクト・ヒマールが見えた。
c0219866_11220989.jpg
ヒドン・バレーの峰々よさようなら。
ありがとう。

パスを越える。
c0219866_11225583.jpg
c0219866_11231205.jpg
カロパニに着くころには雪が舞いはじめ、コンロがあるキッチンテントでミルクティー。
c0219866_11254796.jpg

体力的だけでなく気持ちも疲れた一日だった。



511日(金)快晴 

カロパニ845・・・1325尾根4800・・・1500ヤク・カルカ1540・・・1920マルファ (ホテル・ローヤルスノーレオパード)

今日も青空が広がる天気になっている。
今回は雪の降る日が多くてツクチェ・ピークは入山時よりも白さを増している。
c0219866_10232042.jpg
年下のラクパがミルクティーをテントに持ってきて、“Good morning Sir”と言われたのには大笑いしてしまった。

いつも食事やお茶を運んでくるのは23歳のパサンだった。
彼は私のことを“オジサン”と呼ぶのであった。
また2013年秋のタシカンⅠ峰では、ポーターの
ディパには“外国さんと呼ばれたから面白い。

ポラカスは眼の不調を訴えて歩くことができないという。
c0219866_10242416.jpg
下痢に続いて眼の不調とは高度障害にちがいない。
すでにレスキューヘリは呼んでいて、10時までには飛んでくることになっている。

年上のラクパと出発する。
c0219866_10252141.jpg
雪は表面だけが硬いモナカ状態で、一歩ずつ穴を開けて進むから時間を要しそうだ。

しばらくすると年下のラクパとラメスが追いついた。
c0219866_10260215.jpg
いくら強いポーターたちとはいえ日差しで雪が緩むと登りは大変で、彼らは荷を降ろして空身でトレースをつけて進む。
c0219866_10263988.jpg
ダンパス・ピークを目指す男女12名の北海道隊とすれ違う。
c0219866_10271721.jpg
「日本人ですか?」
「そうですよ」
「ダウラギリ一周ですか?」
「ムクト・ヒマールです」

長いトラバースを終えると尾根に立ち、ついにツクチェ・ピークとダウラギリⅠ峰ともお別れだ。
c0219866_10283180.jpg
このダンパス・ピーク南面のトラバースは4度目だが、今回ほど長く感じたことはなかった。

ヤク・カルカには北海道隊のテントが張られていて、留守番からサービスされた飲み物が乾いた喉に有難かった。
c0219866_10302729.jpg
c0219866_10304336.jpg
北海道隊は雪のためヤク・カルカで4泊したそうだ。
今日はカロパニ付近で泊まり、ダンパス・ピークのアタックは明日らしい。
彼らのうち何名がダンパス・ピークに登れるだろうか。

30
分あまり下ったところからジョムソンの町が見渡せるが、ここから麓のマルファの村までの遠いことを知っている。
c0219866_10315008.jpg
いくら下りとはいえ登頂から休養日なしでは老体には過酷すぎて、マルファの直線道路が見えてからでも30分では着かないだろう。
c0219866_10330699.jpg
ついに暗闇に包まれたマルファに下山する。
c0219866_10333954.jpg
ホテルが建つ村はずれまでの石畳の長かったこと遠かったこと。

まずはビールで乾杯だ!
c0219866_10365960.jpg
チキンに飢えていたので4皿目。
c0219866_10372803.jpg
ついにレスキューヘリは来なかった。
ポラカスには二人のパサンが付き添って、歩いてヤク・カルカまで下ったと聞いた。

明日の昼ごろにはマルファに着くという。
3人とも空身で下ったため多くの荷物はカロパニに置いてあり、明日の行動を相談する皆の顔は真剣そうである。
c0219866_10403325.jpg
明日のマルファ滞在が決まった。


512日(土)マルファ滞在

チャプテ、2人のラクパ、ラメスの4人がヤク・カルカまでポラカスを迎えに上がる。

久しぶりにダルバートを食べた。
c0219866_13134730.jpg
5回目になるマルファの村は散歩をする気にもなれない。

マルファはリンゴの産地として知られているが、標高が高いからか小さいのが特徴だ。
c0219866_13145928.jpg
地図を広げてコーヒーを飲みながら過ごす。
c0219866_13153137.jpg
午後のバスでカトマンズへ帰る2人のラクパが戻ってくる。
c0219866_13160319.jpg
午後1時になるとポラカスが帰ってきて、かなり疲れた表情をしていたけれど一安心。
c0219866_13163689.jpg
しかし肺水腫の疑いがあるので明らかに高山病である。

ポラカスの無事を確認したので空きっ腹に焼き飯とビールを注文した。
c0219866_13172126.jpg
ホテルの前にはマニ車が並んでいる。
c0219866_13175792.jpg
マニ車⇒チベット仏教の信者がお祈りに使う道具で円筒形をしている。
内部にはロール状の経文が納められていて、これを回すだけでお経を唱えたのと同じ功徳がある。
大きさは手に持てるものから数十センチ、寺院などでは数メートルもの大きなマニ車が設置されている。
チベット仏教の場合は「オンマニ ペメ フム」(阿弥陀仏の意)と唱えながらマニ車を右回りに回転させる。
またチベットのカイラスなどの聖地は右回りに巡礼する。

荷物を運ぶロバや馬が行き交っている。
c0219866_13185904.jpg
c0219866_13191593.jpg
午後になると必ず強風が吹き荒れるので、馬たちも目を細めて風に向かっている。
c0219866_13200724.jpg
c0219866_13202758.jpg
レスキューヘリはポラカスと付き添いのパサンを乗せ、カトマンズに向かって飛び立った。
c0219866_13211410.jpg

ラメスと若いパサンは荷を降ろしにカロパニに向かっていて、ホテルに戻ったのは夜の8時になった。

北海道隊
による今日のダンパス・ピーク登頂は敗退で、全員揃って明日はヤク・カルカに下るそうである。


513日(日)マルファ840⇒⇒1020ARJUNG12:20⇒⇒1715ベニ(ムスタンホテル)

荷物を屋根に積んでベニに向かうバス。
c0219866_14164566.jpg
c0219866_14171847.jpg
直線道路からは一昨日下った斜面が眺められ、もう来ることもないマルファの村よさようなら。
c0219866_14184397.jpg
c0219866_14191305.jpg
道路工事のため手前のARJUNGで早い昼食にする。
c0219866_14200427.jpg
ビールを頼むと羊の肉が出るけれど、ネパール人向きなのか年寄りには固かった。 
c0219866_14204992.jpg
c0219866_14211937.jpg
ダルバート⇒ダル(豆のスープ)、バート(ご飯)、タルカリ(野菜のおかず)、アチャール(漬物)がセットになっている。
c0219866_14221359.jpg
ダルバートはネパールの日常食になっていて、どんどんおかわりを勧めてくることが多い。

腹いっぱいで食べられなくなり“プギョ”と言ったところ周囲から笑いが起きた。
country?」
Japanese

プギョ⇒⇒もういっぱいです
ミトチャ⇒⇒美味しいです

悪路をノロノロ走り続けたバスは好きになれないベニに着いてしまう。
c0219866_14231211.jpg
どうせまたゴキブリ登場なんだろうから、酔って眠ってしまうが勝に決まっている。
c0219866_14254300.jpg
ベニの町は暗くなっても賑わっている。
c0219866_15411986.jpg
何を目的に人々は集まっているのだろう。
何があって歩いたり座ったりしているのだろう。
買い物、仕事、旅人・・・?

そういう自分もその一人なのだろう。


c0219866_14255801.jpg
明日はカトマンズだ。


514日(月)ベニ615⇒⇒1030ポカラ⇒⇒1250ランチ1330⇒⇒1800カトマンズ(ホーリーヒマラヤホテル)

5列シートのハイエースに20人を乗せて一路カトマンズへ。
c0219866_15471733.jpg
途中で揚げ物の朝食を(固くて味はいまいちでお勧めできない)
c0219866_15480566.jpg
ポカラを過ぎると70キロぐらいの速度で走れる場所もあるけれど、地図にはハイウェイと記されているが日本とは大違い。
c0219866_15485832.jpg
c0219866_15493254.jpg
もちろんランチはダルバート。
c0219866_15501843.jpg
昨日の悪路に比べて揺れはなかったが、10時間を超える走りにクッタクタで着いたのはカトマンズ。
c0219866_15510404.jpg
シャワーのあとで行き先は日本食レストラン「一番」だ。
注文は27日と同じエベレストビールに焼き鳥&あげだしとうふ。
c0219866_15521105.jpg
塩で焼いてくれと頼んだ焼き鳥は、またしても前回同様タレときたから困ったものである。

でも美味しかった。




515日(火)カトマンズ滞在

昼は雰囲気を変えて近くのレストランに入ってみる。
オンマニペメフムを耳にしながら一人旅の終わりを感じていた。

日本人向けに味付けしてくれたのか、チキンカレーはあまり辛くはなく美味しかった。
c0219866_19145002.jpg
ビールも頼んで900ルピー。

午後はチャプテと政府観光省(登山局)へ行く。
例の
お偉いさんみたいなオジサンがcongratulation”と登頂を祝福してくれた。

登頂証明書は明日になるとかで残念に思ったが、“
See you again”と握手を求められた。
なかなかカワイイところもあるじゃないか。

ホテルに帰るとダワと1年前のランタンを一緒したタワが来た。
彼らは日本人8名とムスタンへ行っていて、先ほど帰ってきたばかりであった。
ムクト・ヒマールの登頂を祝ってくれた。

ダワに質問をした。
チャプテが勝手に予定を変更し、16日からランタンへ行くことを知っていたのかだ。
返事はまったく知らないことであり驚いていた。
もうチャプテを使わないと平謝りだった。

ダワは日本人8名との夕食会で忙しく、タワと日本料理を食べにいったらと勧められた。
タワは日本語を少しは理解できるのだが、お互いに気遣いするだろうから断った。
それにカトマンズ最後の夜は一人で静かに過ごしたかった。


またしても徒歩3分の「一番」だ。
c0219866_19174929.jpg
昨夜の店員がいてニヤニヤ薄笑いを浮かべている。

ビールを注文すると小皿が出てツケモノです。
c0219866_19183224.jpg
二晩続くとアテが付くんだな。

昨日と同じ焼き鳥を頼む。
昨日は
ソルトではなくタレだったじゃないか。
いいかソルトだぞ、絶対にSaltだぞ、
ソルトで焼いてくれと繰り返した。

分かったような顔をしたので今夜は塩の焼き鳥だ!
ところが出たのはタレときた。
c0219866_19194501.jpg
文句を言うと「ソルトありません」ときた。

野菜(キャベツ、ニンジン、玉葱、ピーマン)炒めがきた。
c0219866_19203808.jpg

塩と胡椒の味付けが絶妙で、よくもソルトありませんと言ったもんだ。
あきれて文句を言う気になれないとはこのことだ。

食後に日本茶すら出てこない。
オーナーの経営方針に問題ありである。



516日(水)カトマンズ〔TG3201330⇒⇒1815バンコク〔TG6222330⇒⇒

ダワとタワがホテルにやってきた。

c0219866_07061519.jpg

ムクト・ヒマールの登山許可書と登頂証明書を受け取った。

c0219866_07080010.jpg
c0219866_07083074.jpg
忘れた買い物はないかと聞かれたので、欲しいと思っていたサイズのタルチョーを買いに行ってもらう。
マルファで見た縦に張るタイプである。

ダワは日本人の対応で忙しく、また来るからねと握手で別れた。
空港にはタワが送ってくれた。
タワは夏には薬師岳山荘で働くことになっていて、必ず日本に来てくださいと声をかけた。

帰国便はこれまで何度も乗ったタイ航空。
c0219866_07101743.jpg
c0219866_07110135.jpg
次のネパールはいつになるだろうか・・・

517日(木)⇒⇒700関空840⇒⇒1115徳島駅



帰国した翌18日、ダワから電話があった。
ムクト・ヒマールのことを観光省で調べた結果報告だ。
日本人としての登頂は初めてです。日本人以外に登った人はいるそうですが、国や人数など詳しいことは分かりません。」・・・だった。

8000
m峰などでは登頂や敗退の詳細な記録が残される。
たとえば2008年秋のマナスルでは〔
9 マナスル8,163 N 秋北東面1 鶴木博10/26,400mで断念。〕となっている。

ムクト・ヒマールは
地図には山名表示があるとはいえ、6000mをわずかに超えるだけの小さなピークである。
2年前にはダワに頼んで多くのシェルパたちに聞いてもらったが、登ったシェルパがいないどころか場所さえ知られていない山である。
しかし手垢のついていない山をヒマラヤで展開できたことに満足している。






by nakatuminesan | 2018-05-21 11:13 | ヒマラヤ | Comments(6)