カテゴリ:山を歩いてきました( 439 )   

2018.11.1~2 東赤石山1706m~二ツ岳1647m縦走   

2018年 11月 03日

111日(木)天候:曇り

筏津845・・・910豊後・・・1005瀬場谷分岐・・・1330赤石山荘1400・・・14

:55東赤石山15:05・・・15:45赤石山荘


久々に12キロもあるザックにネギと豆腐をつけて出発だ。

c0219866_09554216.jpg

10日前になる下ノ廊下ほどではないが紅葉を楽しめる。

c0219866_09562860.jpg
c0219866_09564266.jpg
瀬場谷に架かる橋は傾いているので渡れない。
c0219866_09572004.jpg
上流側を簡単に渡渉する。
c0219866_09574905.jpg
何度も怪しげな木の橋を通過する。
c0219866_09582010.jpg
c0219866_09583652.jpg
カサコソと落葉を踏みしめてゆけばヤマブドウが落ちている。
c0219866_09595165.jpg
c0219866_10000581.jpg
皆のザックも10キロぐらいはありそうで、ゆっくり時間を気にせずに休み休み休みすぎ?
c0219866_10004387.jpg
赤石山荘に到着する。
c0219866_10011522.jpg
今日は曇り空なので気温は6度とやや寒い。
c0219866_10020291.jpg
時間があるので東赤石山を往復する。

蛇紋岩
c0219866_10024040.jpg
五葉松
c0219866_10031242.jpg
マルバヘビノボラズ?
c0219866_10034243.jpg
東赤石山登頂!
c0219866_10041266.jpg
赤石山荘には流しがあるし鍋釜に食器も揃っている。
c0219866_10044397.jpg
c0219866_10045709.jpg
c0219866_10051012.jpg
布団や毛布もあり素泊まり2000円。
c0219866_10054716.jpg
今夜は獅子肉が入った具沢山の鍋の準備中。
c0219866_10063575.jpg
c0219866_10065004.jpg
乾~杯!
c0219866_10072193.jpg
テントシューズは温かい。
c0219866_10075369.jpg
グツグツ鍋が煮えてくる。
c0219866_10082271.jpg
さあ明日の長時間縦走に耐えられるように食べるぞー♪
c0219866_10090565.jpg
c0219866_10091924.jpg
おいらも食べたいな~(中味はウイスキー)
c0219866_10111907.jpg

112日(金)天候:快晴

赤石山荘600・・・730権現越・・・810権現山・・・945黒岳・・・1110エビラ山・・・1300イワカガミ岳・・・1355二ツ岳1405・・・1535峨蔵越・・・15401600・・・1710肉淵林道終点

朝食のウドンはボリューム満点で腹いっぱい。
c0219866_17134615.jpg
c0219866_17140648.jpg
c0219866_17142018.jpg
気温は1度と寒い朝になっていて、着膨れカモシカ隊は元気に出発する。
c0219866_17150001.jpg
c0219866_17151665.jpg
東の方は雲のない空が広がって陽が昇るのを待っている。
c0219866_17155314.jpg
西は笹ヶ峰の右後方に石鎚山が姿を見せている。
c0219866_17164479.jpg
630分には樹林を通して朝日が差し込んでくる。
c0219866_17171398.jpg
足元の悪いトラバースを終えると開けた場所に出て、前方に眺められるのは権現山から二ツ岳までの峰々だ。
c0219866_17174564.jpg
c0219866_17182453.jpg
東赤石山頂からの道と合流し、下ってゆくと広々とした権現越である。
c0219866_17190530.jpg
c0219866_17214604.jpg
床鍋への道を右に見送って、まず目指すは今日最初のピーク権現山1593m。
c0219866_17222648.jpg
c0219866_17224446.jpg
ひと登りして振り返れば東赤石山。
c0219866_17290182.jpg
権現山にはあっけなく着いてしまう。
c0219866_17294122.jpg
権現山から二ツ岳までは直線距離で3キロしかないけれど、アップダウンを繰り返す悪路に加えて藪のため56時間かかる。
c0219866_17304071.jpg
広い尾根はブナ林や枯れたスズタケに覆われている。
c0219866_17311298.jpg
c0219866_17312747.jpg
三角をした黒岳と台形はエビラ山。
c0219866_17332124.jpg
上を見ろ!
c0219866_17335006.jpg
岩の近くに本石と記された標識とタルチョーみたいな布がある。
c0219866_17342321.jpg
c0219866_17344086.jpg
とろろ昆布みたい。
c0219866_17393540.jpg
紅葉についた霜が綺麗だね。
c0219866_17403642.jpg
斜度40度はありそうな道を這い上がり、三角点のある黒岳1636mからは権現山や東赤石山の眺めが広がっている。
c0219866_17441342.jpg
c0219866_17443175.jpg
c0219866_17444714.jpg
東の方向にはエビラ山から二ツ岳までの荒々しい稜線が続いている。
c0219866_17452784.jpg
赤星山
c0219866_17461954.jpg
黒岳から二ツ岳までは直線距離で2キロだが、4時間はかかる悪路なので腹ごしらえする。
c0219866_17470032.jpg
ツツジは秋の柔らかい日を受けていて、今日は快適な縦走を十分に楽しめそうである。
c0219866_17474031.jpg
黒岳を激下りする。
c0219866_17482237.jpg
目の前の岩峰は越えられないだろうな。
c0219866_17485011.jpg
慎重に右(南)へ下るとすぐ登りが待っていて、二ツ岳まで数え切れないアップダウンを繰り返すことになる。
c0219866_17492114.jpg
c0219866_17493799.jpg
それでもエビラ山は少しずつ近くなってくる。
c0219866_17501017.jpg
c0219866_17502405.jpg
悪路のトラバースを楽しんでいる。
c0219866_17505897.jpg
エビラ山手前の岩峰が大きくなってきた。
c0219866_17513165.jpg
岩峰基部を通過する。
c0219866_17520012.jpg
あと一息で山頂だ。
c0219866_17530494.jpg
古い標識だけがあるエビラ山1677m。
c0219866_17533350.jpg
樹林の間からイワカガミ岳と二ツ岳が招いている。
c0219866_18285481.jpg
左に見えるは瀬戸内海。
c0219866_18293858.jpg
海を眺めていないで頭~!
c0219866_18304562.jpg
ロープが出てきて面白くなってきたと思ったら、蔓がからんだ藪になって歩きにくいったらありゃしない。
c0219866_18315341.jpg
c0219866_18331963.jpg
前方にはイワカガミ岳と二ツ岳が大きくなってきて、振り返ると少しだがエビラ山が遠くなってくる。
c0219866_18340849.jpg
c0219866_18343831.jpg
なるほどイワカガミが自生している。
c0219866_18354496.jpg
岩場の下りにロープが現れる。
c0219866_18362900.jpg
イワカガミ岳1667mに立つと二ツ岳が正面で、すでに直線距離500mにまで迫ってきた。
c0219866_18372071.jpg
c0219866_18375092.jpg
ロープに頼る下りは10m近くあり、浮石もあるので今日の最も要注意箇所である。
c0219866_18385213.jpg
岩の多い稜線通しに道はなく南側を通過する。
c0219866_18392896.jpg
二ツ岳直下まで登ると標識が目に入る。
c0219866_18400812.jpg
c0219866_18402240.jpg
難路を歩き通して二ツ岳1647mに登頂する。
c0219866_18405891.jpg
右からイワカガミ岳~エビラ山(中央)と連なって、東赤石山や黒岳(小さな三角)も眺められる。
c0219866_18425908.jpg
悪路と長丁場に脚は疲れているので下山は慎重に。
c0219866_19175633.jpg
c0219866_19181112.jpg
“ここから先は命がけ” 
c0219866_19184430.jpg
c0219866_19185837.jpg
鯛の頭
c0219866_19193045.jpg
峨蔵越
c0219866_19195897.jpg
昔ビバークしたことのある沢の水でコーヒーを。
c0219866_19202700.jpg
c0219866_19203909.jpg
長時間行動に喉カラカラで、コーヒー美味しい美味いの連発に。

紅葉に彩られた道をお喋りを交えながら下っていくルンルン。
c0219866_19224704.jpg
11時間行動を終えて無事下山する。
c0219866_19231850.jpg
高知の女性3人が迎えてくれました。
c0219866_19243700.jpg
オニギリやミカンの差し入れをありがとう。

東赤石山から二ツ岳は4回歩きましたが、ハードだし変化もありなかなか面白いルートだと思います。
c0219866_19272062.jpg

by nakatuminesan | 2018-11-03 10:09 | 山を歩いてきました | Comments(2)

2018.10.15~16 次郎笈1930m~剣山1955m~一ノ森1879m~槍戸山1820m   

2018年 10月 16日

一ノ森ヒュッテに泊まって紅葉の山歩きを楽しんできました。
c0219866_17311832.jpg
c0219866_17313221.jpg
c0219866_17314606.jpg
c0219866_17320295.jpg

1015日(月)天候:晴れ時々曇り

見ノ越920・・・1025西島駅・・・トラバース道・・・1120分岐・・・1205次郎笈1230・・・1305分岐1330・・・1400剣山1420・・・1510一ノ森ヒュッテ(泊)


県外からの車が多い見ノ越を出発する。
c0219866_08301984.jpg
西島駅からは三嶺や塔ノ丸の眺めが広がっている。
c0219866_08305591.jpg
ナナカマド
c0219866_08312802.jpg
トラバース道にある休憩所の傷んだ箇所が修復されている。
c0219866_08321370.jpg
大剣神社の横に聳える岩峰は御神体の御塔石。
c0219866_08325422.jpg
綺麗な紅葉が目に入ってくる。
c0219866_08335344.jpg
c0219866_08332985.jpg
c0219866_08341603.jpg
三嶺と塔ノ丸
c0219866_08345654.jpg
二度見展望所からは秀麗な次郎笈を眺められるが、このあたりは冬場になると雪質によっては要注意の箇所である。
c0219866_08355274.jpg
c0219866_08361197.jpg
分岐にザックを置いて次郎笈を往復しよう。
c0219866_08365520.jpg
リンドウ
c0219866_08372517.jpg
中間地点には霧氷が付くと絵になる枝がある。
c0219866_08375801.jpg
次郎笈から眺める剣山~一ノ森。
c0219866_08383579.jpg
西は丸石~高ノ瀬~三嶺の縦走路。
c0219866_08392079.jpg
c0219866_08393849.jpg
笑えよ~(^^)
c0219866_08400387.jpg
分岐まで引き返して昼ごはん。
c0219866_08422301.jpg
剣山に着いたころにはガスに包まれる。
c0219866_08425866.jpg
霧氷のトンネルになる経塚森。
c0219866_08433270.jpg
避難小屋が使えないので一ノ森ヒュッテ泊。
c0219866_08440513.jpg
ヒュッテに泊まるのは初めてで、二階の部屋は二段ベッドになっている。
c0219866_08444153.jpg
到着祝い~(^^)
c0219866_08451828.jpg
キナバル登山7回目になるJさんのお土産。
c0219866_08461123.jpg
中にはウイスキーが入っていて、アテは畑の菌床シイタケを焼いている。
c0219866_08470833.jpg
c0219866_08472570.jpg
何が始まるかって!?
c0219866_08480156.jpg
c0219866_08481596.jpg
c0219866_08484476.jpg
イカやイクラなど具沢山の海鮮丼。
c0219866_08502065.jpg
c0219866_08504359.jpg
c0219866_08514360.jpg
c0219866_08510487.jpg
c0219866_08520701.jpg
サラダ
c0219866_08524157.jpg
ほーら お見事出来上がり!
c0219866_08531672.jpg
超豪華な晩御飯いただきま~す
c0219866_08552215.jpg


1016日(火)天候:曇り

一ノ森ヒュッテ750・・・830槍戸山850・・・940一ノ森ヒュッテ1015・・・10

25分岐・・・1105行場・・・1140刀掛け松・・・1210西島駅・・・1300見ノ越


管理人の平野さんの説明で朝日が昇るのを待っている。
c0219866_10060192.jpg
c0219866_10064843.jpg
c0219866_10063183.jpg
6時過ぎになると朝日は青ノ塔の上に昇ってくる。
c0219866_10075027.jpg
c0219866_10084641.jpg
天神丸から高城山方面は墨絵のようだ。
c0219866_10082517.jpg
山頂に立ってみる。
c0219866_10093012.jpg
c0219866_10095015.jpg
剣山と次郎笈
c0219866_10102125.jpg
コーヒータイムのあとはウドンの朝食。
c0219866_10105642.jpg
c0219866_10110852.jpg
c0219866_10112157.jpg
冷奴もあるでよ。
c0219866_10115236.jpg
槍戸山に向けて出発する。
c0219866_10122469.jpg
c0219866_10124116.jpg
石や根っ子もあるし段差もありまっせとか賑わしい。
c0219866_10131275.jpg
 山頂の手前には太い五葉松がある。
c0219866_10134481.jpg
剣山
c0219866_10141890.jpg
次郎笈
c0219866_10145153.jpg
一ノ森
c0219866_10152030.jpg
天神丸から高城山方面
c0219866_10162412.jpg
笑えよ~!
c0219866_10165259.jpg
次郎笈と剣山を左に眺めながら引き返すと一ノ森の三角点。
c0219866_10174567.jpg
c0219866_10180447.jpg
なかなか洒落た感じのヒュッテ。
c0219866_10213839.jpg
少し青空が広がる天気になってきて、ヒュッテのテーブルでコーヒーを。
c0219866_10223807.jpg
c0219866_10225183.jpg
c0219866_10251850.jpg
下山は行場を経由して刀掛け松がよさそうだ。
c0219866_12040873.jpg
c0219866_12042391.jpg
オオヤマレンゲの木が小さくなったような感じがしないでもない。
c0219866_12045818.jpg
穴吹川源流
c0219866_12052762.jpg
c0219866_12054147.jpg
c0219866_12055483.jpg
オッ まだヒメフウロが咲いているじゃないか!
c0219866_12062535.jpg
枝折神社が新しくなっている。
c0219866_12065382.jpg
見ノ越に着くと腹ペコで、山菜そばを食して解散しました。
c0219866_12085946.jpg

お疲れさまでした。
それにしても美味しかったなー海鮮丼。





by nakatuminesan | 2018-10-16 17:32 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2018.9.15 旭ヶ丸~高鉾山~南高鉾山   

2018年 09月 15日

いやになるほど長引く秋雨前線の影響で、今日もにわか雨が降るかもしれない天気になっている。
またしても暇つぶしを兼ねて向かうは近場の里山だ。

ゲンノショウコは今が花盛りになっているが、
ヤマジノホトトギスは終盤になってきた。
c0219866_18373272.jpg
c0219866_18374771.jpg
前回にくらべてススキが増えているけれど、爽やかな秋を感じさせる風が吹くのはいつだろう。
c0219866_18410269.jpg
轆轤山方面
c0219866_18413573.jpg
高丸山~雲早山方面
c0219866_18420391.jpg
蒸し暑いけれど南高鉾山まで行ってみようかな。
c0219866_18432844.jpg
旭ヶ丸山頂のヤマボウシは実が赤くなっている。
c0219866_18441065.jpg
怪しげなキノコには手を出さない。
c0219866_18444111.jpg
ヤマボウシの実がいっぱい落ちている。
c0219866_18451560.jpg
ママコナ
c0219866_18454486.jpg
c0219866_18455926.jpg
応援する稀勢の里が歯をくいしばっているから今日も頑張ってみる。
c0219866_18464895.jpg
道を塞いでいるのは台風21号の置き土産。
c0219866_18472246.jpg
トリカブト
c0219866_18475345.jpg
c0219866_18480882.jpg
登頂~!
c0219866_18484376.jpg
尾根道にもトリカブトが咲いている。
c0219866_18491388.jpg
これまた怪しげじゃ。
c0219866_18495792.jpg
黄色い蝶がいるだけの南高鉾山はつまらない。
c0219866_18503802.jpg
c0219866_18505258.jpg
アケボノソウ
c0219866_18512803.jpg
熟すと甘くて美味しいサルナシの食べごろは10月末かな。
c0219866_18535997.jpg
c0219866_18541844.jpg




by nakatuminesan | 2018-09-15 18:51 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2018.8.25 旭ヶ丸~高鉾山~南高鉾山   

2018年 08月 25日

淡路では台風20号の風で風車が倒れたが、目が通過したと思われる大川原では大丈夫。
c0219866_15473160.jpg
ゲンノショウコ
c0219866_15480066.jpg
台風は恐くなかったかい?
c0219866_15493660.jpg
眉山方向
c0219866_15500759.jpg
西や南の方は雲が多い天気になっている。
c0219866_15503998.jpg
c0219866_15510139.jpg
葉っぱ踏み踏み~なんちゃって。
c0219866_15513639.jpg
旭ヶ丸山頂のヤマボウシは実がまだ緑。
c0219866_15523213.jpg
かなりママコナが増えてきた。
c0219866_15530788.jpg
c0219866_15532459.jpg
ヤマシャクヤクの実
c0219866_15535655.jpg
シギンカラマツ
c0219866_15543435.jpg
急登に耐えて今日も登頂できた。
c0219866_15552152.jpg
c0219866_15555156.jpg
今シーズン初めて見るヤマジノホトトギス。
c0219866_15562417.jpg
栗がいっぱい落ちている。
c0219866_15565463.jpg
c0219866_15571082.jpg
南高鉾山のヒオウギは花が終わり実になっている。
c0219866_15580556.jpg
c0219866_15582246.jpg
林道ではススキがやっと穂を出しはじめている。
c0219866_15590019.jpg
アケボノソウは9月に入ってからでしょうか。
c0219866_16015303.jpg

昨年の今ごろあったワレモコウもなく、今年の夏が異常に暑いからか秋の訪れが遅いように感じます。


歩いたのは午前中だったので暑さはましでした。

帰り道に畑に寄ってみたところ、あまりの蒸し暑さに1時間とはいられませんでした。





by nakatuminesan | 2018-08-25 15:59 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2018.8.14 旭ヶ丸~高鉾山~南高鉾山   

2018年 08月 14日

ヘクソガズラとは誰が名づけたのか。
c0219866_15310418.jpg
下界はまだまだ暑いんだぞ。
c0219866_15320451.jpg
カワラナデシコ
c0219866_15323915.jpg
c0219866_15325503.jpg
眉山と淡路島方面
c0219866_15332743.jpg
高丸山~雲早山方面
c0219866_15335769.jpg
高鉾山~南高鉾山
c0219866_15345858.jpg
シュンジュウギク
c0219866_15361408.jpg
ヤマボウシの実はまだ緑。
c0219866_15372065.jpg
ママコナが増えてきたから季節は秋に向かっている。
c0219866_15375415.jpg
今日も頑張る!
c0219866_15384243.jpg
木陰は秋を感じさせる風が吹いている。
c0219866_15394522.jpg
南高鉾山まで行ってみようかな。

名前が分からない。
c0219866_15402265.jpg
タケニグサしかない南高鉾山はつまらない。
c0219866_15410107.jpg
c0219866_15413449.jpg
早く帰ったら~(^^)
c0219866_15422533.jpg
先日の剱岳を思い出すなぁ。
c0219866_15425705.jpg
サルナシ
c0219866_15433074.jpg
オトギリソウ
c0219866_15452793.jpg
オニユリ
c0219866_15511126.jpg
月末になればススキが穂を出しはじめ、ワレモコウやチャボホトトギスが見られるでしょう。



by nakatuminesan | 2018-08-14 15:35 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2018.8.3 旭ヶ丸~高鉾山   

2018年 08月 03日

すでにアジサイは終わってしまったが、なにか花が咲いているにちがいないだろう。
c0219866_17364055.jpg
オトギリソウ
c0219866_17371060.jpg
アキノタムラソウかな?
c0219866_17374246.jpg
ノリウツギ
c0219866_17381748.jpg
花よりも陰だ木陰が大事だぞ!
c0219866_17385158.jpg
高原は涼しいかい?
c0219866_17394449.jpg
カワラナデシコ
c0219866_17401340.jpg
轆轤山方面
c0219866_17404427.jpg
高丸山~雲早山方面
c0219866_17411360.jpg
高鉾山まで行くのは無理だと暑さのせいにしておこう。
c0219866_17415824.jpg
旭ヶ丸山頂にはヤマボウシの実がいっぱい。
c0219866_17422735.jpg
c0219866_17424291.jpg
木陰は下界に比べていくぶん涼しく感じられるルンルン
c0219866_17431846.jpg
ママコナ
c0219866_17435152.jpg
暑いので悩むな~(--,)
c0219866_17442582.jpg
紅葉には早すぎるし。
c0219866_17445592.jpg
なんだ坂こんな坂^^;
c0219866_17452627.jpg
10分で高鉾山に着いて木陰で喜んでいるのは暑さボケ。
c0219866_17461271.jpg
コナスビ
c0219866_17464476.jpg
サルナシ
c0219866_17471705.jpg
とにかく陰を歩かねば!
c0219866_17482248.jpg
南アルプスの赤石岳を思い出すとともに、あの3000mの涼しかったこと快適だったな~。
c0219866_17490468.jpg
キンポウゲ科かと思うが名前が分からない。
c0219866_17514191.jpg
バラ科のダイコンソウだとT川さんからコメントがありました。


熱中症で倒れることもなく無事に戻ってきた。
c0219866_17533581.jpg



by nakatuminesan | 2018-08-03 17:51 | 山を歩いてきました | Comments(3)

2018.7.2 一宮城跡   

2018年 07月 02日

いつ雨が降ってくるか分からない雲行きになっている最近の天気です。
できれば濡れたくないので近場の里山がいいかもなんて考えながら、家から車で10分足らずの
一宮城跡。
c0219866_18290144.jpg
石段には野生のヤマモモが落ちています。
c0219866_18294456.jpg
凍らしたポカリを持っているし小粒なので拾って食べたりしません。
c0219866_18310828.jpg
15分ほどで本丸跡。
c0219866_18313628.jpg
c0219866_18315177.jpg
先日の徳島新聞に紹介されていました。
c0219866_18322511.jpg
作業中の人に聞くと発掘調査していて割れた茶碗などが出るそうです。
23日の説明会には大勢の人が参加したそうです。

鮎喰川と眉山方面
c0219866_18330923.jpg
辰ヶ山
c0219866_18350701.jpg
あまりにも登頂が簡単なので4往復して帰りました。



by nakatuminesan | 2018-07-02 18:33 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2018.6.25 旭ヶ丸~高鉾山   

2018年 06月 25日

徳島の山から2ヶ月以上も離れているし中津峰山に登る自信も薄らいでいる。
それなら近場の里山がよさそうだ。
c0219866_19035589.jpg
アジサイが咲いているけれど、見ごろは7月上旬からになりそうだ。
c0219866_19043191.jpg
久しぶりだね!
c0219866_19045912.jpg
アザミ
c0219866_19052789.jpg
キンポウゲ
c0219866_19055450.jpg
ヤマツツジ
c0219866_19062088.jpg
轆轤山方面
c0219866_19064571.jpg
高丸山~雲早山方面
c0219866_19072434.jpg
旭ヶ丸にはピンクのヤマボウシが咲いている。
c0219866_19074848.jpg
c0219866_19080193.jpg
直登を登りきる自信はないが根性に任せよう。
c0219866_19083361.jpg
急~(> < 
c0219866_19090144.jpg
一人静かに登っていくとフタリシズカが残っている。
c0219866_19104283.jpg
今日はお茶を持っているので手を出さない。
c0219866_19111533.jpg
まるで雪が積もっているようなヤマボウシを見上げる余裕はある。
c0219866_19115634.jpg
高鉾山には毎年のことながらヤマナシが実をつけている。
c0219866_19124921.jpg
やれやれ木陰で休憩していると涼しくて、暑いだけの南高鉾山に向かう気はなくなった。
c0219866_19140054.jpg
陰だ~陰―!(^^;
c0219866_19143374.jpg
ウツギ
c0219866_19150248.jpg
ムクト・ヒマールに似ていないでもない。
c0219866_19153019.jpg
サルナシ
c0219866_19160284.jpg
キヨスミウツボ
c0219866_19175025.jpg



by nakatuminesan | 2018-06-25 19:16 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2018.4.14 近郊の里山歩き   

2018年 04月 14日

この時期にしか採れない山菜を求めてブラブラ歩いてきました。
c0219866_17030421.jpg
c0219866_17031977.jpg
c0219866_17033875.jpg
4月半ばとはいえ日差しがなく風もあったので、カッパの上着を身につけても汗は出ませんでした。

袋の中身はコシアブラとタラノメです。
c0219866_17051216.jpg

まあまあ採れたので畑の師匠にあげました。

今夜はテンプラかな?






by nakatuminesan | 2018-04-14 17:06 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2018.4.9~10 高ノ瀬1741m~丸石1684m~次郎笈1930m   

2018年 04月 11日

丸石避難小屋にはお化けが出るとかいう噂があるとかないとか

“コワーイ 丸石避難小屋は皆で泊まれば恐くない!”と銘打って、物好き山好き6名の中高年でマイナールートによる周回だ。


4
9日(月)天候:曇り時々晴れ

奥祖谷二重かずら橋1035・・・1225北尾根標高点1322m・・・1235標高13651300・・・14:30高ノ瀬14:45・・・15:50丸石避難小屋(泊)


川井峠のシダレザクラは散りはじめ。

c0219866_06442359.jpg

剣山北面には二日前に降った雪が残っている。

c0219866_06445925.jpg

高ノ瀬へ突き上げる北尾根が見えてくる。

c0219866_06460679.jpg

出発地点は奥祖谷二重かずら橋。

c0219866_06464924.jpg

泊まりだからシュラフや炊事道具だけじゃなく、水2L&ビール2缶&食料などでザックは10キロを軽く超えている。

c0219866_06474398.jpg

男橋を渡ってすぐ急斜面を下るあたりはサバイバル的で面白い。

c0219866_06482073.jpg
c0219866_06483790.jpg
気になっていた丸石谷川の渡渉は水量が少ないので簡単だ。
c0219866_06491630.jpg
尾根に取り付けばひたすら登るだけとはいえ、久しぶりの重荷だし歳を考えると決して楽なものではない。
c0219866_06495535.jpg
初めてのルートだけど様子は想像していたとうりだし、障害物はあるが登りやすい尾根といえそうだ。
c0219866_06503495.jpg
標高1300m付近で雪が現れる。
c0219866_06510514.jpg
西からの風が冷たくて汗はまったく出ることもなく、ペースは遅いが確実に高度を上げている。
c0219866_06515115.jpg
丸石の向こうに剣山と次郎笈が姿を現した。
c0219866_06522267.jpg
稜線まで高度差30mになってくる。
c0219866_06525981.jpg
c0219866_06531228.jpg
縦走路を南西に3分で高ノ瀬の山頂に到着する。

中東山~石立山
c0219866_06543949.jpg

高知では三嶺を「さんれい」と呼び、山頂に向かって三回礼をしている。
c0219866_06551761.jpg

笑えよ~(^^;
c0219866_06554981.jpg

縦走路にも少しだけ雪が残っていて、避難小屋周辺にも融けずにあるかが問題だ。
c0219866_06562628.jpg

国体橋への分岐から1分で丸石避難小屋。
c0219866_06571051.jpg

c0219866_06572580.jpg

ヤッター! 期待した雪が残っていて、まずやる仕事は缶ビールを冷やすこと。
c0219866_06583045.jpg

手にした榊(サカキ)を左右に振ることで、お化けがでないようにお祓いをする。
c0219866_06590528.jpg

この作法は実際に神社でS姫が聞いたそうである。

まずはビールだね。
c0219866_06594465.jpg

今回は食事を各自で作ることにしている。
しかし女性たちは事前に相談しているのか、美味しそうな匂いがしてくるので気になってしかたない。
c0219866_07002404.jpg

ジャーン すき焼きのおすそ分け~♪
c0219866_07005883.jpg

こちらも負けているわけにはいかずテンプラだ。
c0219866_07013054.jpg

昨日採ってきたタラ芽&コシアブラ&コゴミもどきに始まって、M爺や女性たちが持ち上げた餃子&ウド&椎茸と超豪華。
c0219866_07020387.jpg

c0219866_07040202.jpg
恐い話むかし剣山から三嶺へ向かっているとガスで道に迷い、暗くなったころ老婆が住む一軒屋にたどり着く。
食事を済ませて疲れた身体は眠りに入るけれど、真夜中に包丁を研ぐ音に眼を覚ます。
先がどうなるか興味津々なのに、Gさんの大きなイビキでドッチラケ
;-_-; 


410日(火)天候:快晴

丸石避難小屋720・・・750丸石800・・・820スーパー林道下降点・・・930次郎笈9:45・・・10:35スーパー林道下降点・・・11:00丸石11:35・・・12:00北西尾根1579m・・・13:35奥祖谷二重かずら橋

目覚めると皆の口からは「お化け出なかったね~」

c0219866_09494732.jpg

実際に体験した“北沢峠のオバケ”は2011629日の記事を参考に。

朝食はウインナーにウドン。

c0219866_09502874.jpg
c0219866_09504482.jpg
お化けのポーズで出発する。
c0219866_09522517.jpg
ゆっくりペースで丸石までは30分で到着し、昨日とは違って風はなく快晴だ。
c0219866_09530650.jpg
c0219866_09531921.jpg
空身で次郎笈を往復しよう。
c0219866_09535968.jpg
c0219866_09541661.jpg
丸石や三嶺を眺めながら小休止。
c0219866_09545130.jpg
トラバース分岐まで来れば登頂は確実で、あと20分ほどの登りが待っているだけになる。
c0219866_09552539.jpg
霜柱
c0219866_09555566.jpg
ここから眺める剣山が気に入っている。
c0219866_09562635.jpg
あと2分かな。
c0219866_09570086.jpg
剣山~一ノ森
c0219866_09572776.jpg
丸石から右(北)に延びる尾根を下るのが楽しみだ。
c0219866_09575996.jpg
写真を撮ったら引き返します。
c0219866_09583253.jpg
こんなに立ち枯れた原因はなんだろう。
c0219866_09590551.jpg
5年前の5月に菊千代谷をご一緒したHさんとすれ違う。
c0219866_09593453.jpg
牛ノ背からの1泊縦走で健脚ぶりを発揮している。

ちょうど3時間で丸石まで戻ってきて昼ごはん。
c0219866_10001429.jpg
c0219866_10003095.jpg
ポカポカ陽気になってきて腕まくり。
c0219866_10010538.jpg
奥祖谷二重かずら橋に向かって下山を開始する。
c0219866_10013645.jpg
気持ちのいい笹尾根からは左に高ノ瀬や三嶺の展望が広がって、この場所でしか眺められない剣山と次郎笈の姿が右にある。
c0219866_10020747.jpg
c0219866_10022556.jpg
前方の塔ノ丸に向かって緩やかに高度を下げてゆく。
c0219866_10030070.jpg
ブナやミズナラが増えてくると標高点1579mだ。
c0219866_10033362.jpg
c0219866_10034604.jpg
ここから先はコンパスと地形図が活躍することになる。
c0219866_10042138.jpg
c0219866_10043567.jpg
樹種は不明だが幹周5mはあるだろう。
c0219866_10051078.jpg
読図隊長のS姫が先頭でドンドン下ってゆく。
c0219866_10054168.jpg
読図力を求められる標高1430m付近も見事にクリアし、快調にドンドコ標高を下げてゆく。
c0219866_10061476.jpg
左に見上げるのは昨日登った高ノ瀬北尾根だ。
c0219866_10064643.jpg
枯れたスズタケをなぎ倒しながら、無事に登山道に下山するあたりはお見事だ。
c0219866_10072899.jpg
上流に架かる女橋を渡る。
c0219866_10081379.jpg
昨夜は焼酎をたくさん飲んだので喉カラカラに。
c0219866_10090050.jpg
都合で泊まりに参加できなかったAさんとTさんがいて、コーヒーや果物にお菓子をご馳走になりました。
c0219866_10095825.jpg
c0219866_10101362.jpg
期待のお化けには出会えませんでしたが、なかなか面白いマイナールートによる周回でした。
c0219866_10132961.jpg
皆さんお疲れさまでした。



by nakatuminesan | 2018-04-11 07:02 | 山を歩いてきました | Comments(2)