2018年 04月 11日 ( 1 )   

2018.4.9~10 高ノ瀬1741m~丸石1684m~次郎笈1930m   

2018年 04月 11日

丸石避難小屋にはお化けが出るとかいう噂があるとかないとか

“コワーイ 丸石避難小屋は皆で泊まれば恐くない!”と銘打って、物好き山好き6名の中高年でマイナールートによる周回だ。


4
9日(月)天候:曇り時々晴れ

奥祖谷二重かずら橋1035・・・1225北尾根標高点1322m・・・1235標高13651300・・・14:30高ノ瀬14:45・・・15:50丸石避難小屋(泊)


川井峠のシダレザクラは散りはじめ。

c0219866_06442359.jpg

剣山北面には二日前に降った雪が残っている。

c0219866_06445925.jpg

高ノ瀬へ突き上げる北尾根が見えてくる。

c0219866_06460679.jpg

出発地点は奥祖谷二重かずら橋。

c0219866_06464924.jpg

泊まりだからシュラフや炊事道具だけじゃなく、水2L&ビール2缶&食料などでザックは10キロを軽く超えている。

c0219866_06474398.jpg

男橋を渡ってすぐ急斜面を下るあたりはサバイバル的で面白い。

c0219866_06482073.jpg
c0219866_06483790.jpg
気になっていた丸石谷川の渡渉は水量が少ないので簡単だ。
c0219866_06491630.jpg
尾根に取り付けばひたすら登るだけとはいえ、久しぶりの重荷だし歳を考えると決して楽なものではない。
c0219866_06495535.jpg
初めてのルートだけど様子は想像していたとうりだし、障害物はあるが登りやすい尾根といえそうだ。
c0219866_06503495.jpg
標高1300m付近で雪が現れる。
c0219866_06510514.jpg
西からの風が冷たくて汗はまったく出ることもなく、ペースは遅いが確実に高度を上げている。
c0219866_06515115.jpg
丸石の向こうに剣山と次郎笈が姿を現した。
c0219866_06522267.jpg
稜線まで高度差30mになってくる。
c0219866_06525981.jpg
c0219866_06531228.jpg
縦走路を南西に3分で高ノ瀬の山頂に到着する。

中東山~石立山
c0219866_06543949.jpg

高知では三嶺を「さんれい」と呼び、山頂に向かって三回礼をしている。
c0219866_06551761.jpg

笑えよ~(^^;
c0219866_06554981.jpg

縦走路にも少しだけ雪が残っていて、避難小屋周辺にも融けずにあるかが問題だ。
c0219866_06562628.jpg

国体橋への分岐から1分で丸石避難小屋。
c0219866_06571051.jpg

c0219866_06572580.jpg

ヤッター! 期待した雪が残っていて、まずやる仕事は缶ビールを冷やすこと。
c0219866_06583045.jpg

手にした榊(サカキ)を左右に振ることで、お化けがでないようにお祓いをする。
c0219866_06590528.jpg

この作法は実際に神社でS姫が聞いたそうである。

まずはビールだね。
c0219866_06594465.jpg

今回は食事を各自で作ることにしている。
しかし女性たちは事前に相談しているのか、美味しそうな匂いがしてくるので気になってしかたない。
c0219866_07002404.jpg

ジャーン すき焼きのおすそ分け~♪
c0219866_07005883.jpg

こちらも負けているわけにはいかずテンプラだ。
c0219866_07013054.jpg

昨日採ってきたタラ芽&コシアブラ&コゴミもどきに始まって、M爺や女性たちが持ち上げた餃子&ウド&椎茸と超豪華。
c0219866_07020387.jpg

c0219866_07040202.jpg
恐い話むかし剣山から三嶺へ向かっているとガスで道に迷い、暗くなったころ老婆が住む一軒屋にたどり着く。
食事を済ませて疲れた身体は眠りに入るけれど、真夜中に包丁を研ぐ音に眼を覚ます。
先がどうなるか興味津々なのに、Gさんの大きなイビキでドッチラケ
;-_-; 


410日(火)天候:快晴

丸石避難小屋720・・・750丸石800・・・820スーパー林道下降点・・・930次郎笈9:45・・・10:35スーパー林道下降点・・・11:00丸石11:35・・・12:00北西尾根1579m・・・13:35奥祖谷二重かずら橋

目覚めると皆の口からは「お化け出なかったね~」

c0219866_09494732.jpg

実際に体験した“北沢峠のオバケ”は2011629日の記事を参考に。

朝食はウインナーにウドン。

c0219866_09502874.jpg
c0219866_09504482.jpg
お化けのポーズで出発する。
c0219866_09522517.jpg
ゆっくりペースで丸石までは30分で到着し、昨日とは違って風はなく快晴だ。
c0219866_09530650.jpg
c0219866_09531921.jpg
空身で次郎笈を往復しよう。
c0219866_09535968.jpg
c0219866_09541661.jpg
丸石や三嶺を眺めながら小休止。
c0219866_09545130.jpg
トラバース分岐まで来れば登頂は確実で、あと20分ほどの登りが待っているだけになる。
c0219866_09552539.jpg
霜柱
c0219866_09555566.jpg
ここから眺める剣山が気に入っている。
c0219866_09562635.jpg
あと2分かな。
c0219866_09570086.jpg
剣山~一ノ森
c0219866_09572776.jpg
丸石から右(北)に延びる尾根を下るのが楽しみだ。
c0219866_09575996.jpg
写真を撮ったら引き返します。
c0219866_09583253.jpg
こんなに立ち枯れた原因はなんだろう。
c0219866_09590551.jpg
5年前の5月に菊千代谷をご一緒したHさんとすれ違う。
c0219866_09593453.jpg
牛ノ背からの1泊縦走で健脚ぶりを発揮している。

ちょうど3時間で丸石まで戻ってきて昼ごはん。
c0219866_10001429.jpg
c0219866_10003095.jpg
ポカポカ陽気になってきて腕まくり。
c0219866_10010538.jpg
奥祖谷二重かずら橋に向かって下山を開始する。
c0219866_10013645.jpg
気持ちのいい笹尾根からは左に高ノ瀬や三嶺の展望が広がって、この場所でしか眺められない剣山と次郎笈の姿が右にある。
c0219866_10020747.jpg
c0219866_10022556.jpg
前方の塔ノ丸に向かって緩やかに高度を下げてゆく。
c0219866_10030070.jpg
ブナやミズナラが増えてくると標高点1579mだ。
c0219866_10033362.jpg
c0219866_10034604.jpg
ここから先はコンパスと地形図が活躍することになる。
c0219866_10042138.jpg
c0219866_10043567.jpg
樹種は不明だが幹周5mはあるだろう。
c0219866_10051078.jpg
読図隊長のS姫が先頭でドンドン下ってゆく。
c0219866_10054168.jpg
読図力を求められる標高1430m付近も見事にクリアし、快調にドンドコ標高を下げてゆく。
c0219866_10061476.jpg
左に見上げるのは昨日登った高ノ瀬北尾根だ。
c0219866_10064643.jpg
枯れたスズタケをなぎ倒しながら、無事に登山道に下山するあたりはお見事だ。
c0219866_10072899.jpg
上流に架かる女橋を渡る。
c0219866_10081379.jpg
昨夜は焼酎をたくさん飲んだので喉カラカラに。
c0219866_10090050.jpg
都合で泊まりに参加できなかったAさんとTさんがいて、コーヒーや果物にお菓子をご馳走になりました。
c0219866_10095825.jpg
c0219866_10101362.jpg
期待のお化けには出会えませんでしたが、なかなか面白いマイナールートによる周回でした。
c0219866_10132961.jpg
皆さんお疲れさまでした。



by nakatuminesan | 2018-04-11 07:02 | 山を歩いてきました | Comments(2)