2017年 01月 07日 ( 2 )   

レンタルスノーシュー   

2017年 01月 07日

★来週は冬型気圧配置が強まりそうで、待ちに待った降雪に期待できそうです。
今シーズンも本格的な雪山登山はもちろんですが、気軽に楽しめるスノーシューハイクの計画もあります。
c0219866_18365165.jpg

徳島県内でも塔ノ丸をはじめ丸笹山や腕山など、短時間でスノーシューを楽しめる場所があります。
スノーシューは高価(27000~40000円)な雪山装備ですが、カモシカクラブではレンタル(1日:1000円)を揃えています。
c0219866_18361295.jpg

評価の高い山岳用MSRスノーシュー(デナリアッセント ペア重量1692gと軽量)。
かかとをサポートするヒールリフター付なので、山にも雪原にも幅広い行動が可能。
難しい技術を必要としないので、初めての方でも簡単に使えます。

by nakatuminesan | 2017-01-07 18:37 | 募集企画 | Comments(0)

今日はなんの日?   

2017年 01月 07日

昭和の初期に記録的な冬山単独登山を展開した加藤文太郎。
特に昭和5年12月30日からの薬師岳から烏帽子岳縦走は当時の登山界を驚かせました。
c0219866_1510289.jpg

山に入って9日目の昭和6年1月7日の夜11時に下山しています。
単独行から・・・
濁の小屋には莚が三枚と畳があるだけで、寝るには寒いので、対岸にある、東信電力の金原氏のところに行って泊めてもらう。
c0219866_15105338.jpg

濁の小屋は烏帽子岳登山口付近にありましたが、今では高瀬ダムの湖底に沈んでいます。
それにしても驚かされるのは文太郎の大胆な行動で、当時の粗末な装備による記録は信じられない思いがするのです。
今の装備をしてパーティーを組んだとしても、そう簡単に走破できる縦走ルートではありません。
c0219866_15125827.jpg

今日は加藤文太郎が風雪の北アルプスから無事下山した日です。
今から86年前のことになります。

加藤文太郎記念図書館には彼が愛用した山の装備がガラス棚に展示されています。 
登山靴・ピッケル・ワカン
c0219866_1515574.jpg

山スキー板
c0219866_15153225.jpg

特に目を引くのが登山靴です。
c0219866_1516544.jpg

おまけは今日の日峯と小神子海岸で、近くまで行ったついでに歩きました。
c0219866_15163745.jpg

c0219866_15165458.jpg

山に白いものはない
c0219866_15172670.jpg

c0219866_1517447.jpg

c0219866_15175780.jpg

c0219866_15181418.jpg

これなに?
c0219866_15184074.jpg

二等三角点がある遠見ヶ原191.6m
c0219866_1519785.jpg

海~!
c0219866_15193849.jpg

c0219866_15194982.jpg

小神子ジャンダルムなんちゃって^-^;
c0219866_15201939.jpg

c0219866_15203160.jpg

晩酌のアテ
c0219866_15205930.jpg

ピーヒョロ~
c0219866_15212688.jpg
c0219866_15213596.jpg

by nakatuminesan | 2017-01-07 15:23 | 昔むかし | Comments(0)