2016年 10月 20日 ( 2 )   

2016.10.20 旭ヶ丸   

2016年 10月 20日

一ヶ月ぶりに里山を歩きました。

6日前までネパールで使っていた靴。
c0219866_18272826.jpg

そろそろ君たちは下山かい?
c0219866_18275574.jpg

トウダンツツジは色づいている。
c0219866_18282171.jpg

展望台から西の方は雲の多い天気になっているけれど、はるか遠く向こうにネパールがあるんだな~。
c0219866_182967.jpg

チャウというキノコを食べたことを思い出す。
c0219866_18293611.jpg

不動峠には熟したサルナシが落ちていて、甘くて動物に食べられるのはもったいない。
c0219866_18302564.jpg

c0219866_18303780.jpg

5000mの低酸素に順応しているので高鉾山には7分で登れそうだけど、悩んだあげく4時から相棒があるので諦める。

アケボノソウ
c0219866_18314767.jpg

センプリ
c0219866_18321295.jpg

林道沿いでは紅葉が始まっている。
c0219866_18324521.jpg

c0219866_1833293.jpg

アケビがいっぱいだ。
c0219866_18333148.jpg

c0219866_18334418.jpg

アサマリンドウ
c0219866_18341674.jpg

秋を感じながら戻ってきました。
c0219866_18344689.jpg

by nakatuminesan | 2016-10-20 18:36 | 山を歩いてきました | Comments(2)

ヒマラヤ2016 ムクト・ヒマール(6087m)&ホンデ・ヒマール(6556m)  9.24~10.18(25日間) NO.2   

2016年 10月 20日

9月29日(木) 天候:曇り時々晴れ
シバン8:00・・・8:35道路下降点・・・10:25吊橋11:30・・・13:45ムリ(Muri)1800m
c0219866_10565296.jpg

今日からモーニングティーと洗面器の湯がテントに運ばれる。
c0219866_8212877.jpg

c0219866_8215035.jpg

燃料の半分以上を失ったことで昨夜は大騒ぎになったのだが、昼食に立ち寄ったバティの辺りに落ちているとの連絡が入る。
ラクパとポーターが回収に向かうので一件落着だ。

トレッキング初日の朝食は大西と松田はお粥、鶴木はトーストだ。
これに卵焼き(目玉焼き)が今後のスタイルとして定着することになる。
c0219866_10295034.jpg

今日から10日間かけてヒドンバレーのBCまでトレッキングが始まるのだ。
c0219866_10351167.jpg

夜のうちに降った雨は標高4500m付近から雪になったらしく、これから進むMyagdi River(右の谷)の奥には白い峰が望まれる。
c0219866_10355336.jpg

分かりにくい道路下降点から10分下るとポーターたちが休んでいる。
c0219866_10362917.jpg

緩い下り道は祖谷にいるような錯覚すらしてしまう。
c0219866_1037363.jpg

c0219866_10372319.jpg

名の分からない花が咲いているし大麻が自生している。
c0219866_10375752.jpg

c0219866_10381223.jpg

ツリフネ
c0219866_10384329.jpg

サーダーのチリンは自衛隊の親分みたいな風貌だ。
c0219866_10391090.jpg

あちらこちらで蕎麦が花をつけていて、のどかな水田地帯の畦道を歩くあたりはトレッキングルートかと疑ってしまいそう。
c0219866_10402966.jpg

c0219866_10404559.jpg

吊橋の向こうにはキッチンやポーターたちが休んでいて、どうもランチの準備をしているようである。
c0219866_10411414.jpg

 Dhara Kholaに架かる吊橋を渡るとランチタイム。
c0219866_10422073.jpg

驚くことにうどん&コロッケじゃないか!
c0219866_10424919.jpg

スダチじゃなくスンタナというミカンだよ。
c0219866_10443356.jpg

田んぼの畦道から草付きの急斜面につけられた道に変わり、緩い登りが続くようになるので標高が上がるので嬉しくなってくる。
c0219866_1045525.jpg

大西に教えてもらった花であるが名を忘れてしまう。
c0219866_10454369.jpg

ロバとすれ違うときは山側にいないと危険です・・・押されると谷に落ちてしまうから。
c0219866_10461259.jpg

ヒマラヤに咲く花
c0219866_10464055.jpg

c0219866_10465491.jpg

今日の行程は短くて楽だから、のんびりポーターたちも休み休みしながらだ。
c0219866_10474056.jpg

彼らの会話を想像してみよう・・・
「日本から来た3人組のオジサンたち何歳だろう?」
「年寄りみたいだけど6000mを超える山を二つ登るらしい」
「う~む 頑張ってサミットしてほしいけどな~」
「そうだな 俺たちも出来るだけサポートしてやろうじゃないか」

Myagdi River を挟んだ対岸の斜面には棚田が広がっていて、徳島にあるものとは比べようもないスケールだ。
c0219866_10484973.jpg

c0219866_1049395.jpg

小さな尾根を左に回りこむとムリの一角が見えてくる。
c0219866_10493554.jpg

200軒ぐらいはありそうな大きな村である。
c0219866_10501041.jpg

今日もテントサイトは小学校になり、有難いことに調理室として教室が提供された。
c0219866_10504058.jpg

c0219866_10505428.jpg

バーナーはケロシンを燃料として使っている。
c0219866_1051225.jpg

20本ほど用意した缶ビールが切れると困るので、さっそく村の店に買出しに出かけることにした。

昨日のシバン同様でダンス競技が行われていて、何人か見物にきているポーターの姿もあった。
c0219866_105211.jpg

c0219866_10521573.jpg

探すこと3軒目で瓶ビールと缶ビールを手にしての帰り道。
c0219866_10524910.jpg

Do you Have Beer? などと片言の英語で話しかけ、なんとビールを我が物にする難しさよ。
c0219866_10532683.jpg

モモ
c0219866_10535211.jpg

親子丼
c0219866_10541532.jpg

ナス&鰹節
c0219866_1054401.jpg

どの料理も舌がとろけそうなほど美味しくて、昨夜の不安は一気に吹っ飛び名コックと呼ばれるようになる。


9月30日(金) 天候:晴れ
ムリ7:50・・・8:50吊橋・・・10:45バティ12:15・・・13:10小屋・・・15:55峠・・・16:40ボガーラ(Bagara)2080m
c0219866_1855944.jpg

快晴で明けると純白の峰々が輝いていて、左からGurja7193m~Khambong6570m~Myagdi Matha6273mと連なっている。
c0219866_1871330.jpg

先生二人がやってきて学校設備充実のため寄付を頼まれた。
目の前にヒマラヤの眺めを楽しめたので気分もよく、一人500ルピーを寄付することにした。
c0219866_1874166.jpg

シバンに電気がないのは意外だったが、ここムリでは各家ともソーラーパネルを設置している。
c0219866_1885254.jpg

後方はJirbang6062mとManapathi6380mである。

Mudi Kholaへ向かってどんどん下ってゆくあたりは勿体なく、標高差400mは下ったと思われる場所に吊橋がある。
c0219866_1893333.jpg

c0219866_1894636.jpg

少し登った峠からはムリの村が眺められ、Jirbangを眺めながらスタッフたちとともに一休み。
c0219866_18102286.jpg

c0219866_18104498.jpg

c0219866_18111010.jpg

ヒマラヤは9回目だが稗畑を通過するのは初めてだ。
c0219866_18121063.jpg

南洋風ロッジでの昼ごはんはウドン&サンドイッチ&フライドポテト。
c0219866_18124632.jpg

c0219866_1813298.jpg

20人分の食事を作り食べて皿洗いまで、わずか1時間半で済ましてしまうキッチンたちの素早いことには感心させられる。
c0219866_18133434.jpg

左は草付きの絶壁が続いているし、右にはMyagdi Riverの濁流だ。
c0219866_1814769.jpg

c0219866_18142289.jpg

ジメジメした岩にはイワタバコが自生する。
c0219866_1814479.jpg

1時間ほどで粗末な造りの小屋があり、女性ばかりだからかサーダーのチリンが陣取っている。
c0219866_18152544.jpg

c0219866_18154242.jpg

ラクパが大きなウリを畑から採ってきて、さあ食べろと勧められるが褒められた味はしなかった。
c0219866_18161154.jpg

小屋の横ではブンブン蜜蜂が飛んでいて、さあ出発しましょうと言った大西の一声に助けられる。
c0219866_18164783.jpg

眺める谷はV字状をなしていて、右岸の弱点を狙って道がつけられている。
c0219866_18173131.jpg

よくもまぁ こんなところに道をと思ってしまうのである。
c0219866_1818611.jpg

遠くから見えていた峠状で最後の休憩。
c0219866_181972.jpg

c0219866_18182675.jpg

少し下ると歓迎の標識が立っていて、今日も学校でキャンプかと思えば大違い。
c0219866_18193937.jpg

サーダーの一声・・・今夜は雨が降りそうだからロッジに泊ります。
c0219866_18203956.jpg

喉カラカラでビールをラッパ飲み。
c0219866_1821724.jpg

サーダーから稗で作った焼酎を勧められ、飲んでみるがアルコール度は10度未満でイマイチ。
c0219866_18213748.jpg

骨付きチキン&テンプラ丼みそ汁付き~^-^ 
c0219866_182273.jpg


10月1日(土) 天候:晴れ時々曇り
ボガーラ7:45・・・10:30Ripsiba・・・11:25Hotel Dhapcha12:50・・・15:40ドバン(Dovan)2550m
c0219866_9482357.jpg

サーダーが言ったとうり昨夜は雨が降った。
しかし夜が明けると晴れていて、三角の形をしたジルバン6062mの眺めがすばらしい。
c0219866_9492024.jpg

「難しそうだな、未踏峰か?」とフリに聞いてみる。
「登ってはいけない山です」

歩き始めると建築中のロッジがある。
c0219866_950541.jpg

歩きにくくない?
「慣れていますから」
c0219866_9504892.jpg

35キロの荷を背にしてポーターたちは急坂を平気で登ってゆく。
c0219866_9511952.jpg

今日もMyagdi Riverの右岸を進むらしく、左側は草付きの大岩壁が屏風のように続いている。
c0219866_9515019.jpg

道は歩きやすくヤマハギのような花が咲いている。
c0219866_9522456.jpg

c0219866_9523728.jpg

岩壁には大きなハチミツがぶら下がっている。
c0219866_953209.jpg

ここは滑ると終わりなので要注意!
c0219866_9534694.jpg

なんだか熱帯ジャングルみたいになってくる。
c0219866_9542167.jpg

落差300mはありそうな滝に大歓声・・・滝の名前はジムロコッチサガです。
c0219866_954533.jpg

WELCOMEという標識だけの場所を通過するが、渡渉もあったりして退屈はしない。
c0219866_9552648.jpg

c0219866_9554040.jpg

昼前になり小屋に到着するとHotel Dhapchaと書いてある。
c0219866_9561613.jpg

ネパールの山奥では屋根のある建物はホテルなんだと理解した。
c0219866_9562967.jpg

ディディ(didii:女将さん)と71歳になる老女がいて、4日前に生まれたばかりの水牛もいる。
c0219866_102010.jpg

c0219866_975028.jpg

昼食は野菜テンプラうどん&ゴマふり巻き寿司。
c0219866_1024614.jpg

c0219866_103188.jpg

再び熱帯ジャングルに入ってゆく。
c0219866_1033422.jpg

c0219866_1034689.jpg

見上げると雲の中から滝が落ちていて
「800メーターぐらいありそうだな」
チリンが「1000メーターより高いでしょう」
c0219866_1042959.jpg

ジャングル&滝見物を終え、昨日に続きロッジが一軒だけのドバンに到着。
c0219866_1051572.jpg

c0219866_1052777.jpg

まず一番にする仕事は横を流れる小川でビールを冷やすことで、次に汗を拭いて足も洗って洗濯をした。
c0219866_106742.jpg

c0219866_1062224.jpg

c0219866_1064083.jpg

c0219866_1065139.jpg

今夜も雨になるとのことでロッジ泊まりになり、テントを張ることもないのでスタッフは嬉しそうだ。
水が豊富なのでキッチンたちは食器をきれいに洗っている。
c0219866_1072850.jpg

サーダーから衛星電話を借りて5時ごろ家に連絡した。
c0219866_1075897.jpg

ネパリウィスキー(焼酎)
c0219866_1082378.jpg

ダルバート
c0219866_108514.jpg

ダウラギリ一周はトレッカーが少ないルートであり、今シーズンに入り我々が5組目とのことである。


10月2日(日) 天候:晴れ時々曇り
ドバン8:30・・・10:50渡渉点11:15・・・11:35Talitre・・・12:40渡渉点・・・13:15サラガリ(Sallaghari)3110m
c0219866_123792.jpg

目覚めると雨が降っているので停滞かと思ったが8時には止んだ。
Konabang Kholaの上流を見上げると新雪が積もっていて、この時期は標高4500m以上になると雪になるようだ。
c0219866_1235890.jpg

出発してすぐ濁流のMyagdi Riverを左岸に渡る。
c0219866_124264.jpg

c0219866_1244033.jpg

そして小さな谷を渡ると怪しげな花やキノコがある。
c0219866_1252367.jpg

c0219866_1253871.jpg

c0219866_125516.jpg

今日もジャングルトレッキング。
c0219866_1265011.jpg

日本だと名所になりそうな落差300mぐらいの滝には驚かない。
c0219866_1272359.jpg

今日はサラガリまで食事を作る場所がなく、渡渉点で軽く食べることに決めている。
c0219866_1275745.jpg

c0219866_1281444.jpg

ジルバンが変わった姿で見えるようになってきた。
c0219866_1285868.jpg

標高が3000m近くなると風も涼しく感じられ、樹種はモミや竹が主流になってくる。
c0219866_1292437.jpg

日本だと鉄ハシゴかロープが設置されている斜面を急降下すると渡渉が待っている。
c0219866_1295710.jpg

これだけ渡渉を繰り返すとザックの軽い我々は名人になってきたが、重荷のポーターたちは若者とはいえ楽ではない。
c0219866_12123313.jpg

キッチンのドジがホットオレンジを運んでくる。
c0219866_1213414.jpg

10分も進むとサラガリの快適なテントサイトだ。
c0219866_12133291.jpg

c0219866_12134673.jpg

標高が3000mを超えたこともあり、野菜スープにはニンニクが入っている。
c0219866_12141848.jpg

個人テントの近くにはトイレテントが張られた。
c0219866_12145044.jpg

c0219866_12153036.jpg

ビールを飲みはじめるとフライドチキンが出るとは絶妙のタイミング・・・コックのチリありがとう(^-^)
c0219866_12155870.jpg

c0219866_12161319.jpg

写真写りがよくなるように髭を剃った。
c0219866_9101271.jpg

夕食は焼き飯
c0219866_12164317.jpg

ベニで350ルピーだったビールだが、ここまで来ると700ルピーと高額になってくる。
c0219866_12171194.jpg



10月3日(月) 天候:晴れのち曇り
サラガリ7:45・・・9:50Chaurawan・・・10:35イタリアン(Italian)BC 3650m
c0219866_14193696.jpg

ワサビ茶漬け&トーストを食べ終えて、今日からはジャングルを抜け出し快適になりそうである。
c0219866_14202686.jpg

歩きはじめて20分でダウラギリⅠ峰8167mが姿を現した。
南西の肩7000m付近が見えていて、山頂は向こうに隠れているが感激の一瞬だ。
c0219866_14233738.jpg

白い峰はダウラギリⅡ峰7751mに続く稜線と思われる。
c0219866_1424983.jpg

Choriban Kholaを渡渉する。
c0219866_14243866.jpg

ダケカンバに日本の山を思い出してしまう。
c0219866_14251858.jpg

ザクロ?
c0219866_14255010.jpg

緑・黄・白の三段染め
c0219866_14263395.jpg

タテヤマリンドウのような小さな花がたくさん咲いている。
c0219866_1427350.jpg

ダウラギリ西壁は標高差4000mありそうだ。
c0219866_1428392.jpg

見上げていると首が痛くなるので足元に目をやると、咲いている花はウメバチソウに似ていないでもない。
c0219866_1428371.jpg

このあたりが植生からして樹林限界のようである。
c0219866_8575226.jpg

北アルプスの紅葉は終わったことだろう。
c0219866_1429767.jpg

石造りの小屋があるイタリアンBCに到着する。
c0219866_14294965.jpg

c0219866_8593120.jpg

小屋には夫婦らしい二人が常駐しているので、簡単な食事なら頼むことができると聞いている。
c0219866_1430726.jpg

松田が持ってきた日の丸を揚げたところ、こちらが良く見えるとサーダーが場所を移した。
c0219866_14304832.jpg

c0219866_1431277.jpg

ベニで雇った二人のポーターはここまでで、昼食のあとチップを受け取ると帰っていった。

チェコからの7名が高度順応の一日を過ごしているようだ。
c0219866_14313642.jpg

c0219866_14315074.jpg

乾燥していて快適なテントサイトであるしトイレも清潔だ。
c0219866_1433485.jpg

c0219866_14331765.jpg

クーラーに氷を入れて運んできたチキンだが、食べるなら今夜あたりが最後かな?
c0219866_14335274.jpg

・・・キッチンが運んできたのはチキンカツだった。
c0219866_14342771.jpg

ネパール入りしてから風邪気味だった松田は元気だし、自己到達高度を更新している大西も快調だ。



10月4日(火) 天候:晴れ イタリアンBC滞在
ツァルラボンTsaurabong(6395m)が見える気持ちのいい朝だ。
c0219866_16405842.jpg

水場のほうから松田の大声がする。
収穫したキノコをディディが洗っていて、重さは10キロ以上もありそうだ。
c0219866_16413744.jpg

チャウという名の食用らしく、夜は鍋だとキノコ好きの松田は大騒ぎ。
c0219866_16421153.jpg

コックのチリに頼むとOKだ。
c0219866_16424140.jpg

細かく裂いて乾燥させて保存食にするらしい。
c0219866_16431920.jpg

ポーターたちはトランプに興じている。
c0219866_16434986.jpg

高度順応にラクパとペンバが付き合ってくれる。
急な草付き斜面を登っていく。
c0219866_1644574.jpg

期待したダウラギリⅡ峰は雲に姿を隠しているが、主峰は嶮しい北西尾根を見せている。
c0219866_164520100.jpg

c0219866_16453238.jpg

250mほど登った標高3880mを最高点とし、皆でいろいろ話しながら40分ほど休憩した。
c0219866_1646736.jpg

のんびり植物をカメラに収めながらテントに戻った。
c0219866_16463650.jpg

c0219866_16465338.jpg

乾燥した空気と強い日射でキノコは半分ぐらい乾いているようだった。
c0219866_16472487.jpg

昼食に豆腐入りキノコ汁が出たのには驚いた。
c0219866_1648389.jpg

午後は自由に過ごすことにした。
c0219866_16524947.jpg

面倒くさいけど皆の真似をして二度目の洗濯をした。
c0219866_16534539.jpg

若いポーターに話しかけてみた。
自分は66歳で妻は62歳だと手帳に書き、両親の歳を聞くと教えてくれた。
c0219866_16561447.jpg

17歳のポーターは父親が42歳で母親は40歳。
19歳のポーターは50歳と48歳で、私の年齢に驚いたような顔をした。
c0219866_16571671.jpg

二人はチェスカムという村の出身である。

グデル出身のキッチンのドジが登山歴を聞いてきたので、11年前になるツクチェピークの登頂日を書いて見せた。
c0219866_16582025.jpg

今回のキッチンとポーターは3人を除きグデル出身で、近いうちに空港ができることを楽しみにしているようだ。

夜は皿に寿司メシと炒めたキノコが盛られていて、頼んだ鍋は意味が通じなかったようである。
c0219866_1659286.jpg

お好み焼きは抜群の味で文句なし。
c0219866_16593587.jpg

大西は富士山の高度を超えたことだし、いよいよ明日は4000mライン突破である。

by nakatuminesan | 2016-10-20 10:56 | ヒマラヤ | Comments(2)