2016年 01月 31日 ( 1 )   

2016.1.31 剣山1955m~次郎笈1930m   

2016年 01月 31日

今日は天狗塚を予定していたが、確実に登れる次郎笈に行き先を変更する。
まとまった雨が29日に降った影響で、林道の雪質の悪化や落石の恐れが考えられるから。

ところが第7ヘアピンまで車を走らせても雪はない。
c0219866_18453657.jpg

スキー場跡を過ぎると塔ノ丸の稜線直下は霧氷に覆われている。
c0219866_18462214.jpg

見ノ越や丸笹山南斜面にも霧氷が見られ、この時点でゴリラの小さな胸はほっとする。
c0219866_18465943.jpg
c0219866_184795.jpg

先日の岩登りをご一緒したナナコさんの顔もあり、彼女の同行者は愛媛のストーンリバーさんだ。

マイナス4.5度とはこの時期にしては暖かい。
c0219866_18474811.jpg

歩き始めると霧氷が出迎えてくれ、雪がない代わりのサービスに違いない。
c0219866_18481819.jpg

今シーズンはトンネルが埋まることはなさそうだ。
c0219866_1848423.jpg

シリセードを楽しみにしているお気に入り斜面にも雪はない。
c0219866_18491280.jpg

西島駅が近づくと次郎笈が見えはじめ、ここから上はビッシリ付いた霧氷がお出迎え。
c0219866_18495676.jpg

c0219866_185078.jpg

西島駅からは剣山北西尾根や次郎笈北西尾根に丸石北尾根が眺められ、積雪期の周回ルートとして面白いが雪が少なすぎる。
c0219866_1850361.jpg

三嶺の右後方に並ぶ石鎚山系にも雪は期待できそうにない。

先日の雨で締まり雪になっていて、アイゼンを装着したほうが楽に登れそう。
c0219866_18511882.jpg

見事に発達した霧氷を写真に収めながら、ゆっくり登れば汗もでないし快適だ。
c0219866_10112561.jpg

c0219866_1011414.jpg

c0219866_1012284.jpg

今シーズン初めて見るというメンバーもいて、ワーワーキャーキャー嬉しそうだし賑わしい♪
c0219866_10142330.jpg

c0219866_10144155.jpg

c0219866_10145695.jpg

矢筈山方面は少し雪が多そうな気がしないでもない。
c0219866_1015285.jpg

雪は少ないとはいえ足元に気をつけて、霧氷を見たりカメラを出したり忙しい。
c0219866_1016394.jpg

c0219866_10161651.jpg

c0219866_10163197.jpg

三嶺を入れて霧氷を写す場所がお気に入り。
c0219866_10171054.jpg

昨年の今頃は刀掛け松の手前は吹き溜まりや雪庇があったのに、こんなに雪の少ない年は20年に一度ぐらいだろう。
c0219866_10174398.jpg

c0219866_1018082.jpg

↓これ2015年2月4日
c0219866_10183218.jpg

c0219866_10184663.jpg

とはいえアイゼンの感触も味わえるし、綺麗な霧氷に出合えたことに感謝しよう。
c0219866_10202340.jpg

c0219866_10203912.jpg

c0219866_10205783.jpg

日差しでキラキラ輝いている。
c0219866_110543.jpg

c0219866_10211043.jpg

例年だと鉄ハシゴに向かうが夏道だ。
c0219866_10214491.jpg

天神丸から高城山まで霧氷がビッシリだ。
c0219866_10221732.jpg

頂上ヒュッテの気温はマイナス4度。
c0219866_10224412.jpg

c0219866_1023079.jpg

c0219866_10231285.jpg

三代目の新居さんと立ち話しているとナナコさんたち三人も到着する。
c0219866_10235816.jpg

c0219866_10241318.jpg

山頂まるで夏みたい。
c0219866_1025924.jpg

c0219866_10252414.jpg

塔ノ丸と矢筈山方面
c0219866_10255210.jpg

一ノ森方面
c0219866_10262025.jpg

さあ次郎笈に向かおう。
c0219866_10265493.jpg

ぜんぜん雪なくアイゼンは歩きにくいだけ。
c0219866_10273791.jpg

c0219866_10275358.jpg

それでも少し下ると雪が続いている。
c0219866_10282929.jpg

c0219866_10284647.jpg

c0219866_1029282.jpg

標高1780m鞍部まで下ると風もなく、この青空にポカポカ陽気はまるで春のよう。
c0219866_10294064.jpg

次郎笈へも霧氷を楽しめる。
c0219866_10321784.jpg

c0219866_10323293.jpg

「雪ないね~ これで霧氷がなかったらどうする!?」との恐い声が耳に入ってきて、ただただゴリラは霧氷に感謝の気持ちだけ。

冬場はこの辺りから風が当たるけれど、今日は優しいそよ風ぐらいで霧氷もいい大きさだ。
c0219866_10331615.jpg

c0219866_10333498.jpg

c0219866_10335046.jpg

凍っている箇所は予想に反して数箇所しかないが、アイゼンの感触を試したいので踏んでゆく。
c0219866_10343455.jpg

おっ! ピッケル買ったんだね使ってみよう。
c0219866_1035115.jpg

c0219866_10352555.jpg

c0219866_10354460.jpg

c0219866_10355912.jpg

剣山~一ノ森
c0219866_10363465.jpg

三嶺方面
c0219866_1037127.jpg

少し離れたところで里山倶楽部さんが休んでいて、声を掛けると来てくれたので写真を撮ってもらう・・・感謝。
c0219866_10373832.jpg

c0219866_10375486.jpg

引き返すと日差しと気温の上昇で霧氷はパラパラ落ちている。
c0219866_10391179.jpg

素手でもまったく寒さは感じないし冬とは思えない。
c0219866_10394698.jpg

深雪だと危険なトラバースだが心配なし。
c0219866_10404535.jpg

北西斜面
c0219866_10411527.jpg

気温は0度ぐらいと思われるので霧氷は少なくなっている。
c0219866_10414969.jpg

c0219866_1042314.jpg

二度見展望台から次郎笈を振り返る。
c0219866_10442725.jpg

大剣神社の御塔石
c0219866_10445922.jpg

ちょっと滑落停止の練習をしてみよう。
c0219866_10454072.jpg

c0219866_10455544.jpg

c0219866_1046926.jpg

c0219866_10462415.jpg

c0219866_10464471.jpg

初めてにしては上手にできました。

お手本を見せようか参考にして。
c0219866_10473152.jpg

見ノ越近くまで下っても陰になった斜面では霧氷が残っている。
c0219866_1048546.jpg

天候:快晴
見ノ越8:35・・・9:30西島駅9:40・・・10:20頂上ヒュッテ・・・10:35剣山10:40・・・11:00鞍部1780m・・・11:35次郎笈11:50・・・12:15鞍部1780m12:45・・・トラバース・・・13:40西島駅・・・14:30見ノ越

おまけ・・・帰り道のユキワリイチゲ
c0219866_10484823.jpg

by nakatuminesan | 2016-01-31 18:52 | 山行報告(雪山) | Comments(0)