2012年 12月 29日 ( 1 )   

餅つき   

2012年 12月 29日

今は各家庭で餅つき機を使うようですが、子どものころは近所が集まって餅つきをするのが年末の行事でした。
最後に臼と杵でついたのはボーイスカウト活動をしていた10年以上も前になります。

だいぶ前から我が家でも餅つき機です。
昨年末はいざつこうとしたら、古い餅つき機が壊れていて大慌てのすえ新品を購入。
c0219866_913138.jpg
c0219866_913825.jpg
c0219866_9131366.jpg

あの加藤文太郎は餅や干し柿が好物だったようです。
単独行から・・・
厳冬の立山から針ノ木越えに出かける昭和9年12月31日、
『いつも朝食は富山駅前で買った餡の入った餅です。
この餅は旧正月頃に買うといつもの半値で実に安い。
餅は食いやすくてよいが、重いので多量には持って行けない。
富山で買ったのはまだやわらかいので、電車の中で少しと、芦峅から藤橋までのあいだでちょっと休んだとき等に中食として食べる。』

by nakatuminesan | 2012-12-29 09:40 | 四季 | Comments(0)