2012年 12月 17日 ( 1 )   

2012.12.16 赤星山~ハネズル山   

2012年 12月 17日

二ツ岳からハネズル山へ縦走したのは今月の1日でした。
赤星山と繋げたいとの希望が数日後にあり、15日を予定していましたが予報はいまいちで、晴れ予報の今日に延期となりました。

中尾集落から見上げる赤星山ですが、見えているのは1300m付近で山頂はあの向こう。
c0219866_1201993.jpg

軒先に吊るされた干し柿は数では我が家といい勝負
c0219866_1204531.jpg

標高1300mあたりまで登ると雪が残っている
c0219866_121719.jpg

シャクナゲの尾根を登ると赤星大権現と彫られた石碑がある
c0219866_1213194.jpg

今日は晴れると思ったが、赤星山に到着すれど二ツ岳は見えない。
c0219866_1215418.jpg

北面には少しだけ霧氷がある
c0219866_1221453.jpg

さあハネズル山への縦走だ。
シャクナゲ尾根から巻き道があるようだが、南南西から南に向けたコンパスを頼りに藪中へ突入する。
東赤石山から縦走したのは8年前になり、赤星山直下の猛烈な藪は記憶に新しく、身体を持ち上げるのに苦労したものだ。
今日は下りとはいえなかなか大変で、30分で100mしか下れず写真など撮る余裕なしも面白い。

標高1330mで明瞭な尾根に乗ればハイウェイとなり、ガスに浮かぶNO146鉄塔が見えてくる。
c0219866_1231098.jpg

NO17鉄塔を過ぎると突然林道が現れる
c0219866_125033.jpg

林道は尾根と並行していて、縦走を楽しみにしている山屋には面白くない。
c0219866_1252444.jpg

尾根の笹は薄くて歩きやすく、標高1100mぐらいの小さなアップダウンが続く。
c0219866_1254767.jpg

c0219866_1255892.jpg

ひと登りした三角点1157.4mで昼ごはん
c0219866_1263254.jpg

食べられるようになった我が家の干し柿は今日が初出番
c0219866_1274454.jpg

植林と自然林境を下った1085m鞍部から、P1222mへは薄い笹の登りとなる。
c0219866_1281181.jpg

c0219866_1282062.jpg

P1222mからいったん下ればまた登りと、縦走はこのアップダウンがいいところで足が大喜び。
c0219866_1285736.jpg

道が怪しくなった足元の悪い急な尾根を登りきり、シャクナゲが茂る標高1300mの南北に長い小ピーク。
c0219866_1292426.jpg

再び笹が現れると峨蔵越との分岐に着く。
赤星山から直線距離3.5km、歩行距離は5kmぐらいだが意外と時間がかかる。
c0219866_12133696.jpg

c0219866_1213461.jpg

P1340m手前の雪広場
c0219866_1214988.jpg

このころからガスが晴れだし、木々の間から二ツ岳が姿を現す。
c0219866_12152132.jpg

魚市場や板前さんではありません。
M氏考案の雨や雪で濡れた笹を歩くときの露払いエプロンで、ゴリラも昔ブルーシートでやっていた。
c0219866_12155224.jpg

前回と違ってしっかり地名が書かれた小箱越
c0219866_12161454.jpg

雪が残る自然林の緩やかな道を辿れば、赤星山と豊受山の眺めがあるハネズル山に到着する。
c0219866_12174575.jpg

青空が広がりだす
c0219866_1218623.jpg

健脚6人衆
c0219866_12182927.jpg

2.5万分地形図の道を外れたショートカット付近は、紅葉の時期には期待できそうな雰囲気がある。
c0219866_12191787.jpg

天候:曇りのち時々晴れ
中尾登山口7:40・・・8:10NO21鉄塔・・・8:50尾根1170m・・・9:30P1365m・・・9:50赤星山10:05・・・11:00NO146鉄塔・・・11:15NO17鉄塔・・・11:55三角点1157.4m12:20・・・12:55P1222m・・・13:40峨蔵越分岐・・・14:00P1340m・・・14:25小箱越・・・14:40ハネズル山14:45・・・16:45寺野登山口

by nakatuminesan | 2012-12-17 12:23 | 山行報告(中級) | Comments(0)