2012年 11月 25日 ( 1 )   

2012.11.24 高ノ河山~西又山~甚吉森縦走   

2012年 11月 25日

今日は徳島市内から最も遠いと考えられる山域の、高知との県境稜線にある3座の縦走です。

林道の終点からいったん池ノ河谷へ下り、水量が多かった昨年は靴をぬいだが、今日は簡単に右岸へ渡渉する。
c0219866_117326.jpg

高ノ河山東尾根に取り付き、浮石やシャクナゲの不安定な急斜面を100m近く登る。
c0219866_1172664.jpg

標高1100mあたりには前回から気になっていた大杉があり、近づいて計測すると7mあります。
c0219866_118773.jpg

東尾根は少しヤブくさい箇所もあるが、標高を上げると植林帯から自然林になってくる。

傾斜が落ちると立ち枯れたブナが目立つようになり、西又山を正面にした高ノ河山に到着。
c0219866_1183697.jpg

曇り空から日が射すようになり、西又山を経由して甚吉森までの徳島高知県境稜線の縦走だ。

花の時期に来てみたいと思うほど稜線にはシロヤシオが多い
c0219866_119593.jpg

せっかく登ったのに急降下する
c0219866_1192678.jpg

南川上流は高ノ河谷となっていて、その源流はヒメシャラなどの自然林に囲まれている。
c0219866_1195097.jpg

鞍部からの胸突き八丁を20分ほど頑張れば、赤城尾山がよく見える西又山に着く。
c0219866_1110132.jpg

高ノ河山
c0219866_1110343.jpg

これから向かう甚吉森は直線距離4.8キロで、遠くに感じるが道はハイウェイ。
c0219866_11105992.jpg

三角点手前のブナ広場もお気に入りの場所
c0219866_11112215.jpg

敷きつめられた落ち葉の上は気持ちよく、もちろんここで食事です。
c0219866_11114233.jpg

枯れてしまった大杉
c0219866_1112423.jpg

県境を示す石杭もあり今では快適な縦走路だが、以前は翌日が筋肉痛になるほどスズタケが茂っていた。
c0219866_11133117.jpg

c0219866_11134174.jpg

c0219866_11135682.jpg

魚梁瀬ダムの貯水池が見える
c0219866_11141861.jpg

中間点を過ぎた標高1270mにある四本檜
c0219866_11144337.jpg

幹周4.2mのブナ
c0219866_1115913.jpg

Kちゃんが希少種のスギランを発見
c0219866_11153044.jpg

小さなアップダウンを繰り返し、三角の形をした甚吉森が近い。
c0219866_11155543.jpg

やった~! 県南の3座を踏破した~♪
c0219866_11172968.jpg

池野河山(手前左)と御朱印谷山(手前右) 石立山(中央奥) 剣山は雲の中
c0219866_11175361.jpg

湯桶丸
c0219866_11181536.jpg

下山途中の標高1100m付近にある三本杉
c0219866_11194594.jpg

無事下山
c0219866_1120916.jpg

昨年は7月2日でしたが今回は晩秋とあって、落葉を踏みしめる感触がよかったです。
c0219866_11293114.jpg


天候:晴れ時々曇り
南川林道終点8:05・・・8:10池ノ河谷渡渉・・・東尾根・・・9:45高ノ河山9:55・・・10:25県境稜線鞍部1200m・・・10:55西又山11:05・・・11:15ブナ広場11:45・・・12:05P1217m・・・12:25P1235m・・・12:50P1257m・・・13:00四本檜・・・13:45P1349m・・・14:15甚吉森14:30・・・15:00三本杉・・・15:55甚吉森登山口

by nakatuminesan | 2012-11-25 11:25 | 山行報告(中級) | Comments(2)