ネパール西部の山で韓国人遠征隊員ら9人死亡   

2018年 10月 14日

ネパール西部のグルジャ(Gurja7193mでキャンプが猛吹雪に襲われ、韓国の遠征隊員ら9人が死亡したと13日に発表されました。

韓国外務省は声明で「韓国人5人の登山隊および外国人(ネパール人ガイド4人)は、グルジャへの登山中にベースキャンプで強風により命を奪われた。
崖から落ちて死亡した」と発表しています。
ネパールで発生した山岳事故としては、ここ数年で最悪の規模となったそうです。

吹雪の後、最初に現場入りした一人であるヘリコプターの操縦士は、現場は完全に破壊されテントも倒れ登山者の遺体が散乱していたと証言。
ヘリコプターはキャンプ地の上方に着陸したものの、不安定な気象条件のため遺体の収容はできていないという。

グルジャという名の山は知られていませんが、世界で7番目の高さを誇るダウラギリ(Dhaulagiri)の西方21キロに位置しています。
c0219866_16211482.jpg
どこかで知った山の名だと思ったら、2016年秋のダウラギリ一周のとき眺めた山でした。
トレッキング1日目は
シバン(Sibang1600を出発し、昼すぎにムリ(Muri)1800mという村に着きました。
c0219866_16221258.jpg
前日に続いてテントサイトは小学校になり、有難いことに調理室として教室が提供されました。
c0219866_16224879.jpg
20本ほど用意した缶ビールが切れると困るので、さっそく村の店に買出しに出かけたりしました。
c0219866_16241506.jpg
快晴で明けた翌日は純白の峰々が輝いて、皆で大騒ぎしたことを覚えています。
c0219866_16244539.jpg
左からグルジャGurja7193m~Khambong6570m~Myagdi Matha6273mと連なっていました。
c0219866_16251973.jpg
グルジャはムリの北方19キロの距離にあります。
c0219866_16255072.jpg
見た目にも急峻なだけでなく、地図からして厳しい山だと想像しています。
c0219866_16283131.jpg

亡くなった方のご冥福をお祈りします。





by nakatuminesan | 2018-10-14 16:26 | ヒマラヤ | Comments(0)

<< 2018.10.15~16 次... 残りのニンニク植え付けとソラマ... >>