2018.8.6~8 剱岳2999m~立山3015m   

2018年 08月 09日

天候に恵まれ3000mの涼しい風に吹かれてきました。

多くの登山者で賑わう剱岳のカニのタテバイとヨコバイでは少々順番待ちがありました。
c0219866_07244373.jpg
c0219866_07250760.jpg
c0219866_07252171.jpg
c0219866_07254274.jpg
c0219866_07255888.jpg

86日(月)天候:曇り一時小雨

室堂1345・・・1425雷鳥平・・・1605剣御前小屋・・・1730剣山荘(泊)


大鳴門橋を渡ると朝日が正面に見え、今回もまずまずの天気に恵まれそうだ。
c0219866_12023851.jpg
融けてなくなった雪の大谷。
c0219866_12031195.jpg
怪しい雲が流れていると思ったら3分間ほど降られるが、自慢じゃないが日頃の行いがいいので止んでくれる。
c0219866_12035249.jpg
だいたいカッパを出そうかと思ったころに止むと決まっている。

剣御前小屋直下はいつ登っても楽ではない。
c0219866_12043767.jpg
剱岳は雲に覆われて姿を隠している。
c0219866_12050981.jpg
足元のチングルマは微笑んでいる。
c0219866_12054312.jpg
正面のピークは明日の朝越えていく一服剣だが、その右後方の雲に隠れたピークは前剣。
c0219866_12061799.jpg
剣山荘に着いて20分後にはこの笑顔!
c0219866_12065221.jpg
c0219866_12071158.jpg

まるで登頂したかのよう




87日(火)天候:晴れ時々曇り

剣山荘550・・・620一服剱2618m・・・725前剱2813m・・・820平蔵のコル・・・カニのタテバイ・・・915剣岳940・・・カニのヨコバイ・・・1030平蔵のコル・・・1120前剱・・・1225一服剱・・・1300剣山荘1400・・・1410クロユリのコル・・・1550剣御前小屋(泊) 


食堂の窓から前剣が眺められ、この青空なら今日の登頂は確実というか絶対だ!
c0219866_13301525.jpg
ヨツバシオガマとイワツメグサ
c0219866_13304540.jpg
一服剱に立つと前剱がそそり立っている。
c0219866_13312060.jpg
前剱南面は落石事故が多い場所であり、休憩はせずに一気に上り下りすることが勧められる。
もしも休む場合は常に上部を見ていることだ。

深夜2時には何名かが小屋を出て行ったが、ヘッドライトの明かりで落石を避けることは難しいだろう。

いったん40mほどの高度差を下るのだが、ここが帰りの辛い登り返しになる所。
c0219866_13321096.jpg
トリカブト
c0219866_13324491.jpg
下った鞍部は武蔵谷の源頭で武蔵のコルと呼ばれ、すでにチングルマは綿毛になっている。
c0219866_13331267.jpg
見上げる前剱には大勢が登っている。
c0219866_13334169.jpg
c0219866_13335986.jpg
カモシカ隊5人の姿も前剱に向かっている。
c0219866_13343465.jpg
振り返ると一服剱よりも高度が高くなってきて、見上げると大岩が近くなってくる。 
c0219866_13351309.jpg
c0219866_13352822.jpg
簡単な岩場とはいえ三点支持が基本。
c0219866_13362630.jpg
大岩は左を通過する。
c0219866_13365854.jpg
簡単だが下りのためにクサリが取り付けられている。
c0219866_13372940.jpg
前剱からは剱岳山頂が大きく見えるようになってくる。
c0219866_13380290.jpg
源次郎尾根と八ツ峰の後方には唐松岳~五竜岳~鹿島槍ヶ岳。
c0219866_13383138.jpg
4mの金属製橋をバランスよく渡り、前剱ノ門は平蔵谷側のクサリでトラバースする。
c0219866_13392893.jpg
c0219866_13395457.jpg
c0219866_13400866.jpg
さらに山頂が大きくなる。
c0219866_13404110.jpg
またしても下るのがもったいないけれど、確実に山頂が近くなるしカニのタテバイもよく見えるようになる。
c0219866_16002986.jpg
c0219866_16014467.jpg
20人ぐらいが順番待ちしているようである。
c0219866_16030495.jpg
平蔵ノ頭を越えていく。
c0219866_16075661.jpg
c0219866_16342492.jpg
平蔵谷を背にカッコイイ!
c0219866_16362119.jpg
c0219866_16375839.jpg
やって来ましたお楽しみカニのタテバイだ。
c0219866_17160258.jpg
c0219866_17163582.jpg
c0219866_17320284.jpg
見上げれば平均斜度は55度ほどしかなく、丈夫なクサリに加え立派な金属棒が設置されている。
c0219866_17325104.jpg
さぁーて登りますよ~!

高度差は15m程度し
かありませんが、高度感がありますから下は見ないほうがいいですよ。
クサリワンスパン一人ですからね。
c0219866_17342003.jpg
みなさん下を見ることなく登ってくる。
c0219866_17401006.jpg
c0219866_17414358.jpg
2分ほどで広いテラスに出て終了し、横からカメラを向けて撮ることにする。
c0219866_17464608.jpg
恐いですね~
c0219866_17472238.jpg
アイガーみたい
c0219866_17474343.jpg
高い所がお好きとみえてスイス~イっと登っている。
c0219866_17563408.jpg
c0219866_17582434.jpg
c0219866_18011496.jpg
余裕からVサインする人がいればよそ見する人もいる。
c0219866_18070549.jpg
c0219866_18090211.jpg
ラストのよそ見人も攀じ終わって難所突破に一安心。
c0219866_18123116.jpg
楽しかったカニのタテバイのあとは少しだけ岩尾根が続くけれど、早月尾根との分岐標識からは普通の山歩き。
c0219866_18183229.jpg
c0219866_18395385.jpg
c0219866_18402871.jpg
青空広がる剣岳登頂~!!
c0219866_18410264.jpg
一瞬だけ立山の眺めが得られるが、水を飲んでいるうちに雲に隠れん坊。
c0219866_06474574.jpg
八ツ峰
c0219866_06482392.jpg
多くの岩峰を持つ八ツ峰ではあるが、攀じて面白いのはVI峰フェース群である。

山岳部現役のころ好んでいたのはCフェースとDフェースだ。
c0219866_06490773.jpg
源次郎尾根
c0219866_06494310.jpg
赤谷山(あかたんやま)の左後方には毛勝三山(猫又山~釜谷山~毛勝山)だ。
c0219866_07031343.jpg
毛勝三山は登っておかなければならない山の一つでもある。

記念の写真を撮ったら下山は慎重に。
c0219866_07063632.jpg
カニのヨコバイは20分の順番待ちになっている。
c0219866_07274337.jpg
c0219866_07444006.jpg
後ろ向きに最初の足場が遠いけど、右足さえ置いてしまえば大きな足場が続いている。
c0219866_07522095.jpg
c0219866_07565152.jpg
まさにヨコバイだね。
c0219866_07584861.jpg
c0219866_07453504.jpg
c0219866_07455732.jpg
気抜くなよ~!
c0219866_08003877.jpg
ハシゴ
c0219866_08031398.jpg
平蔵ノ頭
c0219866_07511761.jpg
c0219866_08062276.jpg
山頂
c0219866_08081324.jpg
最後まで気を抜かずに剣山荘まで無事に戻ってきた。
c0219866_08124162.jpg
まず一番に喉の渇きを潤して、剣御前小屋があり別山乗越までの登りに備えよう。
c0219866_08161583.jpg
c0219866_08194318.jpg
山荘の上にある残雪の近くでは花畑になっていて、イワイチョウやキンバイにタテヤマリンドウなどが咲いている。
c0219866_14325422.jpg
c0219866_14335819.jpg
c0219866_14341775.jpg
c0219866_14385054.jpg
クロユリのコルにクロユリの花はなく、これはオヤマリンドウというのだろうか。
c0219866_14423783.jpg
ツガザクラ
c0219866_15202846.jpg
アオノツガザクラ
c0219866_15214996.jpg
ダイモンジソウ
c0219866_15252502.jpg
剱御前の東斜面は豊富な残雪に覆われていて、ちょっと日本離れした雰囲気がするといえばオーバーかな。
c0219866_15270245.jpg
茹でアズキとコンデンスミルクを持ってくればよかったかな?!
c0219866_15293372.jpg
剱岳は雲に覆われて姿を隠したままである。
c0219866_16283256.jpg
雪融けが遅いのでチングルマが群生している。
c0219866_16300644.jpg
剱御前東面トラバース道は花が多いため、別山乗越への登り返しには必ず使うことに決めている。

ウサギギク
c0219866_16324169.jpg
ハクサンフウロ
c0219866_16335978.jpg
雪解け水は感激するほど冷たくて、一度ここでソーメンを食べてみたいものである。
c0219866_16380112.jpg
ハクサンイチゲ
c0219866_16403372.jpg
剣御前小屋を前にして「はまぐり雪」「蛤雪渓」と呼ばれる雪渓をトラバースする。
c0219866_16443178.jpg
ワチャー ピンボケているゴメン(> <
c0219866_16521189.jpg
OK!
c0219866_16550934.jpg
夕食のあと雲の切れ間から剱岳が姿を現した。
c0219866_16580817.jpg
明日の立山縦走にも期待できそうだ。




88日(水)天候:晴れ時々曇り

剣御前小屋600・・・635別山・・・740真砂岳・・・840富士ノ折立・・・905大汝山920・・・940雄山950・・・1030一ノ越・・・1125室堂

風が強いので防寒対策に雨具上着をつけて出発する。
c0219866_18334567.jpg
小屋の裏に上がれば真砂岳から雄山までの稜線が眺められる。
c0219866_18350532.jpg
剱岳の撮影地点としては別山手前が最高だと思っている。
c0219866_07542927.jpg
まさに「岩と雪の殿堂」と讃えられる剱岳の勇姿である。
c0219866_18385245.jpg
別山山頂からは剱岳を指差して、どうだ登頂したぞ~!ポーズです。
c0219866_08004704.jpg
奥大日岳を右に眺めながら5人の影が真砂岳に向かっている。
c0219866_18400537.jpg
真砂沢の向こうに眺められる山並みは後立山連峰で、白馬岳~唐松岳~五竜岳~鹿島槍ヶ岳と連なっている。
c0219866_18423449.jpg
真砂岳に着くと剱岳で会った3人が到着し、なんか背中に書いているのはなんだろう?
c0219866_18443896.jpg
う~む
c0219866_06434041.jpg
ビールが男のロマンだよ。

指を立てればいいってものじゃないけれど、なんかカメラを向けられると勝手にしてしまう。
c0219866_18504988.jpg
富山県の地方紙である北日本新聞の記者がいて、山の日(11日)に特集を組むそうで我々8人を撮影中。
c0219866_18533092.jpg
掲載されるかな?


内蔵助カール
c0219866_07385708.jpg
富士ノ折立へは今山行最後となる急登だ。
c0219866_07392633.jpg
タカネツメクサやトウヤクリンドウを写すぐらいの余裕は残っている。
c0219866_07395862.jpg
c0219866_07401321.jpg
登りきった富士ノ折立の肩からは別山と剱岳がよく眺められる。
c0219866_07413832.jpg
c0219866_07415740.jpg
大汝山休憩所に荷揚げのヘリが飛んでくる。
c0219866_07423595.jpg
c0219866_07424827.jpg
c0219866_07430839.jpg
今山行標高最高点3015mの大汝山に登頂し、もちろん剱岳が勇姿を誇っている。
c0219866_07434845.jpg
c0219866_07440623.jpg
落ちるなよ~
c0219866_07445405.jpg
南東方向には黒部湖とダムが見下ろされ、手前は国内初の現存する氷河であると認定された御前沢雪渓だ。
c0219866_07452864.jpg
c0219866_07454658.jpg
雲海に浮かんでいるあの山分かりますか?
c0219866_07461883.jpg
白山 御名答 そのとおりです
c0219866_07464711.jpg
雄山は登山者で混みあっている。
c0219866_07475671.jpg
一ノ越から登ってくる集団登山の小学生たち。
c0219866_07482722.jpg
雲は多目だが水晶岳や赤牛岳が眺められ、その右には笠ヶ岳や黒部五郎岳に薬師岳も見えている。
c0219866_07485948.jpg
室堂近くまで下ってきても青空広がる天気になっていて、今回は予報よりも山上の天気が良かったことに感謝しよう。
c0219866_07512293.jpg

参加していただいた皆さん大変お疲れさまでした。





by nakatuminesan | 2018-08-09 07:26 | 山行報告(中級) | Comments(2)

Commented by ペットボトルおじさん at 2018-08-11 22:28 x
今回ご同行の皆さんには、ペットボトル事件で大変ご迷惑をおかけいたしました。
申し訳ございませんでした。この場をお借りいたしましてお詫び申し上げます。
さて、やはり、カモシカ隊は、なにか持っていますねぇ~!
天気予報に反して、ペットボトル事件を帳消しにしてくれる程の、青空の剱岳に登頂することができました。感動しました、涙腺チョットやばかったです。
ゴリラガイド様をはじめ、皆さんの日頃の行いが良かったのでしょう。
皆さん、本当にありがとうございました。
北日本新聞に載っているかなぁ? 




Commented by nakatuminesan at 2018-08-12 07:59
深夜のペットボトルねぇ(^_^;
剱岳に続き立山と天気に恵まれました。
日頃の行いが良い皆さんへのご褒美でしょう。
真砂岳の写真が気になるので北日本新聞に送ってもらうかな。

<< スイカの収穫3個目 暑い畑にもいろいろと >>