2018.2.27 山スキー塔ノ丸   

2018年 02月 27日

明日から明後日にかけては春の嵐になるとかの予報になっている。
一気に雪が減ってしまいそうで、よーし行くなら今日しかなさそうだ。

1ヘアピンから四駆走行になってくる。
c0219866_18220289.jpg
c0219866_18223409.jpg
c0219866_18225220.jpg
7ヘアピン
c0219866_18232812.jpg
数日前のものと思われるスノーシューのトレースが残っている。
c0219866_18240056.jpg
林道を西に向かうスノーシューを右に見送って、シール登行だから作業道に入るほうが楽だと知っている。
c0219866_18243624.jpg
大勢のツボ足トレースが続いている。

25
日の夜に降った新雪が3センチぐらいあるけれど、下の古雪が締まっているのでスキーは沈まない。
c0219866_18250934.jpg
自然林の急斜面になってきて、ビンディングのヒールは最上段。
c0219866_18260612.jpg
c0219866_18262496.jpg
標高1410mの平坦地はお気に入りの場所の一つ。
c0219866_18265732.jpg
どんどん雪が増えてくるのは嬉しいが、気温の上昇で湿雪になってくる。
c0219866_18274802.jpg
c0219866_18280380.jpg
樹林を抜けると雪質が良ければ面白い斜面が広がって、何人かのスノーシューのトレースが続いている。
c0219866_18284017.jpg
直登ぜずに大きな岩を目指すには訳がある。
c0219866_18291110.jpg
訳と言ってもあの斜面を滑りたいからだけど、今日の雪質では快適な滑降は難しい気がしているし弱気になっている。
c0219866_18294806.jpg
稜線に立つと剣山と次郎笈が眺められる。
c0219866_18302537.jpg
c0219866_18304394.jpg
風が当たる稜線は締まり雪なのでスキーは沈まない。
c0219866_18311831.jpg
c0219866_18313426.jpg
シュカブラ
c0219866_18320481.jpg
雪質が均一でない山頂からの滑降は面白くないので向かわない。
c0219866_18324070.jpg
滑るつもりの斜面の向こうに矢筈山や寒峰の眺めが広がっている。
c0219866_18331033.jpg
どうしようかなと迷ったり不安はあるけど、滑りたいのでシールを剥がして滑降準備する。
c0219866_18343211.jpg
c0219866_18344410.jpg
平昌五輪のメダル数に刺激され...
ジャジャーン! 緊張するなぁ>< 
c0219866_18370812.jpg
表面だけ固く締まった雪のためターンのタイミングをつかめなくて、長い斜滑降をしてからやっとターンをする始末。
c0219866_18385635.jpg
c0219866_18391885.jpg
表面が固くて中は軟らかいモナカ雪。
c0219866_18395692.jpg
c0219866_18401192.jpg
それでも5回ほどターンが出来たんだし、快適な滑りは無理だと諦めよう。
c0219866_18413238.jpg
下手くそだって?
でもゴリラ、絶対に転ばないので
(^^)v

雪が良ければ歳をとってもまずまずのシュプールを描けるんだけどなぁ…(^^;
2012212日の滑りです。
c0219866_18425318.jpg
大岩までトラバースして下手くそシュプールを振り返る。
c0219866_18432883.jpg
c0219866_18435026.jpg
今日の雪だと斜滑降が最も安全な滑りかた。
c0219866_18442557.jpg
山スキーは雪質に合わせて滑ることが大切で、この歳で怪我でもしようものなら笑い者。
実力の半分で滑ることが掟だと勝手に決めている。
c0219866_18445963.jpg
あれ~ストックのリングがないじゃないか。
c0219866_18453214.jpg
雪を掘ると出てきてよかったー♪
c0219866_18460093.jpg
c0219866_18461323.jpg
ブナ
c0219866_18464136.jpg
横滑り
c0219866_18470896.jpg
雪は湿気が多くなってグシャグシャに。
c0219866_18474475.jpg
c0219866_18475710.jpg
c0219866_18481675.jpg
c0219866_18482911.jpg
ギルランデ(滑降技術の一つ)を試すもうまくできなくて、もっぱら斜滑降に頼って滑るしかなさそうだ。
c0219866_18490516.jpg
作業道も狭いし雪最悪で、ユキというよりユギと表現したほうが的確だ。
c0219866_18493719.jpg
c0219866_18495412.jpg
無事に第7まで戻ってきて一安心。
c0219866_18502920.jpg
c0219866_18504535.jpg
フキノトウを摘んで帰りました。
c0219866_18523562.jpg



by nakatuminesan | 2018-02-27 18:50 | 山を歩いてきました | Comments(4)

Commented by スノーシューおばさん at 2018-02-27 20:46 x
写真を見るだけでも爽快!
四国では、こんなシュプールを楽しめる時期、場所は限られるでしょうね~





Commented by nakatuminesan at 2018-02-28 07:35
スノーシューおばさん
若いころはよく信州方面で山スキーを楽しんだものですが、徳島で山スキーをやること自体に無理があります。
まず滑って快適な広い斜面がありませんからね。
笹の斜面は各所にありますが、積雪量が少なくて笹が埋まりません。

昨日の塔ノ丸北斜面は何度も滑ったことがありますが、たいていは雪質が不均一で快適な滑りはたまにだけ。
でも雪質が良ければ連続したパラレルターンを楽しむことができます。
標高差はたったの100mしかありませんが、シュプールを描ける貴重な場所だと思います。

信州での豪快な滑りとは比べものになりませんが、南国徳島ですから山スキーごっこで我慢するしかなさそうです。
Commented by まさおです! at 2018-02-28 12:39 x
お久しぶりです。たまたま、ページを見つけて楽しみながら拝見しています!
Commented by nakatuminesan at 2018-02-28 15:39
まさおさん
こんにちは。
いやー 実にまずいシュプールを見られてしまいましたね。
年々下手くそになってしまいますが、歳と雪質のせいにしてご勘弁(--,)

<< シェルパたちの春 西穂高岳独標2701m >>