ヒマラヤに咲く花   

2016年 06月 30日

ネパールは北緯27度から30度ぐらいに位置するので、日本でいえば奄美大島や沖縄本島とほぼ同じ緯度にあります。
ですから日本の山ほど沢山ではないとしても、四国やアルプスなどに咲いているような花が見られます。
2008年秋のマナスルではいろんな花が咲いていました。

登山口となる山麓の村サマゴン3500mです。
c0219866_1872085.jpg

チドリと似ています。
c0219866_1881296.jpg

トリカブト
c0219866_1884689.jpg

フウロ
c0219866_1891656.jpg

シオガマ?
c0219866_189463.jpg

ヤマラッキョウ?
c0219866_18101294.jpg

名前の分からない花ばかりです。
c0219866_181047100.jpg

c0219866_1811430.jpg

c0219866_18113472.jpg

c0219866_18114759.jpg

c0219866_1812051.jpg

4800mのBCまでにも色々な花がありましたが、ほとんど名の分からないのが残念です。
c0219866_18123028.jpg

c0219866_18124168.jpg

c0219866_1813415.jpg

c0219866_18132283.jpg

c0219866_18141181.jpg

c0219866_18143111.jpg

ワレモコウ?
c0219866_18151812.jpg

ポーターとして何度もBCへ荷揚げしたツォンツェリンも可愛い花でした。
c0219866_1816147.jpg

C1(5800m)
c0219866_1817095.jpg

降り続く雪に6400mのC2が埋没してしまい、荷揚げしていたシェルパの装備を失い敗退になってしまう。
c0219866_18173452.jpg

c0219866_18175538.jpg

せめて帰路はラルキャ・パス(5106m)を越えようと、マナスルを左に眺めながら高度を上げてゆく。
c0219866_18185513.jpg

ラルキャ・パス
c0219866_18194638.jpg

12時間近い行動を終えるとビンタン(3610m)という村に着くけれど、一軒だけある粗末な宿はニュー・チベッタンホテルと名は超豪華。
c0219866_18205594.jpg

おまけに食事も超粗末なダルバート(--,)
c0219866_1822459.jpg

翌日から高度をどんどん下げてゆき、ツツジのような花に日本を感じてしまいました。
c0219866_18224846.jpg

一面に花が咲き誇るのは蕎麦畑。
c0219866_18241956.jpg

キリンソウ?
c0219866_1825503.jpg

ダラパニ(1920m)を過ぎるとキツリフネやアサガオなどが見られました。
c0219866_18262991.jpg

c0219866_18264774.jpg

c0219866_1827477.jpg

タルという村のマナスル・ゲストハウスで待望のチキンカレーを食べ、喉がカラカラでコーラを2本飲んだことが嬉しかったです。
c0219866_18274539.jpg

標高を下げるにしたがい花も熱帯風になり、水田や粟畑が広がって日本を思い出すのどかな風景となりました。
c0219866_18282092.jpg

c0219866_18284239.jpg

c0219866_1829220.jpg

c0219866_18293270.jpg

カトマンズのシェルパからは時々メールがあります。
7月はゴーキョへ2週間のトレッキングに出かけるらしく、この時季ですからお目当ての花はブルーポピーです。
c0219866_18301575.jpg

by nakatuminesan | 2016-06-30 18:33 | ヒマラヤ | Comments(0)

<< 梅雨の晴れ間に一仕事 加藤文太郎が山に向かっていたころ >>