2016.1.16 眉山   

2016年 01月 16日

久しぶりに黒岩神社から登りました。
平成16年9月3日に四国放送の取材があり、それ以来ですから約11年ぶりです。

黒岩神社は樹林に覆われて隠れている。
c0219866_15422756.jpg
c0219866_15424045.jpg
c0219866_15424931.jpg

鳥居をくぐりぬけると岩盤や石段の道は快適で、いつのまにか黒岩神社に着いてしまう。
c0219866_15432016.jpg
c0219866_1543301.jpg
c0219866_15434076.jpg

津田山や日峯が眺められる。
c0219866_1544572.jpg

以前は藪くさかったような記憶がある神社上の道は整備されている。
c0219866_1544327.jpg

標高220mあたりから道は緩くなるので楽だけど、樹林に囲まれているので時たま見えるのはかんぽの宿ぐらい。
c0219866_1545484.jpg

c0219866_15451529.jpg

少し下って主稜線に乗ると案内標識があり、もちろん最高点290mを踏みに行く。
c0219866_15462518.jpg

ハイウェイなので両手を振って大股で進めば6分で到着だ。
c0219866_15465770.jpg

c0219866_1547762.jpg

c0219866_15472176.jpg

あずり越えや恥ずかしの峰が見えるだけで、せっかくの眉山最高点だというのにつまらない。
c0219866_15475034.jpg

両手を振って大股で引き返すと三角点282.9mには8分で着いてしまう。
c0219866_15521084.jpg

c0219866_15502438.jpg

c0219866_15503682.jpg

実を落とした野イチゴでは水分補給はできないんだから、ちょっとペースを下げたほうがよさそうだ。
c0219866_15525418.jpg

c0219866_1553697.jpg

道路に出ると急に出会う人が多くなり、走る人に歩く人もいてさまざまだ。
c0219866_15533377.jpg

c0219866_15534433.jpg

かんぽの宿
c0219866_15541978.jpg

吉野川の向こうに眺められるのは大麻山など。
c0219866_15553438.jpg

モラエス生誕150年記念の像がある。
c0219866_15555855.jpg

パゴダが見えてくる。
c0219866_15562539.jpg

平石山~中津峰山~古田山~轆轤山
c0219866_15565096.jpg

山頂からは城山や徳島市の中心街が見下ろせる。
c0219866_15572151.jpg

50代は天神社から16分で登ったりしたこともあるが、この歳になると身体に良くないし馬鹿馬鹿しい。

新町川と勝浦川の河口方面
c0219866_1558733.jpg

これでも山屋だからロープウェイに乗る気のないのは当たり前だけど、喉が渇いているのにジュースを買う金がないとは情けない。
c0219866_15584194.jpg

パゴダ
c0219866_155971.jpg

c0219866_1559203.jpg

一等三角点「眉山」
c0219866_15594736.jpg

c0219866_15595886.jpg

この時期だと白銀に輝いているはずなのに、細い目を見開いても剣山に白いものはない。
c0219866_1602839.jpg

取材のときは天神社へ下ったが、今日は城南町へ下るほうが近道かな。
c0219866_1605715.jpg

最近は里山でベンチが流行っている?
c0219866_161264.jpg

ミニ四国八十八箇所霊場かな?
c0219866_162252.jpg

道路に降り立つとモチツツジが咲いている。
c0219866_162277.jpg

c0219866_1624159.jpg

ミカンが落ちているが道路じゃないので拾えない。
c0219866_1631564.jpg

やっと黒岩神社が見えてきた。
c0219866_163426.jpg

c0219866_1635561.jpg

オオイヌノフグリやホトケノザが花盛り。
c0219866_1642146.jpg

c0219866_1643610.jpg

2時間40分で時計回りの周回を終え、無事にカモシカ号まで戻りました。
c0219866_165343.jpg

山は低くても久しぶりの道は面白いと感じました。
c0219866_166111.jpg

by nakatuminesan | 2016-01-16 16:09 | 山を歩いてきました | Comments(0)

<< 2016.1.17 鍛冶ヶ峰2... 1月の計画(6) >>