2015.12.17 旭ヶ丸~高鉾山   

2015年 12月 17日

待ちに待った寒波がやってきた。

行き先を決めずに家を出ると標高1000m以上は霧氷が確実で、雲早山まで行かなくても近場でもよさそうだ。
c0219866_14141539.jpg

標高600m辺りから雪が現れる。
c0219866_14144996.jpg
c0219866_1415070.jpg

今シーズン初めての四駆走行で着いた大川原は真っ白になっている。
c0219866_14152943.jpg
c0219866_14154041.jpg
c0219866_14155123.jpg

すぐに霧氷は現れ積雪は5センチぐらいある。
c0219866_14161938.jpg
c0219866_14162981.jpg

吹き溜まりでは靴は完全に埋まってしまう。
c0219866_14165822.jpg
c0219866_1417992.jpg

c0219866_14172311.jpg

雪がちらつき眺めのないことは分かっているので展望台には上がらない。
c0219866_14175458.jpg

c0219866_1418637.jpg

c0219866_14182080.jpg

不動峠
c0219866_14184652.jpg

ここから先が試練になってくるけれど、もちろん霧氷がある直登に決まっている。
c0219866_14191549.jpg

c0219866_14192739.jpg

風が強いがオーバー手袋があるので大丈夫。
c0219866_14195336.jpg

高鉾山では積雪10センチ。
c0219866_14201887.jpg

c0219866_14202919.jpg

ツツジ
c0219866_14205164.jpg

雪と霧氷があって嬉しいかい?
c0219866_14212098.jpg

最近よく道路を歩いているので林道は敬遠して、登ってきた直登を引き返すことにする。
c0219866_14215077.jpg

雪が30センチ以上あればシリセードに決まっている急斜面だが、ゆっくり下っても不動峠には5分で着いてしまう。

峠から登り返して分岐まで戻ってきて、春にはヤマシャクヤクが咲く方に下ってみる。
c0219866_1425062.jpg

c0219866_14251125.jpg

ヤマシャクヤク群生地
c0219866_14263570.jpg

そのうち樹林に日が当たりはじめ、小さい霧氷が青空に映えるようになってくる。
c0219866_14271239.jpg

c0219866_14272332.jpg

c0219866_14273930.jpg

積雪が30センチを超えたらスキーをしたい斜面が真っ白だ。
c0219866_142895.jpg

下見のつもりで歩いてみるのも良さそうだ。
c0219866_14283793.jpg

c0219866_14284934.jpg

c0219866_1429042.jpg

ここは1年前にスキーで滑り降りた場所だけど、よく滑ったもんだと我ながら驚いている。
c0219866_14292957.jpg

あとは霧氷を楽しみながら歩くだけ。
c0219866_14295598.jpg

c0219866_143061.jpg

c0219866_14302164.jpg

c0219866_14303319.jpg

駐車場に戻ると日差しで雪は融けている。
c0219866_14305958.jpg
c0219866_1431982.jpg

今年の山行日数が今日で200日となり、雪を踏めたし霧氷も見られてよかったです。

by nakatuminesan | 2015-12-17 14:34 | 山を歩いてきました | Comments(0)

<< 12月の計画(6) 日本の登山人口 >>