2013.12.11 恥ずかしの峰164.3m   

2013年 12月 11日

5日前に登った熊山から西に164.3m峰が見えていた。
この山の名を“恥ずかしの峰”だと教えてくれたのは八万町のKさん。
一度登らねばと思っていたので、決心がついたのは熊山のときである。

登山口は勝占神社
c0219866_14223810.jpg

神社には石段を10分足らずで着いてしまう。
c0219866_1423092.jpg

神社の左から適当に登って90mピークに立つ。
c0219866_14232348.jpg

北に下ると竹林だが道はあるので快適だ。
c0219866_14234865.jpg

里山だから当然展望はなく、ただ一箇所だけ中津峰山が見える場所がある。
c0219866_14241071.jpg

小さなアップダウンがあり、四つ目のピークが三等三角点のある恥ずかしの峰。
c0219866_14243384.jpg

木に標識らしきがぶら下がっているが、残念ながら字が消えている。
c0219866_14245324.jpg

樹林に囲まれた山頂からの展望はないが、少し西に下ると北方向が開けた場所がある。
徳島の町や眉山の眺めだけでなく、あの有名な弁天山も小さく見えている。
c0219866_14252289.jpg

標高140m地点にはロープが設置されている。
c0219866_14254640.jpg

標高115mの鞍部には「恥ずかし峠」の標識があり、方上町や渋野町の人々には恥ずかしがりやが多いのだろうか。
c0219866_1426814.jpg

道は快適ハイウェイなので、クヌギやクリの落ち葉をカサカサ踏みながら。
c0219866_14263365.jpg

c0219866_14264822.jpg

150mピークを越えて下ると道路に出てしまう。
c0219866_14271522.jpg

前方に三角点のある106.8mピークが見えていて、なんとしてもあの峰までは行ってみたい。
c0219866_14273963.jpg

道路を離れて藪に突入すると展望はなく、コンパスと地形図で怪しい読図に頼るしかない。
65m鞍部は堀切道になっていて、読図が正しかったことに一安心。
白菜さんからコメントがあり、この峠を“ニットキ越え”と呼ぶそうだ。
c0219866_14281026.jpg

昔は人の行き来があったのだろうが、今ではイノシシか怪しい山屋ぐらいのもの。
「しっかり読図して三角点まで行けよ!」と、お不動様が怪しいゴリラに言っている。
c0219866_14284014.jpg

二つの80mピークはシダが生え茂り、それを嫌って南斜面をトラバースする。
小さな尾根を越えると106.8mピークが目の前になる。
c0219866_14291310.jpg

ミカン畑から150mピークを振り返る。
c0219866_14293751.jpg

三角点のある106.8mピークに到着する。
c0219866_14295971.jpg

適当に南へ下っていくと八幡神社の西に下山する。
c0219866_14302552.jpg

c0219866_14303456.jpg

麓の道を歩いて帰りました。
c0219866_14305885.jpg

c0219866_1431730.jpg

熊山
c0219866_14312963.jpg

気になる山を歩けたので嬉しかったです。
c0219866_14393292.jpg

恥ずかしの峰(画像中央)と後方は中津峰山
c0219866_14322121.jpg

天候:晴れ時々曇り
勝占神社下9:10・・・9:45恥ずかしの峰164.3m・・・10:00恥ずかし峠・・・10:05P150m・・・10:15道路・・・10:30鞍部65m・・・10:45三角点106.8m・・・11:05道路・・・11:40勝占神社下

by nakatuminesan | 2013-12-11 14:34 | 山を歩いてきました | Comments(1)

Commented by nakatuminesan at 2013-12-11 19:12
こんばんは白菜さん。
ニットキ越えとは変わった呼び名ですね。
突然現れた堀切は立派なもので、すこし薄暗かったこともありお不動様にはドキッとしましたよ。
それにしても花だけでなく、峠にも詳しいとは驚きます。
またコメントをよろしく。

<< 2013.12.12 岩倉山1... 12月の計画(5) >>