夏靴   

2012年 07月 19日

使用期間が短い冬靴は長持ちするのですが、無積雪期に使用する靴は傷みも激しく、特にヤブ山を好んで歩けばなおさらのこと。
夏靴は平均して皮製で2年ぐらいしか使えません。
まして布製の15000円前後のものだと寿命はたったの1年。

きのう藍住にあるゆめタウンのモンベルで、皮製の「アルパインクルーザー2500」を買ってきました。
サイズは28.5センチと大きめです。

さっそく足慣らしを兼ねて今日の散歩で使ってみました。
登山靴には中敷が入っていますが、固くてクッション性に欠けるので、いつも別売りのインナーソールを敷いて二重にしています。
そうすると下りでは膝への負担が軽減され、かなり足の疲れが少ないと感じています。
c0219866_1873324.jpg

登り下りとも一番上のフックに靴紐を通さないのは昔からの個人的な好みです。
c0219866_1875838.jpg

c0219866_1891949.jpg

スイカは20センチ大に
c0219866_1881982.jpg

ヘクソカズラ
c0219866_1883927.jpg

元気に動きまわるスズメバチ君
c0219866_1894449.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-19 18:10 | 山のあれこれ | Comments(0)

<< 県外の夏山計画 越百山(こすもやま)2613m >>