2017.8.23 中津峰山   

2017年 08月 23日

二ヶ月ぶりになる中津峰山の麓では朝から強い日差しになっていて、このクソ暑いのに登山かいとヘクソカズラが嘲笑っている。
c0219866_18230178.jpg
c0219866_18231755.jpg
とにかく日陰を選んで登るだけ。
c0219866_18235332.jpg
凍らせたポカリスエットに入れるのは力水。
c0219866_18242782.jpg
25度だからそう高くない気温なのに、湿度があるのか超スローペースでも楽でない。
c0219866_18250245.jpg
天津神社にはたくさんのヒメヤブランやアキノタムラソウ?が咲いている。
c0219866_18253049.jpg
c0219866_18254769.jpg
登頂~!
c0219866_18261762.jpg
c0219866_18263107.jpg
YさんとTさんがいて山談議。
c0219866_18275896.jpg
ツルリンドウやママコナが咲きはじめ。
c0219866_18283073.jpg
c0219866_18284643.jpg
ハギ?
c0219866_18291855.jpg
ノリウツギ
c0219866_18294783.jpg
茶粕山
c0219866_18301517.jpg
ミヤマウズラ
c0219866_18304866.jpg
五滝への道は通行止めになっている。
c0219866_18311883.jpg
c0219866_18313506.jpg
イワタバコ
c0219866_18320937.jpg
クズ
c0219866_18323969.jpg
とにかく汗をかきたくないので2時間かけて下山する。
c0219866_18342150.jpg
水曜日は登山者が多いと聞いていましたが、この厳しい暑さで控えたのでしょうか。
c0219866_18351159.jpg



















# by nakatuminesan | 2017-08-23 18:36 | 山を歩いてきました | Comments(0)

8月の計画(4)   

2017年 08月 22日

826日(土)・・・石堂山~矢筈山~落合峠周回(中級 行動7時間)集合:文化の森6

TEL:090-7782-6031
c0219866_19555568.jpg
c0219866_19562636.jpg
c0219866_19564326.jpg



# by nakatuminesan | 2017-08-22 19:57 | 募集企画 | Comments(0)

時季外れのカボチャ   

2017年 08月 22日

畑の隅っこに勝手にカボチャが育っていて、45センチぐらいの実を2個つけました。
c0219866_19200601.jpg
c0219866_19202331.jpg
この時季ですから大きくなるのか分かりませんが楽しみです。

タイガーメロンは
マクワウリよりも甘いらしく、黄色くなると食べごろらしいです。
c0219866_19210860.jpg
エダマメは何が原因なのか実が大きくなりません。
c0219866_19222136.jpg
更新剪定をしたナスは順調に育っている。
c0219866_19230008.jpg
ポットに種を蒔いた秋どり胡瓜を植えつけました。
c0219866_19233755.jpg
c0219866_19235344.jpg

残暑の厳しい日が続いていますが、畑は夏から秋に変わろうとしています。








# by nakatuminesan | 2017-08-22 19:24 | | Comments(0)

氷食尖峰   

2017年 08月 21日

氷河の作用による地形カールU字谷、アレートなど数多くあります。
カールは標高の高い南アルプスにも存在しますが、その他の地形は北海道と雪の多い北アルプスに集中しています。


氷河が残した地形にホルンともいわれる氷食尖峰(ひょうしょくせんぽう)があります。
氷河の侵食作用によってできた尖った地形のことで、氷食によりピラミッド型の鋭い岩峰となっています。

3
方向または4方向にカールを持ち、その上部は急な岩壁を有することが多く、
海外ではなんといってもマッターホルンが有名です。
c0219866_18302549.jpg
北アルプスの槍ヶ岳は千丈沢、天上沢、槍沢、飛騨沢の4カールに囲まれて、そのピラミダルな山容から「日本のマッターホルン」とも呼ばれています。
c0219866_18310529.jpg
c0219866_18312353.jpg
表銀座から
c0219866_18315636.jpg
北穂高岳から
c0219866_18323251.jpg
槍沢から
c0219866_18331993.jpg
北鎌尾根から
c0219866_18334634.jpg
c0219866_18340165.jpg
冬期小屋から
c0219866_18344111.jpg
池ノ谷や長次郎谷に囲まれた剱岳のチンネも氷食尖峰で知られています。
c0219866_18351650.jpg
若かりしころ仲間たちと攀じた左稜線です。

しかしチンネは一般向きではないこともあり、一度は登ってみたいという人気の槍ヶ岳が群を抜いています。
c0219866_18391947.jpg









# by nakatuminesan | 2017-08-21 18:41 | 山のあれこれ | Comments(0)

2017.8.19 南西尾根~天狗塚~牛の背~オコヤトコ周回   

2017年 08月 20日

標高が1000mある日陰の林道は涼しく快適で、数時間後には歩く牛の背の一角が眺められる。
c0219866_10474055.jpg
c0219866_10482506.jpg
天狗塚南西尾根の取り付きは急そうだ。
c0219866_10485532.jpg
谷道川を右岸に渡渉する。
c0219866_10492775.jpg
天狗塚までの標高差は中津峰山と同じで、ゆっくり3時間かけて登ります。
c0219866_10500094.jpg
植林に自然林が混じった樹林の登りは単調で、ときに姿を見せる山は綱附森である。
c0219866_10503632.jpg
c0219866_10505004.jpg
c0219866_10510578.jpg
標高1400m付近から自然林に変わってきて、1550mからは笹や草地を歩くようになる。
c0219866_10514119.jpg
c0219866_10515519.jpg
綱附森
c0219866_10523066.jpg
左前方に天狗塚が山頂を見せていて、振り返って眺められるのは土佐矢筈山。
c0219866_10530468.jpg
c0219866_10532058.jpg
背丈の低い笹原にはミヤマオトギリが咲いている。
c0219866_10535621.jpg
c0219866_10541250.jpg
南の肩からは直線距離400mになった天狗塚が迫る。
c0219866_10545090.jpg
地蔵ノ頭の右後方には三嶺の山頂が見えている。
c0219866_10555593.jpg
ツリガネニンジン
c0219866_10571816.jpg
残り標高差100mだから30分はかからない。
c0219866_10575514.jpg
牛の背
c0219866_10583039.jpg
標高1750m辺りは脆い石混じりの急なリッジになっている。
c0219866_10590959.jpg
c0219866_10592582.jpg
トモエソウ
c0219866_11000608.jpg
急な登りは15mぐらいで終わってしまい、右には剣山と次郎笈を眺められるようになってくる。
c0219866_11004271.jpg
c0219866_11010837.jpg
c0219866_11023818.jpg
道らしきはなく笹やコメツツジに足を取られる山頂直下。
c0219866_11031835.jpg
登ってきた南西尾根を眺めながら昼ごはん。
c0219866_11035413.jpg
c0219866_11041111.jpg
さあ写真を撮って牛の背へ。
c0219866_11045166.jpg
c0219866_11052665.jpg
天狗池
c0219866_11060440.jpg
c0219866_11062553.jpg
曇り空になり風も涼しく快適笹原歩きになってくる。
c0219866_11072649.jpg
c0219866_11081067.jpg
ツリガネニンジン
c0219866_11084528.jpg
丸い西熊山の向こうには三角の三嶺が重なっている。
c0219866_11094452.jpg
なんだか雲行きが怪しくなってきて、ちょっと心配になってきたのは夕立だ。
さあ夕立くるならこい、いややっぱり降ってほしくない。

フウロ
c0219866_11183650.jpg
イブキトラノオ
c0219866_11195124.jpg
牛の背三角点と後方は寒峰~烏帽子山の山並み。
c0219866_11203453.jpg
標高点14861390.6mピークが眺められる。
c0219866_11210808.jpg
ツルリンドウ
c0219866_11214121.jpg
ヌタ場のあるジメジメ林を抜けると明るく開けた標高点1486に到着する。
c0219866_11222015.jpg
c0219866_11225724.jpg

古味へ下山した20151029日は北西に下って1390.6ピークを経由したが、今日はオコヤトコへ下るので標高点1486から南南西に下ってゆく。
c0219866_11234861.jpg
タマゴタケ
c0219866_11241847.jpg
急な斜面が数箇所あるがヤブはない。
c0219866_11245650.jpg
7年前にはなかった林道?が現れる。
c0219866_11253758.jpg
法面を慎重に下り植林帯を抜けると大変だ!
c0219866_11261803.jpg
7年前にはあった鉄橋がなくなっている。
c0219866_11270379.jpg
7年前にはあった橋。
c0219866_11280600.jpg
幸い水量は少なく浅瀬でジャンプ大会に(^-^)v
c0219866_11284523.jpg
c0219866_11290897.jpg
c0219866_11292796.jpg
c0219866_11295199.jpg
5日前の大剣谷に続いて濡れネズミになりたくな~い><
c0219866_11302606.jpg
c0219866_11304639.jpg
道路まで25m登って無事生還~
c0219866_11312987.jpg
山の上は涼しい風が吹き、夕立にもならず快適?な周回でした。
c0219866_11332624.jpg
天候:曇り時々晴

矢筈峠(アリラン峠)分岐920・・・950谷道川渡渉点1040m・・・南西尾根・・・1210天狗塚山頂南肩1700m・・・1245天狗塚1310・・・1325天狗池・・・1355牛の背三角点・・・1415分岐1630m・・・1445標高点1486m・・・1555尾根鞍部1060m・・・1605林道(オコヤトコ)・・・1615谷道川渡渉点880m・・・1625道路・・・1645矢筈峠(アリラン峠)分岐









# by nakatuminesan | 2017-08-20 11:36 | 山行報告(中級) | Comments(0)

暑い夏はどこへ   

2017年 08月 17日

・・・とは言え我々が住んでいる地域ではありません。

東北地方は82日に「梅雨明けしたとみられる」と発表しましたが、太平洋側で雨や曇りの天候が続き気温が低く、日照時間の少ない肌寒い夏になっています。
これは「やませ」と呼ばれる冷たく湿った風の影響です。
原因はオホーツク海高気圧で、梅雨明け後は千島列島付近に停滞したままの状態です。
c0219866_19280450.jpg
農作物への影響を考えると、暑い暑いと言っているのは贅沢な文句なのかもしれません。

でも暑い日が続くのでついつい口に出てしまいます。
c0219866_19284641.jpg
c0219866_19290386.jpg
c0219866_19292214.jpg
c0219866_19293961.jpg





# by nakatuminesan | 2017-08-17 19:30 | 四季 | Comments(0)

サル出没か!?   

2017年 08月 16日

昨日の畑はショックでした。
なにかの動物に食い荒らされていました。

ナス
c0219866_19143877.jpg
キュウリ
c0219866_19150950.jpg
エダマメ
c0219866_19154548.jpg
10センチにまで育っていたスイカもなくなっていました。
c0219866_19170821.jpg
小さなウリもこの状態です。
c0219866_19174235.jpg
8個あったカボチャは3個なくなっていました。

20
本ほど残しておいたトウモロコシは全滅で、素人作にしては甘くて好評だったのでガックリです
> <
c0219866_19191578.jpg
何もかも食べごろを狙ったに違いなく、青くて小さなタイガーメロンは無事でした。
c0219866_19195194.jpg
カラスの仕業だと思っていました。

今日になり師匠のAさんに話したところ
「ほれはサルじゃ、多分サルと思うでよ」
「しょっちゅう出てくるんで?」
「しばらく出んと思うでよ」
しばらく出てこない?・・・何が根拠か分からない。

何年か前になる散歩中にサルの姿があったので、出てきても仕方ないと諦めるしかなさそうです。

タイガーメロンを味わってみたいので、面倒くさいけどネットを張って囲みました。
c0219866_19215924.jpg








# by nakatuminesan | 2017-08-16 19:24 | | Comments(0)