<   2017年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

相変わらず畑です   

2017年 06月 28日

雨が止んだ午後は畑を一回り。

サトイモ
c0219866_16411025.jpg
生姜が芽を出したのは10日ぐらい前で、まだ10センチぐらいしかありません。
c0219866_16414548.jpg
カボチャは順調に育っていて、今日も着果したので10個目ぐらいかな。
c0219866_16422050.jpg
c0219866_16423611.jpg
イチジク
c0219866_16430878.jpg
師匠のOさんから頂いたウリですが、種類は聞き忘れて分かりません。
c0219866_16434407.jpg
トマトはここから赤くなるのに日数がかかります。
c0219866_16442173.jpg
始めて5ヶ月にもならない素人ですけれど、支柱やネットがあると畑らしくなったでしょう!?
c0219866_16445639.jpg







by nakatuminesan | 2017-06-28 16:45 | | Comments(0)

雪洞の話   

2017年 06月 27日

この梅雨時に雪洞はないと思われそうですが・・・


若かりしころの単独行を思い出すと、雪山のねぐらとしてよく雪洞を掘った。
荷物の軽量化とスピーディーな行動を考えたからである。

雪洞技術習得とか体験目的で掘った人はいるだろうが、実際に雪洞山行をした人は案外少ないと思う。
雪洞は濡れると思っている人が理由の一つかもしれない。
掘るとき手袋類は確かに濡れることが多いのだが、コンロの近くに置いていると乾く。
それに寝るときはシュラフに入れたり体温で乾かしたりできる。

天井から落ちる雫で濡れる場合もあるが、ドーム型にして突出部をなくせば雫は落ちず完璧である。
雪洞の利点は外気温がマイナス15度でも暖かく、単独だと用足しも外に出なくてもOKだ。
炊事用の水は雪を溶かせばいいのだし、棚や物置スペースなど増改築自由自在。
c0219866_18561611.jpg
風雪や吹雪のときはツェルトでは心細く、雪洞ぐらい優れた“ねぐら”はないのである。
欠点は外の天気が分かりにくいぐらいで、過去を振り返っても雪洞は快適な思い出である。

パーティー登山で何度か雪洞掘りをしたけれど、掘り始めると面白くてたまらない人ばかり。
c0219866_16035622.jpg
c0219866_18570718.jpg
c0219866_18572807.jpg
c0219866_16042961.jpg

c0219866_18574572.jpg
それにしてもローソクの灯りはロマンチックだなぁ。
c0219866_18583602.jpg




by nakatuminesan | 2017-06-27 18:59 | 山のあれこれ | Comments(0)

2017年秋の県外計画『紅葉の中央アルプス縦走 2泊3日』   

2017年 06月 26日

木曽駒ケ岳2956m~宝剣岳2931m~檜尾岳2728m ~熊沢岳2778m~東川岳2671m~空木岳2864

930日(土)~105日(木)6日間の好天3日間

1日目鳴門IC630⇒⇒駒ヶ根IC⇒⇒千畳敷・・・木曽駒ケ岳・・・宝剣山荘(泊)行動3時間 

2日目宝剣山荘・・・宝剣岳・・・檜尾岳・・・熊沢岳・・・木曽殿山荘(泊)行動9時間

3日目木曽殿山荘・・・空木岳・・・駒石・・・登山口⇒⇒駒ヶ根IC⇒⇒鳴門IC 行動8時間

c0219866_12334330.jpg
c0219866_12340899.jpg
c0219866_12342423.jpg
c0219866_12344936.jpg
c0219866_12350555.jpg
c0219866_12352019.jpg






by nakatuminesan | 2017-06-26 12:36 | 募集企画 | Comments(0)

2017年夏の県外計画『剱岳2999m~立山3015m 2泊3日』   

2017年 06月 26日

823日(水)~27日(日)5日間の好天3日間

1日目鳴門IC530⇒⇒立山IC⇒⇒室堂・・・剣山荘(泊)行動3時間

2日目剣山荘・・・前剣・・・剣岳・・・剣山荘・・・剣御前小屋(泊)行動9時間

3日目剣御前小屋・・・立山・・・室堂⇒⇒立山IC⇒⇒2000鳴門IC 行動5時間

c0219866_07530835.jpg
c0219866_07532917.jpg
c0219866_07534906.jpg
c0219866_07594056.jpg
c0219866_08060926.jpg





by nakatuminesan | 2017-06-26 07:54 | 募集企画 | Comments(0)

雨が止んだ午後は畑へ   

2017年 06月 25日

近場の里山にと思いましたが晴れ間がないのじゃ面白くありません。

そろそろ枝豆の収穫かな。

c0219866_19433256.jpg

収穫時期を集中させないように一度に種を蒔かずにいるけれど、後で蒔いたのは一部の新芽を鳥に食べられた。

c0219866_19450883.jpg

パプリカはまだ緑の状態で、これから色が変わると信じている。

c0219866_19454652.jpg

ナスの1番果は早めに収穫したほうがいいらしい。

c0219866_19462068.jpg


ゴーヤは5センチぐらいに育っている。

c0219866_19465851.jpg

ボクは畑の守り神なんちゃって。

c0219866_19474662.jpg

エンツァイ「空芯菜」の茎は中空になっているそうである。

c0219866_19481848.jpg

終盤になってきたズッキーニだが、少し離れたところで育っているから心配無用です。

c0219866_19485170.jpg
c0219866_19490877.jpg
モロッコインゲンの弦は一日に10センチ以上も伸びます。
c0219866_19503544.jpg
このキャベツは口に入りそう(^.^)
c0219866_19510400.jpg
サンチュは草抜きして間引かなければな
c0219866_19520369.jpg
落花生に花が咲きはじめました。
c0219866_08141991.jpg

おまけ・・・雑草園で育ったブラックベリー1日の収穫量。
c0219866_19525626.jpg
おまけのオマケ・・・シャンプーカットしてもらったよ~♪
c0219866_19533659.jpg







by nakatuminesan | 2017-06-25 19:54 | | Comments(0)

2017年夏の県外計画『後立山連峰縦走 4泊5日』   

2017年 06月 25日

針ノ木岳2821m~爺ヶ岳2669m~鹿島槍ヶ岳2889m~五竜岳2814m~唐松岳2696

91日(金)~98日(金)8日間の好天5日間

1日目鳴門IC700⇒⇒安曇野IC⇒⇒扇沢・・・大沢小屋(泊)行動1.5時間

2日目大沢小屋・・・針ノ木岳・・・スバリ岳・・・赤沢岳・・・新越山荘(泊)行動9時間

3日目新越山荘・・・爺ヶ岳・・・鹿島槍ヶ岳・・・キレット小屋(泊)行動10時間

4日目キレット小屋・・・五竜岳・・・唐松岳頂上山荘(泊)行動9時間

5日目頂上山荘・・・八方池山荘⇒⇒八方⇒⇒安曇野IC⇒⇒2000鳴門IC 行動3時間

c0219866_07205861.jpg
c0219866_07211782.jpg
c0219866_07214366.jpg
c0219866_07220325.jpg




by nakatuminesan | 2017-06-25 07:22 | 募集企画 | Comments(0)

2017年夏の県外計画『燕岳~槍ヶ岳~笠ヶ岳 5泊6日』   

2017年 06月 25日

燕岳2763m~大天井岳2922m~槍ヶ岳3180m~双六岳2860m~笠ヶ岳2897

84日(金)~12日(土)9日間の好天6日間

1日目鳴門IC600⇒⇒安曇野IC⇒⇒中房温泉・・・燕山荘(泊)行動4時間

2日目燕山荘・・・大天井岳・・・ヒュッテ西岳(泊)行動7時間

3日目ヒュッテ西岳・・・水俣乗越・・・槍ヶ岳山荘(泊)行動4時間

4日目槍ヶ岳山荘・・・千丈沢乗越・・・双六岳・・・鏡平山荘(泊)行動9時間

5日目鏡平山荘・・・弓折岳・・・抜戸岳・・・笠ヶ岳山荘(泊)行動6時間

6日目笠ヶ岳山荘・・・笠新道・・・新穂高温泉⇒⇒高山IC⇒⇒2130鳴門IC 行動7時間

詳細はお問い合わせください⇒⇒TEL:090-7782-6031
c0219866_07162773.jpg
c0219866_07165617.jpg
c0219866_07171299.jpg
c0219866_07173659.jpg
c0219866_07175068.jpg
c0219866_07181165.jpg






by nakatuminesan | 2017-06-25 07:19 | 募集企画 | Comments(0)

タケノコ採り   

2017年 06月 22日

タケノコ採りなどの最中にクマに襲われる被害が今年も東北で相次いでいるそうです。
タケノコとは
ネマガリダケのことで別名チシマザサと呼び、北国の春に欠かせない代表的な山菜です。
やわらかくてみずみずしい食感で、なにも人だけでなくクマの好物でもあるネマガリダケ
c0219866_18342413.jpg
c0219866_18350649.jpg
5月末にクマに襲われ女性が死亡したタケノコの名産地、秋田県仙北市田沢湖の玉川地区には県内外から多くの人が訪れるそうです。
5月末から6月13日までに延べ約2千人が入山し、昨年同時期の延べ約3300人からは減ったが途切れないとか。

ある男性は「今日もクマがいた」と事も無げに話したそうで、「命懸け。その覚悟がないと山に入ってはいけない」。
山に入ると一日で60キロほど採れ、タケノコは缶詰業者に持っていくと数万円の収入になるという。
c0219866_18361847.jpg
四国には自生しないのが残念ですが、大山や氷ノ山辺りから北の地方ではあります。

初めて採り食べたのは一昨年の北海道山行で、皮のまま焼いて味噌をつけて食べると美味しかったです。
c0219866_18372126.jpg

おまけ・・・

ほぼ平年並みに沖縄が梅雨明けしました。
ということは今後は梅雨前線が北上し、四国などでは本格的な梅雨空になってきますね。
c0219866_18381985.jpg





by nakatuminesan | 2017-06-22 18:39 | 四季 | Comments(0)

空梅雨   

2017年 06月 20日

7日に梅雨入りしたそうですが雨が降りません。

畑の水瓶は底をつきはじめましたが、今夜からまとまった雨量になりそうです。
c0219866_19015344.jpg
10日ほど前にOさんから頂いたソラマメの種はカラカラに乾燥させました・・・空梅雨に感謝です。
c0219866_19025493.jpg
梅はもちろん梅酒です。
c0219866_19035295.jpg
サルナシ酒は作りますが梅酒はカアチャンです。

ブラックベリーが収穫できるようになりました。
c0219866_19042916.jpg
空梅雨の影響はなく豊作というか鈴なりです。
c0219866_19054892.jpg

おまけ・・・

ゴボウとニンジンを収穫しました。
c0219866_19062466.jpg
形は小さめですがゴボウ80本にニンジン40本ぐらい。
c0219866_19065639.jpg
キャベツは青虫にやられて穴だらけ(> <)
c0219866_19083175.jpg
網をかぶせないし無消毒の辛さかな。

カラスに食われてたまるものかとスイカとカボチャはネットで覆いました。
c0219866_19091019.jpg
c0219866_19092984.jpg
c0219866_19094333.jpg
トマトも鳥に食べられないようにテグスを張りました。
c0219866_19103387.jpg
c0219866_19105075.jpg
早く食べたいな~!
c0219866_19112576.jpg
c0219866_19114310.jpg
キュウリは一昨日から収穫しています。
c0219866_19121807.jpg
畑こそ雑草園にしたくないというか、草抜きに負けそうなのでマルチを積極的に使うようにしました。
c0219866_19125349.jpg
c0219866_19130786.jpg

ずいぶん脱線してしまいましたけれど、今回の雨は大きな恵みになりそうです。



















by nakatuminesan | 2017-06-20 19:16 | 四季 | Comments(0)

2017.6.18 三嶺1894m北東尾根   

2017年 06月 19日

見ノ越から三嶺の北東尾根が眺められる。
c0219866_12393796.jpg
名頃はウツギが花盛りになっていて、目指す北東尾根の左後方には山頂部が見えている。
c0219866_12402995.jpg
c0219866_12411900.jpg
平尾谷川は水量が少ないので渡渉は簡単だ。
c0219866_12415626.jpg
鉄塔までは巡視路があるけれど、その後は道はないがヤブがないので歩くには困らない。
c0219866_12424330.jpg
c0219866_12430098.jpg
c0219866_12432178.jpg
まさに新緑鮮やかな季節になってきて、緑のシャワーを浴びながら高度を上げていく。
c0219866_12440047.jpg
小さいが岩場の通過が面白い。
c0219866_12443292.jpg
c0219866_12444742.jpg
標高1400m付近にはザレた崩壊地があり、見ノ越からも見えていた場所である。
c0219866_12452616.jpg
山頂部と振り返れば名頃ダムも見えている。
c0219866_12460242.jpg
c0219866_12461909.jpg
ここは2012124日にアイゼンを着けた場所である。

標高1480m付近は尾根が痩せていて、ルートは岩場と根っ子を繰り返す。
c0219866_12472271.jpg
c0219866_12473950.jpg
樹林の間からダケモミの丘が見えていて、その向こうは剣山からの縦走路である。
c0219866_12481452.jpg
1569mピークの下は急登の箇所があり、少々あずった2012124日を思い出す。
c0219866_12484965.jpg
ギンリョウソウ
c0219866_12492075.jpg
1569mピークは広い丘状になっていてタニギキョウが咲いている。
c0219866_12503362.jpg
c0219866_12505701.jpg
標高1600mからは胸突き八丁の急斜面となり、幹周4mはあろう大木が行く手を阻むようである。
c0219866_12540452.jpg
ひと頑張りすれば明るく開けた笹の原に飛び出して、ダケカンバについた霧氷が素晴らしくて立ち止まった場所である。
c0219866_12543801.jpg
避難小屋のトイレが見えるようになる。
c0219866_12552352.jpg
広がる眺めは塔ノ丸~丸笹山~剣山~次郎笈で、すでに標高は1700mを超えている。
c0219866_12555877.jpg
標高1740mでいやしの温泉郷からの道に合流する。
c0219866_12563287.jpg
1791mピークからは三嶺の山頂が腕を伸ばせば届きそう。
c0219866_12570477.jpg
気の早いコメツツジが花を咲かせている。
c0219866_12574418.jpg
冬だと避難小屋で昼ごはんだが、ちらっと横目で見て向かうは山頂だ。
c0219866_12582561.jpg
c0219866_12584140.jpg
マイズルソウは終盤だがツマトリソウは盛りになっている。
c0219866_12593184.jpg
c0219866_12594990.jpg
あと5分で山頂かな。
c0219866_13002995.jpg
コヨウラクツツジ
c0219866_13010327.jpg
西熊山~天狗塚
c0219866_13013754.jpg
昨日も眺めた石立山だ。
c0219866_13022338.jpg
矢筈山~黒笠山
c0219866_13030893.jpg
寒峰~烏帽子山とスッキリしないが山は見えている。
c0219866_13051086.jpg
c0219866_13054464.jpg
あとはのんびり下るだけ。
c0219866_13064051.jpg
c0219866_13071425.jpg
登った北東尾根は樹林越しに見えていて、1569mピークや茶色くザレた崩壊地もよくわかる。
c0219866_13081363.jpg
c0219866_13084528.jpg
c0219866_13091574.jpg
新しい標識が立っている。
c0219866_13100451.jpg
c0219866_13103706.jpg
塔ノ丸を見上げるようになると名頃の登山口。
c0219866_13112923.jpg
北東尾根は変化があり面白いルートです。
c0219866_13121758.jpg
天候:曇り時々晴れ

名頃805・・・815平尾谷川渡渉・・・930標高点1285・・・945崩壊地・・・10:30標高点1569・・・11:35P1791・・・1200避難小屋前・・・1210三嶺1245・・・1310マユミの木・・・1340ダケモミの丘・・・1420林道・・・1455名頃





by nakatuminesan | 2017-06-19 12:51 | 山行報告(中級) | Comments(0)