<   2016年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

行ってきます!   

2016年 09月 24日

午前中に荷物をザックと大型バッグに詰め込んで、午後は相棒スペシャルを観て過ごしました。
c0219866_1414856.jpg

今回もバンコク経由のタイ航空です。
c0219866_14144063.jpg

三人とも呑み助なので機内ではビールにウイスキー&ワインと忙しくなりそうです。
c0219866_14152085.jpg

帰国は10月25日を予定しています。
c0219866_1416083.jpg

by nakatuminesan | 2016-09-24 14:18 | ヒマラヤ | Comments(0)

ヒマラヤの準備   

2016年 09月 23日

長期の登山やトレッキングではネパール料理が続くと日本食が恋しくなります。

重くなるので沢山は持っていけませんが、スーパーで適当に選んで日本食を揃えました。
c0219866_18303627.jpg

できるだけ嵩張らないように登山靴にも詰め込んで。
c0219866_1831691.jpg

梅干やスシ飯の用意も完璧です。
c0219866_18323653.jpg

財布は三つ持っていきます。
昨春のトレッキングで残ったドルやルピー。
c0219866_1833180.jpg

パスポート
c0219866_18332816.jpg

今回は6000m峰登山ということもあり、持っていく荷物の重量は30キロぐらいです。

by nakatuminesan | 2016-09-23 18:35 | ヒマラヤ | Comments(0)

2016.9.22 風呂塔1402m   

2016年 09月 22日

あいにく雨が降る天気になってしまい、アケボノソウが咲く作業道の入口まで車を乗り入れました。
c0219866_1836571.jpg
c0219866_1837644.jpg

小雨の山歩きは久しぶり。
c0219866_18374540.jpg

白いトリカブトが咲いている。
c0219866_1838957.jpg

山スキーで何度も昼ごはんを食べたことのある東屋。
c0219866_18395130.jpg

天気が良ければ火打山まで行きたいところだが、景色を楽しめない雨模様では風呂塔だけで我慢する。
c0219866_18401957.jpg

それに今日はヒマラヤ登山の激励が目的で、出発が明後日に迫っていることも理由の一つです。

東屋に戻っての乾杯はノンアルコールビール。
c0219866_18405942.jpg

差し入れのタバコにはGood luck to you  嬉しいですね~^-^ 
c0219866_18412412.jpg

キノコのお勉強も忘れない。
c0219866_18424329.jpg

c0219866_18425753.jpg

止まない小雨の中を下りました。
c0219866_18432345.jpg

雨でも歩け!雪でも登れ!!と励ましてくれた皆さんありがとうございました。

ゴリラがいない間は日帰りやキャンプ山行を楽しんでください。

by nakatuminesan | 2016-09-22 18:46 | 山を歩いてきました | Comments(4)

1839峰   

2016年 09月 21日

1839峰(いっぱーさんきゅうほう)とは面白い山名が付けられたものである。
北海道日高振興局日高郡新ひだか町にあり、山名は旧標高に基づくものであり実際の標高は1842mの山である。
c0219866_1524354.jpg

近年の測量によって地図上の標高は1842mであるが、「1839峰」として定着するという奇妙なことになっている。
山頂へは主脈のヤオロマップ岳からが最も容易らしい。
c0219866_15244571.jpg

とはいえ道なき尾根の登降には藪漕ぎが待っているそうだ。

夏の登頂は昭和7(1932)年の慶応大学隊、冬は昭和9(1934)3月の北大隊であり、いずれもヤオロマップ岳からの往復であった。
c0219866_15252585.jpg

ネットで調べていると興味が湧いてきて、ペテガリ岳やコイカクシュサツナイ岳と組み合わせた周回縦走が面白そうである。
北海道は何度か行きたいと思っていて、特に日高の山は趣があり面白そうである。

コイカクシュサツナイ岳から眺める1839峰(右端)は、山頂部が南アルプスの塩見岳と似た山容をしている。
c0219866_15261286.jpg

1839峰は日高山脈中部の山深い場所にあり、北海道の岳人の間でも憧れの山であるそうだ。

という訳で・・・おまけは北の峰
c0219866_15271052.jpg
 
台風一過とはならず曇り空でした。

恥ずかしの峰
c0219866_1527455.jpg

c0219866_1528978.jpg

c0219866_15282091.jpg

c0219866_15284324.jpg

発見したのはタマゴタケ(^-^)v
c0219866_15295772.jpg

by nakatuminesan | 2016-09-21 15:31 | 日本の山 | Comments(4)

台風16号   

2016年 09月 20日

昨日に比べると少し勢力が衰えたとはいえ、依然として強い台風16号(中心気圧965hPa、最大風速35m/s)です。

今日の0時過ぎに鹿児島県大隅半島に上陸し、現在は土佐湾を東北東から北東に通過中です。
c0219866_10375567.jpg

この後は高知県東部室戸岬付近に再上陸しそうな進路予想です。

今は激しく雨になっている徳島ですが、昼過ぎまでが雨風のピークみたいです。
c0219866_10383194.jpg

退屈なのでヒマラヤ行きの装備をバッグに詰めてみました。
c0219866_1039033.jpg

おいらも退屈だよ~;﹏;
c0219866_10393342.jpg

by nakatuminesan | 2016-09-20 10:40 | 四季 | Comments(0)

来るか!? 台風16号   

2016年 09月 19日

非常に強い台風16号(中心気圧945hPa、最大風速45m/s)の進路が気にかかります。
c0219866_18191090.jpg

九州南部に上陸するのは明日の未明になりそうで、そのあとは四国に向かってきそうです。
徳島で最も風雨が強まるのは明日の昼ごろになりそうですね。

ややこしい天気と雑用で山に出かけられず、散歩で気を紛らわすしかなさそうです。

3センチ大のヤマボウシがあるけれど、食べなくても栗や柿ほど美味いものじゃないと分かっている。
c0219866_1820091.jpg
c0219866_18201230.jpg
c0219866_18202861.jpg

秋~!
c0219866_18205948.jpg
c0219866_182198.jpg

ツバキの実の中をくりぬいて笛を作ったガキのころが懐かしい。
c0219866_18214573.jpg

台風が来ても平気だね。
c0219866_18221481.jpg

帰り道では雨に降られました。
c0219866_18223828.jpg

by nakatuminesan | 2016-09-19 18:24 | 四季 | Comments(0)

一等三角点百名山   

2016年 09月 18日

一等三角点は日本全国に約1000点ちかくある。
そのうちの百座が一等三角点研究会により選定されていて、風格のある山容や優れた眺望などが基準になっているらしい。

よほど日本人は百名山が好きな国民だと言えそうで、気になる一等三角点の最高峰は南アルプスの赤石岳3120.1mである。
c0219866_15394725.jpg

最北は北海道利尻山中腹にある長官山1218.3mであり、ピラミダルな利尻山の展望台ともいえそうである。
c0219866_15405248.jpg

最東は北海道知床の硫黄山1562.0mで、来年の夏には羅臼岳から縦走したいと思っている。
c0219866_15412271.jpg

八ヶ岳では赤岳2899.2mが選ばれている。
c0219866_15415197.jpg

北アルプスでは日本百名山と花の百名山にも選ばれている白馬岳2932.2mが有名。
c0219866_1544169.jpg

北アルプスの一等三角点最高峰は前穂高岳3090.2mである。
涸沢カールから
c0219866_15445046.jpg

山頂からⅡ峰、Ⅲ峰・・・と数えてⅧ峰まである北尾根は見飽きない。
c0219866_15451995.jpg

奥穂高岳から
c0219866_15454469.jpg

中央アルプスの最高峰は乗鞍岳や御嶽山の眺めがすばらしい木曽駒ヶ岳2956.0m。
c0219866_15462317.jpg

最南は屋久島の宮之浦岳1935.0mである。
c0219866_15465241.jpg

おっと我が剣山1954.7mを忘れてはいけませんね。
c0219866_1547253.jpg

by nakatuminesan | 2016-09-18 15:48 | 山のあれこれ | Comments(0)

2016.9.17 旭ヶ丸~高鉾山~南高鉾山   

2016年 09月 17日

台風16号の予想進路も気になるところだし、10日間予報だと明日からずっと雨や曇りになっていて、軽い山でもいいから歩いておかなくっちゃ。

おっ! 里山倶楽部さんの車が停まっている。
c0219866_14244895.jpg

ゲンノショウコ
c0219866_14251316.jpg

3頭の牛さんが柵から出ているじゃないか。
c0219866_1425439.jpg

無事に横を通過する^_^;
c0219866_1426896.jpg

ワレモコウ
c0219866_14263783.jpg

トンボじゃなくてヘリコプター
c0219866_1427287.jpg

轆轤山方面
c0219866_14273045.jpg

高丸山~雲早山方面
c0219866_1427533.jpg

高鉾山
c0219866_14281699.jpg

トリカブト(シコクブシ)が咲きはじめている。
c0219866_14284090.jpg

旭ヶ丸ではヤマボウシが赤く熟れていて、あまり美味しい味ではないが食べてみる。
c0219866_14293183.jpg

c0219866_14294219.jpg

c0219866_14295355.jpg

ママコナが花盛りになっている。
c0219866_1430172.jpg

c0219866_14302854.jpg

ヤマジノホトトギス
c0219866_14305156.jpg

不動峠のヤマナシは鳥に食べられたのか実がなくなっている。
c0219866_14311790.jpg

いつ登っても高鉾山への直登は苦しくて、シギンカラマツやトリカブトを撮りながら楽をする。
c0219866_1431559.jpg

c0219866_14321365.jpg

c0219866_14322532.jpg

山頂では里山さんが休憩中で、夏の北アルプスやスズメバチに刺された話になる。
c0219866_14325768.jpg

ゴリラもスズメバチに刺されたことは三度あり、一度は夜中に病院へ行ったこともある。
c0219866_14332571.jpg

雨の心配はなさそうなので南高鉾山へ向かうことにする。
c0219866_14335414.jpg

ヤマジノホトトギス
c0219866_14341988.jpg

c0219866_14343176.jpg

南高鉾山
c0219866_14345423.jpg

ススキの向こうに眺められるのは中津峰山と勝浦の町。
c0219866_14351794.jpg

ゆっくり歩いていますよ~!
c0219866_14354438.jpg

林道にはアケボノソウがたくさん咲く季節になってきました。
c0219866_14361531.jpg

c0219866_14362897.jpg

c0219866_1436459.jpg

おまけ・・・行方不明になっていたシュラフカバーが見つかりました。
パソコン用の椅子の背もたれにクッションとして付けていたのです。
自分の背中に長い間あったとは灯台下暗し(--,)
c0219866_14373335.jpg

by nakatuminesan | 2016-09-17 14:39 | 山を歩いてきました | Comments(0)

今年の紅葉は早そうです   

2016年 09月 16日

紅葉の進み具合が気になる季節になってきました。

北アルプスにある山小屋のHPでは平年に比べて少し早いように書かれています。
画像からしても草紅葉は確認でき、ナナカマドも赤く染まって綺麗です。
c0219866_18165830.jpg
c0219866_18171571.jpg
c0219866_18173074.jpg

紅葉の見事な場所は各地にありますが、穂高の涸沢などは人気スポットの一つ。
昨年は9月下旬に見ごろとなった涸沢カールですが、さて今年の秋はいつになるのでしょうか。
c0219866_18184299.jpg

10日間予報によれば信州方面も25日あたりまで好天は期待できず、この長雨がどう影響するか気になるところです。
c0219866_18193595.jpg

おまけ・・・中秋の名月
昨日九月十五日は十五夜でした。
十五日に十五夜なんて珍しい!?

9時前にサンデッキに出ましたが薄い雲に覆われていて、餅をついているウサギは見えませんでした。
c0219866_18201956.jpg
c0219866_18202798.jpg

by nakatuminesan | 2016-09-16 18:21 | 四季 | Comments(0)

ザイテングラード   

2016年 09月 15日

ザイテングラードの語源はドイツ語のseitengrat(支稜線・支尾根)を意味している。

奥穂高岳への一般登山道として知られるザイテングラードは、涸沢カール上部の標高約2600mから上に延びる岩尾根である。
c0219866_18584462.jpg

いくつかある奥穂高岳へのルートのなかでは最も容易である。
ザイテングラード(画像中央右)
c0219866_18591571.jpg

そのザイテングラードで今年は遭難が続発しているという。
9月に入って一週間で3名が死亡する事態になっている。
滑落や転落など登山者の技量によるものか、落石や崩落によるものか死亡事故の原因は不明らしい。

冬場の積雪量の少なさから雪解けも早かった今年の夏であり、自然現象により岩場や登山道がもろくなったとも考えられそうである。

取り付きまでは高度を上げるにしたがい涸沢槍が大きくなり、前穂高岳北尾根に食い込む雪渓の眺めがすばらしい。
c0219866_190428.jpg

c0219866_1905783.jpg

一般ルートとされるザイテングラードだが、取り付いたあとは落石や滑落に要注意の危険な尾根である。
c0219866_192870.jpg

また近年は前穂高岳の重太郎新道でも事故が多く、岳沢に向け下山中に転倒し死亡する事故が7月に起きている。

あと一週間もすれば紅葉シーズンの始まりで、多くの人がザイテングラードを登路に選ぶだろう。
対策としてヘルメットを着用することが求められている。
c0219866_1925096.jpg

by nakatuminesan | 2016-09-15 19:03 | 山のあれこれ | Comments(0)