<   2016年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

5月の計画(3)   

2016年 04月 30日

5月7日(土)・・・西赤石山「愛媛県」(中級 行動6時間)集合:文化の森6時

★この季節の西赤石山といえばアケボノツツジです。
ヒカゲツツジも楽しめる東平~銅山越~山頂~兜岩~東平の周回コースです。
なお悪天候の場合は8日(日)に延期します。
TEL:090-7782-6031
c0219866_182845100.jpg
c0219866_18285685.jpg
c0219866_18291148.jpg
c0219866_18292373.jpg
c0219866_18293329.jpg

by nakatuminesan | 2016-04-30 18:29 | 募集企画 | Comments(0)

2016.4.29 鋸山1017m~豊受山1247m   

2016年 04月 29日

鋸山のカタクリは最盛期を過ぎていましたが、豊受山ではアケボノツツジが見ごろになっていました。
c0219866_1912933.jpg
c0219866_1915351.jpg

三島川之江ICの手前で正面に眺められるのは鋸山から豊受山。
c0219866_16163296.jpg

すこしだけ急な登りを終えると鋸山に到着する。
c0219866_16165960.jpg
c0219866_16171244.jpg

すぐ先には海が見える展望抜群の大岩があり、曇り空でも豊受山に咲くピンクのアケボノツツジが見えている。
c0219866_16174095.jpg
c0219866_16175325.jpg

覘いてもいいけど落ちるなよ!
c0219866_16182213.jpg

期待のカタクリは見ごろを過ぎているのか、それとも日差しがないからか萎んでいる。
c0219866_1618513.jpg
c0219866_1619369.jpg

今日はピストンだから帰りに開いていなきゃ怒るから。
c0219866_16202079.jpg

ミツバツツジ
c0219866_16204664.jpg

ムラサキケマン
c0219866_16211254.jpg

キケマン
c0219866_16214221.jpg

ヒカゲツツジが咲く急斜面を登りきれば四等三角点がある七々木山。
c0219866_1622248.jpg

c0219866_16224313.jpg

c0219866_16225914.jpg

豊受山~赤星山~二ツ岳
c0219866_16233559.jpg

今日は一時的な冬型になっていて、二ツ岳が白いと思ったら霧氷が付いている。
c0219866_1624331.jpg

c0219866_16241613.jpg

風は冷たいが日差しが増えてきて、歩いてきた鋸山からの尾根を眺められる。
c0219866_16244692.jpg

小さなアップダウンはあるが歩きやすい道が続き、植林帯だけでなく明るく開けた場所もある。
エンレイソウ
c0219866_16252651.jpg

ヤマシャクヤクはまだツボミだが数日で開花しそうになっている。
c0219866_16255272.jpg

ニリンソウ
c0219866_1626175.jpg

ミツバツツジは色鮮やかだ。
c0219866_16264460.jpg

数少なく自生するクマガイソウは花芽を持っていて、花を咲かせるのは10日後ぐらいだろうか。
c0219866_16271917.jpg

ヒトリシズカは静かに咲いているけれど、花があれば女性たちはけっこう賑わしい。
c0219866_16281918.jpg

アケボノツツジが可愛い花を咲かせている。
c0219866_1630713.jpg

小さなアップダウンを繰り返して着いた場所は、北からと南からのルートが交差する豊坂分岐。
c0219866_16304496.jpg

“鳶のツメ”さんの写真を勝手に拝借。
c0219866_1632676.jpg

鳥居をくぐって登ってゆくとオオカメノキが咲いている。
c0219866_16323460.jpg

c0219866_16324634.jpg

ワチガイソウやハルトラノオも咲いている。
c0219866_1633161.jpg

c0219866_16333411.jpg

ツクバネソウ
c0219866_16341036.jpg

豊受神社
c0219866_1634374.jpg

稜線に上がるとアケボノツツジが満開になっているしヒカゲツツジも咲いている。
c0219866_1635148.jpg

c0219866_16352611.jpg

ここは冷たい風を避けられるし日差しもあり、赤星山方面を眺めながら昼ごはん処に最適だ。
c0219866_16355766.jpg

タムシバが散る尾根道を辿れば豊受山の山頂だ。
c0219866_163715.jpg

c0219866_16371563.jpg

引き返して三度ガ崖に向かうとアケボノツツジが見事に咲き誇っている。
c0219866_16375038.jpg

c0219866_1638222.jpg

c0219866_16382150.jpg

c0219866_16383428.jpg

アケボノツツジとミツバツツジ
c0219866_1639132.jpg

c0219866_16391475.jpg

三度ガ崖からは七々木山や鋸山の展望がすばらしい。
c0219866_1639435.jpg

赤星山の左後方には二ツ岳が山頂を見せている。
c0219866_1640930.jpg

玉取山と大森山の間に眺められるのは高知の白髪山。
c0219866_16403895.jpg

法皇湖と富郷ダム方面
c0219866_1641738.jpg

アケボノツツジにはじまり沢山の花が見られて良かったけど、あとはカタクリが開いていれば文句なしって顔?
c0219866_16412472.jpg

日差しが増えた帰り道ではニリンソウも開いている。
c0219866_16435014.jpg

ほ~らカタクリも開いて(反り返って)いるじゃないか。
c0219866_16445912.jpg

c0219866_16483948.jpg

無事に下山して山の幸を山分けしよう~♪
c0219866_16453240.jpg

c0219866_16454831.jpg

今日の山でも季節の花をたくさん見ることができました。

天候:曇り時々晴
鋸山登山口9:15・・・9:50鋸山・・・11:00七々木山・・・11:40豊坂分岐・・・12:05豊受神社・・・12:10稜線12:40・・・12:45豊受山三角点12:50・・・13:00三度ガ崖13:05・・・13:10豊受神社・・・13:30豊坂分岐・・・15:05鋸山・・・15:40鋸山登山口

by nakatuminesan | 2016-04-29 19:02 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2016.4.27 旭ヶ丸   

2016年 04月 27日

ヤマシャクヤクの状況を知りたくて、たまには春雨の里山もよさそうだ。

アマドコロ
c0219866_20324742.jpg

ドウダンツツジ
c0219866_20333329.jpg
c0219866_20334253.jpg

 雨のミツバツツジもいいもんだ。
c0219866_20341498.jpg

カタクリの花は多くなってきたけれど、この天気じゃショボクレ姿だね。
c0219866_2035735.jpg
c0219866_20351820.jpg

どんどんコバイモが増えている。
c0219866_20354031.jpg
c0219866_20355670.jpg

ニリンソウもショボクレ姿。
c0219866_20361965.jpg
c0219866_20362880.jpg

小雨とガスに煙る新緑も悪くない。
c0219866_2039477.jpg

イチリンソウを一輪だけ見つけたがショボクレている。
c0219866_20365825.jpg

登場するのは雨男
c0219866_20372179.jpg

気になっているのはヤマシャクヤクの開花状況で、あと数日で見ごろを迎えそうになっている。
c0219866_20375076.jpg

c0219866_203829.jpg

これなんか明日はきれいに開きそう。
c0219866_20382880.jpg

まだイワザクラが咲いているとは、初めて見たのが14日だから今年は花期が長いんじゃない?
c0219866_20385443.jpg

高鉾山まで行こうかと思ったけれど、あの急な斜面を登る自信がないのでやめておく。

by nakatuminesan | 2016-04-27 20:45 | 山を歩いてきました | Comments(0)

5月の計画(2)   

2016年 04月 26日

5月4日(水祝)・・・大横~津志嶽周回(中級 行動8時間)集合:文化の森6時

★ヤマシャクヤクの群生地は広々としたスケールで広がり見応えがあります。
その他にもフデリンドウやエンレイソウなどをはじめ、この時季の津志嶽には春の花がいっぱいです。
c0219866_1834529.jpg
c0219866_18341863.jpg
c0219866_18343667.jpg
c0219866_18344629.jpg
c0219866_1835375.jpg
c0219866_1835287.jpg

by nakatuminesan | 2016-04-26 18:35 | 募集企画 | Comments(0)

5月の計画(1)   

2016年 04月 26日

5月1日(日)・・・赤星山(中級 行動5時間)集合:文化の森7時

★この季節の赤星山といえばカタクリがお目当てで、山頂一帯には群生地が広がっています。
広々とした山頂からは二ツ岳から東赤石山の展望が抜群。
ニリンソウやワチガイソウなど春の花がたくさん見られます。
TEL:090-7782-6031
c0219866_18303875.jpg
c0219866_18305369.jpg
c0219866_18311453.jpg
c0219866_18312679.jpg
c0219866_18314910.jpg
c0219866_1832035.jpg

by nakatuminesan | 2016-04-26 18:32 | 募集企画 | Comments(0)

ハーネス   

2016年 04月 25日

クライミングで安全確保のために使うベルトのことで、ザイルが命綱であれば命ベルトと表現してもいいでしょう。
使用するのは岩登りや沢登りだけでなく、雪稜や雪壁などザイルを出すときには必携の装備です。
c0219866_17262977.jpg

初期にはザイルの末端を直接腰に結んだり、何メートルかのザイルをベルト代わりに使っていました。
1960年代になって人工登攀が行われるようになり、腰や腿または胸にとりつけるベルトタイプになりました。
それによって以前のタイプに比べて墜落時の衝撃を和らげることができるようになりました。
c0219866_16334661.jpg

ハーネスには種類がたくさんあるようですが、登山目的に使われているのは主に2種類です。
一つは腿でショックを吸収できるベルト付のレッグループ・タイプ。
c0219866_17273857.jpg
c0219866_17274932.jpg

c0219866_18273231.jpg

もう一つはアイゼンを履いたまま着脱可能なウィランス・タイプで、一般にシットハーネスと呼ばれているタイプ。
c0219866_17284880.jpg
c0219866_1728585.jpg
c0219866_1729866.jpg

山岳部時代はゼルプスト・バンドと呼んでいて、腰ではなく胸に装着することがありました。
腰に装着すると墜落時に頭が下になるとか、男性の大切な箇所が危ないとかが理由だったと記憶しています。
その逆に胸に装着すれば肋骨が折れるんじゃないかと言う者もいましたけど。
c0219866_7244126.jpg

少ない経験からですが墜落時に頭が下になることはなかったです。

よく練習した場所に伊豆の城山があります。
c0219866_17513788.jpg

鎌形ハングルートで15mも落ちたパートナーを止めたことがありますが、あばら骨を折ることなくニヤニヤしていましたから。

これは北岳バットレス第四尾根から中央稜継続登攀の写真です…若っかいなぁ~(^_^;)
c0219866_17371738.jpg

登攀を無事に終えた山頂からは甲斐駒ヶ岳が見えています。
c0219866_7323790.jpg

この写真は6日前にも使ったのですが・・・
前穂高岳東壁の右岩稜からDフェースを継続登攀したときで、ゼルプスト・バンドを腰につけてハンマーも写っています。
c0219866_17322679.jpg

c0219866_1733766.jpg

もちろんヒマラヤ登山でもハーネスは必要です。
c0219866_17333134.jpg
c0219866_17334373.jpg

by nakatuminesan | 2016-04-25 17:43 | 山のあれこれ | Comments(0)

2016.4.24 一宮城跡   

2016年 04月 24日

どこか里山にでも出かけてみようと思ったが、このところアケボノツツジやシャクナゲの山を歩いたこともあり、それに朝から曇り空では気が進まない。
c0219866_16462694.jpg

それにイワザクラだって何度も見たことだし・・・。

我が雑草園はますます荒れ放題になってきた。
c0219866_16471586.jpg
c0219866_16472523.jpg

ガクウツギ
c0219866_16474923.jpg

ツクバネウツギ
c0219866_16481078.jpg

ブラックベリーは明日あたりに花が咲きそうになっている。
c0219866_16485435.jpg

面白いテレビ番組(相棒・科捜研の女・警視庁捜査一課長など)もないので一宮城跡へ向かうことになる。
あんな低い山にって?
標高差120mの小さな盛り上がりにすぎないけれど、何度か往復すれば山を歩いた気分になると思っている。
c0219866_16504569.jpg

ヒメハギが残っている。
c0219866_16512125.jpg

すでにオンツツジやモチツツジは終盤。
c0219866_1652663.jpg

c0219866_16521974.jpg

本丸跡には10分余りで着いてしまう。
c0219866_16524450.jpg

木々は緑が濃くなってきたけれど、日差しがないので鮮やかさに欠けている。
c0219866_1653115.jpg

今日も5往復したかって?・・・それは秘密です。

帰宅してから退屈しのぎに散歩する。
ヤマボウシが花の準備中。
c0219866_16535099.jpg

タンポポ
c0219866_16541550.jpg

名は分からない。
c0219866_16544179.jpg

タツナミソウ
c0219866_16551199.jpg

驚くことにヒメバギがいっぱい咲いている。
c0219866_16554929.jpg

c0219866_1656160.jpg

なんか退屈でしまりのない一日でした。

おいらこそ退屈だよ~(`ε´)
c0219866_1656364.jpg

by nakatuminesan | 2016-04-24 16:57 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2016.4.23 旭ヶ丸~高鉾山   

2016年 04月 23日

土曜日だからか10台以上の車が停まっていて、山姿じゃない人が案内板を見ながら話している。
「頂上は1020mもあるらしいよ。これって身体の具合悪くならんのかな?」

なんだか高山病の心配みたいだけど、鯉も元気そうに息してるから大丈夫。
c0219866_1636719.jpg

ドウダンツツジ
c0219866_16344362.jpg
c0219866_16345572.jpg

エイザンスミレ
c0219866_16364219.jpg

カタクリ
c0219866_16374240.jpg

コバイモが増えている。
c0219866_1638589.jpg
c0219866_16381499.jpg
c0219866_16382487.jpg

ニリンソウは花数が増えてきて、ツボミがたくさん付いているので楽しみだ。
c0219866_16385390.jpg
c0219866_1639396.jpg
c0219866_16391653.jpg

c0219866_16392765.jpg

イチリンソウもツボミを見るようになってきた。
c0219866_16395020.jpg

イワザクラは花盛りになっている。
c0219866_16401823.jpg

c0219866_16403013.jpg

c0219866_16404671.jpg

c0219866_16405794.jpg

ヤマシャクヤクは開花が近くなってきた。
c0219866_16413182.jpg

カタクリも数が多くなってきて、花いっぱいになるのは月末あたりかな。
c0219866_16421846.jpg

横顔も素敵
c0219866_1643067.jpg

ミツバツツジ
c0219866_16432892.jpg

久しぶりに高鉾山へ行こうかと思案していると、知人によく似た女性が歩いてきたので「こんにちは」と声をかけてしまう。
c0219866_1644215.jpg

「すみません、あまりにもよく似ていたものですから失礼しました」
「久しぶりに来たので道が分からなくて・・・」
「カタクリは見ましたか?」
「いいえ、咲いているらしいですね」
・・・てな訳でカタクリとイワザクラの場所を教えてあげました。

不動峠では梨が花を咲かせている。
c0219866_16445371.jpg

花に励まされながら急な直登をひいこらへいこら。
ネコノメソウ
c0219866_16453864.jpg

ニリンソウ
c0219866_16461237.jpg

カタクリ
c0219866_1646348.jpg

エイザンスミレ
c0219866_16465662.jpg

山頂直下のミツバツツジはツボミ状態だが、1本だけの木が豪華に咲き誇っている。
c0219866_16472339.jpg

c0219866_1647369.jpg

山頂~!
c0219866_1648071.jpg

ここでも梨が花を咲かせている。
c0219866_16482798.jpg

c0219866_16483728.jpg

まだ樹木は芽吹いたばかり。
c0219866_1649387.jpg

じゃ~ん今日もざるそば~♪
c0219866_16494328.jpg

名残のヤマザクラを見ながらの林道歩き。
c0219866_1650973.jpg

昔は60kg以上あった握力だけど、ずいぶん弱くなっているんだろうなぁ。
c0219866_16503260.jpg

探してもゼンマイが少しだけあるだけで、山菜なしの林道歩きはつまらない。
c0219866_16505849.jpg

c0219866_1651911.jpg

今日はこれだけ (ノ﹏ヽ)
c0219866_16513426.jpg

by nakatuminesan | 2016-04-23 16:54 | 山を歩いてきました | Comments(0)

4月の計画(4)   

2016年 04月 22日

4月29日(金祝)・・・鋸山~豊受山「愛媛県」(中級 行動6時間)集合:文化の森7時

★鋸山から豊受山へは急な登りの少ない尾根歩きで、この季節は数多くの花を楽しむことができます。
カタクリとアケボノツツジで知られる2座ですが、ヒカゲツツジやミツバツツジのほかにニリンソウも見られます。
三度ガ崖に立てば歩いた七々木山と鋸山を眺められ、南西方向には赤星山と二ツ岳の展望が得られます。
なお悪天候の場合は30日(土)に延期します。
TEL:090-7782-6031
c0219866_16534537.jpg
c0219866_16535829.jpg
c0219866_16541429.jpg
c0219866_16542298.jpg
c0219866_16544566.jpg
c0219866_16545967.jpg
c0219866_1655182.jpg
c0219866_16552814.jpg
c0219866_16554626.jpg
c0219866_16555755.jpg

by nakatuminesan | 2016-04-22 16:56 | 募集企画 | Comments(0)

2016.4.22 中津峰山   

2016年 04月 22日

シャクナゲの様子が気になる中津峰山。

オンツツジは今が盛りと咲き誇り、新緑に負けてはいられない?
c0219866_1621951.jpg
c0219866_1623089.jpg

ミツバツツジ
c0219866_1625814.jpg

展望台からの眺めは小松島市の町並みと淡路島。
c0219866_163233.jpg

徳島市方面
c0219866_1634974.jpg
c0219866_16401.jpg

総合動植物園の観覧車
c0219866_1672771.jpg

眉山の手前はあづり越えと恥ずかしの峰。
c0219866_1685934.jpg

負出山や気延山も見えている。
c0219866_1610781.jpg

古田山
c0219866_16102939.jpg

ざるそばが美味しい季節になってきた。
c0219866_16105346.jpg

ミヤマハコベ
c0219866_16111679.jpg

ヤマルリソウ
c0219866_16113946.jpg

白い小さなツツジが満開になっていて、もしかしてウンゼンツツジかな?
c0219866_161279.jpg

c0219866_16122045.jpg

気になっていたシャクナゲは見ごろになっている。
c0219866_16124577.jpg

c0219866_16125788.jpg

c0219866_16131366.jpg

c0219866_16132643.jpg

c0219866_16134415.jpg

c0219866_16135471.jpg

コシアブラ&コゴミもどきゲット(^∇^)
c0219866_16142040.jpg

by nakatuminesan | 2016-04-22 16:15 | 山を歩いてきました | Comments(0)