<   2015年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

2015.11.30 大座礼山1588m   

2015年 11月 30日

太田尾越の500m手前で工事のため通行止めになっている。
c0219866_19142367.jpg

10分ほどで着いた太田尾越からは東赤石山が眺められる。
c0219866_191452100.jpg
c0219866_1915584.jpg

青い空が広がっていて26日を予定していたが今日に延期して正解だ。
c0219866_19154364.jpg

いきなりの急登で始まる県境ルートだが、ひと登りした尾根から見る高知側は雲海のようになっている。
c0219866_19172739.jpg
c0219866_1917359.jpg

スズタケが茂っているが漕ぐほどでなく、汗がでないようにゆっくり高度を上げてゆく。
c0219866_1918871.jpg

山頂が見えてくるとブナが現れる。
c0219866_19183670.jpg
c0219866_19184528.jpg

ザラメ状の雪が増えてくる。
c0219866_19191947.jpg

c0219866_19193196.jpg

ウサギや鳥の足跡を追って登れば光森山への分岐に着く。
c0219866_19195898.jpg

c0219866_19201061.jpg

c0219866_19202260.jpg

予想もしなかった雪山気分になってきた。
c0219866_19205289.jpg

なんと笹ヶ峰が真っ白い姿を現したものだから、わ~わ~キャーキャー皆さん大喜びになる。
c0219866_19212191.jpg

尾根道にも雪は消えずに続いている。
c0219866_19214924.jpg

石鎚山(中央)の左手前には伊予富士が眺められ、右手前に見えるのは平家平と冠山。
c0219866_19222336.jpg

大座礼山の山頂に到着する。
c0219866_19225083.jpg

二ツ岳(中央)の左はエビラ山であり、右後方には赤星山の眺めも得られている。
c0219866_19232823.jpg

2日前の予報だと2度目の延期だと思っていたけれど、遠く剣山や矢筈山まで見える天気になるとはラッキーガールだね。
c0219866_19235796.jpg

c0219866_19241184.jpg

季節は晩秋とはいえ日差しが暖かく、山頂が食事処になるのは当たり前。
c0219866_19251969.jpg

c0219866_19253028.jpg

ちょっとした急な場所を下ると再び雪が現れる。
c0219866_19255661.jpg

c0219866_1926838.jpg

大座礼山といえばお目当ては巨大ブナに決まっている。
c0219866_19264011.jpg

c0219866_19265259.jpg

c0219866_1927331.jpg

c0219866_1927152.jpg

雪が乗った木の橋や谷を慎重に渡り、東光森山から野地峰への山並みが見える登山口に無事下山する。
c0219866_19275034.jpg

c0219866_1928425.jpg

c0219866_19281556.jpg

天候:快晴
太田尾越の500m手前8:50・・・9:00太田尾越・・・10:40県境分岐・・・11:05大座礼山11:50・・・12:00ブナ巨木・・・12:20コル1435m・・・13:20林道登山口・・・13:45太田尾越・・・13:50太田尾越の500m手前

by nakatuminesan | 2015-11-30 19:30 | 山行報告(中級) | Comments(2)

12月の計画(1)   

2015年 11月 29日

12月5日(土)・・・西山~折宇谷山(中級 行動7時間)集合:文化の森6時

★マイナールートによる2座の周回で、石立山をはじめ杉生山や桃ノ丸の展望が広がります。
TEL:090-7782-6031
c0219866_18153228.jpg
c0219866_18154448.jpg
c0219866_18155526.jpg
c0219866_1816599.jpg

by nakatuminesan | 2015-11-29 18:17 | 募集企画 | Comments(0)

ヘッドランプ   

2015年 11月 29日

登山用のヘッドランプは必携で、たとえ小屋泊まりや日帰りでも持ち歩く装備です。

夜明け前の山頂アタックだけでなく、帰りのバスに間に合わせる早朝の出発など。
c0219866_1210398.jpg
c0219866_12101863.jpg

避難小屋での食事や団欒のひと時にも必要です。
c0219866_1211898.jpg

もちろんテント泊には酒の次に重要な持ち物です。
c0219866_12114349.jpg

古いヘッドランプは処分しましたが、もう使うこともないヘッドランプが何個か残っています。
c0219866_1212976.jpg

今ではLEDライトが主流になっていて、これは現在使っているヘッドランプです。
c0219866_12123592.jpg

昔のものはスイッチON・OFFの切り替えがスライド式でした。
c0219866_1213087.jpg

ところがプッシュ式のスイッチは要注意で、ザックを開けたらライトが点灯していることがあります。
c0219866_12132893.jpg

ちょっと嵩張りますがケースに入れて持ち歩くことにしました。
c0219866_12135196.jpg

16年前のイムジャツェでは午前2時半にアタックを開始し、山頂ではアン・パサンは日本製のヘッドランプをしていました。
c0219866_1574888.jpg

by nakatuminesan | 2015-11-29 12:16 | 山のあれこれ | Comments(0)

2015.11.28 剣山   

2015年 11月 28日

今日はマイナールートによる三嶺から西熊山の周回でしたが、ちょっとした事情で山を変更させてもらいました。

見ノ越が近づくと西島駅から上は雲に覆われていて、条件となる風があるから霧氷は確実だ。
c0219866_1685943.jpg

標高を上げても雪があるのは橋面だけで、夏タイヤだが四駆にしなくても大丈夫。
c0219866_1695277.jpg

見ノ越に雪はない。
c0219866_1611515.jpg

マイナス2度だから寒気が緩んできたようだ。
c0219866_16113219.jpg

意外と雪は少なくて1センチとは昨日の旭ヶ丸のほうが多いぐらい。
c0219866_16121985.jpg

今年の2月ごろは埋没していたトンネルだが、暖冬予報になっている今シーズンは埋まるかな?
c0219866_161440100.jpg

これは今年2月14日↓
c0219866_18334551.jpg

積雪が50センチを超えるとシリセードをする楽しみな斜面。
c0219866_16151017.jpg

ほ~ら予想したとうり西島駅から上は霧氷がビッシリだ~♪
c0219866_1617285.jpg

c0219866_16174065.jpg

三嶺方面は完全に雲に覆われていて、4日に下った剣山北西尾根がやっと見えるだけ。
c0219866_16181344.jpg

少し登ると霧氷が見事になってくる。
c0219866_1618577.jpg

c0219866_1619890.jpg

テンニンソウ
c0219866_16193617.jpg

カラマツ越しに三嶺の眺めがあれば最高だが、文句を言ったところですぐには晴れそうにない。
c0219866_1620552.jpg

一ノ森への分岐に着くと行場への道は通行止めになっている。
c0219866_16211923.jpg

c0219866_16213492.jpg

霧氷は10月の栂海新道で見たけれど、四国では初めてなので写真を撮りながら。
c0219866_1622678.jpg

c0219866_16221965.jpg

c0219866_16465621.jpg

c0219866_16225930.jpg

ツツジに付いた霧氷はまるで珊瑚のようである。
c0219866_16235878.jpg

鳥居をくぐれないぐらい雪が積もってほしいと思うのは、雪山大好きゴリラの勝手な希望だけじゃないはずだ。
c0219866_16243667.jpg

これも今年2月14日↓
c0219866_18381316.jpg

頂上ヒュッテの気温はマイナス3度になっている。
c0219866_16271021.jpg

c0219866_16272320.jpg

エコトイレは冬期閉鎖中になっている。
c0219866_1627511.jpg

昨シーズンは12月から2月にかけて6回登ったが、さて今シーズンは何回になるだろうか。
c0219866_1629088.jpg

三嶺はおろか次郎笈さえも見えないとは残念だけど、今日は初霧氷のわりに見事だからよしとしようかな。
c0219866_16304555.jpg

霧氷のトンネルに期待して経塚森へ向かうと足跡はない。
c0219866_1631148.jpg

風が弱いのか霧氷は期待はずれ。
c0219866_16314472.jpg

一ノ森も止めて引き返したほうがよさそうだ。
c0219866_16321395.jpg

c0219866_16322676.jpg

頂上ヒュッテの下は霧氷の海になっている。
c0219866_16325338.jpg

c0219866_1633544.jpg

c0219866_16331883.jpg

期待した下りも青空どころかガスが晴れず、見ノ越に戻っても三嶺は姿を現さない。
c0219866_1634547.jpg

c0219866_1635839.jpg

昼ごろには晴れてくると思いましたが、弱いながらも寒気の影響があったようです。
昨シーズンの初霧氷は12月5日の旭ヶ丸でしたから、少ないとはいえ雪は踏めたし楽しめたので良かったです。

天候:曇りガス
見ノ越7:55・・・8:50西島駅・・・9:30頂上ヒュッテ・・・9:40剣山9:45・・・10:00経塚森・・・10:10頂上ヒュッテ・・・10:45西島駅・・・11:35見ノ越

by nakatuminesan | 2015-11-28 16:50 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2015.11.27 旭ヶ丸~高鉾山   

2015年 11月 27日

二階の寝室から西龍王山が眺められ、今朝はうっすら雪化粧しているじゃないか。
c0219866_17253861.jpg

今シーズン初めての冬型は真冬並みに強烈で、富士山ではマイナス22度と冷え込んでいる。
二日前には鳥取の大山が平年に比べて24日遅れの初冠雪。
やっと四国にも待っていた雪がやってきた。

高城山か雲早山の雪を踏みたい気がするが、干し柿も残っているので近場で我慢する。
c0219866_17263822.jpg

眉山や淡路島が眺められる。
c0219866_17271042.jpg

雪は2センチほどだが風は冷たくて、防寒手袋や高所帽を持ってきた。
c0219866_17273875.jpg
c0219866_17274832.jpg
c0219866_1728322.jpg
c0219866_17281342.jpg

二週間前には真っ赤な葉を残していたドウダンツツジだが、今回の降雪ですっかり冬化粧になっている。
c0219866_17285937.jpg

展望台に上がると東の眺めは轆轤山。
c0219866_17292682.jpg

西方の眺めは高丸山から雲早山や高城山で、5~10センチぐらいの積雪はありそうだ。
c0219866_17295450.jpg

前回は枯葉の絨毯だったが真っ白になっていて、旭ヶ丸のヤマボウシはすっかり葉を落としている。
c0219866_17303082.jpg

c0219866_17304256.jpg

c0219866_17305493.jpg

不動峠のアセビやマユミは寒そう。
c0219866_17312886.jpg

c0219866_17314067.jpg

c0219866_17315680.jpg

ここからは頑張りどころの急登だ。
c0219866_17322383.jpg

c0219866_17323488.jpg

高鉾山
c0219866_1733384.jpg

c0219866_17331375.jpg

c0219866_17332461.jpg

今日は明るいので植林帯は恐くない。
c0219866_17335350.jpg

タイヤ跡のない林道に出ると頑張り屋のオタカラコウが咲き残っている。
c0219866_17342841.jpg

c0219866_17344037.jpg

冬型が緩む明日は快晴になりそうだ。
c0219866_1735953.jpg

この赤い実の名は分からないけれど、ナナカマドじゃないことぐらいは知っている。
c0219866_17362728.jpg

1時間半で戻った駐車場の雪は減っていました。
c0219866_17372758.jpg

宿題だった残りの120個は皮をむき、全部で250個の干し柿が食べられるのは2週間後になりそうです。
c0219866_17375680.jpg
c0219866_1738654.jpg

by nakatuminesan | 2015-11-27 17:40 | 山を歩いてきました | Comments(0)

今年も恒例の干し柿を   

2015年 11月 26日

昨年と同じように干し柿用の渋柿が不作だそうです。
c0219866_16571760.jpg

大和柿を昨年と同じ250個を分けていただきました。
c0219866_16575166.jpg

午後1時ごろから皮むき作業にかかりました。
c0219866_16581793.jpg
c0219866_16583477.jpg
c0219866_16584917.jpg
c0219866_1659052.jpg

この部分は皮が残ってもいいそうで、甘みが増すと教えられました。
c0219866_16592643.jpg

なんだこれ~!?
c0219866_1702128.jpg

3時には130個の皮をむき終わり、熱湯に浸けて4時にはベランダに吊るし終わりました。
c0219866_1705418.jpg
c0219866_171479.jpg
c0219866_1711334.jpg

5年続けての干し柿作りですから慣れたもので、残りはたったの120個ですから楽勝です。

今年の秋は暖かい日が続いたので、早く干し柿を吊るしてカビが生えた人が多いと聞いています。

by nakatuminesan | 2015-11-26 17:04 | 四季 | Comments(0)

カムイエクウチカウシ山 1979m   

2015年 11月 25日

再び北海道の山に登る機会があるならば、絶対に山頂に立ちたいと思っている山の一つに入っている。
c0219866_17563570.jpg

幌尻岳に次いで日高山脈第二の高峰であり、中部日高の盟主として男性的な山容を誇っている。
深田クラブ日本二百名山に入っていることが個人的には好ましい。
c0219866_17572897.jpg

山名は「クマが転げ落ちた所」というアイヌ語によるらしいが諸説あるそうだ。
しかし確実に言えることは地形図からして明白で、ヒグマですら転げ落ちそうな急峻な斜面を持っている。
c0219866_1758561.jpg

この長ったらしい山の名は読むのも難しく、それに昔は登るにしろ難峰とされていた。
しかし今では山頂への一般的ルートは北の札内川本流から八ノ沢を辿る2泊3日行程である。
七ノ沢を過ぎると何度か繰り返す渡渉が面白そうで、最後は八ノ沢カールを登って稜線に出て山頂に至る。
c0219866_17585225.jpg
c0219866_1759588.jpg
c0219866_17592027.jpg

南の日高側からも奥まで道が入ったため、コイボクシュシピチャリ川に沿いコイボクカールを経由する人も増えている。

初登頂は1928(昭和3)年の慶応大学であり、冬期は1931(昭和6)年の北大である。
ともにルートは八ノ沢を使って成し遂げている。
c0219866_1759578.jpg

山頂から北へはエサオマントッタベツ岳を経て札内岳まで踏跡があるらしい。
また南はコイカクシュサツナイ岳を経てペテガリ岳まで道があるそうだ。
ハイマツ漕ぎで体力は消耗するだろうが、どこで水を得られるかを考えながら長い縦走も可能だろうと想像する。
c0219866_180505.jpg

カムイエクウチカウシ山といえば1970年7月に起きた羆襲撃事件が知られていて、入山にはキャンプでの食料管理や残飯処理には注意が必要である。

山頂の南東には秀麗なピラミッド峰が魅力的で、時間に余裕があればついでに登っておきたいと欲を出している。
c0219866_1892689.jpg

まだ行けるとも決まった山ではないのに、山頂から広がる日高の山並みに期待してしまう。
c0219866_182878.jpg

道や標識が完備された百名山を腐すつもりはないが、二百名山にこそ登ってみたい山があると勝手に思っている。

by nakatuminesan | 2015-11-25 18:06 | 日本の山 | Comments(0)

計画の変更   

2015年 11月 24日

11月28日(土)はマイナールートからの寒峰周回を予定していましたが、都合で12月9日(水)に延期しました。
c0219866_17211364.png

c0219866_17213461.jpg

★11月28日(土)は三嶺~西熊山(中級 行動7時間)集合:文化の森6時に変更しました。
11日にも行ってきた徳島を代表する2座のマイナールートを辿る周回です。
c0219866_18335653.jpg
c0219866_1834628.jpg
c0219866_18343411.jpg
c0219866_18344852.jpg
c0219866_1835644.jpg

by nakatuminesan | 2015-11-24 18:35 | 募集企画 | Comments(0)

2015.11.24 負出山   

2015年 11月 24日

朝は科捜研の女なんかを観てダラダラしていたが、午後は久しぶりに雲早山へ行く気になっていた。

曇り空だが雨の心配はなさそうだ。
c0219866_184381.jpg

ところが家を出ると雲が低いので、軟弱にも近郊の負出山に変更してしまう。
c0219866_1843418.jpg

古田山の左には中津峰山や平石山の眺めがある。
c0219866_18553.jpg

ジャージではなく山用ズボンなのでひっつき虫は引っ付かない。
c0219866_186773.jpg
c0219866_1861685.jpg

サツマイモが入った檻があり、これはイノシシの捕獲用に違いないだろう。
c0219866_1853487.jpg

物音がするのでイノシシかと構えるが、現れたのは年配の男性で一安心。
「さっき檻がありましたがイノシシでしょうか」
「ああイノシシだろうがこの山にはおらんでよ。わしも朝から探しに歩いとるがシカしかおらん」
c0219866_1874334.jpg

轆轤山と旭ヶ丸には雲がかかっていて、里山にして正解だったと都合のいいように言い訳する。
c0219866_1881654.jpg

三角の姿は二秀峯へ向かうとき通過する344mピーク。
c0219866_188498.jpg

ムラサキシキブ?
c0219866_1891453.jpg

面白い形をしているが名前が分からない。
c0219866_1894439.jpg

山頂へ向かう尾根にはカゴノキとヤマモモがたくさん自生している。
c0219866_18101491.jpg

なんか食べられそうだが持って帰らない。
c0219866_18104694.jpg

緩やかな尾根になれば5分で山頂だ。
c0219866_1811158.jpg

c0219866_18112711.jpg

樹木に覆われた山頂は展望なしでつまらない。
c0219866_18115536.jpg

西に向かうと食用になりそうなキノコがある。
c0219866_18122570.jpg

裏はこんな感じになっていて柔らかい。
c0219866_18125168.jpg

c0219866_181329.jpg

標高を下げてゆくと正面に344mピークが高くなってくる。
c0219866_18134646.jpg

鞍部235mから南東に下ると炭焼き釜跡が残っている。
c0219866_18153176.jpg

次回はタラノメが出るころ登りたいと思います。
c0219866_18155845.jpg

雪や霧氷があれば高い山へ行くのですが、今の予報だと12月になりそうな気がします。

by nakatuminesan | 2015-11-24 18:19 | 山を歩いてきました | Comments(0)

変な天気に腐る毎日   

2015年 11月 23日

10月から秋晴れが続いていましたが、11月中旬からぐずつく天気になっています。

今年の秋は3000m級の高い山でも雪は少なく、今朝の槍ヶ岳は一週間前と同じ状態です。
c0219866_1826236.jpg

岳沢上部の穂高岳は雲に覆われていますが、稜線に白い雪はないように見えます。
c0219866_18402421.jpg

こんな雪のない晩秋の北アルプスは初めてと驚いています。
しかし今夜あたりから雪が降りそうな気配になってきました。

昨日と今日は高知でキャンプをして、近くの山に登る予定を立てていました。
ところが雨が降るという予報になったので来年の春に延期となりました。

キャンプといっても山中ではなく平地です。
香美市の永瀬ダム付近に高知のMさんの椎茸農園があり、バーベキューや美味しい魚をアテに盛り上がろうという計画でした。
c0219866_182749.jpg
c0219866_18271667.jpg

聞くと自然に囲まれた場所らしく、小鳥も近づいてきて手に乗るんだそうです。
c0219866_18275463.jpg

皆さ~ん、来年春の1泊キャンプの参加をお待ちしています。
春だから山菜も採れる予定でテンプラ&椎茸食べ放題~!♪
c0219866_18285458.jpg

c0219866_1829817.jpg

登る山として1日目は奥神賀山~高板山周回(行動4時間)。
c0219866_18294234.jpg

c0219866_18295619.jpg

2日目は赤城尾山~駒背山~土居山~久々場山周回(行動7時間)です。
c0219866_1830361.jpg
c0219866_18304688.jpg

by nakatuminesan | 2015-11-23 18:32 | 四季 | Comments(2)