<   2015年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

ヒグマ   

2015年 10月 31日

日本国内には2種類のクマがいる。
それは北海道に生息するヒグマと、本州以南に生息するツキノワグマである。
環境省の調査によると北海道の約55%の地域にはヒグマが、そして本州の約45%の地域にはツキノワグマが生息しているそうだ。
c0219866_1849595.jpg

登山者に共通する話題として多いのは、もしもクマに遭遇したらということだろう。
クマの専門家ではないのでよくは知らないが、基本的には人を避けて山奥で静かに暮らしている動物であるらしい。

もし出合ってしまったら・・・慌てず、騒がず、走らず、普通にしていればクマから立ち去ってくれるはずらしい。
背中を見せたり子グマに近づくことは自殺行為だと言われている。

山を続けて長年になるがツキノワグマを見たのは2回だけ。
それも150mも離れた場所からで、ハイマツ帯を逃げる姿は可愛いにしか映らない。

一度でいいからヒグマを遠くから見てみたいという気はあるけれど、そうそう出くわすことはないだろうと思っている。
現に今年の北海道山行でも一度もヒグマの姿は見かけなかった。

ヒグマとの遭遇事故といえば福岡大ワンゲル部事件がよく知られていて、若い部員5人中3人の命が失われている。
1970年7月に北海道日高山脈カムイエクウチカウシ山で発生した羆襲撃事件であり、カムイエクウチカウシとは、「クマが転げ落ちるほど険しい峰」という意味である。

数日間にわたり執拗にヒグマが追いかけ回し、何度も襲撃を受けテントを引き倒されている。
遭難したメンバー達の救助隊が編成されたが、ハンターたちが発見したのは3人の変わり果てた遺体であり、着衣は剥ぎ取られ目を背けたくなる光景だったそうだ。

写真は旭山動物園のヒグマで檻の中
c0219866_1839243.jpg

おまけの愛犬トム君は家の中
c0219866_18393273.jpg

by nakatuminesan | 2015-10-31 18:42 | 山のあれこれ | Comments(0)

2015.10.28~29 土佐矢筈山~綱附森~天狗塚1泊周回   

2015年 10月 30日

10月28日(水)天候:曇りのち晴れ
文化の森4:50⇒⇒R192⇒⇒池田⇒⇒R32⇒⇒6:50大歩危橋(高知組と合流)⇒⇒R439⇒⇒7:40古味(1台配車)7:45⇒⇒8:15京柱峠8:30・・・原生林コース・・・9:50モミ千本・・・10:10笹1550m・・・10:40P1541m・・・11:05土佐矢筈山1607m・・・11:30標高1400m12:00・・・12:20矢筈峠(アリラン峠1255m)12:55・・・14:00P1421m・・・15:30綱附森1643m15:40・・・16:00鞍部1550m(テント泊)

京柱峠からは明日下山する古味集落が眺められる。
c0219866_12225030.jpg
c0219866_1223342.jpg

笹へはブナが多い原生林コースがお勧めで、敷き詰められたた落葉の絨毯を踏んでゆく。
c0219866_12233880.jpg
c0219866_12235157.jpg

笹1550mに着くと風がありガスで展望はないけれど、昼までには晴れると自信を持って皆に言ってある。
c0219866_12251498.jpg
c0219866_12252512.jpg

土佐矢筈山に着くなり雲が切れはじめ、どうだい高知の山々が見えるようになってくる。
c0219866_12261932.jpg
c0219866_12263110.jpg

今日のゴリラは新しいザックを背負っていて、イヤーバンドなんかしてカッコつけている。
c0219866_1227220.jpg

前方には綱附森や白髪山の眺めが広がっている。
c0219866_12272759.jpg

天気はよくなってきたし楽しい昼ごはん。
c0219866_12275770.jpg

右前方は5月になればシロヤシオが咲く高板山。
c0219866_12291885.jpg

標高を下げるとブナの紅葉も見られるようになり、振り返ると土佐矢筈山の上は青空になっている。
c0219866_12295533.jpg

c0219866_1230659.jpg

矢筈峠(アリラン峠)
c0219866_12303657.jpg

ここで下山までの水を補給する予定だが、今月は雨不足だからかホースの水は止まっている。
c0219866_1231533.jpg

しかし地形図からすると水を得られるのは確実で、300mほど北東に下った谷には流れがある。
c0219866_12313442.jpg

c0219866_12314971.jpg

各自2~2.5Lの水を確保して一安心。
c0219866_12321754.jpg

道路を5分歩くと綱附森の登山口に着き、ほ~ら真っ青の空が広がったじゃないか!
c0219866_12331875.jpg

c0219866_123330100.jpg

ひと登りして振り返ると見えるのは土佐矢筈山。
c0219866_12335839.jpg

ブナの大木はすっかり葉を落として晩秋の雰囲気になっている。
c0219866_12343158.jpg

カサカサ踏んで歩く落葉の道は快適そのものだ。
c0219866_12352843.jpg

標高1400m付近はミズナラの林になっていて、柔らかい日差しの下で一休みする。
c0219866_12355879.jpg

c0219866_12361578.jpg

P1421から眺める綱附森は堂々としていて、牛ノ背と天狗塚も姿を現し三嶺も眺められる。
c0219866_12364741.jpg

c0219866_1236597.jpg

眺めはいいけれどアップダウンを繰り返すので、水2キロ増えたザックは肩と足に重く感じられる。
c0219866_12374266.jpg

標高1370m鞍部は広々としていて気持ちよい。
c0219866_12381078.jpg

ナナカマド
c0219866_12383377.jpg

山頂直下までくると重荷に足の疲れを感じはじめるが、ひと頑張りで土佐矢筈山を背に綱附森登頂。
c0219866_1239189.jpg

c0219866_12393060.jpg

明日は後に見える天狗塚から牛ノ背の稜線を歩くんだ。
c0219866_12401026.jpg

地蔵ノ頭~西熊山~三嶺
c0219866_12404876.jpg

白髪山の左後方には次郎笈と剣山が山頂を出している。
c0219866_12411555.jpg

さ~てキャンプ地を決めなければと北東に下ってゆく。
c0219866_12415833.jpg

c0219866_1242113.jpg

標高1550m鞍部の南に平地があり、ダケカンバがあるし冷たい風も遮られる。
さっそくテントやツェルトを設営する。
c0219866_12431097.jpg

c0219866_12432386.jpg

マッチャンが酒のアテを作っているようで楽しみ楽しみ。
c0219866_1243508.jpg

まずはビールで乾杯~!
c0219866_12441675.jpg

マッチャンが作ってくれたシイラ&ワカナ&ハヤトウリの酢の物は絶品じゃ~。
c0219866_12444883.jpg

若いころ使っていたガソリンコンロ“オプティマス8R”が久しぶりに登場する。
c0219866_12451752.jpg

ナナコさんが持ち上げたおでんをKさんがコンロで温める。
c0219866_12465326.jpg

c0219866_1247834.jpg

S姫は肉と野菜をザックに入れていた。
c0219866_12473895.jpg

c0219866_12475097.jpg

れんさんが持ってきたのは焼き鳥で、キャンプサイトはちょっとした居酒屋みたいになってきた~♪
c0219866_12495246.jpg

これじゃ女性たちのザックが重かったのは当たり前だけど、強さは北鎌尾根やジャンダルム越えで実証済み。

ウイスキー湯割り
c0219866_12503461.jpg

秋の夕暮れは早く5時半を過ぎると暗くなる。
c0219866_12513027.jpg

c0219866_12514453.jpg

綱附森
c0219866_12521229.jpg

明日の秋晴れは約束されている。
c0219866_12524558.jpg

10月29日(木)天候:快晴
鞍部1550m7:05・・・7:55堂床分岐・・・9:30地蔵ノ頭・・・9:40天狗峠・・・10:00天狗塚1812m10:10・・・10:25天狗池11:00・・・11:25牛ノ背三角点1757m・・・11:45分岐1630m・・・12:20標高点1486m・・・12:40三角点1390m・・・13:50林用軌道跡・・・14:30古味(車両回送)15:40⇒⇒R439⇒⇒大歩危橋⇒⇒R32⇒⇒池田⇒⇒R192⇒⇒19:05文化の森

予想したとうり素敵な朝焼けとなり、石立山の右から太陽が昇ろうとしている。
c0219866_186407.jpg

綱附森が朝日に燃えるようで綺麗なのはいいけれど、昨夜は何本立てだったか忘れたが夢を見続けて、夜中にシカが近くで鳴いたりしたものだから寝不足気味。
c0219866_1871266.jpg

すこし指が冷たく感じられるので気温は0度ぐらいと思われるが、出発準備のころには日が当たりはじめる。
c0219866_1881693.jpg

今日も山を歩けて幸せだね!
c0219866_1893346.jpg

天狗塚~地蔵ノ頭~西熊山
c0219866_1810050.jpg

稜線のダケカンバはすっかり葉を落としている。
c0219866_1810253.jpg

幹周5mは超えていそうなミズナラが立派な姿で現れる。
c0219866_1811084.jpg

天狗塚がよく眺められる場所を通過すると堂床への分岐地点である。
c0219866_18112516.jpg

c0219866_18114055.jpg

付近にはカエデの紅葉も見られ、地蔵ノ頭までは標高差280mの緩急を繰り返す登りとなる。
c0219866_18121315.jpg

c0219866_18122697.jpg

綱附森
c0219866_18125275.jpg

地蔵ノ頭が近づいてくると急な箇所があり、ロープが設置されているが使わないほうが面白い。
c0219866_18132670.jpg

c0219866_18135665.jpg

痩せ尾根のアップダウンを繰り返すと地蔵ノ頭が大きくなってきて、基部の鞍部で天狗塚を眺めながら休憩しよう。
c0219866_18142886.jpg

c0219866_18144450.jpg

実をつけたマユミの木がたくさんあるけれど、天狗塚ばかり見つめている皆さん山がよほど好きなんだね。
c0219866_18152285.jpg

c0219866_18161163.jpg

花が咲いているが名前は分からない。
c0219866_18164256.jpg

ここもロープの張られた急登だが短くて、10分あまりでコメツツジが現れると地蔵ノ頭である。
c0219866_18173712.jpg

c0219866_18175585.jpg

c0219866_18181241.jpg

c0219866_18182912.jpg

西熊山から三嶺はもちろんで、剣山と次郎笈の眺めもある展望台。
c0219866_18185816.jpg

天狗塚~牛ノ背
c0219866_18192490.jpg

笹についた霜が融けずに残っている。
c0219866_18194913.jpg

次回の天狗塚は雪の時期になるだろうか。
c0219866_18201921.jpg

c0219866_18203435.jpg

ひょ~ 空が青いね~
c0219866_1821469.jpg

意外と早く着いちゃった\(^o^)/
c0219866_18213380.jpg

c0219866_18215032.jpg

綱附森を眺めて気分は最高だね。
c0219866_18222141.jpg

c0219866_18223573.jpg

京柱峠から土佐矢筈山を目で追うと、長い距離を歩いたんだと実感してしまう。
c0219866_8231021.jpg

落合峠~矢筈山~黒笠山
c0219866_1823055.jpg

牛ノ背
c0219866_18232631.jpg

今秋のコメツツジは綺麗に色づいている。
c0219866_18235557.jpg

わ~い
c0219866_18242777.jpg

天狗池で早目の昼ごはんにしよう。
c0219866_182456100.jpg

c0219866_18251146.jpg

c0219866_18253028.jpg

c0219866_18254649.jpg

牛ノ背は広々していて三角点までは何度歩いても快適だ。
c0219866_18261485.jpg

c0219866_18262968.jpg

c0219866_18264690.jpg

下りはじめると出発地点の京柱峠も眺められ、手前の二つのピークを越えて古味に下山する。
c0219866_18273231.jpg

ツルリンドウ
c0219866_1828426.jpg

8日前は目の前に見える小さなピークを越えたけれど、その手前から左に進む方向を変えなければ古味には下れない。
c0219866_18283758.jpg

やがて小さな丘が見えてきて、丘に乗れば1390mピークが見渡せる。
c0219866_1829969.jpg

c0219866_18294766.jpg

どうせ道などないから適当に下ってゆき、緩い登りを少し進むと黄色く染まったカラマツ林が綺麗になっている。
c0219866_18303393.jpg

c0219866_1830472.jpg

c0219866_18313849.jpg

標高点1486mは明るい広場みたいになっている。
c0219866_18321071.jpg

ここからオコヤトコへは何度か上り下りしたことがあるが、古味へは未知の尾根を下ることになる。
c0219866_18324815.jpg

1390mピークが見えてくる。
c0219866_1833537.jpg

歩きやすい伐採地が広がっていて、寒峰や落合山を眺めながらの下りは快適だ。
c0219866_18342270.jpg

c0219866_1834393.jpg

c0219866_18345492.jpg

クリスマスツリーになりそうなモミがあり、伐採されたのは20年ぐらい前かと思われる。
c0219866_18352246.jpg

日当たり良好の場所だというにに足元はフカフカの苔が育っている。
c0219866_18355294.jpg

緩く登ると三等三角点のある1390mピークに到着する。
c0219866_18364088.jpg

c0219866_9233937.jpg

c0219866_18365647.jpg

ここも広範囲に伐採地が広がっていて、阿佐尻山に向かって高度を下げてゆく。
c0219866_18373217.jpg

古味へ延びる尾根はおおまかには西北西だが、地形図で標高を確認しながらコンパスを振る必要がある。
c0219866_1838987.jpg

伐採地が終われば自然林と植林帯を繰り返しながら高度を下げてゆく。
c0219866_18384218.jpg

標高1100mから1050m付近には浅い谷があり、地形図に表せない地形となっていて注意が必要だ。

1050m辺りの紅葉は今が盛りになっている。
c0219866_18392425.jpg

c0219866_18394149.jpg

間伐された斜面は倒木帯になっていて、歩きやすい斜面や尾根を選んで下ってゆくのでコンパスは左手に持っている。

標高900mで林業が盛んなころの木材運搬道と思われる水平道に降り立つ。
c0219866_18404527.jpg

北に200mほど水平道を進むが古味へ下る道がなく、勘を頼りに西方向に杉林を下ると仕事道に出る。
c0219866_18412377.jpg

c0219866_18413784.jpg

ほ~ら見事に古味の最終民家に置いた車に無事下山。
c0219866_18422314.jpg

c0219866_1842378.jpg

下った尾根を眺めながらカモシカ号を回送に京柱峠へ向かう。
c0219866_18431057.jpg

たとえ短くても初めて歩くルートは面白く、キャンプも楽しくて皆さまお疲れさまでした。
c0219866_18434185.jpg

KさんからGPSの軌跡が届きました。
c0219866_87213.jpg

by nakatuminesan | 2015-10-30 12:56 | 山行報告(中級) | Comments(3)

11月の計画(2)   

2015年 10月 27日

11月4日(水)・・・次郎笈北西尾根~剣山北西尾根(中級 行動7時間)集合:文化の森6時

★マイナールートによる徳島を代表する2座周回です。
c0219866_1833646.jpg
c0219866_1834864.jpg
c0219866_184146.jpg

by nakatuminesan | 2015-10-27 18:04 | 募集企画 | Comments(0)

11月の計画(1)   

2015年 10月 27日

11月2日(月)・・・鰻轟山~請ヶ峰(中級 行動5時間)集合:文化の森6時

★鰻轟山の南面には王餘魚(かれい)谷があり、むかし巨大な鰻が住んでいたことから名づけられました。
北の方向には平家平や折宇谷山が眺められ、太平洋に浮かぶ大島などの展望も広がります。
TEL:090-7782-6031
c0219866_1803128.jpg
c0219866_1804828.jpg
c0219866_181431.jpg
c0219866_1811773.jpg

by nakatuminesan | 2015-10-27 18:02 | 募集企画 | Comments(0)

2015.10.26 津田山77.8m   

2015年 10月 26日

近くを通ったついでに気になっていた山に登ってきた。

どこから取り付けばいいか分からない。
c0219866_13313049.jpg

麓のお婆さんに聞いても知らないし、ゴリラの勘だと小学校横の墓地から登れそう。
c0219866_1333692.jpg
c0219866_13331693.jpg

初めての山だし不安だから山靴を履いてゆく。
c0219866_1334567.jpg

墓地の階段をボチボチ登れば登頂できるんじゃないかな。
c0219866_13343346.jpg

淡路島や紀伊水道が眺められ、下にはカモシカ号も見えている。
c0219866_13352952.jpg
c0219866_13353886.jpg

踏み跡らしきが続いているし花畑もあるじゃないか。
c0219866_1336528.jpg
c0219866_13361553.jpg

するとアサギマダラが飛んできて、蜜を吸いはじめるとは今日はついているぞ・・・♪
c0219866_1337270.jpg

なんだハイウェイじゃないか。
c0219866_13381931.jpg

c0219866_13383140.jpg

三等三角点のある津田山に登頂だ。
c0219866_1339031.jpg

樹木に囲まれた山頂は空が見えるだけでつまらない。
c0219866_13392651.jpg

南方向に道があるので縦走してみよう。
c0219866_13395525.jpg

縦走は3分で終わり南峰に到着する。
c0219866_13401919.jpg

c0219866_134032100.jpg

クヌギの実が落ちているだけで、展望なしときては南峰もつまらない。
c0219866_1342330.jpg

ひっつき虫をお土産に無事下山。
c0219866_1342269.jpg

東の方から眺めると二つのピークがある津田山でした。
c0219866_1342556.jpg

c0219866_1343661.jpg

14時からの“タクシードライバーの推理日誌”には余裕で間に合いそうです。

by nakatuminesan | 2015-10-26 13:44 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2016年のカレンダー   

2015年 10月 25日

ずいぶん気が早いと思われそうですが来年のカレンダーを作りました。
表紙の写真は4月のゴーキョ・ピーク5360mトレッキング時に撮ったものを使いました。
山行のときにお渡しします。
c0219866_15554985.jpg

c0219866_15591325.png

by nakatuminesan | 2015-10-25 15:56 | 四季 | Comments(0)

2015.10.24 三嶺1894m   

2015年 10月 25日

先週に続いて今日も三嶺は秋晴れの空が広がっている。
c0219866_11245847.jpg

出迎えは登山口のお人形。
c0219866_11263281.jpg

先週は紅葉していなかった標高1100mあたりだが、ミズナラが少し色づきはじめてきたようだ。
c0219866_1127931.jpg

林道に出ると色づきは濃くなっていて、ここから先は本格的な紅葉を楽しめるようになる。
c0219866_11273960.jpg
c0219866_11275078.jpg

c0219866_11282739.jpg

c0219866_1128734.jpg

なんと自然林を歩く気持ちのいいことよ。
c0219866_1128564.jpg

大好きなコシアブラも薄い黄色に染まっている。
c0219866_1129232.jpg
c0219866_11293575.jpg

今年は紅葉が一週間ぐらい早いので、多くの葉やドングリが地面に落ちている。
c0219866_11301229.jpg

c0219866_11302451.jpg

c0219866_11304258.jpg

c0219866_1131233.jpg

c0219866_11311862.jpg

標高を上げてゆくとブナも現れて、シカネットが張られたダケモミの丘を越えてゆく。
c0219866_113234.jpg

c0219866_11322662.jpg

c0219866_11324214.jpg

普段ぬかるんでいる標高1500m鞍部だが、今秋は雨が降らないのでカラカラに乾いている。
c0219866_1133135.jpg

この辺りのダケカンバは落葉が始まっていて、冬場はシリセードが楽しい上の斜面は落ち葉がいっぱいだ。
c0219866_11341494.jpg

c0219866_11342840.jpg

樹林の間から剣山と次郎笈が見えている。
c0219866_1134575.jpg

三嶺の山頂部ではドウダンツツジの赤色が見られない。
c0219866_11352626.jpg

マユミの木は濃いピンクの実が青空に色鮮やかだ。
c0219866_11355368.jpg

c0219866_1136697.jpg

快晴の土曜日とあって若い女の子たちも登ってゆく。
c0219866_11363880.jpg

樹林を抜けると剣山や次郎笈の眺めが得られるが、先週は真っ赤に染まっていたドウダンツツジは葉を落としている。
c0219866_11371431.jpg

c0219866_11372838.jpg

一部のドウダンツツジが葉を残している。
c0219866_1138746.jpg

c0219866_11382020.jpg

ひょ~ 青空が嬉しいね!
c0219866_1139245.jpg

崩壊地を通過すると大岩下を水平トラバース。
c0219866_11393320.jpg

c0219866_11394569.jpg

c0219866_11395739.jpg

今日のお目当てコメツツジは例年になく色づきが綺麗で鮮やかだ。
c0219866_11402591.jpg

c0219866_11403830.jpg

大きな段差を登りきれば池に到着し、いつもの撮影ポイントで撮るのは毎度のこと。
c0219866_11413014.jpg

c0219866_11414289.jpg

山頂まではあと10分に近づいた。
c0219866_11422544.jpg

今年のコメツツジは数年に一度と思えるほど綺麗に色づいて、天気のいいこともあり多くの登山者で混みあっている。
c0219866_1143780.jpg

c0219866_11431992.jpg

c0219866_11433835.jpg

c0219866_1144373.jpg

西熊山から天狗塚まで続く稜線は四国一だと勝手に決めている。
c0219866_11453153.jpg

綱附森~天狗塚
c0219866_11455565.jpg

石立山を眺めながら昼ごはん。
c0219866_11462640.jpg

若い男性から声を掛けられる。
「カモシカクラブさんですね」
「はい」
「一ノ森で会いましたね。今日は単独ですか?」
「いえ5人で来ています」

昨年の1月3日に一ノ森で会った若者で、今日は4人で高知側からの周回らしい。
c0219866_11472810.jpg

我々も写真を撮って下山する。
c0219866_11481993.jpg

c0219866_11483462.jpg

ナナカマド
c0219866_1149748.jpg

避難小屋に寄ってみる。
c0219866_1149446.jpg

池の向こうに見える山はカヤハゲと白髪山。
c0219866_11501270.jpg

避難小屋あたりから眺める三嶺山頂。
c0219866_11503927.jpg

c0219866_11505284.jpg

リンドウが咲き残っている。
c0219866_11512650.jpg

三嶺での山スキーは十年以上遠ざかっていて、年が明けたら久しぶりにと考え滑降に適した斜面を探しながら下ってゆく。
c0219866_1151569.jpg

剣山と丸石を高く眺めるようになると林道だ。
c0219866_11522839.jpg

c0219866_1152536.jpg

塔ノ丸が正面になり無事下山する。
c0219866_11532113.jpg

人形の数が増えている。
c0219866_11534958.jpg

紅葉のピークは標高1200m辺りまで下りてきました。
c0219866_11541893.jpg

天候:快晴
名頃8:10・・・8:50林道・・・10:00ダケモミの丘・・・10:45マユミの木・・・11:40三嶺12:20・・・12:30避難小屋・・・13:00マユミの木・・・13:30ダケモミの丘・・・14:15林道・・・14:50名頃

by nakatuminesan | 2015-10-25 11:58 | 山行報告(中級) | Comments(2)

11月から12月の計画案   

2015年 10月 23日

①西山~折宇谷山(中級 行動7時間)集合:文化の森6時

②黒笠山東尾根(中級 行動7時間)集合:文化の森6時

③金瀬~吉野丸(中級 行動5時間)集合:文化の森6時

④三嶺~西熊山(中級 行動8時間)集合:文化の森6時

⑤次郎笈北西尾根~剣山北西尾根(中級 行動7時間)集合:文化の森6時

⑥折宇谷山~権田山~綱付山(中級 行動9時間)集合:文化の森5時

⑦ニクブチ峠~一ノ森~東尾根(中級 行動6時間)集合:文化の森6時

⑧平家平~冠山「愛媛・高知」(中級 行動6時間)集合:文化の森6時

⑨二ツ岳~ハネズル山「愛媛」(中級 行動6時間)集合:文化の森6時

⑩湯桶丸(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

⑪塩塚峰(初級 行動3時間)集合:文化の森8時

⑫鰻轟山(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

⑬鬼ヶ岩屋(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

⑭千本山「高知」(初級 行動4時間)集合:文化の森6時
c0219866_17565514.jpg

c0219866_17555348.jpg

c0219866_1757129.jpg
c0219866_17573566.jpg
c0219866_17575218.jpg
c0219866_1758714.jpg
c0219866_17581826.jpg

c0219866_18263171.jpg
c0219866_18264283.jpg

by nakatuminesan | 2015-10-23 17:58 | 募集企画 | Comments(0)

10月の計画(5)   

2015年 10月 23日

10月31日(土)・・・平家平~ボタモチ山~山姥岳(中級 行動8時間)集合:文化の森5時

★15年ほど前までの平家平は猛烈なスズタケに覆われていて、健脚でさえ山頂までは5~6時間を要する難峰とされていました。
ヤブが枯れた今では4時間あれば登頂でき、ボタモチ山から山姥岳を経る日帰り周回が可能となりました。
山頂直下にある安徳天皇の祠に立ち寄り、平家平からは剣山や青ノ塔などの展望が広がります。
雨天の場合は11月1日(日)に延期します。 
TEL:090-7782-6031
c0219866_1729330.jpg
c0219866_17291341.jpg
c0219866_17293021.jpg
c0219866_17294017.jpg
c0219866_17295450.jpg

by nakatuminesan | 2015-10-23 17:30 | 募集企画 | Comments(0)

2015.10.21 天狗塚1812m~牛ノ背1757m   

2015年 10月 22日

山川で乗車する参加者がいるから小島峠を越えて行く。
しばらく登っていない黒笠山を眺めながら紅葉狩りドライブだ。
c0219866_13305626.jpg
c0219866_13311059.jpg

ひと登りすれば樹林の間から矢筈山や黒笠山が見え、今日も秋晴れの空が広がる登山日和。
c0219866_13314466.jpg

ドングリ調査のシードトラップがある。
c0219866_13321757.jpg

標高点1476mを過ぎるとマユミの木があるけれど、なぜか今年は少ししか実をつけていない。
c0219866_13324413.jpg
c0219866_13325927.jpg

ダケカンバやブナに日が当たって紅葉が映えている。
c0219866_13332821.jpg

c0219866_13341856.jpg

c0219866_13333792.jpg

トラロープがある下の標高1650m付近ではいつも休むことに決めている。
c0219866_13344782.jpg

この辺りから冬場はダケカンバに霧氷が見られるが、すっかり葉を落として冬の支度を始めている。
c0219866_133516100.jpg

ちょっとした急な登りの途中で牛ノ背が姿を現した。
c0219866_13354739.jpg

丑年生まれのゴリラが牛ノ背を眺めている。
c0219866_13385950.jpg

三角形の天狗塚も見えてくる。
c0219866_13394116.jpg

西熊山
c0219866_1340117.jpg

落合峠~矢筈山~黒笠山
c0219866_13403639.jpg

寒峰~前烏帽子山~落合山~落合峠
c0219866_1341163.jpg

おっ! 午年生まれが牛ノ背を眺めているぞ。
c0219866_13413223.jpg

天狗峠に着くと涼しい風が気持ちよく、三角をした天狗塚の山容はかっこいい。
c0219866_134211.jpg

天狗塚~牛ノ背
c0219866_13422783.jpg

三嶺の右後方は剣山と次郎笈。
c0219866_13425617.jpg

積雪期にお勧めの山として天狗塚があり、今年は2月と3月に登っていて来年も計画しよう。
c0219866_13432721.jpg

c0219866_1344649.jpg

コメツツジ
c0219866_13443243.jpg

あと10分で山頂だ。
c0219866_1345277.jpg

次回は雪の天狗塚に登ろう~!
c0219866_13453260.jpg

丸いピーク地蔵ノ頭の後方に三嶺があり、剣山と次郎笈も眺められるが今日は霞がかかっている。
c0219866_13461955.jpg

綱附森
c0219866_13464633.jpg

シカの道
c0219866_13471488.jpg

南西尾根はもう長らく登っていない。
c0219866_13475911.jpg

牛ノ背
c0219866_13482582.jpg

いつ下っても掘れた道は苦労する。
c0219866_13485298.jpg

北アルプスの雲ノ平に似た感じがしないでもない。
c0219866_1349201.jpg

高いところが好き?
c0219866_13494590.jpg

天狗池で昼ごはんにしよう。
c0219866_13501413.jpg

長らく雨が降らないので池はカラカラ状態で、それでなくても逆さ天狗を見られる機会はあまりない。
c0219866_1350402.jpg

かなり前に栗園へスキーで滑り降りたことかある。
快適だったのは見えている尾根の上部だけで、その下はヤブとの格闘で地獄の滑りを強いられた。
c0219866_13511114.jpg

いつ歩いても牛ノ背は広い笹原が気持ちいい。
c0219866_1354985.jpg

ヤマラッキョウは終盤になっている。
c0219866_13543455.jpg

牛ノ背三角点
c0219866_1355358.jpg

ここで単独で来たという徳島と香川の男性から声をかけられる。
「ここから下れるんですか?」
「はい林道に下れます」
「初めてなので後をついていっていいですか」
「いいですよ」

南西に150m進んだ地点で天狗塚は見納めになる。
c0219866_13593128.jpg

寒峰に向かって山スキーに快適そうな斜面が広がっている。
c0219866_140176.jpg

振り返るとパラレルターンに適していそうだし、近いうちに一度は滑っておかねば年寄りになってしまうと焦っている。
c0219866_1403097.jpg

北西方向には阿佐の集落が見えている。
c0219866_1405886.jpg

c0219866_1411235.jpg

阿佐から登ったことは過去に2回あり、2回目は16年前になる1999年12月31日のこと。
大晦日のお亀避難小屋は年越し登山者により満員状態で、元旦は三嶺から菅生に下山したことが懐かしい。

ツルリンドウ
c0219866_1415869.jpg

樹林に入るとモミジやカエデの紅葉で、早くも足元は落葉の絨毯になっている。
c0219866_1423822.jpg

c0219866_142525.jpg

c0219866_143540.jpg

ショートカットして作業道に降り立つと、誰に聞いても名を知らない花が咲いている。
c0219866_1433333.jpg

c0219866_1434586.jpg

いっぱい栗が落ちている。
c0219866_1441477.jpg

c0219866_1442693.jpg

ベニバナヤマシャクヤクが種をつけている。
c0219866_1445237.jpg

矢筈山やサガリハゲ山を正面に無事下山。
c0219866_1451813.jpg

c0219866_1453616.jpg

あとは林道をぶらぶら歩くだけだけど、ほんの少し天狗塚が山頂を見せているのが嬉しいね。
c0219866_146369.jpg

わ~い! サルナシ見つけた~♪
c0219866_1472651.jpg

熟しているので食べるとキウイの味がして美味しいよ。
c0219866_1475420.jpg

紅葉は標高1300m辺りまで下りてきました。
c0219866_1481991.jpg

天候:快晴
登山口9:10・・・10:00P1476m・・・11:10天狗峠11:25・・・11:45天狗塚・・・12:00天狗池12:30・・・13:00牛ノ背三角点・・・13:30森林限界・・・14:10コル1230m・・・14:45堰堤・・・15:45登山口

by nakatuminesan | 2015-10-22 14:12 | 山行報告(中級) | Comments(0)