<   2014年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

秋の北アルプス計画   

2014年 09月 30日

★笠ヶ岳2897m~双六岳2860m~槍ヶ岳3180m~南岳3033m

日程:10月6日(月)から13日(月祝)8日間の好天5日間
1日目…鳴門IC7:00⇒⇒高山IC⇒⇒新穂高温泉・・・15:30ワサビ平小屋(泊)
2日目…ワサビ平小屋6:30・・・笠新道・・・杓子平・・・13:30笠ヶ岳山荘(泊)
3日目…笠ヶ岳山荘6:30・・・抜戸岳・・・秩父平・・・弓折岳・・・12:30双六小屋(泊)
4日目…双六小屋6:00・・・西鎌尾根・・・槍ヶ岳・・・南岳・・・16:10南岳小屋(泊)
5日目…南岳小屋6:00・・・槍平小屋・・・新穂高温泉⇒⇒高山IC⇒⇒21:50鳴門IC

★天気予報で出発日を決めます。
詳細はお問い合わせください・・・TEL:090-7782-6031 
c0219866_11145596.jpg

c0219866_11244251.jpg

c0219866_1115540.jpg

c0219866_11195252.jpg

c0219866_11155592.jpg
c0219866_1116848.jpg

c0219866_1133112.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-30 11:19 | 募集企画 | Comments(0)

10月から11月の計画案   

2014年 09月 29日

①竜頭山~石立山・・・(中級 行動8時間)集合:文化の森5時

②北東尾根~龍神池~三嶺~名頃・・・(中級 行動8時間)集合:文化の森5時

③菊千代谷~雲早山・・・(中級 行動8時間)集合:文化の森5時

④黒笠山東尾根・・・(中級 行動7時間)集合:文化の森6時

⑤石堂山~矢筈山~落合山~烏帽子山・・・(中級 行動8時間)集合:文化の森5時

⑥黒滝山~野鹿池山「徳島・高知」・・・(中級 行動6時間)集合:文化の森5時

⑦寒風山~笹ヶ峰「愛媛・高知」・・・(中級 行動7時間)集合:文化の森5時

⑧大座礼山「愛媛・高知」・・・(初級 行動4時間)集合:文化の森6時

⑨大山「鳥取」・・・(中級 行動6時間)集合:文化の森5時

⑩砥石権現~鹿舞ダキ山・・・(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

⑪矢筈山・・・(初級 行動4時間)集合:文化の森7時

⑫風呂塔~火打山・・・(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

⑬塔ノ丸・・・(初級 行動4時間)集合:文化の森7時

⑭塩塚高原・・・(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

⑮中尾山~赤帽子山・・・(初級 行動4時間)集合:文化の森7時

★これからは四国の山も紅葉に季節に入ってゆき、11月の下旬ころからは霧氷が見られるようになります。
c0219866_1793353.jpg

c0219866_1795048.jpg

c0219866_17103819.jpg

c0219866_1711053.jpg

c0219866_17111529.jpg

c0219866_17114030.jpg
c0219866_17115061.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-29 17:16 | 募集企画 | Comments(0)

ウエストポーチ   

2014年 09月 28日

最近では登山の必携品となったウエストポーチ(ウエストバッグ)である。

登山ではなにかと持ち物が多くなり、それらを入れられるウエストポーチは欠かせない。
中身は携帯電話や地形図とコンパスにはじまり、行動食からティッシュなどと多種類に及んでいる。
c0219866_17484399.jpg

よく出し入れするものにデジカメがあり、平均して一日に少なくとも100回ほどファスナーを開けることになる。

ウエストポーチを使うようになったのは9年前のツクチェ・ピークからである。
それはヒマラヤで便利だと気を利かせてくれたのか、知人から頂いたウエストポーチでもある。
無事に登頂できた記念の意味もあり、普段の山行では必ず持っていく相棒だ。
c0219866_17501758.jpg

使用回数が多いため痛みも激しく、ファスナーが壊れること今回で3回目。
使い慣れていることに加え愛着もあり、なかなか新品を購入する気になれないでいる。
山の知り合いに修理のプロがいて、3度目のファスナー交換をしていただいた。
c0219866_17505756.jpg

ヒマラヤはトレッキングにしろ登山であれ持ち物が多くなり、大きなサイズのウエストポーチが出番を待っている。
c0219866_17512791.jpg

c0219866_824643.jpg

パスポートにはじまり3種類の財布などを加えると中身が増えるからである。
c0219866_1752496.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-28 17:55 | 山のあれこれ | Comments(0)

今年も紅葉が気になる季節です   

2014年 09月 27日

アルプスなど信州方面の高山では今月12日に初氷を観測し、18日には北アルプスでは初雪が舞った山もあったようです。
18日といえば立山の室堂から五色ヶ原へ向かった日で、この季節としては寒い一日に驚いたものです。
c0219866_18545159.jpg

9月のアルプス通い4回から感じるのですが、3000m級の山岳では9月の中旬に冷え込んだ日が続いたため、例年に比べて紅葉が1週間ほど早くなっています。

何日か移動性高気圧に覆われ日中の温度差が大きいと紅葉が進むとされていますが、冷たい雨で一気に加速することもあると聞きます。
c0219866_1857756.jpg

9月下旬になり一気に紅葉が進んだように思え、人気抜群とされる穂高岳の涸沢あたりは見ごろを迎えはじめているようです。

紅葉が早かった5年前も9月中旬の寒気によるものでした。
9月23日から26日にかけて南アルプスの白峰三山を縦走したところ、北岳は標高2000m以上で色づきが始まっていましたし2700m付近は紅葉真っ盛りでした。
c0219866_18494540.jpg
c0219866_18502100.jpg
c0219866_18501086.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-27 18:57 | 四季 | Comments(0)

2014.9.26 中津峰山   

2014年 09月 26日

いつもの道は蜘蛛の巣だらけで後悔しながら登っていく。
c0219866_14272519.jpg
c0219866_14273479.jpg

小さな秋が落ちている。
c0219866_14275727.jpg

如意輪寺の紅葉は11月中旬か。
c0219866_14282223.jpg

ギンリョウソウ
c0219866_14284216.jpg

山頂が近づくとヤマジノホトトギスやツルリンドウが咲いている。
c0219866_14291053.jpg
c0219866_14291989.jpg
c0219866_1429332.jpg
c0219866_14294249.jpg

誰もいない山頂からは高丸山と雲早山が見えていて、日差しはあるが吹く風が爽やかだ。
c0219866_14301195.jpg
c0219866_14302086.jpg

アサマリンドウが咲きはじめていて、ツボミが多いので半月は咲いているだろう。
c0219866_14305129.jpg

c0219866_1431745.jpg

c0219866_14311850.jpg

ツルリンドウもツボミが見られるので1週間は楽しめそう。
c0219866_14314816.jpg

c0219866_1432054.jpg

ママコナ
c0219866_14322830.jpg

c0219866_14324014.jpg

ネジバナ
c0219866_1433463.jpg

茶粕山
c0219866_14332857.jpg

ゲンノショウコ
c0219866_14334868.jpg

ススキやハギとくれば里山も秋本番。
c0219866_14341583.jpg

c0219866_14342675.jpg

和田島
c0219866_14345150.jpg

山頂
c0219866_14351282.jpg

負出山
c0219866_14353625.jpg

あづり越えや眉山の向こうには大麻山も見えている。
c0219866_1436342.jpg

しばらく北尾根も人が通らないのか蜘蛛の巣だらけでした。

昨年の今日26日は里山に登っていたのではなく、ネパールヒマラヤのタシカンⅠ峰6386mの出発日でした。
来年あたりは行けるかな・・・ヒマラヤへ。

今日のおまけはヒガンバナ
c0219866_14363156.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-26 14:44 | 山を歩いてきました | Comments(0)

10月の計画(2)   

2014年 09月 25日

10月4日(土)・・・石鎚山東稜(中級 行動6時間)集合:文化の森5時

★山頂部ではドウダンツツジやカエデ類が紅葉する時季になりました。
c0219866_18584885.jpg
c0219866_18585765.jpg
c0219866_1859549.jpg
c0219866_18592476.jpg
c0219866_18593651.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-25 18:59 | 募集企画 | Comments(0)

2014.9.25 旭ヶ丸~高鉾山   

2014年 09月 25日

里山は秋を感じるだろうかと1ヶ月ぶりの旭ヶ丸へ。

いつまでもゲンノショウコは咲いている。
c0219866_1411539.jpg

すでにオナンバンギゼルやカワラナデシコは枯れ、代わりの花はアキノキリンソウ。
c0219866_14122415.jpg

ワレモコウ
c0219866_14124570.jpg

シュンジュギク
c0219866_1413869.jpg

キバナアキギリ
c0219866_14133137.jpg

展望台からは山が見えなくて、中津峰山にすればよかったかな。
c0219866_14135995.jpg

トリカブト
c0219866_14142157.jpg

シギンカラマツ
c0219866_14144765.jpg

一等三角点
c0219866_14151662.jpg

ん? 直径4センチ
c0219866_14155551.jpg

ママコナ
c0219866_14161732.jpg

高鉾山の急登にもトリカブトが見られ、急ぐこともないし写真を撮りながら進めば楽だろう。
c0219866_14185156.jpg

c0219866_1419258.jpg

ヤマジノホトトギス
c0219866_14192646.jpg

やっと登れた高鉾山ではススキが穂を出している。
c0219866_14195345.jpg

林道はオタカラコウが花盛りになっている。
c0219866_14204689.jpg

荒れていた路面は整備され歩きやすくなっている。
c0219866_142123100.jpg

アケボノソウ
c0219866_14214629.jpg

c0219866_14215745.jpg

c0219866_1422735.jpg

アサマリンドウが咲き始めている。
c0219866_14223184.jpg

c0219866_14224189.jpg

なにか美味しいものあるのかいバッタ君。
c0219866_1423923.jpg

青空が広がりだしたしススキが揺れる林道歩きもいいもんだ。
c0219866_14235880.jpg

サラシナショウマ
c0219866_14241996.jpg

c0219866_14243192.jpg

この山が紅葉するのは11月の半ばごろになる。
c0219866_14245861.jpg

c0219866_1425917.jpg

美味しそうだね蜜は甘いかい?
c0219866_14253753.jpg

駐車場に戻ると淡路島がくっきり見え、明日から爽やかな秋晴れが続きそうだ。
c0219866_1426717.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-25 14:26 | 山を歩いてきました | Comments(0)

10月の計画(1)   

2014年 09月 24日

10月1日(水)・・・塩塚高原(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

★ウメバチソウやゲンノショウコが咲く秋の高原をのんびりハイキングします。
c0219866_18455829.jpg
c0219866_18461324.jpg
c0219866_18462933.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-24 18:46 | 募集企画 | Comments(0)

9月の計画(2)   

2014年 09月 24日

9月27日(土)・・・砥石権現~鹿舞ダキ山(初級 行動3時間)集合:文化の森7時

★紅葉には早いですがトリカブトやツルリンドウが咲いています。
TEL:090-7782-6031
c0219866_18441088.jpg
c0219866_18442239.jpg
c0219866_18443238.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-24 18:44 | 募集企画 | Comments(0)

里にも秋が   

2014年 09月 23日

8月はかつて経験もした事がないような悪天候が続き、信州方面の計画がすべて中止や延期となりました。
しかし9月に入ってからは天候が安定し、アルプス通いが4回続きました。

18日には今シーズンとしては初めて霧氷を見たし、すでに3000m級の高山では紅葉が始まっていて、すっかり秋の色に染まろうとしています。
c0219866_18561286.jpg

c0219866_1845447.jpg

c0219866_184617.jpg

久しぶりに散歩に出かけるとヒガンバナが真っ盛りとなり、ススキの穂が風に揺れる風景に秋の訪れを感じるようになっていました。
c0219866_18371881.jpg
c0219866_18373116.jpg
c0219866_1837492.jpg
c0219866_18375978.jpg
c0219866_18381720.jpg
c0219866_18382732.jpg
c0219866_1838366.jpg

食べ続けるんだね君の一生は。
c0219866_1839342.jpg

by nakatuminesan | 2014-09-23 18:56 | 四季 | Comments(0)