<   2014年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧   

2014.3.31 阿佐尻山1374m   

2014年 03月 31日

出発地の堀切堂ではタムシバやシロバナショウジョウバカマが咲いている。
c0219866_19183620.jpg
c0219866_19184752.jpg

ひと登りで矢筈山がよく見える尾根に乗る。
c0219866_19192073.jpg

急登を終えると三角点994.2mに立つ。
c0219866_19195128.jpg

すぐ上にフクジュソウの群生があるが、日差しが不足していることに加え気温が低く萎んでいる。
c0219866_19202143.jpg

周辺にはヤマシャクヤクも芽を出しているし寒峰もよく見えている。
c0219866_19205459.jpg
c0219866_192146.jpg

気持ちのいい尾根にはヤマシャクヤクの新芽がたくさんあり、花芽を付けているものもあり5月が楽しみだ。
c0219866_19213880.jpg
c0219866_19215022.jpg
c0219866_1922527.jpg

P1168m付近は大きな岩があり面白い。
c0219866_1922597.jpg

やがて次の群生地に着くと雪が残っていて、開いた花もあるが萎んだ状態が多く帰りのお楽しみとしよう。
c0219866_19233937.jpg

c0219866_19235138.jpg

c0219866_1924663.jpg

林道が奥まで延びていて、昨年は咲いていた斜面は全滅となっている。
c0219866_19245171.jpg

c0219866_1925628.jpg

c0219866_19253283.jpg

この標高ではタムシバはまだ蕾の状態だ。
c0219866_19261856.jpg

バイケイソウが新芽を出している。
c0219866_19264815.jpg

ブナが現れると山頂まで1分となる。
c0219866_19272519.jpg

中津山(右)と国見山
c0219866_1928981.jpg

寒峰~落合山~矢筈山方面
c0219866_19284769.jpg

塔ノ丸(左奥)と三嶺~西熊山~天狗塚~綱附森(右)
c0219866_19291956.jpg

土佐矢筈山(左)と小桧曽山
c0219866_19295128.jpg

三方山(中央)の後方に笹ヶ峰~東赤石山~二ッ岳~赤星山が霞んでいる。
c0219866_19302490.jpg

c0219866_19305388.jpg

帰りはフクジュソウが開いた状態になっていて良かったです。
c0219866_19322485.jpg

c0219866_19323864.jpg

c0219866_1933282.jpg

c0219866_19331655.jpg

c0219866_19332953.jpg

c0219866_19335399.jpg

c0219866_1934744.jpg

c0219866_19342188.jpg

c0219866_19344393.jpg

c0219866_19345780.jpg

c0219866_19352129.jpg

c0219866_19353520.jpg

阿佐尻山はヤマシャクヤクが見ごろの時期にも計画したいと思います。

今日のおまけは大歩危に泳ぐ鯉のぼり。
c0219866_19362058.jpg

天候:晴れ時々曇り
堀切堂8:50・・・9:25三角点994.2m・・・9:40反射板・・・10:40林道・・・11:25阿佐尻山12:15・・・12:45林道・・・13:30反射板・・・13:35三角点994.2m・・・14:05堀切堂

by nakatuminesan | 2014-03-31 19:39 | 山行報告(初級) | Comments(0)

4月の計画(3)   

2014年 03月 30日

4月8日(火)・・・雪彦山「兵庫県」(中級 行動5時間)集合:文化の森6時

★兵庫県姫路市北部に位置する雪彦山915mは新潟の弥彦山、福岡の英彦山とともに日本三彦山として知られる修験の山です。
クサリ場の登りや面白いセリ岩や馬の背を通過します。
TEL:090-7782-6031
c0219866_1749846.jpg
c0219866_17493396.jpg
c0219866_17494376.jpg
c0219866_1750217.jpg

by nakatuminesan | 2014-03-30 17:50 | 募集企画 | Comments(0)

桜咲く   

2014年 03月 30日

昨日は徳島でも桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表がありました。
今日は低気圧の通過で午前中は雨になりましたが、午後になり晴れ間が広がりました。
散歩の風景は春そのもので、田んぼにはレンゲが咲いていました。
c0219866_17364657.jpg
c0219866_17371680.png
c0219866_17373017.jpg
c0219866_17375479.jpg
c0219866_17381779.jpg
c0219866_17384046.jpg
c0219866_17385694.jpg
c0219866_17392093.jpg
c0219866_17394173.jpg

この春の初物が少しだけ採れました♪
c0219866_17401327.jpg

おいらは留守番だったけどね。
c0219866_17404576.jpg

by nakatuminesan | 2014-03-30 17:41 | 四季 | Comments(2)

4月の計画(2)   

2014年 03月 29日

4月5日(土)・・・寒峰(中級 行動5時間)集合:文化の森6時

★この季節ですからお目当てはフクジュソウです。
今年は遅くまで雪が残ったため開花が遅く、群生地は最も花数が多いころかもしれません。
雨天の場合は翌日(6日)に延期します。
c0219866_18454052.jpg
c0219866_18455136.jpg
c0219866_1846373.jpg

by nakatuminesan | 2014-03-29 18:47 | 募集企画 | Comments(0)

4月の計画(1)   

2014年 03月 29日

4月3日(木)・・・丸石北尾根~剣山北西尾根(中級 行動8時間)集合:文化の森5時

★丸石~次郎笈~剣山の3座をマイナールートにより周回します。
TEL:090-7782-6031
c0219866_18215215.jpg
c0219866_1822819.jpg

c0219866_1824434.jpg

by nakatuminesan | 2014-03-29 18:22 | 募集企画 | Comments(0)

2014.3.28 寒峰1605m   

2014年 03月 29日

昨年は3回訪れた寒峰だが、今シーズンは昨日に続いて4回目。

アブラチャンが花を咲かせている。
c0219866_920447.jpg

夜明けとともに日が当たっているのでフクジュソウは綺麗に咲いている。
c0219866_9211759.jpg
c0219866_9213344.jpg

c0219866_9414730.jpg

c0219866_9231770.jpg

c0219866_943971.jpg

c0219866_923563.jpg

今日の快晴は約束されている。
c0219866_9243461.jpg
c0219866_9244498.jpg

急登の途中にツルリンドウの実があるとは驚きだ。
c0219866_9251350.jpg

標高1360m付近では雪を踏んで登る箇所があり、P1415.1mを過ぎると山頂が呼んでいるようだし雪面には日差しが柔かい。
c0219866_9255272.jpg

c0219866_926595.jpg

c0219866_9262550.jpg

P1518mのトラバース地点にも群生があり、フクジュソウが今日はきれいに開いている。
c0219866_9265711.jpg

c0219866_927153.jpg

山頂を目前にする標高1455mの鞍部にも雪がたくさん残っている。
c0219866_9275629.jpg

振り返るとP1518mは真っ白だ。
c0219866_9282825.jpg

昨日に続き高知の友人たち6名と会い、我々と同じ南東尾根を下るそうだ。
c0219866_9291026.jpg

大ブナ
c0219866_9293712.jpg

c0219866_9294991.jpg

山頂直下からは土佐矢筈山や31日に計画している阿佐尻山も見えだした。
c0219866_9302843.jpg

高知の皆さんと一緒に登頂だ~♪
c0219866_9305986.jpg

中津山と国見山
c0219866_9312895.jpg

矢筈山方面
c0219866_9315466.jpg

烏帽子山方面
c0219866_9322012.jpg

三嶺~西熊山~天狗塚
c0219866_9324927.jpg

次郎笈と剣山も見えている。
c0219866_9331647.jpg

下山ルートの南東尾根
c0219866_9334652.jpg

Hさんから頂いた手作りのパンと高知のS姫からの文旦が美味しい。
c0219866_9342723.jpg

c0219866_9344279.jpg

さあ南東尾根へ向かおう。
c0219866_9351742.jpg

c0219866_9353177.jpg

山頂を振り返ると北斜面には多くの雪が残っている。
c0219866_9361898.jpg

今日はショートカットしないで尾根に乗る。
c0219866_10455894.jpg

c0219866_9364997.jpg

c0219866_937583.jpg

アセビが花を咲かせはじめている。
c0219866_9373710.jpg

c0219866_938192.jpg

今年は積雪が多かったことに加え3月に入っても気温の低い日があり、フクジュソウは昨年に比べると10日ぐらい開花が遅いような気がします。

天候:快晴
林道日和茶坂瀬線登山口9:15・・・9:40フクジュソウ群生地9:55・・・10:35P1415.m・・・11:05コル1455m・・・11:40寒峰12:25・・・南東尾根・・・13:15P1279m・・・13:55林道・・・14:10林道分岐・・・14:20林道日和茶坂瀬線登山口

by nakatuminesan | 2014-03-29 09:40 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2014.3.27 寒峰1605m   

2014年 03月 28日

仲良し7人グループからの依頼があり、今日もフクジュソウの寒峰だ。

登山口から眺める山頂は雲に覆われている。
c0219866_19395100.jpg

群生地を覆っていた雪は減っているが、曇り空のためか花の開きぐあいはいまいち。
c0219866_19404224.jpg
c0219866_19405375.jpg
c0219866_19411134.jpg
c0219866_19412456.jpg

ここで高知から来た知り合いの女性3人に会う。
c0219866_19421883.jpg

しばらく続く急登だがこのブナを見送れば平坦になる。
c0219866_19425555.jpg

ドングリが根と芽を出そうとしている。
c0219866_19432613.jpg

P1415.1mの手前は雪の上を歩くようになる。
c0219866_1944169.jpg

P1518mの東斜面は雪がたっぷり残っていて、太い木の根元に咲くフクジュソウは曇り空のため萎んでいる。
c0219866_19462089.jpg

c0219866_19463559.jpg

標高1455mの鞍部から見上げる山頂は隠れていて、登頂するころには晴れてほしいものだ。
c0219866_1947738.jpg

大きなブナの地点を通過する。
c0219866_19482697.jpg

すぐ近くには霧氷がつくと見事なブナがある。
c0219866_19491276.jpg

山頂が近づくと日が当たりだすが、残念ながら周囲の山は姿を見せてくれない。
c0219866_19494638.jpg

c0219866_19495991.jpg

山頂は風が冷たいので直下まで引き返し、昼ごはんが終わるころになるとガスが晴れはじめる。
三嶺~西熊山~天狗塚
c0219866_19505258.jpg

上空には弱い寒気が入っているようで、待っていても矢筈山方面は姿を現さない。
c0219866_19512213.jpg

きれいに咲いたフクジュソウを見たいので、南東尾根を下る予定を変更して引き返すことになる。

この季節は皆さん花が目当てとあり、平日とはいえ多くの登山者が登っていく。
c0219866_1952063.jpg

P1518mの東斜面では朝は萎んでいた花が開いている。
c0219866_19523254.jpg

そして日が当たった群生地では、朝とは違った雰囲気の花が迎えてくれる。
c0219866_19531117.jpg

c0219866_2062092.jpg

c0219866_19535747.jpg

c0219866_2012945.jpg

c0219866_1954356.jpg

雪が融けた付近では次々と新芽が出始めている。
c0219866_1955557.jpg

ヤマシャクヤクも芽を出している。
c0219866_19554073.jpg

10分ほど下った左斜面に立ち寄ると、ちょうど見ごろとなったお花畑のようでした。
c0219866_19575389.jpg

c0219866_195886.jpg

c0219866_19583343.jpg

天候:曇りのち時々晴れ
林道日和茶坂瀬線登山口9:10・・・9:35フクジュソウ群生地9:50・・・10:25P1415.1m・・・10:55コル1455m・・・11:35寒峰12:20・・・12:50コル1455m・・・13:10P1415.1m・・・13:40フクジュソウ群生地13:50・・・14:20林道日和茶坂瀬線登山口

by nakatuminesan | 2014-03-28 20:13 | 山行報告(中級) | Comments(0)

ハイマツ   

2014年 03月 26日

3月18日に書かれていた地球温暖化の影響に関する新聞記事を読んで驚いた。

今世紀末の日本の平均気温は20世紀末に比べて3.5~6.4度上昇し、砂浜は全国の85%が消失するなど幅広く悪影響が出ることを予測した環境省予測である。
c0219866_1655576.jpg

20世紀末との比較として温室効果ガス濃度が最悪のケースでは、温暖化の影響として海面上昇や高潮被害の増加はもちろんだが、健康や農業にも大きな影響が出ることを列記していた。

そのなかで高山に自生するハイマツのことが書かれていた。
ハイマツは現在では約5万平方キロに生育しているが、今世紀末には100分の1に当たる約500平方キロに激減するそうだ。
徳島県の面積が約4100平方キロだから8分の1でしかない。
c0219866_16564851.jpg

もともとハイマツは温暖化により日本に取り残され、高山地帯に逃げ込んだ氷河遺存種である。
信州方面では標高約2500m以上に自生し、北海道においては標高約1000m以上といわれる。
c0219866_16574223.jpg
c0219866_1658586.jpg

日本の山はハイマツの緑が美しく、特に夏の山においては白い雪渓とのコントラストが鮮やかだ。
c0219866_16584563.jpg

ハイマツが現れると稜線や山頂が近く、高い山にやってきたと嬉しさも大きい。
c0219866_1659253.jpg

c0219866_16594780.jpg

c0219866_170167.jpg

c0219866_1703083.jpg

ウラシマツツジやナナカマドをはじめ、ダケカンバの紅葉も緑のハイマツがあってこそ映える。
c0219866_1711426.jpg

c0219866_1712742.jpg

c0219866_1714945.jpg

ハイマツを棲家としている雷鳥は絶滅が危惧される。
c0219866_1722954.jpg

c0219866_1724495.jpg

温暖化が将来に与える影響を考えると、国際的な議論や対策実行はもちろん全世界での取り組みが急がれる。

by nakatuminesan | 2014-03-26 17:04 | 山のあれこれ | Comments(0)

3月の計画(7)   

2014年 03月 25日

3月28日(金)・・・寒峰(中級 行動5時間)集合:文化の森6時

★急きょ決まった計画です。
23日と同じようにフクジュソウ群生地から寒峰に登り、南東尾根を下る周回コースです。
TEL:090-7782-6031
c0219866_19133273.jpg
c0219866_1913427.jpg
c0219866_19135291.jpg

by nakatuminesan | 2014-03-25 19:15 | 募集企画 | Comments(0)

3月の計画(6)   

2014年 03月 25日

3月31日(月)・・・阿佐尻山(初級 行動4時間)集合:文化の森6時 

★東祖谷の阿佐尻山ではフクジュソウが見ごろになっていて、タムシバも花を咲かせる季節になりました。
展望抜群の山頂からは三嶺や矢筈山など祖谷の山々をはじめ、遠くは笹ヶ峰や東赤石山方面が見渡せます。
c0219866_18392467.jpg
c0219866_18393388.jpg

c0219866_18463330.jpg

c0219866_18395322.jpg

by nakatuminesan | 2014-03-25 18:44 | 募集企画 | Comments(0)