<   2014年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧   

春を見つけました   

2014年 01月 31日

一年中で最も寒いころですが今日は3月の暖かさでした。
いつもの散歩コースでツクシを見つけました。
場所は日当たり良好な園瀬川の堤防で、ほんの5ミリほどの小さな春です。
c0219866_1872946.jpg

ほかにも田んぼや畦には春近しを感じる花がありました。
c0219866_188757.jpg
c0219866_1882233.jpg
c0219866_1884334.jpg
c0219866_1885136.jpg

透き通るような青空が広がる一日でした。
c0219866_1891529.jpg

山の雪が減りはしないかと心配になります。
6年前になる2008年1月の積雪はというと、今年並みか少し多い程度でした。

2008年1月26日の三嶺では積雪60センチ。
c0219866_1895991.jpg

2008年1月31日の塔ノ丸でも積雪60センチ。
c0219866_18102640.jpg

それが2月に入ってから増え続けました。
これは2月21日の剣山です。
見ノ越で1mぐらいあり、すぐ上のトンネルは埋没寸前。
c0219866_1811324.jpg

c0219866_18111821.jpg

頂上ヒュッテも埋没状態で、山頂からの次郎笈は真っ白でした。
c0219866_18114825.jpg

c0219866_1812269.jpg

樹木はモンスターみたいになっていて、測候所はまだ建物全部が残っていました。
c0219866_1812325.jpg

c0219866_18124596.jpg

明日から2月に入りますが、諦めないで積雪が増えることを期待しています。

by nakatuminesan | 2014-01-31 18:14 | 四季 | Comments(0)

2月の計画(4)   

2014年 01月 30日

2月5日(水)・・・塔ノ丸(雪山 行動5時間)集合:文化の森7時

★緩やかで長い雪の尾根が続く塔ノ丸はスノーシュー歩きに適した山です。
スノーシューをお持ちでない方にはレンタルがあります。
夫婦池からは山頂までは遠いので、積雪期は第7ヘアピンかスキー場から登ります。
TEL:090-7782-6031
c0219866_18334758.jpg
c0219866_18335577.jpg
c0219866_1834191.jpg

by nakatuminesan | 2014-01-30 18:36 | 募集企画 | Comments(0)

2014.1.29 天狗塚1812m~牛ノ背1757m   

2014年 01月 30日

5日に続き今シーズン2度目の天狗塚。
前回は西山集落の最終民家から歩いたが、雪が減ったうえ今日は除雪されている。
とはいえ林道はツルツルに凍結し、四駆スタッドレスでなければ安心走行は不可能だ。
登山口まで入れるかと期待するが、残土広場で除雪は終わっている。
c0219866_10333597.jpg

雪の締まり具合からスノーシューは置いていく。
20分で登山口に着くとツボ足トレースが残っている。
c0219866_1034214.jpg

数日前の雨で雪は締まり潜らない。
c0219866_10344598.jpg

P1476に着けば天狗塚から牛ノ背が白く、霧氷はないけど早くおいでよと招くようだ。
c0219866_10351180.jpg
c0219866_10352090.jpg

標高1500mを越えると硬い雪が現れだし、上部はテカテカ間違いないのでアイゼンを装着する。
c0219866_10354478.jpg

沈む箇所では軽いラッセルとなり、Kさんとトップを交替しながら高度を上げていく。
c0219866_10361164.jpg
c0219866_10361923.jpg

樹林を抜けると雪は硬くなり、ほとんど潜らないのでアイゼンが快適だ。
c0219866_10364876.jpg

c0219866_10365887.jpg

天狗塚
c0219866_10371918.jpg

烏帽子山~矢筈山方面
c0219866_10374051.jpg

天狗峠方面
c0219866_1038196.jpg

西熊山
c0219866_10382679.jpg

太陽に照らされ雪面はギラギラ輝いている。
c0219866_10385097.jpg

牛ノ背の遠く後方には石鎚山系が広がっている。
c0219866_10391441.jpg

天狗峠の標識が見えてきた。
c0219866_10393967.jpg

三嶺も山頂を見せていて、今日の快晴は我々だけのものになりそうだ。
c0219866_1040419.jpg

天狗峠からの天狗塚
c0219866_10402731.jpg

前烏帽子山の後方には真っ白な峰があり、200キロ離れた鳥取の大山も遠望できるとはラッキーだ。
c0219866_104050100.jpg

c0219866_10405868.jpg

さあ天狗塚へ向かおう。
c0219866_10412443.jpg

c0219866_10413499.jpg


牛ノ背
c0219866_1042589.jpg

c0219866_10422557.jpg

c0219866_10423556.jpg

c0219866_10424479.jpg

山頂
c0219866_1043647.jpg

牛ノ背
c0219866_10432997.jpg

三嶺の右後方は剣山と次郎笈
c0219866_10435134.jpg

c0219866_10435962.jpg

天狗池への下りは急斜面となっていて、そのうえ潜る箇所もありなかなかだ。
c0219866_10442498.jpg

c0219866_10443390.jpg

池は雪原になっていて雰囲気がよく、風も当たらないので食事処に最適だ。
c0219866_10451313.jpg

c0219866_1045248.jpg

c0219866_15385531.jpg

c0219866_10453713.jpg

c0219866_10454793.jpg

素手でもまったく寒さを感じないとは嬉しいな~♪
c0219866_10464088.jpg

一冬に何度もない暖かい日に恵まれ、あまりに青空が気持ちいいので牛ノ背三角点へ足を延ばそう。
c0219866_1047865.jpg

c0219866_10471763.jpg

気温が高いわりに雪は締まり、たまに踏み抜くことがあるが快適に歩ける。
c0219866_10474595.jpg

c0219866_10475442.jpg

c0219866_1048593.jpg

c0219866_10481440.jpg

天狗塚と三嶺方面
c0219866_104953.jpg

年が明けてから降雪が少ないので雪が減りつつあります。
強い寒波に期待したいのが山屋の気持ちです。

by nakatuminesan | 2014-01-30 10:57 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

2014.1.27 須賀山522m   

2014年 01月 27日

今回の冬型気圧配置は昨夜だけと短く、山にも雪を降らせることはなかった。
山に行かなかったことに罪悪を感じるほど、午後は移動性高気圧に覆われ青空が広がった。
近場の神山町にある須賀山へ向かいました。

地元では広野富士と呼ばれているだけあり、なるほど広野から眺めると富士と言えないでもない姿をしている。
c0219866_1716440.jpg

登山口には幹周が4m近くもある椋の木があり、神山の銘木11号に指定されている。
c0219866_17163361.jpg

大川原高原の雪は減ってしまい、強い寒波がこないものかと思ってしまう。
c0219866_1717537.jpg

登山口の上には広野富士入口の案内がある。
c0219866_17173822.jpg

道は明瞭で竹薮や植林を登って行くと廃屋があり、ここから登りは急になり始める。
c0219866_17181222.jpg

すぐにアンテナと炭焼き釜跡が現れる。
c0219866_17183512.jpg
c0219866_17184396.jpg

標高480mの小ピークを過ぎると緩い尾根道になり、右手のスギ林の中には造林小屋がある。
c0219866_1719962.jpg

しばらくすると反射板が見えるようになり、鉄塔建設のためと考えられるモノレールが現れる。
c0219866_1719347.jpg

c0219866_17194425.jpg

三等三角点のある山頂は北側だけが開けている。
c0219866_17201066.jpg

c0219866_17201914.jpg

山頂に人工物があるのは残念だが、クリやクヌギの自然林に救われる。
c0219866_17204663.jpg

登り38分下り29分のミニ登山でしたが、今日も未踏の山に登れてよかったです。
c0219866_17211048.jpg

by nakatuminesan | 2014-01-27 17:22 | 山を歩いてきました | Comments(0)

シイタケその後   

2014年 01月 27日

シイタケの原木栽培を思いつき、8本の“ほだ木”を作ったのは2年前。
いっこうに出てくる気配がなく、諦めて家の横に積み上げていました。
そのシイタケを1個発見したのは今朝のことで驚きました。
c0219866_10291989.jpg

手に取ると初収穫は残念ながら「乾しシイタケ」状態です。
c0219866_10294664.jpg

これから春にかけて沢山生えてくることを期待します。
c0219866_10301115.jpg
c0219866_10301834.jpg

by nakatuminesan | 2014-01-27 10:31 | なんでもあり | Comments(2)

信州の雪山計画   

2014年 01月 26日

3月8日(土)~9日(日)・・・乗鞍岳3026m

★昨年に続き雪の乗鞍岳を計画しました。
山頂からは槍ヶ岳から穂高連峰の眺めが広がります。
c0219866_1863444.jpg
c0219866_1864424.jpg
c0219866_1865045.jpg
c0219866_18749.jpg

これは昨年の3月7日10時30分、剣ヶ峰登頂の写真です。
c0219866_1875015.jpg

行程:
1日目:鳴門IC6:00⇒⇒11:45松本IC⇒⇒13:15乗鞍高原スキー場13:45・・・リフト乗り継ぎ・・・14:15リフト終点(2000m)・・・16:30位ヶ原山荘(2360m 泊)

2日目:位ヶ原山荘7:00・・・9:15肩の小屋・・・10:30乗鞍岳剣ヶ峰10:50・・・11:30肩の小屋・・・リフト終点・・・14:30乗鞍高原スキー場⇒⇒湯けむり館 ⇒⇒松本IC⇒⇒23:00鳴門IC

★悪天候の場合は3月15日(土)~16日(日)と21日(金)~23日(日)を予備日とします。

by nakatuminesan | 2014-01-26 18:10 | 募集企画 | Comments(0)

2月の計画(3)   

2014年 01月 26日

2月9日(日)・・・白滝山~石堂山(雪山 行動8時間)集合:文化の森6時

★県内では剣山付近よりも積雪の多い山域です。
TEL:090-7782-6031
c0219866_182572.jpg
c0219866_1831782.jpg
c0219866_184030.jpg

by nakatuminesan | 2014-01-26 18:05 | 募集企画 | Comments(0)

2月の計画(2)   

2014年 01月 25日

2月2日(日)・・・黒岩水仙郷と諭鶴羽山「兵庫」(初級 行動3時間)集合:文化の森8時

★淡路島の諭鶴羽山登山口近くの黒岩水仙郷は日本一といわれ、花はいま見ごろを迎えています。
諭鶴羽古道表参道から諭鶴羽神社を経由して、淡路島の最高峰である諭鶴羽山に登ります。
c0219866_18294231.jpg
c0219866_18295031.jpg
c0219866_18295716.jpg
c0219866_1830440.jpg

by nakatuminesan | 2014-01-25 18:30 | 募集企画 | Comments(0)

2014.1.25 茶粕山(長者ヶ原)776m~古田山661m   

2014年 01月 25日

今日は三嶺の計画でしたが参加者が少なく中止。
それなら山スキーにと思いましたが、最高気温の予想が15度では雪質に期待できそうにない。

中津峰山へ向かいましたが、急に気が変わり茶粕山に変更。
地形図は持っていないが、だいたいの位置は頭にあるので大丈夫だろう。

婆羅尾峠
c0219866_1541287.jpg

すこし登れば中津峰山や淡路島が見えている。
c0219866_1543583.jpg
c0219866_1544268.jpg

四国の道を進むと標高680mから南に道があり、これを辿れば茶粕山に着くはずである。
c0219866_155831.jpg

昔は車が通っていたようだが、これじゃブルドーザーぐらいしか入れない。
c0219866_1553382.jpg
c0219866_1554149.jpg
c0219866_1554984.jpg

当たり前だが里山らしく展望はなく、ちらほら右手に大川原が見えるだけ。
c0219866_1561793.jpg

突然コンクリート舗装された道路に飛び出した。
c0219866_1564294.jpg

c0219866_1565237.jpg

高冷地野菜栽培の計画があったのだろうか。
c0219866_1574389.jpg

正面に鉄塔が見えていて、あの辺りが一番高そうだから茶粕山に違いない。
c0219866_1571838.jpg

少し進むと鉄塔に上がれそうな踏み跡を発見する。
c0219866_15867.jpg

c0219866_1581794.jpg

シカの糞
c0219866_1583728.jpg

鉄塔
c0219866_1585889.jpg

南に5分歩くと山頂に着き、長者ヶ原の標識が立っている。
c0219866_1592526.jpg

南東方向から登る道が一般登山道?
c0219866_1595142.jpg

山頂にはアセビがあるだけで展望はない。
c0219866_15101778.jpg

ついでだから標高680mの分岐から古田山へ向かうことにする。
c0219866_15104533.jpg

c0219866_15105667.jpg

c0219866_1511653.jpg

下山した婆羅尾峠は気温11度。
c0219866_15113677.jpg

未踏の山に登れてよかったです。
c0219866_15114415.jpg

今シーズン4度目の山スキーは来週になりそうです。

晴れのち曇り
婆羅尾峠10:20・・・10:50標高680m分岐・・・11:30茶粕山11:35・・・12:00標高680m分岐・・・12:15古田山12:25・・・12:55婆羅尾峠

by nakatuminesan | 2014-01-25 15:18 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2014.1.23 風呂塔1402m~火打山1425m   

2014年 01月 24日

積雪50センチの桟敷峠を出発する。
沈みはスノーシューで20センチほどあり、今日は最後までラッセルが続きそうだ。
c0219866_11513111.jpg

南東に尾根を登りつめると進む方向は南に変わり、急斜面を登ると作業道に飛び出した。
c0219866_11515742.jpg

この辺りから積雪が増えはじめ、傾斜が増す箇所では膝下までのラッセルになる。
c0219866_11524696.jpg
c0219866_11525269.jpg
c0219866_11525823.jpg

キノコ雪も現れたりするのが面白く、こんな所はトップを歩くに限る。
Kさんは「すごい すごい」を連発している。
c0219866_115323100.jpg

今日の快晴は約束されていて、霧氷も出てきたものだから早く風呂塔に立ちたい。
c0219866_11534553.jpg
c0219866_11535228.jpg

東屋近くまで登れば遊歩道となり、自然林の雪景色が広がっている。
c0219866_11541424.jpg

山スキーで来た昨年末の30日よりも積雪は増えている。
c0219866_11543873.jpg

c0219866_11544867.jpg

このブナまで来れば山頂までは5分とかからない。
c0219866_11551223.jpg

青空に霧氷輝く風呂塔に到着すれば、積雪は100センチ近くありそうだ。
c0219866_11553871.jpg

c0219866_11554665.jpg

石堂山の向こうに矢筈山が山頂を見せている。
c0219866_11561389.jpg

これから向かう火打山までは直線距離で1.7キロあり、夏なら50分なので2時間あれば着くだろう。
c0219866_11563840.jpg

今日は雪山大好きYママが張り切っていて、Uさんと競争するようにラッセルのトップに出る。
c0219866_1157696.jpg

c0219866_11571547.jpg

陰の雪は軽いが日の当たる尾根は少し重くなってきた。
c0219866_11573959.jpg

落合山~前烏帽子山~烏帽子山
c0219866_11575914.jpg

1400mの小ピークは北斜面をトラバースし、少し下ると火打山が近づき中間点である。
c0219866_11595855.jpg

c0219866_1201299.jpg

カモシカ君の足跡か?
c0219866_1202111.jpg

小さなピークを越えてからもラッセルは続く。
c0219866_1204686.jpg

c0219866_1205542.jpg

火打山が近づくと再び霧氷が現れだし、ちょっとした岩場を越えると山頂は近い。
c0219866_1212841.jpg

c0219866_1213891.jpg

c0219866_12147100.jpg

ビバーク敵地を過ぎると火打山に到着し、白滝山から石堂山の稜線の後方に矢筈山が見えている。
c0219866_1221030.jpg

c0219866_1222036.jpg

イヤーバンドや帽子も必要としないほど暖かく、こんな雪山は一冬に何度もないだろう。
c0219866_1224531.jpg

右の三角は黒笠山であり、左には白く剣山の姿もある。
c0219866_1231566.jpg

c0219866_1232546.jpg

前方に風呂塔を眺めながら引き返す。
c0219866_1234635.jpg

気温が高いので少し標高を下げると霧氷は消えている。
c0219866_12485.jpg

1322m鞍部から植林帯に入り、下りの軽いラッセルでキャンプ場跡に着く。
c0219866_1243135.jpg

c0219866_1244280.jpg

桟敷峠までは1時間ほどの林道歩きだ。
c0219866_125578.jpg

c0219866_1251534.jpg

日ノ丸山と城ノ丸山
c0219866_1253757.jpg

いつもの斜面にカモシカ君は登場してくれない。
c0219866_12558100.jpg

朝の出発地点である桟敷峠に無事に下山する。
c0219866_1262193.jpg

c0219866_12634100.jpg

天候:快晴
桟敷峠8:35・・・9:30尾根1210m・・・10:30風呂塔10:45・・・11:25鞍部1335m11:40・・・11:55鞍部1322m・・・12:35火打山13:00・・・13:20鞍部1322m・・・13:40キャンプ場跡・・・14:20林道分岐・・・14:50桟敷峠

by nakatuminesan | 2014-01-24 12:09 | 山行報告(雪山) | Comments(0)