<   2012年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

ポーターたちの不思議   

2012年 07月 29日

ネパールにおけるトレッキングや登山では、ポーターは一般的に一人30キロの荷を担ぐ。
我々トレッカーたちの持ち物といえば、カメラや防寒着程度と極端に軽い。
重い荷を運ぶポーターたちに悪い気がしないでもないが、彼らは運ぶことが仕事なのだからと割り切っている。
c0219866_17503953.jpg

ロッジに食料やビールを運ぶ強いポーターともなれば、担ぐ荷の重さはなんと80キロ。
c0219866_1751942.jpg

トレッカーが急な登りで息を切らせ汗をかくとき、多くのポーターたちにはなんの変化もなく、額に光る汗を見たことすらないのである。
日本人のように頻繁に衣類を脱いだり着たりすることなく、平然と歩くその姿には驚かされる。
とくにシェルパ族の女性は伝統的民族衣装をまとっていて、彼女らは重荷で歩くときですら同じ服装をしている。
c0219866_1751546.jpg
c0219866_1752258.jpg

ポーターたちの食糧事情は決して良くはなく、昼食は茹でたジャガイモとか大麦の粉を練ったツァンパが多い。
c0219866_17522658.jpg

朝夕の食事にしても大きくは違わないはずだ。
彼らはなぜ重労働に耐えられるのか、健康で生きられるのはなぜなのか。

古く縄文人は一日に何十キロも歩いたと聞く。
歩かなくなった現代人は山を歩くことで健康を持続できるのか。

by nakatuminesan | 2012-07-29 17:55 | ヒマラヤ | Comments(0)

夏本番   

2012年 07月 29日

セミはずいぶん早起きするようで、朝早くというか5時前から鳴いています。
庭の木の抜け殻が今年は多いような気がしています。

一昨日の朝は西風が強くて寒く、燕山荘から燕岳に登るには雨具の上着やダウンが必要でした。
高い山の快適さを思い出してしまいます。
c0219866_932282.jpg

c0219866_9325848.jpg

c0219866_9332319.jpg
c0219866_9333022.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-29 09:33 | 四季 | Comments(0)

2012.7.25~27 常念岳~大天井岳~燕岳縦走   

2012年 07月 28日

槍穂高連峰を眺める地点は多いのですが、展望を満喫できる縦走ルートとしては一番。
今回は天候に恵まれ、まさに痛快な山行となりました。
残雪は例年よりも多く、花もたくさん咲いていました。
谷に食い込む白い雪とハイマツの緑は、まさに夏の北アルプスにいると実感できます。

7月25日(水)天候:曇りのち時々晴れ
一ノ沢登山口12:20・・・14:35笠原沢・・・15:10胸突き八丁・・・16:45常念小屋

谷を左右に渡る一ノ沢に沿った道は変化があり、谷から吹く風が涼しく楽に登れる。
c0219866_12495581.jpg

c0219866_12504886.jpg

常念岳に突き上げる谷には残雪が見られる。
c0219866_12505981.jpg

谷を渡るのは最後となり残る標高差は300m。
c0219866_12512923.jpg

ゴゼンタチバナ
c0219866_12514977.jpg

常念乗越から見上げる常念岳
c0219866_1252152.jpg

常念小屋からの槍穂高は雲に覆われていたが、夕食を終えると中岳からキレットが見えるようになった。
c0219866_12524790.jpg



7月26日(木)天候:快晴
常念小屋5:20・・・6:30常念岳6:50・・・7:35常念小屋7:55・・・8:40横通岳南西分岐8:50・・・9:05横通岳・・・9:40鞍部2645m9:50・・・10:20東天井岳南鞍部2770m10:30・・・11:35大天荘12:10・・・12:20大天井岳12:30・・・12:40大天荘・・・13:15切通岩・・・14:20為右衛門吊岩・・・15:20蛙岩・・・16:10燕山荘

文句なしの天気で明けます。
c0219866_12532763.jpg

空身で常念岳へ向かうと雷鳥の親子が出迎えてくれる。
c0219866_1254513.jpg

c0219866_12541455.jpg

360度のパノラマが広がる山頂に到着。
c0219866_1256728.jpg

奥穂高岳(中央)の左が前穂高岳 右は涸沢岳と北穂高岳 その右はキレットと南岳 キレットの奥に小さく白山が見えている。
c0219866_12563456.jpg

槍ヶ岳(中央)の左は大喰岳と中岳
c0219866_12571340.jpg

乗鞍岳(右)と御嶽山 下に見えている河原手前は徳沢付近。
c0219866_12575674.jpg

大天井岳(左)の右奥が立山と剱岳 右端は鹿島槍ヶ岳
目的の燕岳は中央に見えていて、直線距離にして11キロあるから剣山から三嶺の縦走と同じぐらい。
c0219866_1258196.jpg

富士山と雲海に浮かぶ南アルプスの山並み
c0219866_12583911.jpg

富士山と八ヶ岳連峰
c0219866_1259342.jpg

左から雨飾山~焼山~火打山~妙高山
c0219866_12593835.jpg

横通岳への樹林に咲くマイヅルソウとツマトリソウ
c0219866_1302271.jpg

ハクサンシャクナゲ
c0219866_1304381.jpg

眠っているのではありません・・・コマクサを撮影中。
c0219866_1311978.jpg

c0219866_1312787.jpg

横通岳から見る常念岳
c0219866_1442291.jpg

整備された縦走路は快適そのもので、すこしぐらいよそ見しても大丈夫。
c0219866_1315016.jpg

c0219866_132021.jpg

東天井岳
c0219866_1322044.jpg

イワギキョウ
c0219866_132447.jpg

ダイコンソウ
c0219866_134597.jpg

2645mの鞍部からは穂高は見えるが槍は隠れてしまう。
c0219866_1343654.jpg

ハイマツの中をひと登りでお花畑となる。
c0219866_135264.jpg

アオノツガザクラ
c0219866_1352341.jpg

ハクサンイチゲ
c0219866_135468.jpg

チングルマ
c0219866_136758.jpg

シナノキンバイ
c0219866_1363114.jpg

ミヤマキンバイ
c0219866_136548.jpg

斜面に咲き乱れるハクサンイチゲとシナノキンバイ
c0219866_1371645.jpg

東天井岳からは再び槍穂高連峰が目の前に広がる。
c0219866_1374579.jpg

大天井岳がぐっと近くなってきた。
c0219866_1381142.jpg

タカネツメクサ
c0219866_1383724.jpg

イワツメクサとコマクサ
c0219866_13905.jpg

ミヤマコゴメグサ
c0219866_1392314.jpg

オヤマノエンドウ
c0219866_1394472.jpg

コイワカガミ
c0219866_1310356.jpg

オオバキスミレ
c0219866_13102762.jpg

大天荘まであと5分
c0219866_13104952.jpg

昼食のカレーライスを注文し、食後は自前のコーヒー。
c0219866_13111021.jpg

午後になっても雲がかからず、大天井岳からも展望は抜群です。
槍穂高連峰
c0219866_13114222.jpg

槍ヶ岳と9月に計画している北鎌尾根
c0219866_1312666.jpg

やはり剱岳と立山は雪が多く、中央右の三角は針ノ木岳 高瀬ダムも見えている。
c0219866_13125790.jpg

燕岳への縦走路
c0219866_1443350.jpg

イワウメ
c0219866_1313213.jpg

大天井岳から槍ヶ岳への道を喜作新道と呼び、小林喜作(1875~1923)がほとんど独力で足かけ3年を要して開削した。
切通岩にある喜作のレリーフ
c0219866_13135270.jpg

岩の右端にレリーフが見える。
c0219866_13314082.jpg

P2699手前はコマクサの群生地となっている。
c0219866_1315497.jpg

エゾシオガマ
c0219866_13152847.jpg

フウロ
c0219866_13155265.jpg

ハクサンチドリ
c0219866_13161056.jpg

そろそろ疲れが出るあたりで、ゆっくりP2678に登れば蛙岩が見えてくる。
c0219866_1316335.jpg

蛙岩の日陰で最後の休憩タイムのあと、槍を背にひと頑張りです。
c0219866_1317880.jpg

赤い燕山荘と燕岳
c0219866_13175629.jpg

バンザーイ!燕山荘に着きました。
c0219866_1318238.jpg

Tシャツをはじめ欲しいお土産がたくさんある山荘内。
c0219866_13184942.jpg

生ビールが美味い!
c0219866_13191547.jpg

喫茶室でTさんの誕生日を祝います。
誕生日を迎えた人のケーキ無料サービスが嬉しい。
c0219866_13335679.jpg



7月27日(金)天候:快晴
燕山荘5:40・・・6:05燕岳6:15・・・6:35燕山荘6:40・・・7:25合戦小屋・・・10:15中房温泉

日の出
c0219866_1320143.jpg

今日も富士山をはじめ展望のきく天気となりそうです。
朝焼けの槍穂高連峰
c0219866_13205661.jpg

テガタチドリ
c0219866_13211813.jpg

ウサギギク
c0219866_13213869.jpg

イルカ岩
c0219866_13215987.jpg

5人ぐらいでいっぱいの狭い燕岳山頂
c0219866_1323486.jpg

燕岳からの槍穂高連峰 左端は大天井岳
c0219866_13233125.jpg

北方は剣立山や鹿島槍
c0219866_1324091.jpg

北アルプス三大急登に含まれる合戦尾根上部では、所々から槍ヶ岳を眺めることができる。
c0219866_13242761.jpg

合戦小屋名物のスイカで~す♪
c0219866_13244934.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-28 13:35 | 山を歩いてきました | Comments(0)

8月の計画(1)   

2012年 07月 24日

8月2日(木)・・・天狗塚(中級 行動6時間)集合:文化の森6時

★アルペン的な山容をした天狗塚には多くの高山植物が見られ、まだコメツツジが咲いていそうです。
c0219866_18364981.jpg
c0219866_18365685.jpg
c0219866_1837410.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-24 18:38 | 募集企画 | Comments(0)

2012.7.22~23 大山   

2012年 07月 24日

1泊2日で大山へ行ってきました。
といっても弥山に登ったのではなく、キリン峠からの槍尾根と槍ヶ峰の展望、そしてユートピア避難小屋付近の花が目当てです。

7月22日(日)天候:晴れ時々曇り
文珠谷登山口11:40・・・12:15文珠越・・・13:05鳥越峠・・・14:00キリン峠14:30・・・15:00鳥越峠・・・15:40文珠越分岐・・・16:20健康の森遊歩道入口

文珠越に着くと樹林の間から見えるのは槍尾根。
c0219866_1215399.jpg

ヤマアジサイ
c0219866_1216248.jpg

花が終わったサンカヨウ
c0219866_1216567.jpg

ブナ林の単調な登りは鳥越峠で終り、ここから尾根歩きとなるが道は歩きにくい。
お花畑といえるほどではないにしろ、シモツケソウなどが咲いているのは嬉しい。
c0219866_12173899.jpg

キリン峠(地形図の1405mピーク)に到着すると、槍尾根の全景と東壁の展望が開ける。
c0219866_121871.jpg

崩壊が激しく登攀の対象にはなりそうにもないが、槍尾根は雪が締まる3月ごろなら面白そう。
やがて槍ヶ峰が姿を現す。
c0219866_12184064.jpg

振り向けば登山禁止の烏ヶ山。
c0219866_1219222.jpg

荒れた文珠谷を嫌って途中から遊歩道へ入れば、若いブナ林の道はよく整備されている。
c0219866_12194524.jpg

今日の宿は「ペンション ふくろう」
c0219866_12201021.jpg

汗を流してビールを庭で♪
c0219866_1221659.jpg

私たちだけなのでゆっくり食事ができました。
c0219866_1221344.jpg

c0219866_1221466.jpg

c0219866_12215765.jpg



7月23日(月)天候:晴れ時々曇り
南光河原駐車場7:15・・・7:25大山寺・・・7:35大神山神社・・・8:25下宝珠越・・・9:00中宝珠越・・・9:55上宝珠越・・・10:20ユートピア避難小屋11:00・・・11:15三鈷峰11:25・・・11:40分岐・・・12:00上宝珠越・・・砂すべり・・・13:20元谷林道・・・13:40大神山神社・・・14:00大山寺・・・14:20大山館14:45・・・14:50南光河原駐車場

朝食です
c0219866_12233691.jpg

大山寺橋からは大山の全景が眺められ、左端の三角が三鈷峰。
c0219866_1224286.jpg

急な登りを終えた下宝珠越で宝珠尾根に乗り、涼しい風に蒸し暑さから開放される。
c0219866_12242944.jpg

ブナの林が美しい宝珠尾根
c0219866_1225546.jpg

宝珠尾根は10年ほど前の3月、剣ヶ峰から弥山縦走のとき以来。

まだツツジが咲いている
c0219866_12253737.jpg

ダイモンジソウ
c0219866_12255729.jpg

アカモノ?
c0219866_12261816.jpg

シモツケとトリアシショウマ
c0219866_12264486.jpg

中宝珠越を過ぎるとロープが何箇所かある。
c0219866_1227754.jpg

c0219866_12271694.jpg

北壁が目の前に広がる
c0219866_12273969.jpg

剣ヶ峰(中央右)と天狗ヶ峰(中央左)
c0219866_1228630.jpg

上宝珠越からユートピア避難小屋へは尾根を外れ、トラバース道になると花が増えてくる。

ホソバノママハハコ
c0219866_12283671.jpg

ミヤマオトギリ
c0219866_12285898.jpg

クガイソウ
c0219866_12291746.jpg

ユートピア避難小屋周辺はお花畑が広がっていて、平日だというのに登山者が多い。
クガイソウ、シモツケ、オオバギボウシ、シュロソウなどなど。
c0219866_12303248.jpg

c0219866_12304432.jpg

c0219866_12305687.jpg

クガイソウの数が減ったとIチャンが話していましたが、これだけ見られたら満足です。
c0219866_12312081.jpg

後方は三鈷峰
c0219866_12314199.jpg

ダイセンコゴメグサ
c0219866_1232737.jpg

三鈷峰へ向かいます
c0219866_12323086.jpg

ケルンが三つ立つ山頂
c0219866_12325216.jpg

あいにく剣ヶ峰から弥山の山頂稜線はガスがかかってしまう。
c0219866_12331612.jpg

上宝珠越から50mほど下るとロープの箇所があり、土砂の下には白く残雪が見られます。
c0219866_1241519.jpg

ここを慎重に下ったあとは砂すべりと呼ばれる急降下となり、落石を出さないように下らなければなりません。
c0219866_12341221.jpg

c0219866_12342371.jpg

谷の傾斜が緩くなる辺りで青空となり、北壁の別山も見えてくる。
c0219866_12344660.jpg

林道に出ました
c0219866_12351028.jpg

夏はこれが一番!
c0219866_12353735.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-24 12:42 | 山を歩いてきました | Comments(0)

「百名山ふたたび」   

2012年 07月 21日

深田久弥 著 河出書房新社 2000年4月発行
c0219866_1471211.jpg

『日本百名山』の著者深田久弥の紀行文を再編集したものである。
北海道の利尻岳から屋久島の宮之浦岳まで18座の山行は、時代背景から古い岳人には懐かしい内容だろう。

百名山にはまったく無関心だけど読んでみようと思ったのは、1958(昭和33)年7月の剣山が書かれているからだ。
私が初めて登ったのは1962(昭和37)年7月だから、ほとんど同時代だということも興味深い。

深田は高松講演のついで剣山に向かう。
「貞光出発後約二時間で、橋のたもとの終点、登山口に着いた」とあるから剣橋だろう。
文面から“つづろ道”を登ったようで、
『見えるどの山も、ビッシリ木に覆われている。
徳島県では大々的森林開発事業に取りかかっている話を昨夜聞いたが、なるほどこれは宝庫だ。
そしてこの森林の深さが、剣山に秘境的な神秘さを与えているのだろう』とある。
c0219866_1483190.jpg

この日は夫婦池を経由して見ノ越の大剣神社で宿泊している。
翌日は雨が激しく降り、登頂を諦め同じ道を下ることになる。

下山は祖谷を予定していたようで、
『祖谷川は昔から名前を聞いていただけに、一ぺん行ってみたい所だった。 (中略)
飛騨の白川郷と、肥後の五家ノ荘と、この祖谷谷とが、その三大古蹟だと私は聞いていた。 (中略)
祖谷だけがまだ昔の姿を残している』
東京へ帰る時間が迫っていただけに、祖谷を見ることができなかった残念な心境が書かれている。

初めての剣山から50年が過ぎ、子どもの目には当時の様子を覚えていませんが、植林に覆われてしまった山肌に今は見る影もないということでしょう。

by nakatuminesan | 2012-07-21 14:16 | | Comments(0)

沢登り   

2012年 07月 20日

岩登りとおなじように沢登りは登山の一つの分野を形成していて、日本特有の登山形態だといえそうです。
雪崩に磨かれた豪雪地帯や東北にはいい沢がたくさんあり、塩胡椒などの調味料と釣道具をザックに、キャンプを重ねる沢登りは楽しそうです。
採れた山菜や釣った魚をアテに、渓で飲む酒は美味いだろうと思いますが、もうそれをやる時間はなくなってしまいました。

単独が長かったこともありますが、もともと尾根屋だったことも理由のひとつで、近場で日帰りの沢登りしかやったことはありません。
滝は高巻きすればいいとはいえ、単独では危険な行為ともなりかねません。

長年にわたり単独で沢を続ける人や、ウエットスーツで冬の谷を遡行する猛者(変人?)がいることも知ってはいます。
沢登りでは登れる滝は登ってこそ面白いので、一目で登れるかどうかの判断ができる岩登りの経験が求められます。

徳島での日帰り沢登りは何度かやりました。
剣山の大剣谷などはザイルも使わない初心者向け。
穴吹川支流の境谷には登れる滝が5、6箇所あり、シャワークライムを満喫できる中級でしょう。
もちろんザイルで確保されているので、ワーワーキャーキャーと安心して水と戯れることができます。
c0219866_18472745.jpg

足元の装備として昔は地下足袋にワラジ姿でしたが、渓流シューズや釣り具屋で売っている鮎足袋が主流となりました。
あとの装備はザイル、ヘルメット、ハーネス、カラビナ、エイト環など。
c0219866_18311144.jpg

シャワークライムができる沢登りは、涼しくて楽しい夏の遊びとして最高ではないでしょうか。
c0219866_18314051.jpg

c0219866_1832066.jpg

c0219866_18323264.jpg

昼の定番ソーメンが美味♪
c0219866_18332219.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-20 18:46 | 山のあれこれ | Comments(0)

県外の夏山計画   

2012年 07月 19日

憧れの剱岳2999m登頂と立山3015m縦走・・・8月5日(日)~12日(日)の好天3日間

★剱岳は「カニのタテバイ」や「カニのヨコバイ」など、クサリ場や岩場の通過が連続します。
雨天での行動は危険を伴うため、天気のいい日を選んで剱岳へ向かいます。
雪渓が多い剱岳と立山のお花畑にはチングルマやコイワカガミなど、高山植物が数多く花を咲かせています。
詳細はお問い合わせください。
TEL:090-7782-6031

日程:
1日目…徳島5:00⇒⇒室堂・・・剣山荘(泊) 行動3時間半
2日目…剣山荘・・・前剣・・・剱岳・・・剣山荘・・・剣御前小屋(泊) 行動9時間
3日目…剣御前小屋・・・立山・・・室堂⇒⇒21:00徳島 行動5時間
c0219866_18435766.jpg
c0219866_1844651.jpg
c0219866_18441497.jpg
c0219866_18442944.jpg
c0219866_18443689.jpg
c0219866_18444310.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-19 18:49 | 募集企画 | Comments(0)

夏靴   

2012年 07月 19日

使用期間が短い冬靴は長持ちするのですが、無積雪期に使用する靴は傷みも激しく、特にヤブ山を好んで歩けばなおさらのこと。
夏靴は平均して皮製で2年ぐらいしか使えません。
まして布製の15000円前後のものだと寿命はたったの1年。

きのう藍住にあるゆめタウンのモンベルで、皮製の「アルパインクルーザー2500」を買ってきました。
サイズは28.5センチと大きめです。

さっそく足慣らしを兼ねて今日の散歩で使ってみました。
登山靴には中敷が入っていますが、固くてクッション性に欠けるので、いつも別売りのインナーソールを敷いて二重にしています。
そうすると下りでは膝への負担が軽減され、かなり足の疲れが少ないと感じています。
c0219866_1873324.jpg

登り下りとも一番上のフックに靴紐を通さないのは昔からの個人的な好みです。
c0219866_1875838.jpg

c0219866_1891949.jpg

スイカは20センチ大に
c0219866_1881982.jpg

ヘクソカズラ
c0219866_1883927.jpg

元気に動きまわるスズメバチ君
c0219866_1894449.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-19 18:10 | 山のあれこれ | Comments(0)

越百山(こすもやま)2613m   

2012年 07月 18日

中央アルプスの中央部に位置し、日本三百名山に選ばれている。
越百山の名は多くの峰を越えなければ登れないという意味だとの説がある。

北アルプスや南アルプスに比べると規模の小さな中央アルプスにあって、アルペン的な雰囲気の山容は隣の仙涯嶺まで。
越百山から南になる中央アルプス南部は、ヤブ山と呼ばれて人気のないのが事実である。
空木岳から南駒ヶ岳を越え、越百山を縦走の終点と考える人が多かったし、今でもこれは変わらないようだ。
しかし木曽側の須原道に1992年、越百小屋が建てられてから登る人が増えた。
c0219866_1841752.jpg

初めて登ったのは学生時代の木曽駒ケ岳からの縦走秋合宿。
中央アルプスは何度か訪れることはあっても、この山に登る機会は長い間なかった。

二回目は昨年秋10月空木岳への縦走のとき。
越百小屋から1時間ほどの山頂に立つなり感動することは、南アルプス塩見岳と悪沢岳の間に富士山が望めることだろう。
c0219866_1842537.jpg

秋晴れの越百山
c0219866_184319100.jpg

なだらかな稜線はハイマツに覆われ、2600mの山とは思えないほど女性的。
c0219866_18434125.jpg

南駒ヶ岳からの越百山(中央)
c0219866_18452630.jpg

40数年ぶりでは越百山の記憶はまったくなかったが、縦走路は断片的に覚えている場所があった。
水を飲むとバテると言われていた当時は飲まないのが偉い?(少しは飲みます)とされていて、コケモモを口にしながら歩いていたものだ。

右から空木岳・赤椰岳・南駒ヶ岳・ 仙涯嶺・ 越百山
c0219866_1846374.jpg

by nakatuminesan | 2012-07-18 18:49 | 日本の山 | Comments(0)