<   2011年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

夏から秋へ   

2011年 08月 31日

明日から9月ということは、季節は夏山から秋の山へと移っていきます。
梅雨明けが早くて喜んだものの、全般的には天候には恵まれなかったようです。
特に信州方面がそうだったような気がします。

それでも登山者は山へ向かい、悲しい事故も多発しました。
山岳遭難は道迷い、滑落、転倒が多く、全体の70.2%を占めているというデータがあります。
年齢別には55歳以上の遭難者が多く、全遭難者の約60%を占めています。
そのうちの60歳代が特に多く、その年代の登山者が多いのが理由です。

剱岳や穂高岳では滑落などによる死傷者が出ない年はありません。
言葉は荒いかもしれませんが、人気の山にあれだけ多くの登山者が集中すれば、犠牲者の出ないことが不思議だとさえいえそうです。
もともと岩で構成された危険を伴う山であり、自分では防ぎきれない落石の危険にも曝されているからです。
c0219866_18162098.jpg

加齢とともにバランスが低下することも滑落や転倒の原因となっています。
岩場を通過するときの基本技術に三点支持(三点確保)があります。
常に両手両足の4点のうちの3点で身体を確保しバランスを保つことです。

先日の剱岳でのことです。
岩場を前にして「三点支持」を話すと、「無意識に三点支持になるよね」との答えがありました。
確かにそのとうりで、岩場に限らず急斜面などでは自然に三点支持で行動するのが本能。
しかし三点支持は十分に知っていても、加齢によるバランス感覚の衰えがあるはず。

落石の恐れのある場所では、上部を行く登山者の動きを見ながら行動し、危険地を抜けるまでの休憩は厳禁。
c0219866_18163916.jpg

山に登る以上は誰でも遭難や事故に遭遇することは考えられます。
しかし経験と注意力から危険を回避し、その確率を下げることが求められます。

by nakatuminesan | 2011-08-31 18:30 | 山のあれこれ | Comments(0)

ワケギ   

2011年 08月 31日

カモシカの山行によく参加してくれるKさんから、ワケギの球根をたくさん頂きました。
c0219866_1216285.jpg

ちょっと調べてみるとワケギ(分葱)は日本を代表する青ネギ(葉ネギ)の一種で、広島県尾道市の出荷量が日本一だそうです。
原産はシベリア地方で、日本には5世紀ころには渡来して栽培されていたとあります。

レシピはいろいろあるようですが、「ぬた」で食すると最高の味ではないでしょうか。
もっとも食べるしか私にはできませんが、あの独特の歯ごたえはたまりませんね。

さっそく猫の額ほどの我が畑に植え付けました。
c0219866_12165017.jpg

c0219866_12174468.jpg

by nakatuminesan | 2011-08-31 12:21 | 四季 | Comments(2)

続く残暑   

2011年 08月 30日

昨年の夏はよく猛暑という表現が使われたように憶えています。
今年は熱中症という言葉が耳にも目にも入り、まだまだ厳しい暑さが続きそう。

夕方近くに出かける散歩を今日は朝のうちに済ませました。
いくらか涼しいとはいえ、帰宅すればビショビショのありさま。
c0219866_10553673.jpg
c0219866_10554482.jpg
c0219866_1055536.jpg
c0219866_1056139.jpg
c0219866_10561088.jpg

暑いときでも山に登るのが一番いいのかもしれません。
徳島でも標高1500mぐらいまで上がれば、気温は20度を少し超えるぐらいですから。

by nakatuminesan | 2011-08-30 10:56 | 四季 | Comments(0)

夏山シーズン終り   

2011年 08月 27日

明日から南アルプスの白峰三山の予定でしたが中止しました。
前から続いている不安定な天候に加え、沖合いにある台風も気になるし、行くなら安定した天気のほうがいいですから。
日程の調整に都合をつけやすい方が多いので、白峰三山は紅葉の時期にしようと決まりました。

毎日のように各地で大雨や洪水の警報が出されています。
今年は早くから梅雨が明けましたが、本来の夏山らしい天気には恵まれずに終わろうとしています。

稲刈りを終えた田んぼを見ることが多くなり、ここのところツクツクボウシの鳴き声がよく聞えます。
c0219866_18152855.jpg

c0219866_18153830.jpg

by nakatuminesan | 2011-08-27 18:16 | 四季 | Comments(2)

金糞岳(かなくそだけ)1317m   

2011年 08月 25日

徳島ではこの山を知る人は少ないかもしれない。
滋賀県では伊吹山に次ぐ標高第2位の山であり、岐阜県との境をなす滋賀県北部に位置する。
分かりやすくいうと伊吹山の北方約20キロにある。

名神高速米原JCTから北陸道に入ると、伊吹山の左前方に特徴のない姿で見えてくる。
関西百名山に選ばれているらしい。

このユニークな山の名は、古くは鉱山があったものと思われ、その精錬の祭に出る鉱滓に由来するといわれる。
標高こそないが冬場の積雪は多く、遠く白山や北アルプスが眺められるという。

楽をしようと県境まで車を入れたならば、山頂までは1時間ほどの登りで着いてしまう。
お勧めは高山キャンプ場から花房尾の奥山と白倉岳を経由して、山頂から小朝ノ頭を越えて中津尾を下山する周回コース。
登り4時間半、下り3時間半とちょうど手ごろ。
c0219866_158665.jpg

4年前の初秋に歩いたこの周回が初めての金糞岳だった。
深谷をはさんで歩く尾根の展望が得られるだけでなく、登山者が少ないことに好印象を持った。

2度目はつい昨年4月のことで、予想外の残雪の多さに喜んだり時間配分に焦ったり。
標高600mから中津尾に取り付き、時間ギリギリの登頂は“なにくそだけ”だった。
鳥越峠から見た金糞岳
c0219866_1511018.jpg

豊富な残雪とブナ林
c0219866_15112446.jpg

この山の存在は古くから知っていた。
なぜなら・・・あの加藤文太郎が登っていたから。

1934年(昭和9)2月、滋賀県の甲津原から中津又谷を詰め、岐阜県側から登ろうとしたが濃霧のため敗退している。
翌週も金糞岳を目指すために、文太郎はスキーを甲津原に置いて帰る。
こんどは西の向山谷から山頂に立ち、白倉岳から花房尾の奥山を経て高山へ下山している。
もちろんスキーを使ってである。

雪が締まり天候が安定する3月ごろ、奥美濃の能郷白山などとセットでスキー登山をしたい山である。

by nakatuminesan | 2011-08-25 15:16 | 日本の山 | Comments(0)

2011.8.23 ニクブチ峠~一ノ森~東尾根周回   

2011年 08月 24日

前線が山陰あたりまで北上したことで、昨日までの天気とは違うはずである。

ひと登りでニクブチ峠に立つと、赤帽子山から丸笹山の展望がある。
ブナを主体とする稜線を吹く風は涼しくて、8月とは思えないほど快適に登れる。
c0219866_10302687.jpg

これは食べられるヒラタケだろうか?
c0219866_10305071.jpg

いつも水がある通称「池の窪」
昔はこの辺りが分かりにくかったが、今では踏み跡があるので気軽に歩ける。
c0219866_10311699.jpg

樹林を抜けた標高1600mあたりで視界が開けるが、一ノ森はガスに覆われたまま。
c0219866_10321335.jpg

濡れた笹の登りを終えるとコリトリ道と合流する。
一ノ森ヒュッテではクガイソウは終り、ソバナやレイジンソウが咲き始めている。
c0219866_10331265.jpg

内田さんが花を説明してくれる。
c0219866_10333299.jpg

気温14度と、長袖でなければ落ち着いて食事ができないくらい涼しい。

東尾根を下り始めるとガスが晴れだした。
嬉しそうなのはガスが晴れたことに加え道がないからだ。
c0219866_1034868.jpg

これから向かう東尾根がよく見渡せる。
c0219866_10343581.jpg

シカ道に足をとられながら笹の斜面を下り、振り返ると一ノ森が大きい。
前回は新雪のときだったが、緑濃い夏もなかなかいい。
c0219866_11135394.jpg

気になるのは悪者視されだしたシカが増えたこと。
今日だけでも何度その姿を見かけたことか。

東尾根は歩いていて実に気持ちがいい。
中央の笹のピークが三角点1611.8m(点名:笹原)
c0219866_10354026.jpg

笹原に到着すると再び一ノ森にガスがかかり始める。
c0219866_1036499.jpg

ピーク1605mで雨になるも、雨具の装着を考えていると止む。
下山ルートの尾根にはミズナラやブナが多く、紅葉の季節は綺麗にちがいない。

天候:曇り
スーパー林道登山口9:05・・・9:25ニクブチ峠・・・9:40P1389m・・・10:10コル1480m(池の窪)・・・11:10コリトリ道分岐・・・11:20一ノ森ヒュッテ12:05・・・12:40コル1610m・・・13:05三角点1611.8m(点名:笹原)13:20・・・13:40標高点1605m・・・14:50スーパー林道登山口

by nakatuminesan | 2011-08-24 10:39 | 山行報告(中級) | Comments(0)

書物を紹介します   

2011年 08月 22日

「はたらく動物大研究」森祐司 武内ゆかり監修 PHP研究所 2011年8月19日発行
c0219866_1538083.jpg

エベレスト街道で撮影したヤクの写真が載りました。

4月ごろにPHP研究所から、ヤクの写真の提供依頼がありました。
荷を運んでいるヤクを何枚か送ったところ、この一枚が採用になったものです。
c0219866_15391578.jpg
c0219866_15392414.jpg
c0219866_15393425.jpg
c0219866_15394235.jpg
c0219866_15395063.jpg

本書は一般書店での販売はもちろん、学校における教材としての使用などが目的だそうです。

先ほど見本誌が手元に届きました。
c0219866_15405995.jpg

by nakatuminesan | 2011-08-22 15:47 | お知らせ | Comments(4)

久々に青空が   

2011年 08月 22日

c0219866_8262139.jpg

数日前から日本の南岸に停滞していた前線(秋雨前線?)。
今日あたりから少しずつ北上しそうな気配で、弱まっていた太平洋高気圧の張り出しが次第に強まりそうです。
そうすれば夏空が広がってくれるのですが。
頑張れ太平洋高気圧!
c0219866_827388.jpg

by nakatuminesan | 2011-08-22 08:27 | 四季 | Comments(0)

ベースキャンプ   

2011年 08月 21日

ヒマラヤ登山のベースキャンプ(BC)は、山頂を目指すための根拠地となるキャンプ。
荷を運ぶ動物やポーターたちの行動圏はBCまでで、そこから上はシェルパたちが活躍する世界となる。

人の少ない静かな山のBCは自分たちだけで実に気分がいい。
c0219866_14375117.jpg

c0219866_14531632.jpg

天気がいいとシェルパたちはルート工作や荷揚げに向かう。
c0219866_1441302.jpg

しかし平均して3日に1日ぐらいの割合で休養日を設けている。
我々も天気がいいと高度順応のために行動を開始する。

天気がよくない日は当然BCや上部のキャンプに滞在となる。
天気が回復しても雪崩の恐れがあれば停滞する。

BCで滞在中は天気がいいと洗濯をしたり、シュラフを乾かしたりする。
c0219866_1442133.jpg

暇つぶしに持ってきた本を読むことも多い。
シェルパたちはもっぱら賭けトランプに興じる。
c0219866_14424090.jpg

雪崩見物も時間が経つのを忘れるほど面白い。
c0219866_1443646.jpg

c0219866_1443151.jpg

しかし山頂の方にみんなの目が注がれているのがヒマラヤである。

by nakatuminesan | 2011-08-21 14:48 | ヒマラヤ | Comments(2)

8月の計画(3)   

2011年 08月 20日

8月23日(火)・・・ニクブチ峠~一ノ森~東尾根周回(中級 行動6時間)集合6時
c0219866_16354836.jpg

★7月30日に予定していましたが、スーパー林道が通行止めで中止した計画です。

平家平や青ノ塔を前方にしながら、一ノ森から笹のスロープを下ります。
東尾根の三角点(笹原)から眺める一ノ森の山容は見事といえます。

by nakatuminesan | 2011-08-20 16:36 | 募集企画 | Comments(0)