<   2011年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

剣岳へ   

2011年 07月 31日

明日から剣岳へ行ってきます。

昨年は9月に計画しましたが、低気圧や台風により二度とも中止しました。
今年は最も天候が安定するこの時期に日程を組みましたが、上空の寒気の影響ですかっとした青空を望めるかどうか。

しかし山は行ってみないと分かりません。
今朝は剣岳が姿を見せていましたから。

先日の槍ヶ岳と同じぐらいの天気だといいのですが。
c0219866_18505134.jpg

by nakatuminesan | 2011-07-31 18:55 | Comments(0)

2011.7.30 行者山~北東尾根周回   

2011年 07月 31日

北東尾根は行者山山頂から北東に延びる長い尾根で、北側の日和田谷と東側の千本谷に挟まれた形になっている。
4月の池野河山から御朱印谷山縦走の折、北東尾根の全体を眺めることができた。
いつもの変な癖が出たのか、是非とも歩いてみたいと思った。

日和田登山口からは行者山と北東尾根が目の前に見える。
c0219866_1001974.jpg

伐採地に出ると強い日差しを受ける。
石立山の山頂は尾根の向こう側なので見えない。
c0219866_1004542.jpg

小さな谷を渡りトラバース気味が終わるとイワマツの付いた大岩がある。
ここから急斜面を登りきれば四ッ足堂のある四ッ足峠に立つ。
c0219866_1015020.jpg
c0219866_101596.jpg

行者山までは高知県側からの風に一息つける場所もあるが、小さなアップダウンと暑さのせいか休憩が多くなる。
完全に枯れてしまったスズタケの急斜面を登れば山頂に到着。
c0219866_1042281.jpg

赤城尾山
c0219866_1044420.jpg

次郎笈~剣山~一ノ森
c0219866_10561.jpg

北東尾根の上部は自然林だが、高度を下げると植林帯となり、かすかに踏み跡があるのでコンパスの使用は補助的になる。
標高1100mで御朱印谷山を正面にした広大な伐採地が広がる。
c0219866_1054226.jpg

中央左の伐採地は御朱印谷山北尾根の三角点1013.9m。
c0219866_106842.jpg

折宇谷山(中央奥) 桃の丸(中央) 杉生山(左)
c0219866_10636100.jpg

石立山(標高850m付近から)
c0219866_107273.jpg

伐採地から道は明瞭で歩きやすく、765mのピークまではハイウェイのよう。
名が付けられたピークかと期待したが、それらしき標識は見つからない。

道は北東に延びる尾根を外れ、P765東面をジグザグを繰り返しながら緩く下っていく。
岩の混じった急斜面には古い桟道があり、朽ちかけているので通過には十分な注意が必要。
c0219866_1083970.jpg

花を咲かせたイワタバコ
c0219866_109196.jpg

初めての北東尾根だったが、剣山系南面の展望が得られる面白いルートである。

天候:晴れ時々曇り
日和田8:30・・・9:40四ッ足峠・・・10:55P1201m・・・11:45行者山12:25・・・13:00伐採地・・・14:00P765m・・・14:45北東尾根末端

by nakatuminesan | 2011-07-31 10:13 | 山行報告(中級) | Comments(0)

梅雨明けは早かったが   

2011年 07月 29日

今年の夏は天候が不安定のようです。
先日の台風6号も変わった動きをしたし、その後も四国は曇り空が続きました。
最近は晴れ間が多くなってきましたが、信州方面は雨の天気となっています。
上空に寒気が流入しているらしく、富士山の気温が4度前後ですから、この時期にしては低いといえそうです。

先日の槍ヶ岳は不安定な天候のなかで、26日の登頂は雨に降られないという最も条件のいい日だったようです。

中央奥が薬師岳 右端の三角は水晶岳(槍ヶ岳山荘から)
c0219866_11233724.jpg

庭の木は高さ5mほどしかないのに、10匹ほどのアブラゼミやクマゼミがいて、同時に鳴き出すので賑やかなものです。
c0219866_11244491.jpg
c0219866_11245649.jpg

キュウリとゴーヤは少し収穫しましたが、トマトはなかなか育ちません。
c0219866_11263266.jpg
c0219866_11264164.jpg

by nakatuminesan | 2011-07-29 11:27 | 四季 | Comments(0)

計画の変更   

2011年 07月 28日

7月30日(土)はニクブチ峠~一ノ森~東尾根周回を予定していましたが、行者山周回(中級 行動6時間)に変更します。

★理由・・・台風6号によるスーパー林道通行止め。

30日は日和田から四ッ足峠を経て行者山に登り、長大な北東尾根を国道195号まで下ります。
★集合は6時です。
c0219866_15543433.jpg

by nakatuminesan | 2011-07-28 15:58 | Comments(0)

2011.7.25~27 槍ヶ岳   

2011年 07月 28日

槍ヶ岳は天気がいまいちで、山の展望がほとんどなかったのは残念でしたが、四国では見られない花がたくさん咲いていました。

7月25日(月) 天候:曇り時々雨
新穂高温泉11:20・・・12:40穂高平・・・13:35白出沢・・・14:45滝谷出合・・・16:45槍平小屋(泊)

キツリフネやクガイソウが咲く林道は単調なので、一部ショートカットすると穂高平に着く。
c0219866_1225093.jpg
c0219866_12251986.jpg

c0219866_12253328.jpg

さらに白出沢までは林道が続くが、白出沢の手前でオオヤマレンゲが咲いているには驚くというかラッキー。
c0219866_12261469.jpg

花が終わったサンカヨウ
c0219866_12265637.jpg

ホトトギス
c0219866_12272173.jpg

白出沢を渡ると山道となる。
ゴゼンタチバナ
c0219866_12275537.jpg

センジュガンピ
c0219866_1228188.jpg

滝谷の通過は増水のため、通常よりも100m上流に木橋が架けられている。
c0219866_1230233.jpg

ついに激しい雨に遭い、槍平小屋に到着してやれやれだ。
雨は止むが上空は厚い雲に覆われ、北穂高岳方面もまったく見えない。
夕食
c0219866_12303654.jpg



7月26日(火)  天候:曇り
槍平小屋6:30・・・7:35千丈沢乗越分岐・・・11:05飛騨乗越・・・11:30槍ヶ岳山荘(泊)

夜中は激しく雨が降ったが、出発のころには止んだ。
樹林に咲くマイズルソウ
c0219866_1231189.jpg

キヌガサソウ
c0219866_12314251.jpg

飛騨沢に入ると次々と花が登場する。
キンポウゲ
c0219866_12321710.jpg

クルマユリ
c0219866_12324234.jpg

クロユリ
c0219866_1233485.jpg

シナノキンバイ
c0219866_12332686.jpg

コバイケイソウ
c0219866_12335076.jpg

ハクサンイチゲ
c0219866_1234135.jpg

c0219866_12344928.jpg

チングルマ
c0219866_12351472.jpg

ガスが晴れ大喰岳が見え出す。
c0219866_12353749.jpg

100m間隔で標高が示されている。
c0219866_1236220.jpg

コイワカガミとハクサンイチゲ
c0219866_1236243.jpg

ミヤマダイコンソウ
c0219866_12364711.jpg

コケモモ
c0219866_12371352.jpg

ヨツバシオガマ
c0219866_12373338.jpg

ハクサンシャクナゲ
c0219866_1237574.jpg

アオノツガザクラ
c0219866_12381910.jpg

イワツメグサを見るようになれば飛騨乗越は近い。
c0219866_123843100.jpg

イワベンケイ
c0219866_12393617.jpg

槍ヶ岳山荘の前のテラスでコーヒーとパンの簡単な食事。
そのうち穂先が姿を現すと全員総立ちとなる。
c0219866_1240426.jpg

このハシゴを登れば山頂。
c0219866_12403253.jpg
c0219866_12404139.jpg

小槍を見下ろす
c0219866_1241624.jpg

下りは慎重に
c0219866_12412921.jpg

山荘前にはミヤマオダマキが咲く。
c0219866_12415469.jpg

我々はよほど日頃の行いがよいのか、山荘に入るころには穂先はガスに隠れてしまった。
大喰岳と中岳の往復は中止する。
ストーブが嬉しい
c0219866_1242321.jpg

夕食
c0219866_12425518.jpg



7月27日(水)  天候:曇り一時雨
槍ヶ岳山荘5:50・・・6:00飛騨乗越・・・7:05千丈沢乗越分岐・・・8:40槍平小屋9:10・・・10:00滝谷出合・・・11:20白出沢・・・12:25穂高平12:55・・・13:45新穂高温泉

起きると霧雨だが、出発時には再び槍が見える・・・天気は我々の味方。
c0219866_12434360.jpg

中央手前が大喰岳 その左奥は北穂高岳 中央奥のギザギザが前穂高岳
c0219866_12464061.jpg

飛騨乗越から槍にさよならを告げる。
c0219866_12471923.jpg

飛騨沢上部から見る西鎌尾根
c0219866_12474465.jpg

雷鳥の親子が迎えてくれる。
c0219866_12481019.jpg

カキ氷が嬉しい穂高平まで下りてきた。
c0219866_12483851.jpg

ひらゆの森で汗を流して帰りました。

by nakatuminesan | 2011-07-28 12:52 | 山を歩いてきました | Comments(0)

槍ヶ岳へ   

2011年 07月 24日

明日から槍ヶ岳へ行ってきます。
今朝の立山ライブカメラをみると、今年は残雪が少ないようです。
とはいえ夏山シーズン初めなので、四国とは違った3000mからの展望が楽しみです。
c0219866_1825379.jpg

by nakatuminesan | 2011-07-24 18:26 | Comments(0)

2011.7.23 矢筈山   

2011年 07月 24日

台風が去ったというのに晴れ間が見られない天気が続いていました。
すかっとした青空にはなりませんでしたが、天然クーラーの散歩道という感じでした。
いろんな花が咲いていたし、やはり山はいいと思いました。

オトギリソウ
c0219866_8293870.jpg

落合峠付近でたくさん見られるウツボグサ
c0219866_830217.jpg

シモツケソウが咲き始めている
c0219866_8302570.jpg

イブキトラノオがたくさんある
c0219866_8304949.jpg

ヤマボウシ
c0219866_8311133.jpg

落合峠付近と山頂にはシュロソウが多い
c0219866_8314384.jpg

シコクフウロ
c0219866_83231.jpg

イチヤクソウは一輪だけ
c0219866_8322829.jpg

シシウド?
c0219866_8331431.jpg

ヤマアジサイ
c0219866_8333938.jpg

バイケイソウ
c0219866_834088.jpg

シモツケ
c0219866_8342093.jpg

山頂にはコメツツジが残っている
c0219866_8344352.jpg

イワキンバイ
c0219866_835781.jpg

イシダテクサタチバナ発見
c0219866_8353249.jpg

山頂でにっこり♪♪
c0219866_8355665.jpg

イワキンバイ咲く岩に登りた~い
c0219866_8364636.jpg

青空が広がる矢筈山
c0219866_8373786.jpg


天候:晴れ時々曇り
落合峠9:35・・・10:30標高点1654m・・・11:10サガリハゲ分岐・・・11:55矢筈山12:35・・・13:10サガリハゲ分岐・・・13:45標高点1654m・・・14:35落合峠

by nakatuminesan | 2011-07-24 08:39 | 山行報告(初級) | Comments(0)

7月の計画(5)   

2011年 07月 22日

7月30日(土)・・・ニクブチ峠~一ノ森~東尾根周回(中級 行動6時間)集合6時

★平家平や青ノ塔を前方にしながら、一ノ森から笹のスロープを下ります。
東尾根の三角点(笹原)から眺める一ノ森の山容にはほれぼれします。

写真は新雪がきた11月下旬ですが、今は緑濃い笹に覆われています。
c0219866_18195778.jpg
c0219866_1820643.jpg

by nakatuminesan | 2011-07-22 18:21 | Comments(0)

2011.7.21 雪彦山   

2011年 07月 22日

今日は剣岳メンバーと石鎚山のクサリ場を登り、岩場の感触を試す意味で東稜を下る予定だった。
しかし台風通過直後で道路状況が心配されたため、急きょ岩場のある雪彦山に変更。

大天井岳が見える展望岩ですでに汗ビッショリ。
c0219866_9323284.jpg

しばらく登ると小さな岩の下りにはクサリがある。
c0219866_933427.jpg

出雲岩を過ぎると岩場が続くようになる。
ここは剣岳の“カニのタテバイ”のつもりで登る。
c0219866_9333950.jpg

左の凹角に入らず右のリッジを登る。
c0219866_934498.jpg

この上に“セリ岩”がある。
c0219866_9343331.jpg

無事に通り抜けられた♪
c0219866_9345760.jpg

続いての“馬の背”も面白い。
c0219866_9352132.jpg

ここから大天井岳まではクサリやロープを使わずに登る。
c0219866_9354560.jpg

大天井岳で岩場は終り、雪彦山の展望が得られる。
c0219866_9361933.jpg

雪彦山に到着。
c0219866_938885.jpg

ここまでに1名がヒルの攻撃に遭い、虹ヶ滝を経由する下山コースは全員が犠牲になること確実。
往路を引き返せば岩場の下りの練習になる。

クサリを使わずにバランス良く下る。
c0219866_9384945.jpg
c0219866_9385819.jpg

楽な下山のはずなのに、今年一番の蒸し暑さには閉口。

雪彦温泉でさらに3名がヒルの犠牲者と判明。
でも4名とも1箇所だったのでよかったです。 

天候:曇り
登山口9:35・・・9:55展望岩・・・10:40出雲岩・・・10:55セリ岩・・・11:05馬の背・・・11:20大天井岳11:30・・・12:10雪彦山12:40・・・13:10大天井岳・・・13:30馬の背・・・13:40セリ岩・・・13:55出雲岩・・・14:25展望岩・・・14:45登山口

by nakatuminesan | 2011-07-22 09:43 | 山を歩いてきました | Comments(0)

7月の計画(4)   

2011年 07月 20日

7月23日(土)・・・東祖谷の矢筈山1849m(初級 行動4時間)集合7時
★15日に計画していたのですが、都合で中止(延期)になっていました。

シモツケソウなど夏の花が咲き始めています。
c0219866_18423598.jpg

c0219866_1841273.jpg

by nakatuminesan | 2011-07-20 18:42 | Comments(0)