<   2010年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧   

よいお年をお迎えください   

2010年 12月 31日

雪が降ったので今年の登り納めに中津峰山へと思っていました。
ところが山の計画書を作ったり、各地の積雪量をパソコンで見ているうちに夕方になってしまいました。
年明けには寒い所へ行くんだからと、軟弱な姿勢のほうが強いのかもしれません。

山がない日は近郊の農道を1時間ほど歩くことにしています。
c0219866_17202365.jpg

道路の雪は消えましたが、北屋根にはまだ融けずに残っていました。
c0219866_1721459.jpg

今年もカモシカクラブの山行には沢山の方に参加していただき、まことに有り難うございました。

ブログには山の報告以外にも1日1題と考えて書いてきました。
下手な文の内容薄い事柄ばかりですが、来年もご愛読をよろしくお願いします。

by nakatuminesan | 2010-12-31 17:26 | 四季 | Comments(0)

雪が積もりました   

2010年 12月 31日

この冬一番の寒気が入ってきたようで、2センチほどの積雪となりました。
祖谷の京上では昨夜20ミリ近い雨量を観測しているので、剣山や矢筈山では30センチの降雪があったと思われます。
7時の気温は京上でマイナス3.7度、富士山ではマイナス28.5度まで下がっています。

2階の窓からは東龍王山と西龍王山が見えるのですが、今朝は雪雲に覆われています。
c0219866_8141745.jpg

年末寒波の来襲で南国四国も雪の年越しとなりそうです。

by nakatuminesan | 2010-12-31 08:16 | 四季 | Comments(0)

1月前半の計画   

2010年 12月 30日

① 1月8日(土)・・・三嶺(雪山登山 行動7時間)集合5時
★悪天候の場合は9日に延期します。
c0219866_18364134.jpg

② 1月10日(月)・・・剣山~次郎笈(雪山登山 行動6時間)集合6時
c0219866_18371453.jpg

今回の寒波で積雪を期待しています。
★スノーシューが必要な方にはレンタルがあります。

by nakatuminesan | 2010-12-30 18:40 | Comments(0)

大荒れの年越しに   

2010年 12月 30日

庭のバケツに薄氷が張っていました。
c0219866_918883.jpg

今朝はまだ穏やかですが、今夜から冬型の気圧配置が強まりそうです。
大晦日から元旦にかけて西日本の平地でも積雪の恐れもあります。

今朝の気象庁予報部の発表によれば、今回の寒気は山雪型だそうで、
四国の山地でも30センチを超える積雪が予想されています。
c0219866_9185019.jpg

若い時は山で年越しをし、下界にいることはなかったのですが、家にいるようになった今でも年末の天候は気になるものです。
年明けには山スキーができるかと期待しています。
c0219866_9203887.jpg

by nakatuminesan | 2010-12-30 09:22 | 四季 | Comments(0)

ネパールの写真(3)   

2010年 12月 29日

トレッキングの様子をもっと知りたいと、ご希望があったので写真を紹介します。

カトマンズからルクラ(2840m)へは18人乗りの小型機で飛ぶ。
3900mの高度で尾根すれすれに飛ぶのが面白い。
c0219866_11212452.jpg

10年ほど前に舗装されたルクラの空港。
滑走路が短いので離着陸しやすいように傾斜している。
c0219866_11221234.jpg

チベット仏教のお経が書いてあるマニ石は左側を歩く。
c0219866_11225233.jpg

ポーターはドッコという逆三角形の籠をナムロという紐を使って荷を背負う。
一般的に荷の重さは60~70キロ、強いポーターは100キロを背負う。
c0219866_11232452.jpg

竹でドッコを作っている。
c0219866_11242955.jpg

皇帝ダリアが咲いていた。後ろの山はヌプラ(5885m)
c0219866_11245966.jpg

共同水場で石鹸を使って洗濯する女性たち。
c0219866_11252659.jpg

シェルパの里といわれるナムチェ・バザールの村。
c0219866_1125583.jpg

ナムチェ・バザールの中心 登山用具から生活用品まで揃っている。
c0219866_11263155.jpg
c0219866_11264254.jpg

ナムチェ・バザールのロッジのメニュー。
1ルピーは約1.2円だからレモンティーは60円。
c0219866_1127223.jpg

カトマンズで20ルピーのミネラルウオーターが100ルピーだから安くはない。
c0219866_11274714.jpg

ネパールの日常食ダルバートは、ダル(豆のスープ)・バート(ご飯)・タルカリ(野菜のおかず)・アチャール(漬物)がセットになっている。
c0219866_11281832.jpg

村の入り口にはカンニと呼ばれる仏塔門があり、悪霊が人に付いて村に入るのを阻止している。
c0219866_11284051.jpg

全身が黒く長い毛に覆われているヤクはウシ科の動物で高地に適応している。
人気のあるヤクはトレッカーの撮影モデルになる。
c0219866_11291580.jpg

可愛い生後4ヶ月の子どものヤク
c0219866_11294374.jpg

石造りのロッジはシャレた感じがする。
パンボチェの「エベレスト・ビュー・ロッジ」
c0219866_11301879.jpg

ロッジの内部
c0219866_11304118.jpg

ロッジの横や裏には畑があり、チンゲンサイに似た野菜やキャベツを栽培している。
c0219866_1131951.jpg

ジャガイモの収穫 サイズは小さいが焼いても蒸かしても美味しい。
c0219866_11313520.jpg

ロッジではバッテリーを充電できる。
c0219866_11315936.jpg

ヤクの糞は乾燥させて燃料にする。
c0219866_11322642.jpg

ヤクの糞を燃やすロッジのストーブ。
c0219866_1132524.jpg

リンドウが各地で咲いていた。
c0219866_11331430.jpg

円筒形のマニ車はチベット仏教の信者がお祈りに使う道具。
内部にはロール状の経文が納められていて、これを回すだけでお経を唱えたのと同じ功徳がある。
手に持てる小さなものから2mもの大きなものまである。
c0219866_11335375.jpg

標高約3800mのクムジュンにはエベレストに初登頂(1953年5月29日)したエドモンド・ヒラリーが建てたといわれるヒラリー学校がある。
c0219866_1135194.jpg

チョルテンは仏塔を意味するチベット語で、四方には目が描かれ悪霊が村に入らないように守っている。
c0219866_11355858.jpg

カトマンズの日本料理店で食べた「サバ塩焼き定食」350ルピー
c0219866_11362684.jpg

カトマンズでは近郊で採れた野菜や果物が売られている。
c0219866_11365423.jpg

by nakatuminesan | 2010-12-29 11:40 | ヒマラヤ | Comments(0)

干し柿   

2010年 12月 28日

干し柿は秋から冬の山村の風景ですが、町でも軒先に吊るした家を見かけます。

剣山頂上ヒュッテに勤務する桃原さんから渋柿を頂きました。
熟したのは甘くて美味しく、田舎のたんぼの畦で食べた子供のころを思い出しました。
渋い実は皮を剥いて吊るしました。

干し柿は糖分があるので凍りにくく、冬山の行動食に適しています。
c0219866_17201160.jpg

by nakatuminesan | 2010-12-28 17:21 | 四季 | Comments(0)

山スキーの準備   

2010年 12月 28日

信州方面へ出かけた以前は11月から冬山の装備を引っ張り出したものです。
そういうことはなくなりましたが、積雪量が気になる頃となりました。
今年は何度か冬型の天気になったわりに山には雪を降らせません。

それでも毎年恒例というか、山スキーの板、靴、シールなどの装備をチェックしました。
山スキー用の靴は歩行モードと滑降モードの切り替えが出来るので、滑降時はゲレンデ用に近く、少々後傾になっても大丈夫です。
登山靴は足首が完全に固定されないため登りは楽ですが、滑降には不向きで身体の重心配分が難しいといえます。
c0219866_1261425.jpg

山スキーを始めた35年前から20年前までは登山靴で滑っていました。
いつもは山スキー用の靴ですが、一度は登山靴を使ってみようと思っています。

徳島では豊富な雪は望めないのですが、山を選べば30~50センチの積雪があれば山スキーは可能です。
c0219866_1264751.jpg

林間の作業道や林道を滑るのも面白いものです。
c0219866_1271535.jpg
c0219866_1272298.jpg

雪の到来が待たれます。

by nakatuminesan | 2010-12-28 12:10 | 山のあれこれ | Comments(0)

年明けの計画   

2010年 12月 27日

1月3日(月)・・・天狗塚(雪山登山 行動7時間)集合5時
c0219866_1740561.jpg

2011年の初登山は雪の天狗塚にしました。


雪山は他にも三嶺・剣山・塔ノ丸・風呂塔・腕山などを、県外は寒風山・大山・氷ノ山などを予定しています。
また希望者があれば、雪洞泊の大山登山(1泊2日)を計画したいと考えています。

その他の計画として・・・
① 神戸丸~吉野丸(中級 行動6時間)

② 青ノ塔~ボタモチ山~山姥岳(中級 行動8時間)

③ 御朱印谷山~池野河山(中級 行動6時間)

④ 八早山~大森山(中級 行動6時間)

⑤ 日ノ丸山(初級 行動3時間)

⑥ 竜王山(初級 行動3時間)

・・・などを予定しています。

by nakatuminesan | 2010-12-27 17:45 | Comments(0)

2010.12.26 剣山~次郎笈   

2010年 12月 26日

川井峠から眺める剣山は山頂部に雲がかかっていて、予報からは雪降りと強風の天気になりそうだ。
見ノ越はマイナス7度とけっこう冷え込んでいるが、積雪は登山道をわずかに覆っている程度しかない。
昨年の今ごろは50センチもあったことから、今年は雪の到来がずいぶん遅い。

汗をかかないようスローペースを心掛けるが、気温が低いためかほとんど汗は出ない。
西島から上は霧氷が広がる。

三嶺方面
c0219866_1840354.jpg

山頂方面
c0219866_18402564.jpg

高城山方面
c0219866_1840472.jpg

頂上ヒュッテの温度計はマイナス10度を指している。
ところが知人からのメールでは昨日はマイナス15度だったそうだ。
c0219866_18411892.jpg

剣山から次郎笈の展望は得られないが、コルからの登りにかかるとガスが晴れる。
c0219866_18414752.jpg

振り返ると剣山も姿を現す。
c0219866_1842978.jpg

山頂に着くころには薄日が射すようになった。
c0219866_18423587.jpg

さすがに風は冷たく長い時間はいられないので、風を避けられるコルでゆっくりした。
薄日があるだけで素手でも冷たさを感じないのだから太陽はありがたい。
c0219866_18435090.jpg

トラバース道は見事な霧氷に覆われている。
c0219866_18441435.jpg

矢筈山方面は雪が多そうな感じがする。
c0219866_18443878.jpg

今日の雪質は初心者でもアイゼンを必要とせず、天気予報が外れたものだからラッキーな新雪山歩きとなった。

天候:曇り時々薄日
見ノ越9:00・・・9:55西島・・・10:35頂上ヒュッテ10:45・・・10:50剣山山頂・・・11:25コル11:35・・・12:00次郎笈12:10・・・12:30コル13:10・・・13:15分岐・・・トラバース道・・・13:55西島14:05・・・14:50見ノ越

by nakatuminesan | 2010-12-26 18:51 | 山行報告(中級) | Comments(2)

2010.12.24~25 半平山と竜王山   

2010年 12月 25日

先日のネパールトレッキングのメンバーを含む11名で忘年登山を楽しんできました。
24日は風が強い一日でしたが、半平山からは剣山や矢筈山が見えていました。
c0219866_1873595.jpg

コテージでの夜は美味しい料理とお酒に加えて、歌声喫茶風のクリスマスイブとなりました。
c0219866_1759418.jpg

25日は朝から雪が舞う冬型の天気となったので、予定していた八面山を竜王山に変更。
三頭山から竜王山へ向かいましたが、積雪・強風・ガスの天気では視界もなく、一等竜王山を越えた竜王峠から雪景色を眺めながら下山しました。
c0219866_65464.jpg

c0219866_189419.jpg
c0219866_1891462.jpg

by nakatuminesan | 2010-12-25 18:13 | 山を歩いてきました | Comments(0)