<   2010年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧   

山野井泰史著「垂直の記憶」   

2010年 01月 31日

2004年4月発刊(山と渓谷社)、山野井氏の初めての著書である。
c0219866_15361793.jpg

「8000メートルの教訓」・・・ブロード・ピーク
「ソロ・クライミングの蘇生」・・・メラ・ピーク西壁とアマ・ダブラム西壁
「ソロの新境地」・・・チョー・オユー南西壁
「ビッグウォール」・・・レディース・フィンガー南壁
「死の恐怖」・・・マカルー西壁とマナスル北西壁
「夢の実現」・・・K2南南東リブ
「生還」・・・ギャチュン・カン北壁
の7章からなる。

読んだ感想・・・文章が上手だと思った。
感性が豊かなのだろうか。
心の温かさを感じさせられた。
どの章も死を背中にした緊張感と登る楽しさと苦しさが描かれている。
c0219866_15371625.jpg

山野井泰史の名はよく知られている。
妙子夫人と夫婦で困難な山に登り続けているとか指のないクライマーとか。
特に2002年秋、ヒマラヤのギャチュンカン北壁の単独登頂に成功するものの、帰路に雪崩に遭い壮絶な生還劇の末に脱出する。
その代償として両手及び右足の指を計10本切り落とす。
2005年9月、新潮社から「凍」(沢木耕太郎著)としてドキュメンタリー本が出ている。
c0219866_15382090.jpg

氏は2002年度の朝日スポーツ大賞、2003年の植村直巳冒険大賞を受賞し世界屈指のクライマーと評価を受けている。
彼はいわゆる「壁屋」である。
私も若い時代には壁も攀じたが尾根屋である。
レベルが違いすぎる・・・月とスッポン。
アマ・ダブラム西壁はこの目で見たが、彼なら登れる壁だなと思った。
c0219866_15395392.jpg

だがマカルー西壁に挑んだとは・・・すごい男である。
c0219866_15401871.jpg

2度会ったことがある。
1999年9月徳島公演のとき、最後に質問の時間があった。
私の質問・・・「普段どのようなトレーニングをしていますか」
彼の返答・・・「とくにやっていません」
実にあっけない返事だった。

2度目はカトマンズ。
その秋初めてのヒマラヤ。
あるエージェントの社長宅に招待される。
そこには山野井靖史・妙子夫妻が居候していて、私の顔を見るなり「なぜここにいるんですか!」。
2ヶ月前一緒に写真に納まったものだから覚えていた。
山野井氏らはポーランドの登山家クルティカとクーンブの無名峰を目指したが、10月の大雪で装備を失い登山を中止していた。
別れ際には彼から「楽しんできてください」と言われた。

2009年秋、クーラカンリ北壁を目指すが雪崩の危険から、カルジャン峰7200mに転進し単独でアタック。
だが6300mを最高地点に下降している。
1965年生まれといえば45歳。
すでに最強期は過ぎてしまっている。
ヒマラヤンクライマーとして終わってしまったのでしょうか。
燃え尽きてしまったのでしょうか。

by nakatuminesan | 2010-01-31 15:49 | | Comments(2)

山の計画   

2010年 01月 31日

今日、1月31日(日)の石鎚山は悪天候のため延期しました。

2月15(月)~16日(火)の剣山頂上ヒュッテ泊は定員となりました。

以上お知らせします。

by nakatuminesan | 2010-01-31 10:46 | Comments(0)

2010.1.30腕山   

2010年 01月 31日

スノーシューで歩きたい。シリセードもした~い! 
このところ雪が減ってきたので心配だ。
初めからスノーシューを装着して出発。
水ノ口峠分岐手前で枯葉の上を歩くが尾根道には雪が続いている。
c0219866_101894.jpg

日当たりのいい尾根筋の半分は雪が消えていると想像していたのだが。
この尾根はお気に入りの道。
左に矢筈山や烏帽子山を木立の間から眺めながら歩ける。
葉を落としたカラマツが青空に吸い込まれていく。
c0219866_1022874.jpg

腕山からは寒峰、土佐矢筈山、梶ヶ森など南に視界が開けている。
c0219866_1031244.jpg

西方は赤星山から赤石山系の展望も得られる。
放牧場へは雪が切れることもなく気分よく歩ける。
c0219866_1034152.jpg

このあたりでは大きなブナ
c0219866_104544.jpg

放牧場
c0219866_1042714.jpg

左から石堂山、矢筈山、烏帽子山、前烏帽子山
c0219866_1045490.jpg

牛ではありません
c0219866_105179.jpg

風のない窪地でいると眠気を誘われるくらい暖かい。

食事のあとはシリセード大会になった。
c0219866_1055085.jpg

c0219866_106043.jpg

c0219866_1061050.jpg


天候:快晴
井川スキー場9:40・・・10:20水ノ口峠分岐・・・11:10腕山11:20・・・11:50放牧場13:35・・・14:05腕山・・・14:40水ノ口峠分岐・・・15:30井川スキー場

by nakatuminesan | 2010-01-31 10:08 | 山行報告(雪山) | Comments(3)

2010.1.29黒笠山   

2010年 01月 29日

黒笠山まで2.0キロの標識付近で雪がチラホラ。
c0219866_1834077.jpg

左に谷を見ながらトラバース気味に登っていると10センチ大の落石がある。
なんとカモシカの子供がこちらを覗っている。
c0219866_18343523.jpg

黒笠山ではいつもカモシカを見る。
「私たちは悪者ではありませ~ん」

標高1300mを超えるとほぼ雪の上となりアイゼン装着。
c0219866_1836792.jpg

10日ほど前の高温のあと降雪がないので雪はすこしザラメ状だ。
雪質としては春に近く、まだ時間が早いので硬いが踏み抜くこともある。
陰になった谷には大きなツララが融けずにある。
c0219866_18364590.jpg

谷を右に見ながらの急登を終えると黒笠神社に着いた。
例年なら屋根には1m近い雪が乗っているはずだが今日はない。
c0219866_18371372.jpg

尾根に上がると道が出ている箇所もある。
c0219866_18373924.jpg

矢筈山への分岐のピーク
c0219866_1838377.jpg

黒笠山頂
c0219866_18382814.jpg

黄砂だろうか山頂からは剣山や三嶺は霞んでいる。

矢筈山~サガリハゲ
c0219866_18385948.jpg

岩場の下り
c0219866_1839222.jpg

ツルウメモドキが青空に鮮やかだった。
c0219866_18394927.jpg


天候:快晴 
白井7:50・・・8:20 鳥居・・・10:30黒笠神社10:40・・・11:35黒笠山11:45・・・12:25黒笠神社13:00・・・14:15鳥居・・・14:45白井

by nakatuminesan | 2010-01-29 18:42 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

山行の参加者   

2010年 01月 28日

2月11日(木)国見山・・・現在の参加者4名
2月13日(土)大山・・・現在の参加者4名
2月15(月)~16日(火)剣山頂上ヒュッテ泊・・・現在の参加者5名

※標高の低い山は積雪が減っています。
このまま降雪がないと国見山は違う山に変更も考えられます。

※いずれの計画も登頂できそうにない天気予報の場合は計画を延期します。

※早めの申込みをお願いします。

by nakatuminesan | 2010-01-28 18:23 | Comments(0)

羽毛服と半シュラフ   

2010年 01月 28日

大学3年秋、羽毛服と半シュラフを買った。
どちらも山で眠るための装備だった。
羽毛服を着て胸のあたりまで半シュラフに入って眠る。
c0219866_15162015.jpg

c0219866_15163273.jpg

今では全身用のシュラフ(寝袋)が主流である。
なぜ羽毛服と半シュラフだったか。
雪洞、テントまた山小屋から出るときに羽毛服は便利だった。
オーバーヤッケに対して温かさは比べものにならないから。
もちろん行動中は着用しない。
ヒマラヤの高所ならともかく着て歩くと暑すぎるから。
どちらもフェザー製で羽毛服の価格は12000円、半シュラフは10000円ぐらいだった。
仕送りを全部はたいて思い切って購入したものだった。
タニアイゼン12本爪と同様、若いときの冬山単独行は常に羽毛服と半シュラフがザックに入っていた。

初めてのヒマラヤにその羽毛服を持って行った。
4000mを超えるロッジやBCで着用した。
使わなかったが山頂アタック時にも携行した。
あまりにも古い羽毛服なのでシェルパのアン・パサンも驚いていた。
ヒマラヤでは登山が終わると装備をシェルパたちに与えることがよくあるが、アン・パサンもコックのハクパも古い羽毛服には見向きもしなかった。

今では使うこともなくなったが長年の酷寒の夜を過ごした羽毛服は手放せないまま部屋にある。

by nakatuminesan | 2010-01-28 15:21 | 昔むかし | Comments(0)

2010.1.26~27剣山頂上ヒュッテ泊   

2010年 01月 28日

剣山頂上ヒュッテの新居綱男さんが特別にヒュッテを開けてくれるという。
余裕をもって冬の一ノ森と次郎笈に登る計画である。
メンバーは「こむぎ会」の楽しい仲間たち。
ヒュッテに勤務する桃原さんも同行してくれるので心強い。

1月26日(火)
2日前に四国放送の取材があると聞いていた。
見ノ越に着くと新居さんたち全員が出発の準備をしている。
我々は遅れて出発するがすぐに新居さんと二人のカメラマンに追いついた。
天気は申し分なく霧氷の間からは三嶺がきれいだ。
c0219866_75829.jpg

ヒュッテの温度計はマイナス9度と低いが太陽のおかげで寒さを感じない。
c0219866_7583145.jpg

食事を済ませ一ノ森に向うころ新居さんたちが到着する。
c0219866_7585634.jpg

雪はよく締まっているので一ノ森まではアイゼンで快適に歩ける。
c0219866_7592661.jpg

次郎笈と剣山の間から三嶺が望めるのが嬉しくなる一ノ森である。
c0219866_759547.jpg

ヒュッテに帰るとカメラマンが霧氷を撮影中だった。
c0219866_802013.jpg

夕食は具いっぱいの豚汁です。
c0219866_80515.jpg

さー 飲んで食べるぞー♪
c0219866_811927.jpg

夕日を見ようと完全装備で外に出ると「影剣」を新居さんが説明してくれた。
c0219866_824730.jpg

沈んでいく夕日にはマイナス10度の寒気を忘れさせる感動がある。
c0219866_831346.jpg

ヒュッテに戻ってからは中断した夕食を再スタートさせる。
新居さん、桃原さん、四国放送さんたちと楽しい時間を過ごさせていただく。

天候:快晴
見ノ越9:30・・・10:40西島・・・11:50剣山頂ヒュッテ12:30・・・13:30一ノ森14:00・・・14:50剣山頂上ヒュッテ




1月27日(水)
4時過ぎに外に出ると満天の星だった。
昨日に続き快晴のようだ。
日の出を見ようとみんなで飛び出す。
今朝は冷え込みはないのだが、待っている時間は長く感じられる。
綱付山と平家平の間、遠くは八郎山の左から日が昇った。
c0219866_852498.jpg

c0219866_853773.jpg

今日も大気が澄んでいて大峰山、淡路島、小豆島が浮かび、ラッキーにも大山が見える。
大山、この写真では分かりにくいでしょうか?
c0219866_86113.jpg

次郎笈へ向かう。
c0219866_874368.jpg

クラストした雪にアイゼンがよく効き気持ちがいい。
c0219866_892950.jpg

鞍部から上の急な箇所はできるだけブッシュに近いルートをとる。
昨夜の風で霧氷はすべて落ちてしまったようだ。
c0219866_81024.jpg

無風快晴の山頂では石鎚山系までの展望が待っていた。
c0219866_8103766.jpg

剣山へ登り返すころには気温も上がり3月ごろの感じとなる。
c0219866_811649.jpg

快晴の2日間はこの時期としては珍しいこと。
新居さんを初めお世話になった皆さんに手を振りながらヒュッテをあとにした。

天候:快晴
剣山頂上ヒュッテ8:30・・・8:35剣山山頂・・・9:55次郎笈10:15・・・11:25剣山山頂・・・11:35剣山頂上ヒュッテ12:30・・・13:00西島・・・13:50見ノ越

今回の取材は2月2日の「おはようとくしま」で放送されます。
冬の剣山を新居さんの解説により紹介すると聞きました。
ぜひご覧ください。

by nakatuminesan | 2010-01-28 08:14 | 山を歩いてきました | Comments(0)

2010.1.25木頭三笠   

2010年 01月 25日

今日は湯桶丸から甚吉森縦走の計画だった。
しかし湯桶丸への林道が通行止めのため木頭三笠に変更させていただいた。
木頭三笠とはミノテ山960m、天海山1085m、シラタキ山1157mの三山をいう。
ミノテ山西尾根はいきなりの急登から始まる。
山頂まで緩急を繰り返す植林帯に覆われている。
c0219866_193490.jpg

左に天海山を見ながらスズダケが出てくると山頂は近い。
一般的には地形図に天貝山とある960.1mのピークをミノテ山と呼んでいる。
山頂のミノテ山、天海山、天貝山の三つの標識には首を傾げてしまう。
c0219866_1941913.jpg

40mほど下ってからは岩交じりの箇所も交えた急な登りが続く。
c0219866_1944947.jpg

右に青ノ塔、六郎山、遠く東尾山も見える。
傾斜が緩くなり突然目の前が開けると天海山に着いた。
c0219866_1952297.jpg

綱付山は平たい姿を見ることがほとんどだが、ここからは三角形をしている。
見る場所が変わるとこんなにも山容が違うものか。
c0219866_1963197.jpg

雪を付けた石立山が冬越の向こうに望める。
c0219866_1965511.jpg

雪がある時は要注意の急斜面を下ると小さな岩場から最後の登りとなる。
c0219866_1973075.jpg

スズダケに覆われたシラタキ山で食事をしていると小雪が舞うがすぐに止んだ。
墓窪峠 
c0219866_198527.jpg

今日の参加者は読図に熱心で、墓窪峠から東蝉谷へは現在地を確認しながら下る。
増水時にはロープを出して渡る東蝉谷は歩幅しかなかった。
c0219866_1983783.jpg


天候:曇り
養魚場8:10・・・9:25ミノテ山9:35・・・10:10天海山10:15・・・10:55シラタキ山11:30・・・11:50墓窪峠・・・13:05東蝉谷林道終点13:15・・・14:00養魚場

by nakatuminesan | 2010-01-25 19:11 | 山行報告(中級) | Comments(0)

アイゼン   

2010年 01月 23日

雪山には欠かせない装備にアイゼンがある。
英語ではクランポンcrampons。
正しくはシュタイクアイゼンSteigeisenだが、もっぱら略称のアイゼンが一般化した。
雪渓用の4本爪からアイスクライミング用の14本爪まである。
爪の数が多くなるにつれグリップ力は強くなる。
本格的な雪山では靴の裏全体をカバーする8本爪以上が必要となる。

大学1年のときは8本爪、アイゼンバンドは1本締めだった。
3年には10本爪を買って、2本締めアイゼンバンドにした。
タニのアイゼンだった。
その後12本爪型が登場した。
プレス型アイゼンが一般化する1975年(昭和50年)頃まで主流だったアイゼンである。

「タニアイゼン12本爪」
c0219866_14515190.jpg

ジョイントネジで長さを調整でき、770グラムと軽量である。
今のようにアンチスノープレートなどなかった。
クワガタに似た格好が好きだった。
若いときの冬山単独行はすべてタニのアイゼンで歩いたものだった。


下は15年ほど前に買った「カジタックスLXF12」
c0219866_14542276.jpg

1050グラムと少々重いがとにかく頑丈。
もちろんワンタッチタイプ。
ワンタッチアイゼンはつま先と踵に切れ込みがあり、靴底が全然反らない重登山靴対応。
ワンタッチアイゼンの装着は手袋をしていても30秒でOK。
日本の冬山で使っている。
岩場での使用が多いと爪先が丸くなり、アイスバーンでも効きが悪くなるので、昨年末ヤスリで爪を磨いだ。


チタン合金アイゼン「チタネスク」
c0219866_1457965.jpg

歳をとると少しでも装備を軽くして楽をしようとする。
重量680グラム、価格は50000円。
酸素の少ないヒマラヤ用。
爪の形状はカジタックスLXF12とよく似ている。
前部のワッカは特別注文のワンタッチタイプ。
軽いアイスクライミングにも対応する。
これを使える高い高い山に行きたいものです。

by nakatuminesan | 2010-01-23 15:00 | 山のあれこれ | Comments(4)

2010.1.22中尾山~赤帽子山   

2010年 01月 23日

天気は申し分ないが、ここ数日の高温と昨日の雨で積雪が気になる。
川井峠から眺める剣山系の雪は減り緑の山肌が目につく。
それでも霧氷はあるようだ。
中尾山高原のグラススキー場は芝が半分出ている。
c0219866_958274.jpg

スノーシューを付けて雪を選んで歩くと中尾山に着いた。
c0219866_9585626.jpg

ブナ林に入りしばらくすると霧氷が現れる。
雪の表面はほぼ締まっているが、時としてスノーシューでも沈むことがある。
トラバースをせずにP1488mに向って緩やかな斜面を進む。
c0219866_959561.jpg

開けた1480mコルからは剣山と一ノ森が目前となり赤帽子山が近い。
c0219866_100447.jpg

雲早山や高城山にも霧氷がついている。
c0219866_101892.jpg

自然と剣山に目が向く
c0219866_1013194.jpg

矢筈山
c0219866_1015315.jpg

山頂付近の霧氷
c0219866_1021610.jpg

左手前は丸笹山 中央奥が三嶺 右は塔ノ丸 
c0219866_1024272.jpg

帰路の佐那河内でユキワリイチゲが咲いていました。
c0219866_1031516.jpg


天候:快晴
中尾山高原9:00・・・10:05中尾山・・・11:15コル1480m・・・12:00赤帽子山12:55・・・13:15コル1480m・・・14:00中尾山・・・14:40中尾山高原

by nakatuminesan | 2010-01-23 10:05 | 山行報告(雪山) | Comments(2)