<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

雪山の装備   

2009年 12月 31日

今日は徳島の平野部でも雪が舞っている。
さぞさし山は寒かろうと思う反面、
こんな日には雪の山を歩いてみたいと思ったりもする。
冬の山に登るときは夏ほど汗をかかないが、
一旦衣類を濡らすと乾きが遅いので注意が必要。
面倒くさがりは禁物。
出来るだけ汗をかかないよう、こまめな着脱を心掛けるようにしている。

雪山の防寒装備として手袋は重要である。
山の高さ、ルート、天候などを考えて手袋の種類と数を決める。
風を通さないオーバー手袋は雪山には必携である。
日帰りの山でも薄手、厚手、オーバー手の3種類が必要である。
c0219866_13432413.jpg

手も汗をかくので温めすぎもよくない。
食事、カメラ操作、アイゼン装着など細かい作業に合わせて手袋を使うようにしている。
手袋の手首の部分にゴムの輪を付けると便利で安全です。
外してもそのまま手首にぶら下がり、風に飛ばされる心配がありません。

by nakatuminesan | 2009-12-31 13:45 | 山のあれこれ | Comments(1)

2009.12.29中尾山~赤帽子山   

2009年 12月 30日

人のいないグラススキー場は真っ白である。
c0219866_121582.jpg

植林帯を抜けると中尾山の展望台。
雲が消え一面の青空となる。
c0219866_1223362.jpg

ここからはブナを主体とした自然林を歩くようになる。
まさに霧氷ロードだ。
c0219866_1233167.jpg

c0219866_1234268.jpg

白い赤帽子山が霧氷の間から呼んでいるようだ。
c0219866_1243043.jpg

標高1400m付近の霧氷は見事というしかない。
c0219866_125249.jpg

P1488は北面を夏道どおり進む。
積雪は30~40センチでサラサラ雪が気持ちいい。
c0219866_1253981.jpg

山頂東の鞍部からは赤帽子山が白い。
c0219866_126923.jpg

三角点のピークへはウサギの足跡が導いてくれる。
c0219866_127778.jpg

剣山と一ノ森を眺めながらの登行となる。
c0219866_1282979.jpg

c0219866_1291373.jpg

三角点を通過して山頂標識まで行く。
ラッセルというほどではないが、沈む箇所は膝あたりまで潜る。
気温はマイナス。しかし風がなく、日差しがあるので寒さは感じない。
三嶺や塔ノ丸がよく眺められる。
c0219866_12101368.jpg

寒峰~矢筈山~黒笠山
c0219866_12103796.jpg

山頂を振り返りながら下山する。
日差しで霧氷はぱらぱらと落ち始めていたが帰路も十分楽しめた。

天候:快晴
中尾山高原9:20・・・10:20中尾山・・・11:35コル1480m・・・12:30赤帽子山13:20・・・13:50コル1480m・・・14:45中尾山・・・15:35中尾山高原

by nakatuminesan | 2009-12-30 12:13 | 山を歩いてきました | Comments(2)

2009.12.28正善山   

2009年 12月 30日

今日は弱いながらも冬型の天候。
雨は標高600mから雪に変わる。
雨具上下を身に着けて出発する。
思ったよりも雪が多いのに驚く。
前日歩いたと考えられるトレースがある。
c0219866_10452346.jpg

ほぼ東に向って小さなアップダウンを繰り返し、笹が出てくるとJP。
ここでトレースは消え、ルートは真北に向うようになる。
c0219866_10461772.jpg

風を受ける木には霧氷が付き始めた。
c0219866_10465113.jpg

三度目の急傾斜を登ると山頂に着く。
c0219866_10471932.jpg

山頂下の平地でツェルトを被り、ガスに火を点けるとあっという間に暖かくなる。
これで落ち着いて食事ができる。
JPまで引き返すと青空がのぞき始める。
開けて気分のいい作業道から山頂が見え出した。
c0219866_10502974.jpg

c0219866_10504215.jpg

c0219866_1050528.jpg

尾根に戻ると一気に青空が広がる。
c0219866_1052687.jpg

朝はなかったカラマツ林の霧氷が大きくなっていた。
c0219866_10523724.jpg

車を走らせると正面に正善山が姿を現した。
c0219866_1053534.jpg


天候:雪のち晴れ
杖立峠10:50・・・12:10JP・・・12:35正善山13:25・・・13:45JP・・・作業道・・・14:15尾根1150m・・・14:55杖立峠

by nakatuminesan | 2009-12-30 10:55 | 山を歩いてきました | Comments(1)

2009.12.27剣山   

2009年 12月 27日

登山者が多いのか、道はハイウェイのようになっている。
凍ったところもあるのでアイゼンを装着する。
西島からは三嶺と塔ノ丸の間に石鎚山系がくっきりと見える。
c0219866_17371343.jpg

休憩していると新居さんが登ってきた。
年末年始用の荷揚げだ。
1週間前は雪煙が舞っていたあたりは風もなく穏やかだ。
c0219866_1738719.jpg

好天が続いたせいか雪の表面が硬いところもある。
c0219866_17383381.jpg

あと3日すれば賑わう頂上ヒュッテの温度計はマイナス1度を指している。
c0219866_1739171.jpg

山頂
c0219866_17393037.jpg

次郎笈
c0219866_17395522.jpg

寒峰~矢筈山~黒笠山
c0219866_17402014.jpg

一ノ森
c0219866_17404239.jpg

風も弱くこの時期としては申し分ない日和。
下山は大剣神社を経由する。
ここからの次郎笈はなかなかいい。
c0219866_17411369.jpg

シリセードを試すがもう一降りほしいところ。

丸笹山
c0219866_17414284.jpg


天候:快晴
見ノ越9:00・・・10:00西島・・・11:00剣山山頂12:00・・・遊歩道・・・12:45西島・・・13:30見ノ越

by nakatuminesan | 2009-12-27 17:43 | 山行報告(雪山) | Comments(0)

2009.12.23丸笹山   

2009年 12月 24日

第一ヘアピン付近から雪道。
夫婦池では香川や愛媛の人たちが出発の準備をしている。
丸笹山は気軽に登れる雪山として人気がある。
雪帽子のモミや樹林の景色はもう冬山だ。
c0219866_11113537.jpg

c0219866_11114978.jpg

樹林を抜けると白さを増した塔ノ丸や三嶺が見えるようになる。
c0219866_11125727.jpg

ウサギの足跡
c0219866_11132345.jpg

まだ笹を埋めるほどの積雪はない。
c0219866_111354100.jpg

c0219866_1114443.jpg

剣山と次郎笈
c0219866_11145359.jpg

山頂はけっこう風が強く寒いので休む気にはなれない。
北斜面に入ると風もなくサラサラ雪の感触を味わえる。
赤帽子山との分岐コルは積雪50センチの雪原となっている。
モミの木立に囲まれたお気に入りの場所だ。
風もなく日差しがあるので落ち着いて食事ができる。
c0219866_11195861.jpg

自然林のトラバース道
c0219866_11212418.jpg

夫婦池
c0219866_11221516.jpg

午後は曇り空となってきたのでいい時間帯に登れたようだ。

天候:晴れのち曇り
夫婦池9:45・・・10:55丸笹山11:00・・・11:20北面1605mコル12:00・・・トラバース道・・・12:50夫婦池

by nakatuminesan | 2009-12-24 11:23 | 山行報告(中級) | Comments(1)

2009.12.22岩倉山~大久保山~権田山~中内山   

2009年 12月 23日

ここ数日の寒波で岩倉から奥はアイスバーン道となり、
山側にはツララがたくさん見られる。
しかし今日は寒気も緩み暖かくなりそうだ。
c0219866_1932868.jpg

勘場谷林道からは真っ白に雪化粧した一ノ森と槍戸山が青空に映える。
c0219866_1941294.jpg

権田山への道を右に見て勘場谷を渡る作業道から岩倉山南尾根に取り付く。
初めは痩せているがすぐに広い尾根となる。
c0219866_1952389.jpg

稜線に出て西に100m歩くと岩倉山に着く。
ここの大桧は今日の目的のひとつ。幹周4m10cm。
c0219866_1963052.jpg

大久保山から見る平家平は重量感がある。
c0219866_197287.jpg

樫戸丸~高城山~雲早山~高丸山
c0219866_1973013.jpg

勘場峠
c0219866_199963.jpg

綱付山への稜線まで上がると次郎笈や剣山、中内山と折宇谷山の左右に石立山や遠く三嶺の展望が得られる。
c0219866_19101084.jpg

c0219866_19102232.jpg

少々ヤブくさい箇所を過ぎるとブナが立つ広々とした雪の尾根となる。
積雪20~30センチ、快晴無風。
雪の権田山はなかなか趣がある。
c0219866_1912176.jpg

権田山からの綱付山
c0219866_1911347.jpg

中内山からは白い山々を眺めながら北尾根を下った。

天候:快晴
勘場谷橋8:40・・・勘場谷林道・・・9:40勘場谷・・・南尾根・・・10:35岩倉山10:55・・・11:30大久保山11:55・・・12:05分岐P1511m・・・12:15勘場峠・・・13:05綱付山稜線13:15・・・13:55権田山・・・14:05大ブナ・・・14:40中内山・・・北尾根・・・15:15作業道・・・15:55勘場谷林道・・・16:15勘場谷橋

by nakatuminesan | 2009-12-23 19:15 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2009.12.20剣山   

2009年 12月 20日

昨日の予想天気図から今日の晴れは想像できた。
ここ数日の寒波で山には積雪がある・・・しかも新雪だ。
新しい冬靴を試してみたいと思った。
また今シーズン初のスノーシューも楽しめそうだ。
久しぶりの単独山行。
単独の気楽さからか起きるのが1時間遅くなった。
すでに見ノ越には何台か停まっている。
スノーシューを持ったが、すでにトレースがあるので剣神社で預かってもらう。
気温はマイナス8.5度と真冬なみ。
c0219866_17134881.jpg

すぐに4人組に追いつき、西島でも2人組の前に出る。
次郎笈から雪煙が上がっている。
c0219866_17145759.jpg

トレースは西島駅から尾根に向っている。
c0219866_1715347.jpg

刀掛けの松近くは風が強く雪煙が舞う。
c0219866_1716891.jpg

アウターのジャケットを着込む。
強風が落としてしまったのか霧氷は見られない。
三嶺がきれいだ・・・来てよかった。
c0219866_171779.jpg

丸笹山と赤帽子山もしっかり雪がついている。
c0219866_1717597.jpg

c0219866_17184985.jpg

先行する3人パーティーに追いついたので、ラッセルのお礼を言いトップに立つ。
ラッセルは膝程度だが締まり雪の箇所はけっこう重い。

高城山方面
c0219866_1719597.jpg

頂上ヒュッテへの夏道の吹溜まりを嫌って雲海荘に出た。
山頂は意外と風がなく寒さも感じない。

黒笠山~矢筈山~寒峰 塔ノ丸
c0219866_17221065.jpg

三嶺~カヤハゲ~白髪山
c0219866_17223785.jpg

この時期としてはまずまずの積雪だが、もうひと降りを期待したい。
測候所跡で温かいコーヒーを飲んでいると後続のパーティーが登ってきた。
c0219866_17231061.jpg


天候:晴れ
見ノ越9:45・・・10:45西島・・・12:00山頂12:30・・・13:00西島・・・13:30見ノ越

by nakatuminesan | 2009-12-20 17:29 | 山を歩いてきました | Comments(2)

2009.12.18青ノ塔~夏切山   

2009年 12月 19日

中谷集落から雪となり、林道は白くなっている。
林道終点で雨具を着てのスタートとなる。
青ノ塔からボタモチ山、山姥岳、墓窪峠を経て中谷集落に下山の予定だが、
雪の状況でルート変更もありうる。
本格的な冬将軍が到来し、県南まで雪を降らせている。
南の空が明るいことに期待しよう。
作業道終点から横石までは一息。
c0219866_1144971.jpg

尾根に乗ると上用地からの道と合流する。
スズダケの雪を払いながら直登が続く。
雪がなくてもきつい青ノ塔だ。
自然林に入ると雪も次第に多くなってくる。
c0219866_1155195.jpg

ボタモチ山への稜線が左に見え出し、大岩を左から巻くと山頂に着いた。
c0219866_1162143.jpg

積雪15センチ、雪は止みそうにない。
青ノ峠までの下りや行動時間の長さを考え、夏切山を往復して下山に変更する。
雪を付けた木々がきれいだし、ブナには霧氷ができている。
c0219866_1171979.jpg

c0219866_1173169.jpg

c0219866_1174218.jpg

たいていは動物の足跡があるものだが、不思議と今日はそれが見られない。
夏切山で太陽が出そうだったが雪雲に隠れた。
c0219866_119870.jpg

横石には「右中谷、左林谷」と彫られた石が置かれている。
c0219866_11101299.jpg

作業道まで下ると前方に木頭三笠が姿を現した。
c0219866_11113556.jpg

展望はなかったが一気にやってきた冬の山を味わうことができた。


天候:雪
林道終点7:10・・・7:40作業道終点・・・7:50横石・・・8:00尾根1030m・・・9:30青ノ塔9:50・・・10:20夏切山10:55・・・11:20青ノ塔11:25・・・12:55横石・・・13:05作業道終点・・・13:35林道終点

by nakatuminesan | 2009-12-19 11:15 | 山行報告(中級) | Comments(0)

12月の計画   

2009年 12月 17日

12月20日(日)・・・烏帽子山~落合峠周回(中級 行動7時間)集合6時
12月22日(火)・・・勘場谷~岩倉山~大久保山~権田山(中級 行動7時間)集合6時
12月23日(水)・・・丸笹山(初級 行動3時間)集合7時

12月17日現在、以上の計画が決まっています。
これからは霧氷を見れる機会が多くなります。

その他に日は未定ですが
赤城尾山~行者山(中級 行動7時間)
城王山~伊笠山(初級 行動4時間)
剣ノ山~天狗岳周回(中級 行動7時間)
平家平~ボタモチ山~山姥岳周回(中級 行動8時間)
西之川~瓶ヶ森~東之川(中級 行動7時間)
中尾山~赤帽子山(初中級 行動5時間)
五剣山~鬼ヶ岩屋(初級 行動4時間)
遍路道~雲辺寺山(初級 行動4時間)
などを予定しています。

日程が決まればお知らせします。

by nakatuminesan | 2009-12-17 18:02 | Comments(0)

2009.12.16石立山   

2009年 12月 17日

家を出る前にはパソコンで天気をチェックするようにしている。
アメダスでは木頭や京上で深夜に1~2ミリの降水量。
山は新雪が期待できそうだ。
北川からの石立山は雲の中だが、午後は晴れ間が出そうだ。
日和田登山口に着くと霧雨は雪になった。
雨具を着るほどではなく、歩き出すと止んだ。
標高1000mあたりの伐採地は花芽をつけたミツマタに新雪がのっている。
c0219866_7545593.jpg

尾根に乗ると自然林となり地面を雪が覆うようになる。
c0219866_7553656.jpg

雪が付いた石灰石の道に気を使いながら高度を上げていく。
青空が広がり始める。
c0219866_7561869.jpg

床板が抜け使い物にならないほど傷んだ避難小屋に到着。
c0219866_7565773.jpg

空身で山頂へ向う。
剣山方面は雲に閉ざされているが、折宇谷山と綱付山が右手に見える。
c0219866_7593099.jpg

山頂が近づくと霧氷が現れる。
c0219866_7595998.jpg

山頂は10センチの新雪と澄んだ青空が迎えてくれた。
c0219866_8131094.jpg

c0219866_80439.jpg

やはり雪の山はいい。
すこし下ると次郎笈から一ノ森が望めるようになる。
c0219866_813813.jpg

避難小屋の前は風もなく日差しが暖かい。
湯桶丸や甚吉森を眺めながら昼食にした。
c0219866_82163.jpg

伐採地の雪はすっかり消えていた。
c0219866_824795.jpg


天候:晴れ
日和田8:25・・・9:45コル1220m・・・10:50避難小屋11:05・・・11:35石立山11:
55・・・12:15避難小屋12:55・・・13:40コル1220m・・・14:35日和田

by nakatuminesan | 2009-12-17 08:13 | 山を歩いてきました | Comments(1)