カテゴリ:山行報告(初級)( 117 )   

2017.12.1 湯桶丸1372m   

2017年 12月 02日

南川林道の入口には熊注意の看板が。
c0219866_07212833.jpg
林道湯桶平井線をガタゴト走らせて、15分ぐらいすると湯桶丸が見えてくる。
c0219866_07220180.jpg
路上の落石を何度も避けながら、3時間余りを要して登山口に到着する。
c0219866_07223816.jpg
3時間余りあれば鳥取の大山にだって行けるから、狭い徳島県とは言えども南部は山深いということである。

2
年前の北海道で拾った鈴を熊避けに付けていく。
c0219866_07231557.jpg
いきなりの急登は枝打ちされた植林帯。
c0219866_07234707.jpg
ゆっくり20分ほど登れば植林を抜け、代わりに出てくるのは元気なスズタケだ。
c0219866_07242150.jpg
小さな赤い実はツルリンドウ。
c0219866_07244820.jpg
標高1250m付近は胸突き八丁(体感45度?)になっているけれど、それも10分少々で登り切ると展望の開けた場所に出る。
c0219866_07254305.jpg
次郎笈~剣山~一ノ森方面
c0219866_07261648.jpg
平家平や高城山方面
c0219866_07264495.jpg
石立山と白髪山も眺められ、左の小さな三角形は天狗塚。
c0219866_07272126.jpg
シャクナゲは花芽が少ないが、シロヤシオやアケボノツツジとともに来年の5月には花を咲かせるだろう。
c0219866_07280019.jpg
c0219866_07281416.jpg
c0219866_07282897.jpg
白骨樹
c0219866_07290308.jpg
山頂!
c0219866_07293172.jpg
c0219866_07294676.jpg
風もなく暖かい陽だまりで昼ごはん。
c0219866_07302971.jpg
足元にはホウノキの葉っぱがいっぱいで、これは種を落とした実に違いない。
c0219866_07310173.jpg
c0219866_07311705.jpg
すっかり葉を落とした木の向こうには甚吉森が眺められる。
c0219866_07352778.jpg
暖かいといわれる県南の山も冬の装いになっていました。




by nakatuminesan | 2017-12-02 07:31 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2017.6.17樫戸丸1566m   

2017年 06月 17日

風の広場からの眺めは六郎山~夏切山~青ノ塔~平家平の山並みだ。
c0219866_18531797.jpg
c0219866_18533615.jpg
群生するトリカブトに混じってタツナミソウが咲いている。
c0219866_18541149.jpg
樹林の間から山頂が見えていて、風は爽やかだし天気も文句なし。
c0219866_18544441.jpg
ヤマブドウ
c0219866_18551458.jpg
サワフタギ
c0219866_18554652.jpg
ブナが実をつけている。
c0219866_18561497.jpg
コナスビ
c0219866_18564395.jpg
ヤブウツギ
c0219866_18571543.jpg
昨年の714日には咲いていたバイカウツギはまだツボミの状態で、今年は花全般に咲くのが遅くなっている。
c0219866_18574835.jpg
オオヤマレンゲが咲いていないと困ったことになり心配だ。

アオベンケイ
c0219866_18582180.jpg
フタリシズカ
c0219866_18585217.jpg
数年前に牛ノ背でお会いしたMさんと立ち話して先に行ってもらう。
c0219866_18592340.jpg
笹が花を咲かせている。
c0219866_18595018.jpg
川成山~当野石山
c0219866_19002273.jpg
わ~ まだツボミじゃないか!!
c0219866_19011325.jpg
・・・と思ったら23m離れたところに咲いている。
c0219866_19014543.jpg
c0219866_19020250.jpg
これで小さな胸はホッとする。

手が届きそうな場所に見事に咲いている。
c0219866_19024832.jpg
満足マンゾク(^.^)

花数の多い見ごろは一週間先から月末にかけてと思われる。

カマツカ
c0219866_19034083.jpg
山頂
c0219866_19040774.jpg
天神丸の向こうには一ノ森や剣山が眺められ、左後方には先月の27日に登った石立山が頭を出している。
c0219866_19044247.jpg
高城山を正面にランチタイム。
c0219866_19051504.jpg
クルマムグラ? クルマバソウ?
c0219866_19055038.jpg
山頂ではMさんといろいろ話をして過ごしました。

帰路の
林道木屋平木沢線で見かけた動物はタヌキかな!?
c0219866_19073642.jpg


by nakatuminesan | 2017-06-17 19:10 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2017.4.29 柴小屋山1249m~薬研谷~大道丸1239m   

2017年 04月 29日

予想したとうりアケボノツツジは見ごろになっていました。
知った顔ばかりと言ってもいいぐらい多くの登山者で賑わっていました。
c0219866_18025063.jpg
c0219866_18030775.jpg
自然の中で食べる山菜天ぷらは美味しかったです。
c0219866_18034595.jpg
登山口に着くとあずり越えの常連Sさんたちも来て、多くの知り合いと会うような一日になりそうだ。

柴小屋山は2日に登ったから4週間ぶり。
c0219866_07474712.jpg
トサミズキ
c0219866_07482488.jpg
カタクリ
c0219866_07490380.jpg
柴小屋山
c0219866_07493620.jpg
女性3人と一緒のYパパがやって来て、お互いに何年ぶりかで会う顔が懐かしい。

ヤシャビシャク「
別名:天の梅」が白っぽい花を咲かせている。
c0219866_07501422.jpg
ヤマルリソウ
c0219866_07504062.jpg
スミレは種類が多くて覚えるのが大変だし難しい。
c0219866_07515886.jpg
ネコノメソウ
c0219866_07523408.jpg
コバイモ
c0219866_07530608.jpg
c0219866_07532495.jpg
ワチガイソウ
c0219866_07540215.jpg
林道を横切り谷に下りていくと賑やかな声がして、なんとレン子隊長たち4人じゃないですか。
c0219866_07544244.jpg
ナマステ~!
お帰りなさ~い
c0219866_07545846.jpg
花のお勉強中。
c0219866_07553504.jpg
ハルトラノオ
c0219866_07560791.jpg
ヤマザクラ
c0219866_07563727.jpg
東の岩峰ではアケボノツツジが見ごろになっているけれど、昨年に比べて花数が少ないのは3月の寒さが影響したものか?
c0219866_07570965.jpg
東の岩峰から眺める西の岩峰ではアケボノツツジが見ごろになっている。
c0219866_19243746.jpg
c0219866_19245636.jpg
c0219866_19251561.jpg
沢に下りるとTさんとKちゃんたち5人が食事中。
c0219866_19255944.jpg
現地調達したコシアブラとタラノメのテンプラ。
c0219866_19263166.jpg
c0219866_19264603.jpg
コシアブラ
c0219866_19271817.jpg
タラノメ
c0219866_19274616.jpg
山椒
c0219866_19282995.jpg
コンビニ弁当
c0219866_19285922.jpg
ヒカゲツツジ
c0219866_19293599.jpg
西の岩峰に立って眺める東の岩峰にピンクは少なめだ。
c0219866_19300612.jpg
西の岩峰から1116mにかけてはアケボノツツジが満開になっている。
c0219866_19310503.jpg
c0219866_19312608.jpg
c0219866_19314153.jpg
c0219866_19320329.jpg
c0219866_19321750.jpg
c0219866_19323155.jpg
c0219866_19324937.jpg
タムシバ
c0219866_19351278.jpg
大道丸
c0219866_19354040.jpg
右から高丸山~旗立山~赤石丸
c0219866_19360664.jpg
ミツバツツジ
c0219866_19363468.jpg
c0219866_19364909.jpg
山犬嶽
c0219866_19372337.jpg
大道丸への登りはスミレ街道になっている。
c0219866_19375525.jpg
c0219866_19380981.jpg
知識がないので葉っぱがギザギザのエイザンスミレぐらいしか分からない。
c0219866_19384406.jpg
c0219866_19390321.jpg
大道丸
c0219866_19394133.jpg
下山すると中津峰山の常連さんたちも下りてきて、今日は同窓会みたいな山行で楽しかったです。

天候:晴れ

東屋登山口930・・・9:55柴小屋山・・・10:40林道・・・10:45谷・・・11:10銚子の滝・・・11:25東の岩峰・・・11:35沢(山菜テンプラ)12:25・・・12:35西の岩峰・・・13:05P1116m・・・13:45大道丸13:55・・・14:3東屋登山口
























by nakatuminesan | 2017-04-29 18:03 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2017.3.28 阿佐尻山1374m   

2017年 03月 28日

予想もしなかった雪山になりました。
でもお目当てのフクジュソウは雪のなかに咲きはじめていました。
c0219866_18531095.jpg
堀切堂の屋根は白くなっている。
c0219866_18534748.jpg
歩きはじめると軽トラの爺さんが
阿佐尻で?」
「はい」
「上は20センチあるでよ、さっき行っとったけん」
20センチもですか!」
「まあ15センチはあるでよ」
ヒエー嬉しいじゃないですか。

標高940m付近の群生地は雪に覆われフクジュソウは見つからず、少しは雪が融けるだろう帰りのお楽しみにとっておく。

c0219866_18550292.jpg
胸突き八丁を頑張ればアンテナがある三角点994.2m。
c0219866_18553690.jpg
c0219866_18555117.jpg
5分ほど進むと反射板。
c0219866_18562690.jpg
小さい霧氷が現れる。
c0219866_18570654.jpg
いきなり足跡が出てくるので驚くが、しばらく進むと消えるので引き返したみたい。
c0219866_18575393.jpg
c0219866_18581181.jpg
そのかわり小動物の足跡が現れる。
c0219866_18585084.jpg
次に現れるのは小さな小さな岩場だが、雪があるので夏よりはちょっと難しい。
c0219866_18592202.jpg
c0219866_18593737.jpg
岩がゴロゴロした辺りで日が射しはじめるが、一瞬で曇り空になり真冬に逆戻り。
c0219866_19002077.jpg
c0219866_19010004.jpg
記憶にある場所で雪を除くとフクジュソウはツボミの状態。
c0219866_19014536.jpg
林道は車が走ったので轍になっている。
c0219866_19021676.jpg
数年前から林道が年毎に延びていて、山頂手前には標識が設置されている。
c0219866_19025686.jpg
ツツジには霧氷が付いていて、目にするのは今シーズン最後になりそうである。
c0219866_19032675.jpg
新雪の下にはこの時期としては珍しく古い雪が残っていて、今年の3月は気温の低い日が多かったからである。
c0219866_19040330.jpg
c0219866_19042224.jpg
ブナが現れると山頂まで1分だ。
c0219866_19050297.jpg
山頂に着くなり日が射して青空のお出迎え。
c0219866_19053298.jpg
日頃の行いが良いことを証明した3人さん。
c0219866_19060442.jpg
しかし雲はとれなく京柱峠付近が見えるだけ。
c0219866_19102900.jpg
林道まで下って昼ごはん。
c0219866_19105512.jpg
岩ゴロゴロまで下ると晴れてくる。
c0219866_19112795.jpg
c0219866_19114414.jpg
雪が減った標高940m付近の群生地にはたくさん咲きはじめていて、今年は開花が平年に比べて一週間ほど遅いと感じている。
c0219866_19122736.jpg
c0219866_19124689.jpg
c0219866_19130954.jpg
c0219866_19132490.jpg
c0219866_19134669.jpg
雲は多いが矢筈山と牛ノ背方面が眺められる。
c0219866_19153287.jpg
c0219866_19154907.jpg
無事下山
c0219866_19162281.jpg

天候:曇り時々薄日

堀切堂905・・・940三角点994.2m・・・950反射板・・・1050林道合流地点・・・11:10新登山口・・11:30阿佐尻山1135・・・1145新登山口1200・・・1215林道合流地点・・・1255反射板・・・1305三角点994.2m・・・1340堀切堂








by nakatuminesan | 2017-03-28 19:07 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2016.11.7砥石権現1375m~鹿舞ダキ山1330m   

2016年 11月 07日

スーパー林道は紅葉ドライブだ。
c0219866_17144435.jpg
c0219866_17145441.jpg

ここは数あるお気に入りの場所の一つになっている。
c0219866_1715446.jpg

紅葉を楽しみながらのハイキング。
c0219866_17161346.jpg
c0219866_17162495.jpg
c0219866_17164121.jpg
c0219866_1716504.jpg

水恋沢源頭は落葉の絨毯になっている。
c0219866_17172419.jpg

のんびり歩いても砥石権現には1時間で着いてしまう。
c0219866_17175195.jpg

鹿舞ダキ山
c0219866_17181536.jpg

アケボノツツジは葉を落としていて、もう少し日差しが欲しいといった感じの天気になってきた。
c0219866_17184191.jpg

東宮山の向こうは高越山。
c0219866_1719521.jpg

鹿舞ダキ山
c0219866_17193810.jpg

一句詠もうと思ったけれど出てこない(--,)
c0219866_17195199.jpg

シャクナゲは花芽をたくさん付けていて、来春のコシアブラにも期待してしまう。
c0219866_17202274.jpg

c0219866_17203696.jpg

ツルリンドウ
c0219866_1721113.jpg

再び砥石権現
c0219866_17213726.jpg

ファガスの森から里山倶楽部さんがやってきた。
c0219866_1722323.jpg

あんなに仲良しなのはなぜだろう!?

水恋沢源頭を過ぎると日が射しはじめる。
c0219866_17223453.jpg

c0219866_17224694.jpg

c0219866_1723162.jpg

ブナのお父さん(お母さん?)
c0219866_17232794.jpg

その子ども
c0219866_17235476.jpg

ゆっくりのんびり下るだけ。
c0219866_172852.jpg

c0219866_17284687.jpg

c0219866_1729123.jpg

豪華だね~!
c0219866_17295153.jpg
c0219866_1730494.jpg

お気に入りの場所で昼ごはん。
c0219866_17303931.jpg
c0219866_17305289.jpg

ファガスの森に寄りました。
c0219866_17313793.jpg

砥石権現
c0219866_17321299.jpg

紅葉は標高1200mから1100m付近が見ごろになっていました。
c0219866_17332616.jpg

c0219866_17334179.jpg

天候:晴れ時々曇り
登山口9:30・・・9:55堂の窪・・・10:15水恋沢源頭・・・10:30砥石権現・・・10:50鹿舞ダキ山11:00・・・11:15砥石権現・・・11:30水恋沢源頭・・・11:50堂の窪・・・12:10お気に入りの場所(標高1150m)12:40・・・12:45登山口

by nakatuminesan | 2016-11-07 17:42 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2016.11.3 塩塚高原ハイキング   

2016年 11月 03日

野焼きとススキで知られる塩塚高原を歩いてきました。
c0219866_17311276.jpg
c0219866_17312583.jpg

たくさんのリンドウが花を咲かせていただけでなく、この季節にウメバチソウとゲンノショウコが咲き残っているのには驚きました。
c0219866_1732285.jpg

c0219866_17332838.jpg
c0219866_17334211.jpg

イナカギク?
c0219866_858458.jpg
c0219866_8585837.jpg

多くのハイカーで賑わう塩塚峰
c0219866_8592822.jpg

ハバヤマボクチ
c0219866_8595722.jpg
c0219866_901084.jpg

山頂
c0219866_903325.jpg

明るく開けた山頂からの展望は360度。
すぐ近く南東は天狗岳
c0219866_91852.jpg

東は国見山の左後方遠くに烏帽子山や矢筈山
c0219866_913441.jpg

東南東には三嶺~西熊山~天狗塚
c0219866_92485.jpg

c0219866_921753.jpg

南は剣ノ山~三傍示山
c0219866_924574.jpg

南西は橡尾山の向こうに白髪山~奥工石山
c0219866_931034.jpg

西方には二ツ岳~赤星山~豊受山~鋸山
c0219866_934030.jpg

春にはワラビがたくさん採れる尾根道を展望台へ向かいます。
c0219866_94913.jpg

足元にはホソバリンドウが咲き乱れている。
c0219866_944381.jpg

c0219866_95116.jpg

c0219866_951416.jpg

展望台
c0219866_954617.jpg

塩塚峰
c0219866_961224.jpg

弁当を食べていると足元にセンプリが。
c0219866_96397.jpg

c0219866_965195.jpg

ウメバチソウ
c0219866_972060.jpg

c0219866_97364.jpg

ムカゴ
c0219866_98259.jpg

by nakatuminesan | 2016-11-03 17:34 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2016.10.29 高城山1628m&天神丸1632m   

2016年 10月 29日

スーパー林道沿いは紅葉が見ごろになっていました。
c0219866_17114737.jpg

ファガスの森を出発する二人とは山頂で合流するとして、残る三人は最短コースから登ります。
c0219866_17121533.jpg
c0219866_17123055.jpg

風が冷たい日は手袋が必要な季節になってきました。
c0219866_1713463.jpg
c0219866_1713165.jpg
c0219866_17132659.jpg
c0219866_17134581.jpg

ドウダンツツジ
c0219866_17141144.jpg
c0219866_17142182.jpg

怪しいキノコ
c0219866_17144748.jpg

山頂は冷たい北風が吹いているだけで、剣山方面の眺めがないのが残念でした。
c0219866_17151956.jpg
c0219866_17153169.jpg

やがて二人が到着したので写真を撮って下ります。
c0219866_171613.jpg

c0219866_17161313.jpg

ナナカマド
c0219866_1716396.jpg

次なる山は車で移動して天神丸。
c0219866_1717752.jpg

カエデ
c0219866_17173161.jpg

バイケイソウは枯れてしまっている。
c0219866_1718474.jpg

シャクナゲは花芽を付けているので来年は期待できそうです。
c0219866_17183510.jpg

ヒマラヤの標高3400m付近にもダケカンバがありました。
c0219866_1719445.jpg

山頂
c0219866_17193170.jpg

帰路の林道でガスの晴れ間から眺める紅葉が綺麗でした。
c0219866_1720552.jpg

by nakatuminesan | 2016-10-29 17:21 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2016.8.21 黒沢湿原   

2016年 08月 21日

標高550mの黒沢湿原を歩いてきました。

お目当てのサギソウはたくさん咲いている。
c0219866_16495353.jpg
c0219866_1650635.jpg
c0219866_16501715.jpg

タチカモメヅル
c0219866_16504423.jpg

ミソハギ
c0219866_1651887.jpg

ミズトンボ
c0219866_16513285.jpg

アキノタムラソウ
c0219866_16515844.jpg

ゲンノショウコ
c0219866_16523429.jpg
c0219866_16524644.jpg

花を観ながらの散策がワラビ採りになってくる。
c0219866_16532079.jpg

c0219866_16534466.jpg

c0219866_1654146.jpg

c0219866_1654153.jpg

オニユリ
c0219866_1654458.jpg

ヘクソカズラ
c0219866_16551059.jpg

空にはトンボがいっぱい飛んでいる。
c0219866_16553666.jpg

これはヘリコプター(^-^)
c0219866_16562688.jpg

スイレン
c0219866_1657684.jpg

c0219866_16572078.jpg

メダカ
c0219866_16574431.jpg

ガマ
c0219866_1658748.jpg

アケビ
c0219866_16583261.jpg

キキョウ
c0219866_16585977.jpg

カワラナデシコ
c0219866_16592529.jpg

ヤマユリ
c0219866_1659504.jpg

テッポウユリ
c0219866_1701932.jpg

ウツボグサ
c0219866_1705277.jpg

今日も下界は35度の猛暑になりましたが、日陰にいると風が涼しい黒沢湿原でした。

by nakatuminesan | 2016-08-21 17:02 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2016.7.14 塔ノ丸1713m   

2016年 07月 16日

夫婦池から登る夏の塔ノ丸は久しぶり。
c0219866_971890.jpg

涼しい風が吹く日陰のトラバース道は快適で、梅雨の晴れ間が広がる一日になりそうな予感がする。
c0219866_974756.jpg

今日は阿南市のグループさわやか会の皆さんで、2年前には石鎚山東稜もご一緒したことがある。
c0219866_981653.jpg

コナスビ
c0219866_992426.jpg

稜線に乗った平坦地は休む場所と決めていて、モミの間からは高ノ瀬が眺められる。
c0219866_995310.jpg

ネジキの花は終盤になっている。
c0219866_9101772.jpg

さらに進むと樹林帯を抜け、左後方に姿を現すのは剣山と次郎笈。
c0219866_9105561.jpg

ニガナ
c0219866_911189.jpg

フウロは夏の到来を感じさせる花である。
c0219866_9114291.jpg

c0219866_9115432.jpg

アザミ
c0219866_9121933.jpg

塔ノ丸の山頂が見えてくる。
c0219866_9124778.jpg

前方には緑が鮮やかな笹原が広がっていて、足元にはウツボグサがたくさん咲いている。
c0219866_9131393.jpg

c0219866_9132552.jpg

ホソバノシュロソウ
c0219866_9134857.jpg

イブキトラノオ
c0219866_9141460.jpg

c0219866_91426100.jpg

越えてゆく1682mピークと山頂の上には青空が広がりはじめる。
c0219866_9145567.jpg

オトギリソウ
c0219866_9152186.jpg

剣山~次郎笈
c0219866_9155812.jpg

1682mピークへはなだらかな斜面が続いている。
c0219866_9162124.jpg

丸笹山と剣山を振り返ると雲は怪しいが日が射していて、さわやか会が歩く稜線は爽やかな風が吹いて快適そのものである。
c0219866_9165248.jpg

大きな岩が現れると積雪期に使う最短ルートの第7ヘアピンからの道と合流する。
c0219866_9203299.jpg

やがてスキー滑降に適した斜面が見えてくる。
c0219866_921012.jpg

雪不足の今年は滑る機会を逃したが、来年の冬は絶対にシュプールを残すと決めている。

山頂が目の前になってくる。
c0219866_9213779.jpg

最後の登りもホソバノシュロソウやイブキトラノオがいっぱいで、今年のように多く見られることは珍しいといえそうだ。
c0219866_922930.jpg

上空には青空が広がって夏の雲が湧く山頂だ。
c0219866_9223839.jpg

三嶺は見えているが山頂は雲に隠されている。
c0219866_92357.jpg

名頃ダム
c0219866_9232980.jpg

剣山~次郎笈
c0219866_9235274.jpg

c0219866_924113.jpg

ついでだから西にある緑の1690mピークまで行ってみよう。
c0219866_9253181.jpg

c0219866_9254387.jpg

1690mピークに立つと笹の斜面が広がっていて、前方の三角とんがりピークは滝下の天狗塚である。
c0219866_9262911.jpg

一瞬だが三嶺の山頂が雲の切れ間から姿を見せている。
c0219866_9272730.jpg

塔ノ丸山頂に引き返し写真を撮って下りましょう。
c0219866_929511.jpg

c0219866_942533.jpg

c0219866_9294959.jpg

矢筈山~黒笠山方面
c0219866_9301615.jpg

ここまで来れば雨に降られる心配はなさそうだね。
c0219866_9304818.jpg

c0219866_9312100.jpg

クモキリソウ・・・ピンボケ(--,)
c0219866_9323726.jpg

山頂を振り返るとけっこう遠いなぁ。
c0219866_934522.jpg

無事下山~♪
c0219866_9343135.jpg

下界では真夏日だったようですが、涼しい風が吹く快適な塔ノ丸でした。

天候:曇り時々晴
夫婦池8:55・・・9:40稜線1515m・・・10:40P1682m・・・11:00北東コル1650m・・・11:10塔ノ丸12:20・・・12:30北東コル・・・12:45P1682m・・・13:35稜線1515m・・・14:20夫婦池

by nakatuminesan | 2016-07-16 09:37 | 山行報告(初級) | Comments(0)

2016.7.10 山犬嶽997m   

2016年 07月 10日

全国棚田百選に選ばれた樫原の棚田では水車が回っていて、赤く色づいたヤマモモがいっぱいで美味しそう。
c0219866_17245754.jpg
c0219866_17251043.jpg
c0219866_1725226.jpg

登山口周辺では夏の花がたくさん咲いている。
ウツボグサ
c0219866_1726523.jpg

ホタルブクロ
c0219866_17262743.jpg

カワラナデシコ
c0219866_1726503.jpg

ヤブカンゾウ
c0219866_17271716.jpg

ハイキングコースを進むと植林帯に入ってゆき、雨は降っていないが湿度が高くて汗びっしょり>0<
c0219866_17275063.jpg
c0219866_1728024.jpg

自然林が始まる山犬嶽の案内板で一休み。
c0219866_17293482.jpg

ヒメレンゲ
c0219866_1729585.jpg

金比羅宮
c0219866_17302521.jpg

イチヤクソウが見られるが花は終わっている。
c0219866_17305159.jpg

競り割岩を通過する。
c0219866_17311754.jpg

c0219866_1731294.jpg

ツリバナも花を終わらせ実をつけている。
c0219866_1732097.jpg

濡れた足場に注意して見晴らし岩に上がってみるけれど、残念ながら山犬嶽の山頂は雲に隠れたままである。
c0219866_1732315.jpg

見事な水ゴケが現れるが高湿度に加えて靄で綺麗に写らない。
c0219866_17342062.jpg

c0219866_1734528.jpg

いくら安物カメラに腕が悪いとはいえ、ここまで写りがよくないと苔にも失礼だ。
c0219866_17355749.jpg

ナルコユリ
c0219866_17362340.jpg

水ゴケふかふか
c0219866_17365377.jpg

太い杉が見えてくれば東光寺。
c0219866_17372669.jpg

c0219866_17373883.jpg

さらに大岩を過ぎると朽ちた倒木があり、傾斜が緩くなると山犬嶽の山頂に到着する。
c0219866_1738842.jpg

c0219866_17382042.jpg

c0219866_17383248.jpg

ヒメシャラ
c0219866_17385718.jpg

蒸し暑い夏はざるそばが美味くてたまらない~♪
c0219866_17403276.jpg

苔と樹木の緑に染まりながら下山する。
c0219866_1741776.jpg

c0219866_1741191.jpg

シャクジョウソウ
c0219866_17414697.jpg

ちょっと気味悪いですが初めて見た植物です。

心配した雨に降られることもなく、瑞々しい水ゴケを満喫できました。
知人にも会えたし若者グループもいて、この時季は訪れる人の多い山犬嶽です。

花々の里に寄ってかえりました。
c0219866_17472984.jpg

c0219866_17444415.jpg

by nakatuminesan | 2016-07-10 17:50 | 山行報告(初級) | Comments(0)