カテゴリ:昔むかし( 119 )   

転付(でんつく)峠   

2017年 10月 21日

峠はるかに重荷にあえぎ あい見る山は北岳の峰よ♪…とは学生時代よく歌った「北岳の歌」です。
はるかに越える峠は夜叉神峠であっただろうと思われます。

はるかに越える峠は転付峠とて同じだったはずで、古い岳人たちは重荷にあえいで峠に立ち、荒川岳や赤石岳など南アルプス南部の峰々に心を打たれたのでしょう。
昔は早川から大井川上流へ至る道はいくつもあったそうです。
c0219866_15490950.png
いくつかあったルートですが人の行き来が減り、現在では付峠を越えるルートが唯一となっています。
しかし大井川上流に東俣林道が開設され、二軒小屋までリムジンバスが通るようになって以来、早川側からの登山者の姿は減っていると聞きます。
c0219866_15500576.jpg
静岡・山梨県境にある標高約2000mの峠付近には富士山の眺めが抜群の展望台があるらしく、悪沢岳や赤石岳にはじまり聖岳や上河内岳なども一望できるそうです。

それにしても
転付峠とは山屋の心に響く名前だと思ってしまいます。

一度だけ越えたことがあります。

昨日の続きのようになってしまいますが・・・
それは49年前になる初冬の茶臼岳~聖岳~赤石岳~荒川岳~塩見岳縦走の時でした。
すでに標高2500m以上には雪がきていて、赤石岳では30センチの積雪になっていました。
c0219866_15512888.jpg
c0219866_15514895.jpg
最終ピークの塩見岳から長い蝙蝠尾根を下りました。
降り立った日没の二軒小屋付近でビバークし、翌日は標高差500mを登り返して転付峠に立ちました。
c0219866_15543126.jpg
49年も前になる1968113日のことで、岳友と二人で歩いた一週間の山旅でした。
c0219866_15552078.jpg
昔はこんなキスリングザックを背負っていました。

ん? そんなことより人相が悪いって!?^-^;

石柱には左 二軒小屋ヲ経テ赤石方面ニ至 右 新倉ヲ経テ西山身延方面ニ至 と彫られています。
c0219866_15555460.jpg
新倉へ出る内河内川沿いは季節からすると紅葉が綺麗だったはずですが、いくら半世紀も昔とはいえ記憶がまったくありません。

あの
松濤明は昭和15年に転付峠を越えていて、風雪のビバークには“春の遠山入”として記されています。
c0219866_15564671.jpg
c0219866_15570122.jpg









by nakatuminesan | 2017-10-21 15:59 | 昔むかし | Comments(3)

蘇る青春の山旅   

2017年 10月 15日

先日の白峰三山縦走は天気に恵まれただけでなく、半世紀も前を懐かしく思い出してしまう山になりました。
それは
山岳部現役1年生だった18歳の秋、同期4人による個人山行での南アルプス北部縦走でした。
鳳凰三山~甲斐駒ヶ岳~仙丈ヶ岳~白峰三山と少し欲張った計画でした。

1
日目・・・夜叉神峠から入山して薬師岳あたりでツェルトビバークする。
いきなり夜中に豪雨となり全身びしょ濡れネズミ。

2
日目・・・濡れ物を乾かしているうちに出発が午後になり、鳳凰三山を終わらせ無人となった早川尾根小屋で泊まる。

農鳥岳からの鳳凰三山
c0219866_12100355.jpg
3日目・・・アサヨ峰を越えて栗沢山から急降下した仙水峠から甲斐駒ヶ岳をピストンし、北沢峠で各自ツェルトは張らずに被って星空天井とする。
ここで昔から有名だった“北沢峠のオバケ”を体験する⇒⇒2011629日の記事を参考に。

小太郎尾根からの甲斐駒ヶ岳
c0219866_12114846.jpg
4日目・・・仙丈ヶ岳を越えて仙塩尾根(昔から馬鹿尾根と呼ばれていた)を辿る。
横川岳を過ぎたところから野呂川に下り、掘っ立て小屋みたいな無人の両俣小屋で泊まる。

小太郎尾根からの仙丈ヶ岳
c0219866_12130723.jpg
c0219866_12140826.png
5日目・・・天気はいいのに何故か停滞してしまい、日向ぼっこや河原で遊んで過ごす。
夜はそのへんの雑草を入れたオジヤで腹は満たされました。
当時の食料といえば米と味噌だけは多量に持っていて、贅沢なまぐろフレーク缶など時たま口に入る程度の粗末な食事でした。

6
日目・・・左俣沢から中白根沢の頭を越え北岳に立つ。

先日の山行で両俣小屋の標識を見たときは懐かしく思いました。
c0219866_12153545.jpg
間ノ岳から下った農鳥小屋付近でツェルトビバークする。
えらく水場が遠かったように覚えています。

7
日目・・・農鳥岳を越えて広河内の谷に降り、奈良田に下山して1週間の山が終わりました。

農鳥岳からの北岳と間ノ岳
c0219866_12182778.jpg
c0219866_12192894.png
現在の広河内には堰堤が多数ありますが当時は何もありませんでした。
広い河原に大きなクラックのある大岩があり、チムニー登りをしたことが思い出になっています。
探しましたが発破で破砕されたのか大岩はありませんでした。
c0219866_12210837.jpg








by nakatuminesan | 2017-10-15 12:23 | 昔むかし | Comments(0)

ステーションビバーク   

2017年 08月 09日

ビバークのことは201110月に書きました。
フォーストビバークは緊急時・予定外に行うビバークで、フォーカストビバークは登山計画の中に折り込み済みの予定されたビバークです。

ステーションビバークと駅で寝ることで、知っているのは古い山屋さんぐらいのものでしょう。
つまり駅の待合室のベンチや軒先で寝袋に入って眠ることです。

昔は大きな顔をして駅で寝て、これ以上安上がりの宿はありませんでした。
合宿が終わると残りの食料をもらって風呂に入り、単独や個人山行など次の山のために
ステーションビバークは合理的でした。
つまり金が一切かからない宿泊先だったのです。
c0219866_15251165.jpg

松本駅、大糸線の信濃大町駅、飯田線の駒ヶ根駅、中央本線の甲府駅など。

c0219866_15254667.jpg



by nakatuminesan | 2017-08-09 15:26 | 昔むかし | Comments(0)

滝谷第四尾根   

2017年 07月 24日

元々高いところは苦手で岩登りは下手くそだった。
今になって壁屋ではなく尾根屋でよかったと思っているし、岩の壁を攀じる行為なんて危険極まりないと思っている。
滝谷第四尾根は尾根と呼ばれているが岩登りのルートであり、北岳バットレス第四尾根と同じように雪の時期にも攀じたことがある。

時たま昔の写真を出してきては笑ってしまうことがある。
これは滝谷第四尾根の確かBカンテだと記憶しています。
斜度は45度ぐらいなので両足のフリクション(英語で摩擦です)で攀じ登ります。
c0219866_14352850.jpg
滝谷第四尾根には確かいくつかのカンテがあった。
カンテとはドイツ語で「
岩のとがった角」とか「岩壁の稜角」とかの意味であり、リッジは英語で「岩稜」らしいから山の用語は難しい。

これは滝谷の写真です。
写っているのはクラック尾根や第一尾根などで、面白い
第四尾根は隠れて見えません。
c0219866_14361761.jpg
Bカンテはそう難しいピッチではなくⅢ級程度だったかな? 
c0219866_14441175.jpg
みなでワイワイガヤガヤ大笑いしながらでした。

若いときの自由で気楽な個人合宿ほど面白かったことはありません。
c0219866_14444786.jpg



by nakatuminesan | 2017-07-24 14:40 | 昔むかし | Comments(0)

何度も通った乗鞍岳   

2017年 03月 15日

乗鞍岳に山スキーヤーやボーダーが増えたのは10年前ぐらいからでしょうか。

初めての乗鞍岳山スキー行は40年ほど前になります。
あのころは山スキーをする人と会うことはありませんでした。
いつも向かうのは厳冬期だったこともありますが、3月でも今のように多くの人で賑わうことはなかったと思います。

位ヶ原の標高2450m付近にはダケカンバがたくさんあります。
c0219866_1905672.jpg

若い頃は何度かツェルトビバークしたことがあり、通るたびに酷寒の夜を過ごしたことを思い出します。
これは30年以上も前の写真で、肩ノ小屋手前で強風に追い返されたときだったと記憶しています。
c0219866_1913124.jpg

朝日岳でだったか登山者に写してもらいました。
ウェアはナイロンのヤッケとオーバーズボンです。
c0219866_1933850.jpg

正月だったので穂高岳など白さが3月とは比べものになりません。

これは先日の写真です。
c0219866_1945074.jpg

もう一度ぐらいは厳冬の乗鞍岳に立ちたいと思ったりしています。

by nakatuminesan | 2017-03-15 19:05 | 昔むかし | Comments(0)

富士山合宿   

2017年 03月 04日

先日の大山1泊山行では突風に対する耐風姿勢をやりました。
ちょっと遊び半分ではありましたが、こんなことも冬山の知識として覚えてほしいという意味でした。

山岳部時代は冬山を前にした富士山合宿が恒例でした。
45年も前になる古い写真が登場します。
冬山を前にした富士山での訓練風景です。
アイゼン歩行と滑落停止を徹底してたたき込まれました。
c0219866_1832442.jpg
c0219866_18321558.jpg
c0219866_18322719.jpg

滑落停止に失敗すると止めることは難しい固雪やアイスバーンだったので、ちゃんとザイルで確保しながら真剣にやっていました。
c0219866_1833344.jpg
c0219866_1833181.jpg

これはゴリラです・・・一年生のとき。
c0219866_18334795.jpg

c0219866_18391150.jpg

これは三年生のときだから生意気になっていて、ダウンのミトンでピッケルを握って立っている。
c0219866_7212240.jpg

突風に飛ばされることを想定した頭から滑落なんかもやりました。
今では懐かしい思い出になりました。

by nakatuminesan | 2017-03-04 18:39 | 昔むかし | Comments(2)

南八ヶ岳の思い出   

2017年 02月 20日

厳冬期南八ヶ岳縦走ぐらい強烈な記憶はありません。
それは19歳になったばかりの冬山駆け出しのころでした。

2010年12月22日の記事にしましたが、あれほど厳しい冬山の経験は後にも先にもありません。
それは天狗岳~硫黄岳~横岳~赤岳~権現岳~編笠山で、岳友と二人での本格的な冬山縦走でした。
新人二人で厳冬の南八ヶ岳をやると言えば止められるのは確実で、もちろん先輩たちには内緒で行ったものでした。

先日の八ヶ岳山行では厳冬期とは思えない穏やかな天気になりました。
硫黄岳からは一座目の天狗岳が眺められ、横岳から赤岳へ続く稜線も穏やかに映りました。
c0219866_17171054.jpg
c0219866_17172275.jpg

先日は日ノ岳南面のルンゼ状は雪が安定していました。
c0219866_17184161.jpg

あの時は猛烈な風雪での行動だったので雪崩の恐れがありました。
無事に通過してリッジに出る手前の岩陰でツェルトを被り休憩したことを思い出していました。
c0219866_17193145.jpg

マイナス25度という寒気に加え風速は20mを超えていて、凍った鼻水で目出帽はカチカチになってしまいました。
手足の指に感覚はなく顔面には凍傷を負いました。

今だと山に入らない天候でした。
入っていれば停滞するのが当然のことなのに、思い返しても大胆な行動をしたものです。
山の姿を見ることのなかった強行突破の3日間でした。

今では記憶は薄れてきましたが・・・
①硫黄岳では小石が真横に飛ぶのを見ました。
②赤岳の下りで岳友がシリセードに失敗し、当時出回り始めた新型アイゼンが壊れました。
③キレット小屋では興奮で眠れず、盛大に薪を燃やして朝まで過ごしました。
④編笠山の下りは永遠に続くかと思えるほど長く、小淵沢の町灯りが見えたときの嬉しかったこと。
⑤初めて経験する凍傷が嬉しくて、勲章をもらったように得意になっていました。

先日は当時を思い出しながらの縦走だったこともあり、最高峰である赤岳の山容は優しく迎えてくれるように感じられました。
c0219866_17213188.jpg

by nakatuminesan | 2017-02-20 17:24 | 昔むかし | Comments(0)

今日はなんの日?   

2017年 01月 07日

昭和の初期に記録的な冬山単独登山を展開した加藤文太郎。
特に昭和5年12月30日からの薬師岳から烏帽子岳縦走は当時の登山界を驚かせました。
c0219866_1510289.jpg

山に入って9日目の昭和6年1月7日の夜11時に下山しています。
単独行から・・・
濁の小屋には莚が三枚と畳があるだけで、寝るには寒いので、対岸にある、東信電力の金原氏のところに行って泊めてもらう。
c0219866_15105338.jpg

濁の小屋は烏帽子岳登山口付近にありましたが、今では高瀬ダムの湖底に沈んでいます。
それにしても驚かされるのは文太郎の大胆な行動で、当時の粗末な装備による記録は信じられない思いがするのです。
今の装備をしてパーティーを組んだとしても、そう簡単に走破できる縦走ルートではありません。
c0219866_15125827.jpg

今日は加藤文太郎が風雪の北アルプスから無事下山した日です。
今から86年前のことになります。

加藤文太郎記念図書館には彼が愛用した山の装備がガラス棚に展示されています。 
登山靴・ピッケル・ワカン
c0219866_1515574.jpg

山スキー板
c0219866_15153225.jpg

特に目を引くのが登山靴です。
c0219866_1516544.jpg

おまけは今日の日峯と小神子海岸で、近くまで行ったついでに歩きました。
c0219866_15163745.jpg

c0219866_15165458.jpg

山に白いものはない
c0219866_15172670.jpg

c0219866_1517447.jpg

c0219866_15175780.jpg

c0219866_15181418.jpg

これなに?
c0219866_15184074.jpg

二等三角点がある遠見ヶ原191.6m
c0219866_1519785.jpg

海~!
c0219866_15193849.jpg

c0219866_15194982.jpg

小神子ジャンダルムなんちゃって^-^;
c0219866_15201939.jpg

c0219866_15203160.jpg

晩酌のアテ
c0219866_15205930.jpg

ピーヒョロ~
c0219866_15212688.jpg
c0219866_15213596.jpg

by nakatuminesan | 2017-01-07 15:23 | 昔むかし | Comments(0)

恒例だった年越し単独行   

2016年 12月 19日

若い頃は北アルプスで新年を迎えるのが当たり前でした。
c0219866_1571881.jpg

12月になれば行き先は決まっていて、装備の点検と食料計画も終わっていました。
あとは山へ入る日を待つだけでした。
しかし気持ちは次第に憂鬱になり、重苦しい日々を過ごしました。
パーティー登山ではないんだから、やめてゲレンデスキーにでも変更しようかと思ったこともありました。

その理由は単独行の重圧だったのだと思います。
出発の日がきてザックを背負いピッケルを持つことで、その重圧から開放されたことを思い出します。
体力気力ともに充実していた若かりし40年前でした。
c0219866_1583942.jpg

それでも冬山の厳しさと恐さは知っていたつもりで、行動は大胆かつ慎重だったと思っています。
厳冬の槍ヶ岳に立ったのは22年も前のことになってしまいました。
c0219866_1591883.jpg

おまけは今日の中津峰山。

高気圧に覆われ青空がいっぱい。
c0219866_1595916.jpg
c0219866_15101169.jpg

c0219866_15102750.jpg

秋が残っていました。
c0219866_15105760.jpg

c0219866_15111155.jpg

こちらは冬衣装
c0219866_1511395.jpg

c0219866_15115452.jpg

c0219866_15121324.jpg

c0219866_15122766.jpg

c0219866_15124023.jpg

駐車場には車が何台か停まっていたのに山頂には誰もいませんでした。
c0219866_15141554.jpg

c0219866_15142969.jpg

c0219866_15144981.jpg

c0219866_151525.jpg

c0219866_15151649.jpg

頑張り屋
c0219866_15154059.jpg

c0219866_15155352.jpg

c0219866_15161363.jpg

c0219866_15162649.jpg

無事下山~♪
c0219866_15165076.jpg

おまけのオマケ・・・トム君10歳の誕生日
c0219866_17101884.jpg

by nakatuminesan | 2016-12-19 15:18 | 昔むかし | Comments(0)

懐かしの烏帽子岳から水晶岳   

2016年 09月 07日

46年ぶりに裏銀座の一部である烏帽子岳から水晶岳を歩きました。
そして以前から登りたいと思っていた赤牛岳にも登頂でき、涼しい初秋の風を感じられる快適山行となりました。
c0219866_17275439.jpg

いつも頭にあるのは加藤文太郎のことで、今回も烏帽子岳から水晶岳まではそうでした。
昭和5年の暮れから6年の正月にかけ、薬師岳から烏帽子岳を単独縦走しているからです。
単独による長距離縦走は文太郎が初めて成し遂げ、当時の登山界を驚かせた真似のできない快挙でした。
c0219866_17283741.jpg

当時は水晶小屋と野口五郎小屋はなく、三俣小屋から烏帽子小屋まで19時間行動で踏破しています。
c0219866_17291184.jpg

野口五郎小屋から烏帽子小屋まで悪場はないとはいえ、大胆にも月明かりで歩くあたりは孤高の人。
あの大岩を見ただろうかとか、この岩角に触れただろうかと文太郎を偲びながら歩きました。
c0219866_17294976.jpg

c0219866_1730501.jpg

先日は野口五郎小屋の手前で休憩し、文太郎が休んだという窪地を探したりしました。
c0219866_17302381.jpg

その場所は見つけることは出来ませんでした。

水晶小屋から東沢乗越までの稜線は痩せた箇所が多く、ワリモ沢側は物凄かったとあります。
c0219866_1731205.jpg

それは地形図からも読み取れるし、まだ積雪の少ない正月であれば悪場だったと思われます。
c0219866_17315436.jpg

c0219866_17321491.jpg

文太郎もスキーと荷物を別々に運んで苦労した様子が書かれています。

水晶岳から赤牛岳までは緩やかな稜線の連続で、野口五郎岳から烏帽子岳の展望台といってもよい素敵な縦走路でした。
c0219866_1733272.jpg

満月に照らされた雪山歩きをしてみたいと思ってしまいます。

by nakatuminesan | 2016-09-07 17:36 | 昔むかし | Comments(0)