カテゴリ:山行報告(中級)( 300 )   

2017.6.18 三嶺1894m北東尾根   

2017年 06月 19日

見ノ越から三嶺の北東尾根が眺められる。
c0219866_12393796.jpg
名頃はウツギが花盛りになっていて、目指す北東尾根の左後方には山頂部が見えている。
c0219866_12402995.jpg
c0219866_12411900.jpg
平尾谷川は水量が少ないので渡渉は簡単だ。
c0219866_12415626.jpg
鉄塔までは巡視路があるけれど、その後は道はないがヤブがないので歩くには困らない。
c0219866_12424330.jpg
c0219866_12430098.jpg
c0219866_12432178.jpg
まさに新緑鮮やかな季節になってきて、緑のシャワーを浴びながら高度を上げていく。
c0219866_12440047.jpg
小さいが岩場の通過が面白い。
c0219866_12443292.jpg
c0219866_12444742.jpg
標高1400m付近にはザレた崩壊地があり、見ノ越からも見えていた場所である。
c0219866_12452616.jpg
山頂部と振り返れば名頃ダムも見えている。
c0219866_12460242.jpg
c0219866_12461909.jpg
ここは2012124日にアイゼンを着けた場所である。

標高1480m付近は尾根が痩せていて、ルートは岩場と根っ子を繰り返す。
c0219866_12472271.jpg
c0219866_12473950.jpg
樹林の間からダケモミの丘が見えていて、その向こうは剣山からの縦走路である。
c0219866_12481452.jpg
1569mピークの下は急登の箇所があり、少々あずった2012124日を思い出す。
c0219866_12484965.jpg
ギンリョウソウ
c0219866_12492075.jpg
1569mピークは広い丘状になっていてタニギキョウが咲いている。
c0219866_12503362.jpg
c0219866_12505701.jpg
標高1600mからは胸突き八丁の急斜面となり、幹周4mはあろう大木が行く手を阻むようである。
c0219866_12540452.jpg
ひと頑張りすれば明るく開けた笹の原に飛び出して、ダケカンバについた霧氷が素晴らしくて立ち止まった場所である。
c0219866_12543801.jpg
避難小屋のトイレが見えるようになる。
c0219866_12552352.jpg
広がる眺めは塔ノ丸~丸笹山~剣山~次郎笈で、すでに標高は1700mを超えている。
c0219866_12555877.jpg
標高1740mでいやしの温泉郷からの道に合流する。
c0219866_12563287.jpg
1791mピークからは三嶺の山頂が腕を伸ばせば届きそう。
c0219866_12570477.jpg
気の早いコメツツジが花を咲かせている。
c0219866_12574418.jpg
冬だと避難小屋で昼ごはんだが、ちらっと横目で見て向かうは山頂だ。
c0219866_12582561.jpg
c0219866_12584140.jpg
マイズルソウは終盤だがツマトリソウは盛りになっている。
c0219866_12593184.jpg
c0219866_12594990.jpg
あと5分で山頂かな。
c0219866_13002995.jpg
コヨウラクツツジ
c0219866_13010327.jpg
西熊山~天狗塚
c0219866_13013754.jpg
昨日も眺めた石立山だ。
c0219866_13022338.jpg
矢筈山~黒笠山
c0219866_13030893.jpg
寒峰~烏帽子山とスッキリしないが山は見えている。
c0219866_13051086.jpg
c0219866_13054464.jpg
あとはのんびり下るだけ。
c0219866_13064051.jpg
c0219866_13071425.jpg
登った北東尾根は樹林越しに見えていて、1569mピークや茶色くザレた崩壊地もよくわかる。
c0219866_13081363.jpg
c0219866_13084528.jpg
c0219866_13091574.jpg
新しい標識が立っている。
c0219866_13100451.jpg
c0219866_13103706.jpg
塔ノ丸を見上げるようになると名頃の登山口。
c0219866_13112923.jpg
北東尾根は変化があり面白いルートです。
c0219866_13121758.jpg
天候:曇り時々晴れ

名頃805・・・815平尾谷川渡渉・・・930標高点1285・・・945崩壊地・・・10:30標高点1569・・・11:35P1791・・・1200避難小屋前・・・1210三嶺1245・・・1310マユミの木・・・1340ダケモミの丘・・・1420林道・・・1455名頃





by nakatuminesan | 2017-06-19 12:51 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2017.6.4 石鎚山1982m東稜   

2017年 06月 04日

今年はシャクナゲが表年らしいと聞いていましたが、東稜もたくさん咲いたピンクの花で飾られていました。

c0219866_19311398.jpg
c0219866_19325145.jpg
c0219866_19331061.jpg
c0219866_19332823.jpg
c0219866_19334518.jpg
青空にブナの新緑が瑞々しく今日の快晴は約束されている。
c0219866_07585770.jpg
c0219866_07591527.jpg
コヨウラクツツジ
c0219866_07594818.jpg
鶴ノ子ノ頭のトラバースを終えて進めば東稜の撮影ポイントだ。
c0219866_08002414.jpg
東稜基部
c0219866_08005539.jpg
さあ登ります!
c0219866_08012917.jpg
今年は雲早山のシャクナゲ尾根が素晴らしいと話していると花が現れる。
c0219866_08021473.jpg
ザワザワ笹漕ぎ楽しそう。
c0219866_08024482.jpg
サラサドウダンツツジ
c0219866_08031781.jpg
矢筈岩と南尖峰を眺められる場所がある。
c0219866_08035273.jpg
簡単な巻き道を通らず小さな岩場を試し下りする。
c0219866_08042680.jpg
c0219866_08044187.jpg
c0219866_08045987.jpg
矢筈岩が正面になる。
c0219866_08053762.jpg
岩壁に黄色いダイコンソウが一輪だけ咲いている。
c0219866_08060842.jpg
この笹の凹角状の登りが急だけど面白い。
c0219866_08064235.jpg
c0219866_08065747.jpg
シャクナゲが増えてくる。
c0219866_08072871.jpg
2mぐらいの岩を過ぎるとコイワカガミがピンクの花を咲かせていて、岩の上に立つと南尖峰が迫力を増してくる。
c0219866_08080176.jpg
c0219866_08085376.jpg
c0219866_08090744.jpg
シャクナゲは豪華な花の一つである。
c0219866_08093953.jpg
c0219866_08100001.jpg
さらに南尖峰が大きくなってくる。
c0219866_08103793.jpg
恐そうな恐竜の背は左にトレースがあり、トラバースするから通過は簡単ですよ。
c0219866_08111267.jpg
c0219866_08113669.jpg
c0219866_08115113.jpg
c0219866_08121416.jpg
c0219866_08122968.jpg
さらに続く岩場は年毎に木がなくなってきて、登りやすくなったので面白くない。
c0219866_08131151.jpg
さあ最後の登りですよ~!
c0219866_08134221.jpg
コツはクラックの上部に左足を入れること。
c0219866_08142710.jpg
c0219866_08144473.jpg
クラック右のスタンスに右足を置いたら登ったようなもの。
c0219866_08153086.jpg
c0219866_08154960.jpg
c0219866_08161635.jpg
c0219866_08163214.jpg
ほら簡単だったでしょ。
c0219866_08170835.jpg
少し高度感が出てきたかな。
c0219866_08174073.jpg
山頂稜線に乗るとコイワカガミがいっぱいだ。
c0219866_08181568.jpg
天狗岳が目の前になってくる。
c0219866_08184724.jpg
西ノ冠岳
c0219866_08192389.jpg
二ノ森~鞍瀬の頭~堂ヶ森
c0219866_08195773.jpg
ワ~イ♪ 天狗岳
c0219866_08204117.jpg
今日64日は“虫の日”になっていて、いっぱい飛んでいるし弁当にも寄ってくる。
c0219866_08225739.jpg
弥山は大勢の登山者で賑わっている。
c0219866_08232729.jpg
岩稜歩き慎重に。
c0219866_08235982.jpg
東稜を登った人は鎖を掴まないで登ってくださいよ。
c0219866_08243207.jpg
弥山から眺める天狗岳は聳え立っていて、左下には矢筈岩も見えている。
c0219866_08250613.jpg
しまなみ海道
c0219866_08254503.jpg
北壁
c0219866_08261670.jpg
ワチガイソウ
c0219866_08264723.jpg
6月にしては風が爽やかで汗をかくこともなく、帰りも撮影ポイントから東稜を眺められました。
c0219866_08272462.jpg
天候:快晴

土小屋825・・・935東稜基部・・・1020矢筈岩・・・1110南尖峰・・・1120天狗岳1200・・・1210
1220・・・1245成就社分岐・・・1310東稜基部・・・
1410土小屋


by nakatuminesan | 2017-06-04 19:34 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2017.5.27 石立山1708m   

2017年 05月 28日

裏年といわれているシロヤシオです。
確かに花数は昨年の10分の1ぐらいでしょう。
しかし山頂付近には多くの花を付けた木が何本かありました。
もう一つのお目当てユキワリソウも咲きはじめていました。
c0219866_19234105.jpg
c0219866_19240529.jpg
5月の澄んだ青空が広がっていて、新緑が鮮やかな季節になってきた。
c0219866_11345778.jpg
竜頭山を経由する予定で10分あまり歩くと林道が通行止めになっている。
c0219866_11353275.jpg
人も通さないというので引き返し吊橋から登ることになる。
c0219866_11360406.jpg
小さな尾根を越えた竜頭谷で小休止。
c0219866_11364115.jpg
まさに緑のシャワーが降り注ぐといった表現が当てはまる。
c0219866_11371255.jpg
岩場の急登になり感触がたまらない。
c0219866_11374731.jpg
c0219866_11380257.jpg
右下に駐車場が見えている。
c0219866_11384472.jpg
この岩と木を写さない人はいないだろう。
c0219866_11392443.jpg
日差しは強いが木陰の登りが続くので楽だけど、3週間ぶりの山なので登頂できるか心配だ。
c0219866_11395998.jpg
イカリソウは花が終わり実になっている。
c0219866_11403175.jpg
少しだけアルペン気分を味わえる。
c0219866_11411097.jpg
c0219866_11412866.jpg
平坦な竜頭山の後方は白髪山。
c0219866_11420527.jpg
イワガサ
c0219866_11423394.jpg
痩せ尾根を通過する。
c0219866_11430265.jpg
ギンリョウソウ
c0219866_11434202.jpg
ブナは新緑のころ力強さを感じさせる。
c0219866_11465213.jpg
1472mピークが近くなるとシロヤシオの花が落ちているが、残念ながら裏年なので咲いている花は少しだけ。
c0219866_11473461.jpg
c0219866_11475725.jpg
イシダテクサタチバナは1週間後に開花しそうになっている。
c0219866_11483118.jpg
行者山と赤城尾山が低くなり、左後方には甚吉森を眺められるようになる。
c0219866_11491078.jpg
バイケイソウやトリカブトが増えてくると西峰に到着する。
c0219866_11494570.jpg
c0219866_11495914.jpg
足は重いがなんとか登れて嬉しいっす。

樹木の間から次郎笈や一ノ森を眺めながら昼ごはん。
c0219866_11504268.jpg
北に少し下ると多くの花を咲かせたシロヤシオがある。
c0219866_11511803.jpg
c0219866_11513366.jpg
c0219866_11515354.jpg
キバナコマノツメ
c0219866_11522958.jpg
シコクハタザオ
c0219866_11525611.jpg
ユキワリソウが咲きはじめている。
c0219866_11533076.jpg
c0219866_11534576.jpg
c0219866_11540167.jpg
アマナかな?
c0219866_11543719.jpg
本峰へ向かうと満開になったシロヤシオの木が何本かある。
c0219866_11584604.jpg
c0219866_11590874.jpg
カメラのバッテリーがなくなってしまい、ここから先は久美ちゃんの写真です。

すこしピンクがかったシロヤシオ。
c0219866_11595706.jpg
西峰と捨身嶽の後方に三嶺が眺められる撮影ポイントになっている。
c0219866_12003636.jpg
c0219866_12010067.jpg
山頂には昨年はなかったネットが張られている。
c0219866_12013858.jpg
c0219866_12015781.jpg

天候:晴れ

別府峡850・・・940竜頭谷・・・10501183・・・1100岩場・・・11551472・・・1255西峰1335・・・1355石立山1410・・・1425難小屋・・・1510コル1220m・・・1625日和田




by nakatuminesan | 2017-05-28 19:24 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2017.5.7 滝下の天狗塚1445m   

2017年 05月 08日

林道丸見線の起点から歩きはじめると山は新緑に覆われている。
c0219866_07372865.jpg
c0219866_07374864.jpg
ユキモチソウ
c0219866_07384121.jpg
ヒトリシズカが群生している場所がある。
c0219866_07393596.jpg
c0219866_07401070.jpg
今日は女性が7名いるので賑わしい。

タラノメちょっと大きくなりすぎている。
c0219866_07411450.jpg
伐採地になると以前よりも山は荒れていて、ミツマタのジャングルになっている。
c0219866_07414630.jpg
山頂が見えてくる。
c0219866_07422257.jpg
キケマン
c0219866_07425241.jpg
寒峰や落合山の眺めが広がるようになってくる。
c0219866_07432768.jpg
c0219866_07434501.jpg
ヤマシャクヤク
c0219866_07442278.jpg
廃屋が近づいてきた。
c0219866_07444950.jpg
いつまで人が住んでいたのか気になる廃屋だ。
c0219866_07451858.jpg
スズメバチの巣も廃屋になっている。
c0219866_07454760.jpg
以前には見なかった場所にヤマシャクヤクが自生しているのは喜ばしいことである。
c0219866_07461803.jpg
標高1220m鞍部で一休みして、そのあとは高度を上げるにしたがい胸突き八丁になってくる。
c0219866_07465297.jpg
c0219866_07473008.jpg
c0219866_07474475.jpg
小さな祠が祀られている狭い山頂に到着する。
c0219866_07482454.jpg
三嶺~西熊山
c0219866_07485452.jpg
いやしの温泉郷
c0219866_07492395.jpg
天狗塚~牛ノ背
c0219866_07495284.jpg
塔ノ丸の後方には剣山と次郎笈
c0219866_07502939.jpg
c0219866_07504652.jpg
タムシバの白い花とサガリハゲ山。
c0219866_07513768.jpg
廃屋に戻ってきた。
c0219866_07521307.jpg
山菜テンプラ屋さん開店。
c0219866_07524809.jpg
イワタバコ
c0219866_07531960.jpg
コシアブラ
c0219866_07535017.jpg
c0219866_07540620.jpg
タラノメ
c0219866_07544612.jpg
c0219866_07550298.jpg
山椒
c0219866_07553691.jpg
食べますよ~
c0219866_07571191.jpg
c0219866_07572883.jpg
食べたあとも何かないか探しながら山を下っていく。
c0219866_07580702.jpg
キランソウは食べられない(^_^;) 
c0219866_07583775.jpg
ネパールのヤクでも立ち入らない斜面を下っている。
c0219866_07590771.jpg
ヤマルリソウ
c0219866_07594499.jpg
朝は萎んでいたニリンソウが開いている。
c0219866_08001540.jpg
イチリンソウ
c0219866_08004998.jpg
c0219866_08010502.jpg
天候:晴れ

林道丸見線P815・・・845林道終点・・・915伐採地下・・・1010廃屋・・・10

50コル1240m・・・1130滝下の天狗塚1150・・・1215コル1240m・・・1240

屋(山菜テンプラ)1400・・・1445伐採地下・・・1505林道終点・・・1530林道

丸見線P


by nakatuminesan | 2017-05-08 08:01 | 山行報告(中級) | Comments(6)

2017.5.3 東赤石山1706m   

2017年 05月 04日

瀬場からの道と合流する。
c0219866_14125632.jpg
しばらく進むと新緑越しに八間滝が見えている。
c0219866_14142520.jpg
今シーズン初めてのヤマシャクヤク。
c0219866_14153589.jpg
c0219866_14155800.jpg
今日はHさんたち6人グループで、恐い橋をTさんが優しく手をつないで渡っている。
c0219866_14163738.jpg
c0219866_14165790.jpg
登りと下りのルートを変えて周回する。
c0219866_14174183.jpg
瀬場谷の支流を左岸に渡渉する。
c0219866_14182624.jpg
ミツバツツジ
c0219866_14185907.jpg
山頂は見えているが1時間半ぐらいかかりそう。
c0219866_14193198.jpg
石ゴロゴロの道になり歩きにくくなってくる。
c0219866_14201296.jpg
アケボノツツジ
c0219866_14204104.jpg
c0219866_14210002.jpg
タムシバ
c0219866_14213197.jpg
赤石山荘との分岐からは急な登りになってくる。
c0219866_14221470.jpg
赤石越まで来ればあと10分。
c0219866_14224621.jpg
ショウジョウバカマ
c0219866_14231804.jpg
山頂の標識は標高1707mになっている。
c0219866_14235456.jpg
西の眺めは物住頭と西赤石山方面。
c0219866_14242238.jpg
東に3分進むと三角点があり、立派な標識の標高は1706mになっている。
c0219866_14245035.jpg
東に見えているのは権現山~黒岳~エビラ山~二ツ岳に赤星山。
c0219866_14252159.jpg
南は大座礼山(右)と東光森山。
c0219866_14255580.jpg
あの鉄塔の右向こうから登ったんだと考えると人の足は素晴らしい。
c0219866_14262642.jpg
c0219866_14265046.jpg
東赤石山は法皇山脈の最高峰であり、日本二百名山と花の百名山に選ばれている。
c0219866_14273519.jpg
GWにしては風が冷たく感じられ、少し引き返した岩場で昼ごはん。
c0219866_14281093.jpg
赤石山荘にもショウジョウバカマが咲いている。
c0219866_14284247.jpg
c0219866_14285608.jpg
瀬場谷に沿った道にはエンレイソウやバイケイソウ。
c0219866_14295440.jpg
c0219866_14364329.jpg

c0219866_14301711.jpg
c0219866_14311622.jpg
シロバナネコノメソウ
c0219866_14323074.jpg
数え切れないほど多くの古い木橋を通過する。
c0219866_14330843.jpg
アケボノツツジ
c0219866_14334248.jpg
無事下山
c0219866_14340970.jpg

さすがGWとあって多くの登山者で賑わう東赤石山でした。


天候:曇り

筏津830・・・850豊後・・・935瀬場谷分岐・・・1130赤石山荘分岐・・・11

50赤石越・・・1200東赤石山1245・・・1250赤石越・・・1320赤石山荘1320・・・

1510瀬場谷分岐・・・1540豊後・・・1555筏津






















by nakatuminesan | 2017-05-04 14:35 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2017.3.29 三頭越~阿波竜王山1060m   

2017年 03月 29日

二日前に降った雪が残っていて、県境稜線を吹く風は冷たかったです。
c0219866_18063910.jpg
ユキワリイチゲとアワコバイモが咲いていました。
c0219866_18110529.jpg
c0219866_18113773.jpg
まだ朝早いので久保谷のユキワリイチゲは開いていないけれど、これは予想していたので帰りのお楽しみ。
c0219866_09095320.jpg
c0219866_09103352.jpg
谷を左右岸に何度も渡渉する。
c0219866_09111064.jpg
c0219866_09113133.jpg
アワコバイモ
c0219866_09120577.jpg
c0219866_09122488.jpg
c0219866_09124125.jpg

標高を上げていくと日が当たりはじめ、気を利かせたユキワリイチゲが少し開いている。
c0219866_09131546.jpg
谷の水音が消えてしまうと階段状になり、昔から讃岐と阿波を結ぶ要所であった三頭越に着く。
c0219866_09135430.jpg
c0219866_09141542.jpg
讃岐の耕作のために借耕牛(かりこうし)の行き来があり、耕作にこき使われた帰りの牛の姿は痩せていたとか。
また阿波からは金比羅宮参詣の人で賑わったとか。
c0219866_09150527.jpg
c0219866_09161320.jpg
さあ縦走だ。

c0219866_09170770.jpg
標高差100mの急登で913m。
c0219866_09230569.jpg
これから向かう山頂方面が眺められる。
c0219866_09235595.jpg
アップダウンが連続するが枯葉の道は歩きやすく、すたこらさっさと中間地点を通過して寒風越
c0219866_09251622.jpg
c0219866_09253294.jpg
c0219866_09255252.jpg
15分の登りで一等三角竜王山1012.9m。
c0219866_09262836.jpg
竜王峠
c0219866_09271154.jpg
二日前に降った雪が残っている。
c0219866_09274929.jpg
電波塔?を過ぎると阿波竜王山が見えてくる。

c0219866_09282312.jpg
c0219866_09290507.jpg
3月末だというのに県境稜線を吹く風は冷たくて、雲が切れて日差しがあると暖かい。
c0219866_09301857.jpg
阿波竜王山山頂には立派な展望台があり、視界がきけば剣山方面を望めるが今日は霞がかかっている。
c0219866_09310031.jpg
c0219866_09312211.jpg
大滝山は見えている。
c0219866_09315472.jpg
数年前はこの木に標識がぶら下がっていたのに無くなっている。
c0219866_09324413.jpg
讃岐竜王山
c0219866_09331545.jpg
笠形山への縦走は面白いらしく一度は歩いてみたいと思っている。
c0219866_09334652.jpg
枝打ちされた植林を抜けると栗園になり、竹林を過ぎると殺風景な浅木原に出る。
c0219866_09342062.jpg
c0219866_09343978.jpg
c0219866_09345263.jpg
山頂方面を振り返る。
c0219866_09353140.jpg
トサミズキが咲きはじめているが今年は遅いようである。
c0219866_09365029.jpg
あとは道路を歩くだけだが距離は5キロぐらいありそうだ。
c0219866_09373478.jpg
杉王神社
c0219866_09382074.jpg
大杉は樹高50mもあるとは驚きだ。

c0219866_09390607.jpg
c0219866_09394008.jpg
c0219866_09400950.jpg
振り返って見ると確かに50mありそうだよ。
c0219866_09405263.jpg
もう歩きたくないと思ったころ久保谷橋に戻ってきた。
c0219866_09412840.jpg
開いていましたユキワリイチゲです。
c0219866_09421169.jpg
c0219866_09423482.jpg
c0219866_09425331.jpg

天候:曇り時々晴れ

久保谷橋845・・・945三頭越955・・・1015913m・・・1100寒風越・・・11:20一等三角竜王山1012.9m・・・11:25竜王峠・・・12:10阿波竜王山12:30・・・13:10浅木原・・・14:00川奥杉王神社14:10・・・14:35久保谷橋

c0219866_09532096.jpg

by nakatuminesan | 2017-03-29 18:12 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2017.1.9 胴切山884m~白木山745m~矢筈山801m   

2017年 01月 10日

矢筈庵入口から5分ほど下ると沢を渡渉する。
c0219866_10421915.jpg

胴切山西尾根に乗るまでは急斜面になっていて、大喜びしているのは大腿四頭筋とふくらはぎ。
c0219866_10425656.jpg
c0219866_1043872.jpg

西尾根はハイウェイになっていて、緩急を繰り返すが藪もないので楽に高度を上げてゆく。
c0219866_10484625.jpg

c0219866_10491258.jpg
c0219866_10492541.jpg
c0219866_10494136.jpg

標高780m付近には幹周5mを超える杉がある。
c0219866_10501432.jpg

猛脚お姐さんたちが大好きな岩もある。
c0219866_1052245.jpg

林道谷山霧越峠線からの道と合流すると緩くなり、1分で一等三角点のある胴切山の山頂に到着。
c0219866_10525947.jpg
c0219866_1053137.jpg

牟岐町の最高峰に登頂!
c0219866_10534349.jpg

れん子さんとY子さんは読図の練習中。
c0219866_10541086.jpg

c0219866_10543397.jpg

Y子隊長が先行するのでついてゆく。
c0219866_1055510.jpg

715m鞍部からは急登になっていて、網目のような木の根っこがなければ登れない。
c0219866_10553456.jpg

c0219866_10554867.jpg

780mピークに立てば視界が開け、牟岐の町と大島や出羽島の展望が広がっている。
c0219866_10562725.jpg

西へ続く尾根は切り株や障害物で歩きにくい。
c0219866_1057884.jpg

c0219866_11164053.jpg

中間地点となる白木山で昼ごはん。
c0219866_10573669.jpg

c0219866_10575297.jpg

c0219866_1058526.jpg

食後もトップはY子隊長だ。
c0219866_10583642.jpg

白木山の標識が二つあるので紛らわしい。
c0219866_10591124.jpg

嬉しいかなヤブ臭くなってくるけど矢筈山は近づいている。
c0219866_1101118.jpg

c0219866_1102336.jpg

c0219866_1103590.jpg

小さなアップダウンを繰り返すと矢助峠に着き、祀られた地蔵尊に人の往来があった昔が偲ばれる。
c0219866_111778.jpg

振り返って眺められるのは胴切山。
c0219866_1113464.jpg

道らしきは不明瞭だしバラも攻撃を加えてくる。
c0219866_1131672.jpg

c0219866_1133044.jpg

面白いですか?
だらだら歩くより楽しいわよ~♪ だって!

744mピークで藪漕ぎは終わってしまうけれど障害物競走に変わっていく。
c0219866_1142913.jpg

鞍部715m
c0219866_11517.jpg

急斜面を登りきると展望のきく岩があるけれど、残念ながら平家平や高城山方面は雲に覆われている。
c0219866_1153568.jpg

c0219866_1154780.jpg

このスギを過ぎれば5分で矢筈山ですよ。
c0219866_116183.jpg

c0219866_1162923.jpg

c0219866_1164338.jpg

c0219866_1165782.jpg

山頂は狭いが明るく開けていて、眺めは左から大島~津島~出羽島。
c0219866_1173088.jpg

室戸岬方面
c0219866_1175872.jpg

北のピークには祠が祀られている。
c0219866_1182585.jpg

大きなスギを見送ったあとは転がりそうな急斜面の下りが待っている。
c0219866_1185375.jpg

c0219866_11962.jpg

c0219866_1191868.jpg

胴切山に虹がかかっている。
c0219866_1194586.jpg

矢筈庵
c0219866_1110119.jpg

c0219866_11102640.jpg

礫禅窟
c0219866_11105454.jpg

稲荷大明神
c0219866_1111186.jpg

無事下山
c0219866_11114771.jpg

天候:曇り
矢筈庵入口9:25・・・9:30沢渡渉・・・10:00西尾根530m・・・11:20胴切山11:30・・・11:45鞍部715m・・・12:00P780m・・・12:15白木山12:40・・・13:05矢助峠・・・13:25P744m・・・13:30鞍部715m・・・13:45P760m・・・14:10矢筈山14:20・・・15:10矢筈庵・・・15:25矢筈庵入口
c0219866_11124343.jpg

by nakatuminesan | 2017-01-10 11:14 | 山行報告(中級) | Comments(3)

2016.12.23 仙現丸1061m~影五郎1148m   

2016年 12月 23日

県南のマイナーピーク2座をあるきました。
風が強くて一時は小雪の舞う寒い1日でした。
c0219866_16373195.jpg

登山口からは仙現丸を眺められる。
c0219866_1824258.jpg

いきなりの急登で始まるから大腿四頭筋が喜んでいる。
c0219866_183983.jpg

県境稜線に乗っても続くのは急登だ。
c0219866_1833884.jpg
c0219866_1835081.jpg

標高1035mの台地に上がれば緩くなり、面白い山名の影五郎(右端)が見えてくる。
c0219866_184299.jpg

11月のキャンプ山行で登った雁巻山も見えている。
c0219866_1845898.jpg

貧田丸の左後方に見えているのは西ヶ峯。
c0219866_1852616.jpg

高知との県境だから赤く塗られた石杭があり、スズタケが枯れた今は歩くのが楽になって面白くない。
c0219866_1855722.jpg

仙現丸
c0219866_1862429.jpg

940mの鞍部に向かって下るのがもったいないが、帰りの登り返しが今から楽しみだ。
c0219866_1865787.jpg

台杉は幹周8mもある巨樹であり、下は人が入れる空洞になっている。
c0219866_1884112.jpg

c0219866_1885686.jpg

またしても急な登りが待っていて、冷たい風に小雪が舞いはじめるが写真では分からない。
c0219866_1892551.jpg

雁巻山(左)と千本山(右)が眺められるし宝蔵山(中央)も見えるようになる。
c0219866_1895971.jpg

白骨樹がある1140mのピークを過ぎると幹周3mを超える大杉が現れる。
c0219866_18105737.jpg

c0219866_18111110.jpg

甚吉森(中央)
c0219866_18113952.jpg

倒木が多くて歩きにくい県境稜線を進むと影五郎が見えてくる。
c0219866_18125957.jpg

c0219866_18131436.jpg

枯れたスズタケが増えてくると影五郎に到着する。
c0219866_1813465.jpg

c0219866_181425.jpg

c0219866_18142471.jpg

風を避けて陽だまりで昼ごはん。
c0219866_18145294.jpg

高城山~雲早山~高丸山
c0219866_18151967.jpg

仙現丸
c0219866_18154556.jpg

胴切山~白木山~矢筈山
c0219866_18161489.jpg

仙現丸に登り返さなければ車には戻れない。
c0219866_18164299.jpg

大島と手羽島
c0219866_18171037.jpg

無事下山
c0219866_18173731.jpg

天候:曇り時々晴れ
大木屋小石川隧道徳島県側登山口8:45・・・9:20県境稜線920m・・・9:45台地1035m・・・10:05仙現丸10:15・・・10:30鞍部940m・・・台杉・・・11:20P1140m・・・11:55影五郎(五郎丸1147.8m)12:25・・・13:00P1140m・・・13:35鞍部940m・・・14:00仙現丸・・・14:25台地1035m・・・14:40県境稜線920m・・・15:00大木屋小石川隧道徳島県側登山口

by nakatuminesan | 2016-12-23 18:49 | 山行報告(中級) | Comments(2)

2016.12.11 西寒峰1518m~寒峰1605m   

2016年 12月 11日

見事な霧氷に出合えました。
c0219866_10252459.jpg

佐野集落が近づくと西寒峰には霧氷がついている。
c0219866_10255745.jpg

軒には大根を干している。
c0219866_10262410.jpg

植林帯の道らしきを辿ると廃屋があり、五右衛門風呂は子どものころ入ったことを思い出す。
c0219866_10271257.jpg
c0219866_10272679.jpg

今日は富士山ではマイナス20度と真冬並みになっていて、雪が舞い始めて寒い一日になりそうである。
c0219866_1027579.jpg

枯れススキを抜けると林道に出て、どうせ道などないから適当に山に入っていく。
c0219866_10283016.jpg
c0219866_10284616.jpg
c0219866_10292599.jpg

適当なのがマイナールートの面白さだしシカの角も落ちている。
c0219866_10301983.jpg
c0219866_10303115.jpg

c0219866_10305378.jpg

冷たい西風が吹く西寒峰南西尾根1125mに乗る。
c0219866_10312434.jpg

ちょっとした急な登りを頑張ると1286mピークに立ち、葉を落とした樹林の向こうに西寒峰が見えるようになってくる。
c0219866_1032426.jpg

c0219866_10321843.jpg

三嶺や西熊山にも霧氷がついている。
c0219866_10324497.jpg

標高1400m辺りから霧氷が現れる。
c0219866_1033153.jpg

緩急を繰り返す南西尾根は小さな岩場もあり面白い。
c0219866_10334449.jpg

c0219866_1034144.jpg

c0219866_1758461.jpg

枯れたテンニンソウに覆われた西寒峰に到着する。
c0219866_1034325.jpg

c0219866_10344824.jpg

1455m鞍部まで下ると大きなブナが立っていて、いつからか寒峰平と呼ばれるようになっている。
c0219866_10352450.jpg

c0219866_10353822.jpg

c0219866_10355042.jpg

標高1485m付近にも大きなブナがあり、日差しのないのが残念だが下山時に期待しよう。
c0219866_10362330.jpg

c0219866_10363657.jpg

第8回日本レコード大賞を受賞した橋幸夫の“霧氷”から50年。
c0219866_1037979.jpg

c0219866_1037249.jpg

c0219866_10374449.jpg

山頂は意外と風が弱くて寒さは感じないけれど、ガスで展望がないので大ブナまで戻ったほうがよさそうだ。
c0219866_10381998.jpg

c0219866_10383415.jpg

下る西尾根が眺められる。
c0219866_1039468.jpg

大ブナまで戻ってきた。
c0219866_10394995.jpg

ジャジャーン!
c0219866_10401550.jpg

c0219866_10402810.jpg

日頃の行いがいいから青空が広がりはじめたじゃないか~♪
c0219866_10405884.jpg

c0219866_10411314.jpg

c0219866_1041405.jpg

c0219866_1041569.jpg

この辺りでは最大と考えられるブナで幹周4mはありそうな巨樹である。
c0219866_10475461.jpg

霧氷と思わぬ晴れ間に大喜びで、写真を撮るのに忙しくなってくる。
c0219866_10483196.jpg

c0219866_11242476.jpg

c0219866_10484628.jpg

c0219866_1049076.jpg

寒峰平からは剣山方面の展望がある。
c0219866_10492869.jpg

矢筈山はガスに隠れていて、日が射しているのはサガリハゲ山。
c0219866_10495554.jpg

西寒峰北面をトラバースして西尾根に乗り、熱心そうな姿は読図のお勉強。
c0219866_10502574.jpg

c0219866_10503975.jpg

霧氷はなくなり高度を下げると雪も消えてゆく。
c0219866_10512765.jpg

c0219866_10514350.jpg

c0219866_10515773.jpg

やがて古い共同アンテナが現れて、転がりそうな(いや転がった)急斜面を下ると林道小島線で、正面にはマドの天狗が大きく眺められる。
c0219866_10522623.jpg

c0219866_10524318.jpg

c0219866_1053368.jpg

c0219866_10531768.jpg

林道歩きで南西尾根までのルートを目で追ってみる。
c0219866_10534799.jpg

おっと行動食の干し柿を忘れていた。
c0219866_10542525.jpg

無事に出発地点まで戻ってきた。
c0219866_10545275.jpg

KさんからGPSの軌跡が送られてきました。
c0219866_10553556.jpg

天候:曇り時々薄日
佐野8:50・・・9:25林道・・・9:50西寒峰南西尾根1125m・・・10:10南西尾根1286m・・・11:10西寒峰・・・11:20鞍部1455m・・・11:35大ブナ・・・12:00寒峰12:05・・・12:20大ブナ12:45・・・13:00鞍部1455m・・・13:15西寒峰西尾根1485m・・・13:35西尾根1339m・・・14:05西尾根1156m・・・14:25林道小島線・・・15:15佐野

by nakatuminesan | 2016-12-11 18:49 | 山行報告(中級) | Comments(0)

2016.12.7 三嶺1894m   

2016年 12月 08日

見ノ越からは秀麗な姿の三嶺が眺められ、今日は中腹の龍神池を経由するマイナールート。
c0219866_7373788.jpg

登山口の作業道は霜で真っ白になっている。
c0219866_738752.jpg

珍しくオジサマ5名の精鋭部隊。
c0219866_7383544.jpg

道などないから歩きやすい所を適当に高度を稼ぐだけ。
c0219866_739668.jpg

日が射す1345mの尾根に乗り、南西に進むとブナが現れる。
c0219866_7405082.jpg
c0219866_741039.jpg

標高1400mからは胸突き八丁の急登になってくる。
c0219866_7414022.jpg
c0219866_7415267.jpg

霜柱
c0219866_7421919.jpg

記憶にあるダケカンバを過ぎると龍神池に到着する。
c0219866_7425054.jpg

c0219866_743449.jpg

100m離れたもう一つの池は大きくて、こちらのほうが神秘的だし氷が張っている。
c0219866_7433465.jpg

c0219866_7434648.jpg

ゴロゴロ岩の急な登りで昨日降った雪が現れる。
c0219866_7441597.jpg

c0219866_7442770.jpg

北東尾根に乗るとダケカンバの向こうには青い空が広がっている。
c0219866_7445693.jpg

避難小屋のトイレが見えるようになり、振り返って眺められるのは剣山や次郎笈。
c0219866_7452676.jpg

c0219866_7454096.jpg

P1791mに立つと三嶺が大きくなってくる。
c0219866_746674.jpg

たったの5ミリぐらいしかないけれど、雪を踏みしめる感触を楽しんでいる。
c0219866_7463450.jpg

避難小屋
c0219866_747098.jpg

山頂がすぐそこになってきた。
c0219866_7472928.jpg

c0219866_7474144.jpg

c0219866_747598.jpg

c0219866_7481567.jpg

西熊山~天狗塚方面
c0219866_7484583.jpg

遠く石鎚山系が眺められる。
c0219866_7491549.jpg

烏帽子山~落合峠~矢筈山方面
c0219866_7494075.jpg

剣山への縦走路の後方は中東山~石立山
c0219866_750755.jpg

風が冷たいので写真を撮って避難小屋へ。
c0219866_7503225.jpg

池は凍っている。
c0219866_75124.jpg

c0219866_751149.jpg

c0219866_7512875.jpg

日差しがあるので外でも寒くない。
c0219866_7515259.jpg

c0219866_752356.jpg

天気がいいので一気に下るのは勿体無くて、1730mの分岐で一休みしていこう。
c0219866_7523355.jpg

雪がくれば次郎笈の北西尾根を計画するのだが・・・
c0219866_753313.jpg

標高1400mにある大木の幹周を計測すると約6mあり、葉が落ちてしまっているので樹種が分からない。
c0219866_7532975.jpg

剣山と次郎笈の眺めがある作業道に無事下山。
c0219866_7535629.jpg

天候:快晴
名頃の作業道1030m8:35・・・9:30尾根1345m・・・10:00龍神池(1530m)・・・10:45標高1730m・・・11:00P1791m・・・11:35三嶺11:40・・・11:50避難小屋12:25・・・12:45P1791m・・・12:50標高1730m・・・13:25龍神池・・・13:55尾根1345m・・・14:20名頃の作業道1030m
c0219866_755364.jpg

by nakatuminesan | 2016-12-08 07:56 | 山行報告(中級) | Comments(0)