カテゴリ:山のあれこれ( 231 )   

富士山混雑緩和へ   

2018年 02月 16日

今日の読売新聞から・・・ 

山梨、静岡両県は15日、世界文化遺産・富士山の登山者混雑を回避するため特に混み合う二つの登山道に、1日当たりの登山者数を2000人と4000人とする指標を設ける方針を明らかにしたそうです。
入山規制はせず指標を目安にして登山者の平準化を図るとしています。
c0219866_17290445.jpg
両県がまとめた報告書案によると、今回設定した「望ましい登山者数」は山梨県側の吉田口登山道が1日当たり4000人、静岡県側の富士宮口登山道が2000人。
2019年の登山シーズンで設定した数値を超える日数を吉田口で3日以下、富士宮口で2日以下とする目標も示しました。
混雑日を予想したカレンダーを公開するなどして緩和に努めるとか。

富士山は13年に世界文化遺産に登録されましたが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「登山者が山の神聖な雰囲気を阻害している」などと警告されたため、両県が対策を協議していたそうです。
報告書案は15日、有識者でつくる「富士山世界文化遺産学術委員会」に提出し、両県知事らが参加する協議会で了承されれば11月末にユネスコに提出するそうです。
c0219866_17303242.jpg
環境省によると2017年の1日当たりの登山者数(8合目)は、吉田口では平均値で平日1983人、土日祝日3227人、最大で4544人でした。
富士宮口では平均値で平日837人、土日祝日1717人、最大で2656人だったとあります。
c0219866_17311836.jpg
富士山の登山者数は2005年の調査開始以来、約32万人に上った10年をピークに一時、約23万人にまで減少したが、その後上昇に転じ17年は約28万人に上ったそうです。

富士山には25回ぐらい登頂していますが、20088月の山頂テント泊が最後になっていて、もう一度ぐらいは登りたいと思っています。
c0219866_17321838.jpg




by nakatuminesan | 2018-02-16 17:33 | 山のあれこれ | Comments(0)

ゴーグル   

2018年 01月 10日

水泳用やオートバイ用にはじまって、スノーボード用に作業用など多種にわたりあるゴーグルです。
雪山やスキーにおいては紫外線よけのメガネです。
そして戦時中は飛行機の操縦士として、日本では航空眼鏡とも呼ばれたらしいです。
40年以上も昔に使っていた雪山用のゴーグルは、航空眼鏡に似ていたと思います。

まだ18歳だった5月の槍ヶ岳で北アルプスデビューしたのはいいけれど、ゴーグルも持たずに登頂後は雪盲になり痛くて眠れぬ夜を過ごしたことを思い出してしまいます。

子どもたちが使っていたスキー用のゴーグルですが、なぜか捨てることなく納戸で眠っています。

c0219866_18000376.jpg

これは19歳になったばかりの冬山合宿で、南アルプスの仙丈ヶ岳で航空眼鏡に似たゴーグル姿です。

c0219866_18004804.jpg

20代半ばまで使っていましたが、その後はサングラス姿に変身したように思います。
あのゴーグルを捨ててしまったのか手元にないのが残念です。




by nakatuminesan | 2018-01-10 18:02 | 山のあれこれ | Comments(0)

雪山の準備   

2017年 12月 22日

冬靴やアイゼンをサンデッキに並べました。 
c0219866_17434560.jpg
冬靴は長年使用しているモンベル・アルパインクルーザー3000
そして1年前に購入したSCARPA(スカルパ) モンブランGTX030です。

アイゼンは使用20年以上にもなるカジタックスLXF12
c0219866_17442853.jpg
そしてヒマラヤ用のチタン合金アイゼン「チタネスク」。
c0219866_17450797.jpg
それにブラックダイヤモンドの10本爪。
c0219866_17454186.jpg
アイゼンの爪が磨耗していないか点検しました。

カジタックスLXF12の爪は尖っています。
c0219866_17462297.jpg
チタネスクはヒマラヤの雪と氷にしか使わないので尖っています。
c0219866_17480567.jpg
c0219866_17482231.jpg
ちゃんと靴に合うかもチェックします。
c0219866_17494108.jpg
c0219866_17501202.jpg
c0219866_17503807.jpg
c0219866_17505220.jpg
カジタックスLXF12 
c0219866_17513278.jpg
雪山に登る機会の多い人にはワンタッチアイゼンが装着できる冬靴をお勧めします。
少々高価な買い物になってしまいますが、とにかく保温性が抜群で快適そのものです。

そしてアイゼンはワンタッチタイプがいいですね。
なんといってもワンタッチアイゼンの装着は簡単で、オーバー手袋をしていても30秒でOKです。

手袋もチェック。
c0219866_17561017.jpg
ピッケルはカジタックス エキスパートⅡ(65センチ 760グラム)と少し重いですが頑丈です。
握る部分にテープを巻くことをお勧めします。
なぜなら手指の冷えを少しでも防ぐことができるから。
c0219866_17565656.jpg
スピッツェ近くにもテープを巻いてあります。
アイゼンに付いたダンゴ雪を叩き落とすとき、シャフトを傷めないようにするガードです。
c0219866_18035012.jpg
オイラも雪山に登りたい!
c0219866_18041931.jpg






by nakatuminesan | 2017-12-22 17:58 | 山のあれこれ | Comments(0)

愛用のザック   

2017年 11月 10日

ザックはいくつか持っているのですが、ほとんどの山行に使うのはブラックダイヤモンドの45Lです。
c0219866_18194069.jpg
c0219866_18305739.jpg
買ったのは2005年秋のネパール・ツクチェピーク登山の前年です。

45
Lにしては1.3キロと軽量だしシンプルで、雨蓋を被せるバックルが1本締めもお気に入り。
もう13年間も使っている
愛用のザックです。
その1本締めのバックルが壊れてしまいました。
c0219866_18224446.jpg
まだ使いたいので修理しました。
c0219866_18232359.jpg
修理は簡単でたったの10分間。
ほ~ら! このとうりカラビナを付けて直りました。
c0219866_18243974.jpg
これは決して貧乏性なのではなく、物を大切に使うという真面目な性格の現れです。

山岳部時代の部報“ヤブニラミ卒業生プロフィール”にこう書かれました。
c0219866_18255375.jpg





by nakatuminesan | 2017-11-10 18:26 | 山のあれこれ | Comments(0)

肩の小屋   

2017年 11月 08日

よく知られている肩の小屋といえば北岳や乗鞍岳に谷川岳があり、肩とは山頂近くにある肩状の平坦な場所のことです。

北岳
肩の小屋は標高3000mにあり、日本第二の高峰3193mの山頂までは1時間弱。
c0219866_17155394.jpg
c0219866_17162505.jpg
現在の2.5万分地形図には肩ノ小屋と記されていますが、50年前に使っていた5万分地形図にはありません。
c0219866_17330117.jpg
c0219866_17175511.jpg
ところが両俣小屋は記されていて、肩の小屋よりも歴史が古いのでしょう。

乗鞍岳は地形図には肩ノ小屋と記されています。
c0219866_17190559.jpg
ここ数年は3月の好天を狙ったので楽に登頂できました。
肩の小屋から少し登ると北アルプスの眺めが広がって、毎度のことながら槍穂高の姿には惚れ惚れしてしまいます。
c0219866_17203543.jpg
c0219866_17205738.jpg
c0219866_17211523.jpg
厳冬期が多かった若いころは位ヶ原で吹雪かれて、小屋にさえ届かなかったことが何度もありました。

肩の小屋と呼ばれていた
槍ヶ岳山荘は槍の穂先を見上げる標高3080mにあり、夏場の天気がいい日は多くの登山者で賑わっています。
c0219866_17221530.jpg
c0219866_17223364.jpg
山頂から見下ろすと大きな山小屋であることが分かります。
c0219866_17231747.jpg
1926(大正15)年に槍ヶ岳肩の小屋として建造されたあと、1953(昭和28)年に槍岳山荘に改名されました。
c0219866_17235137.jpg
肩の小屋と呼ばれていた1926年の写真です。
c0219866_17244462.jpg
いつ槍ヶ岳山荘になったのか知りませんが、若いころは槍の肩ノ小屋と呼んでいました。
c0219866_17253123.jpg
何度も泊まった冬期小屋を懐かしく思います。

どの肩の小屋も今シーズンの営業を終えていて、厳しい季節を迎えようとしているのでしょう。















by nakatuminesan | 2017-11-08 17:28 | 山のあれこれ | Comments(0)

デジタルカメラを新調しました   

2017年 11月 06日

デジカメを持って行かない山はありませんね。

キャノンの
デジカメを使って長年になります。
青空バックの雪山はキャノンが綺麗だと思っていて、今のカメラが3台目か4台目になります。
ヒマラヤ行きを考えて
バッテリーは単三電池です。
c0219866_18374860.jpg
今の機種を使って78年にはなると思いますが、落としたりして電池の蓋も隙間があったりし、液晶モニターも割れてセロテープを張った状態です。
c0219866_18382403.jpg
今回もキャノンが欲しかったのですが現在では単三電池仕様は製造されていなく、ニコン製が唯一の単三電池仕様としてありました。
c0219866_18391614.jpg
カメラの知識はないし山が撮れたらいいだけで、価格も手ごろだったのですぐさま買い求めました。
c0219866_18400521.jpg
ニコンで撮りました。
c0219866_18404082.jpg
キャノンです。
c0219866_18411847.jpg

ニコンが少し明るいように感じますが、雪山を撮るのは大きな差はなさそうです。








by nakatuminesan | 2017-11-06 18:41 | 山のあれこれ | Comments(0)

富士山頂に通じる4つの登山道は県道   

2017年 10月 16日

4つの県道とは静岡県道152号富士公園太郎坊線、静岡県道180号富士宮富士公園線、静岡県道150号足柄停車場富士公園線、山梨県道701号富士上吉田線です。
c0219866_12282988.jpg

いずれも標高3776mの剣ヶ峰(けんがみね)が起終点ではなく、それぞれの登山道を登りきった頂上が起終点だそうです。 
静岡県道152号と180号の起終点がある富士宮口登山道の頂上は標高3712m
152号の御殿場口登山道の頂上は3705.9m
150号の終点である須走口・吉田口登山道の頂上は3706mです。

各登山道を登りきって到達する火口の外周全体が「山頂」通称“お鉢”とされていて、剣ヶ峰はそのなかで最も高い地点です。
c0219866_12302055.jpg
c0219866_12304185.jpg
c0219866_12311607.jpg
c0219866_12313863.jpg
c0219866_12320501.jpg
登山道に県道であることを示す標識などはありません。
c0219866_12324844.jpg
しかし登山用のロープを引いたり冬季閉鎖の看板を設置したりする維持管理作業は、県道の管理者である土木事務所が行っているそうです。

久しく登っていない富士山です。
c0219866_12332889.jpg







by nakatuminesan | 2017-10-16 12:35 | 山のあれこれ | Comments(0)

メタ   

2017年 10月 07日

アルコールを主体とした固体の燃料です。
缶やチューブに入ったものもあるようですが、タブレット状が主流かと思います。

スイスLONZA社のMETAが本家です。
c0219866_11142764.jpg
c0219866_11154614.jpg
メタを燃やして湯を沸かしたり料理をすることは可能です。
しかし昔から主に
フォエーブスなどコンロの着火材として使いました。

最も使ったコンロは
弁当箱とも呼ばれていたオプティマス8Rでした。
c0219866_11163307.jpg
もう使わなくなって20年以上になりますが、ガソリンを気化させるためのプレヒート用にメタを使用していました。
c0219866_11172053.jpg
c0219866_11173905.jpg
昔々ここから先は独り言・・・
酷寒の朝など
ヘッドランプで照らすツェルトの内側は霜で真っ白で、寝袋から顔と手だけを出してコンロに火をつける。
ゴーッという威勢のいい音に押されて寝袋から出て、雪を入れたコッフェルをコンロに置く。
ツェルトから外を見ると風はあるが行動できそうだ。
さあ今日はあの峰を越えていくのだ。
c0219866_11185932.jpg
・・・そんなことは出来なくなりましたが、キャンプでもいいから今でも出番を待っているオプティマス8Rです。
c0219866_11193954.jpg







by nakatuminesan | 2017-10-07 11:22 | 山のあれこれ | Comments(0)

非対称山稜   

2017年 10月 06日

稜線を境に一方がなだらかで、もう一方が切れ落ちている非対称の地形のことである。
その典型的な例は北アルプスの白馬三山である。

杓子岳からの白馬岳
c0219866_18151285.jpg
白馬鑓ヶ岳からの杓子岳と白馬岳
c0219866_18155132.jpg
c0219866_18160847.jpg
c0219866_18163855.jpg
後立山連峰は東側の長野県側は鋭く切れ落ちている半面、西側の富山県側はなだらかな斜面になっている。
c0219866_18174557.jpg
小蓮華山からの白馬岳
c0219866_18181505.jpg
一帯は世界中でも例がない豪雪地帯である。
稜線付近の風上側(西側)斜面には雪が積もりにくく、凍結融解作用が強く働いてなめらかな斜面が形成される。
ところが風下側(東側)には雪が吹き溜まり、
この雪の浸食作用によって斜面が削られてカールや急斜面を形成してきたとされ、その結果として両斜面の傾斜が異なる非対称山稜が形成される。

八方尾根の
八方池からの白馬三山
c0219866_18190773.jpg
鹿島槍ヶ岳
c0219866_18194496.jpg
北アルプスの東側には多くの氷河地形が残っていて、4つのカールがある薬師岳なども非対称山稜の代表格である。
c0219866_18211776.jpg
c0219866_18204492.jpg









by nakatuminesan | 2017-10-06 18:22 | 山のあれこれ | Comments(0)

日本で四番目の氷河   

2017年 09月 28日

かつて日本に氷河は存在しないとされていた。
ところが20126月に日本雪氷学会が、数年間の調査で三箇所に氷河が存在すると発表した。
立山の御前沢氷河と剱岳の三ノ窓氷河と小窓氷河である。

御前沢氷河
c0219866_18114648.jpg
三ノ窓氷河と小窓氷河
c0219866_18122292.jpg
続いて2013年には、剱岳西面の池ノ谷右俣雪渓が日本で4番目の氷河である可能性が高いと発表された。
c0219866_18130545.jpg
そして2016年には信州大などでつくる学術調査団が鹿島槍ケ岳2889mの北東斜面にあるカクネ里(ざと)雪渓は氷河らしい」と発表した。
c0219866_18135048.jpg
c0219866_18140804.jpg

2013331日の記事参照。

さて日本で四番目の氷河は池ノ谷右俣雪渓とカクネ里雪渓のどちらになるのだろうか。
山屋にとっては興味深い話題である。


氷河とは「重力によって長期間にわたり連続して流動する雪氷体(雪と氷の大きな塊)」(日本雪氷学会編「雪と氷の辞典」2005 年)と定義され、厚い氷体を持つこと、氷体が 流動していることを条件としている。

先日の後立山縦走の最終日は遠見尾根を下ったが、ガスと雨でカクネ里を眺められなかったことが残念である。
c0219866_18152539.jpg






by nakatuminesan | 2017-09-28 18:16 | 山のあれこれ | Comments(0)