2017年 10月 15日 ( 1 )   

蘇る青春の山旅   

2017年 10月 15日

先日の白峰三山縦走は天気に恵まれただけでなく、半世紀も前を懐かしく思い出してしまう山になりました。
それは
山岳部現役1年生だった18歳の秋、同期4人による個人山行での南アルプス北部縦走でした。
鳳凰三山~甲斐駒ヶ岳~仙丈ヶ岳~白峰三山と少し欲張った計画でした。

1
日目・・・夜叉神峠から入山して薬師岳あたりでツェルトビバークする。
いきなり夜中に豪雨となり全身びしょ濡れネズミ。

2
日目・・・濡れ物を乾かしているうちに出発が午後になり、鳳凰三山を終わらせ無人となった早川尾根小屋で泊まる。

農鳥岳からの鳳凰三山
c0219866_12100355.jpg
3日目・・・アサヨ峰を越えて栗沢山から急降下した仙水峠から甲斐駒ヶ岳をピストンし、北沢峠で各自ツェルトは張らずに被って星空天井とする。
ここで昔から有名だった“北沢峠のオバケ”を体験する⇒⇒2011629日の記事を参考に。

小太郎尾根からの甲斐駒ヶ岳
c0219866_12114846.jpg
4日目・・・仙丈ヶ岳を越えて仙塩尾根(昔から馬鹿尾根と呼ばれていた)を辿る。
横川岳を過ぎたところから野呂川に下り、掘っ立て小屋みたいな無人の両俣小屋で泊まる。

小太郎尾根からの仙丈ヶ岳
c0219866_12130723.jpg
c0219866_12140826.png
5日目・・・天気はいいのに何故か停滞してしまい、日向ぼっこや河原で遊んで過ごす。
夜はそのへんの雑草を入れたオジヤで腹は満たされました。
当時の食料といえば米と味噌だけは多量に持っていて、贅沢なまぐろフレーク缶など時たま口に入る程度の粗末な食事でした。

6
日目・・・左俣沢から中白根沢の頭を越え北岳に立つ。

先日の山行で両俣小屋の標識を見たときは懐かしく思いました。
c0219866_12153545.jpg
間ノ岳から下った農鳥小屋付近でツェルトビバークする。
えらく水場が遠かったように覚えています。

7
日目・・・農鳥岳を越えて広河内の谷に降り、奈良田に下山して1週間の山が終わりました。

農鳥岳からの北岳と間ノ岳
c0219866_12182778.jpg
c0219866_12192894.png
現在の広河内には堰堤が多数ありますが当時は何もありませんでした。
広い河原に大きなクラックのある大岩があり、チムニー登りをしたことが思い出になっています。
探しましたが発破で破砕されたのか大岩はありませんでした。
c0219866_12210837.jpg








by nakatuminesan | 2017-10-15 12:23 | 昔むかし | Comments(0)