2017年 09月 20日 ( 1 )   

シイタケの菌床利用   

2017年 09月 20日

もみ殻くん炭作りは日課になっていて、できた一部を昨日はニンニクを植え付ける場所にまきました。
c0219866_18591236.jpg
c0219866_18593769.jpg
シイタケを育て終わった菌床をシイタケ農家さんから譲ってもらっています。
c0219866_19004422.jpg
菌床は産業廃棄物として処理しなければならないらしく、シイタケ農家さんにとっては引き取ってもらえると嬉しいらしいです。

一辺が1520センチほどの大きさのブロックで、主におがくずで出来ています。
このとうり古い
シイタケがくっついています。
c0219866_19015241.jpg
耕運機で小さく潰して2ヶ月後に畑の土と混ぜ合わすつもりです。

よく畑に使われる土壌改良材バーク堆肥があります。
バーク堆肥は樹木の皮の部分(バーク)を発酵させて作ったもので、おがくずで出来た
菌床も効果に期待できそうです。

土づくりには最低でも3年かかると言われていて、元々田んぼだった粘土質の土をなんとかしたいと奮闘中です。
c0219866_19024579.jpg
c0219866_19030310.jpg
畑にキノコが生えると面白いのですが(^^;






by nakatuminesan | 2017-09-20 19:11 | | Comments(0)