2017年 09月 08日 ( 1 )   

2017.9.3~7 後立山連峰南部縦走(針ノ木岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳)   

2017年 09月 08日

c0219866_14035110.jpg
鹿島槍ヶ岳から五竜岳はハードルートでしたが、強力女子部隊は剱岳を眺めながら快適な縦走を楽しんできました。
c0219866_08192437.jpg
c0219866_08195136.jpg
c0219866_08200669.jpg
c0219866_08203866.jpg

93日(日)天候:曇り時々晴れ

鳴門IC600⇒⇒淡路⇒⇒名神高速⇒⇒中央道⇒⇒1220安曇野IC⇒⇒1330扇沢1350・・・

1530大沢小屋(泊)

45日の後立山連峰南部縦走の出発地点は扇沢。
c0219866_13342811.jpg
c0219866_13345684.jpg
樹林の間から針ノ木雪渓が見えている。
c0219866_13354304.jpg
ヤマブドウが熟すのは一ヶ月後になりそうだ。
c0219866_13361766.jpg
大沢小屋
c0219866_13370206.jpg
c0219866_13372512.jpg
今年は 2日が小屋閉めだった大沢小屋である。
徳島を出て針ノ木小屋まで1日で入るのは強行で、無理を言って泊めてもらうことになっている。

まずは入山祝だね。
c0219866_13382206.jpg
夕食はカレーライス
c0219866_13390630.jpg
宿泊はカモシカ隊のほかに高齢の男性と女性の2名だけである。

布団は我が家よりも豪華。
c0219866_13394152.jpg

94日(月)天候:晴れ時々曇り

大沢小屋615・・・655針ノ木雪渓最下部1820m・・・750雪渓最上部2090m・・・910針ノ木小屋935・・・1045針ノ木岳28211100・・・1205スバリ岳27521220・・・1410赤沢岳2678m・・・1515鳴沢岳2641m・・・1600新越山荘(泊)

スパゲティ&トースト&みそ汁とは、初めて味わう山小屋の朝食である。
c0219866_13402318.jpg
小屋番の2名は今日の午後には山を下りることになっている。

サービスのコーヒーをいただき出発する。
c0219866_13410779.jpg
20分あまりで樹林を抜けると針ノ木雪渓が近くなり、その真上に見えているのが針ノ木岳である。
c0219866_13413848.jpg
河原のような谷の向こうに眺められるのは爺ヶ岳だ。
c0219866_13423639.jpg
ネパールのような木の橋を右岸に渡ると雪渓の末端である。
c0219866_13430510.jpg
c0219866_13433126.jpg
針ノ木雪渓は白馬大雪渓と剱岳大雪渓とともに日本三大雪渓になっているが、雪の量や谷のスケールからして比べ物にならないほど貧弱である。

雪渓歩きは1分ほどで終わってしまい、斜面をジグザグに登るようになる。
c0219866_13441477.jpg
左岸に渡るとクサリの急斜面。
c0219866_13445572.jpg
c0219866_13451800.jpg
トリカブト
c0219866_13455010.jpg
谷は雪渓の最上部の上から左に曲がっている。
c0219866_13462039.jpg
コゴメグサ
c0219866_13465025.jpg
ウメバチソウ
c0219866_13472144.jpg
雪渓の最上部は標高2090mと新しい高度計が示している。
c0219866_13475662.jpg
イワツメグサ
c0219866_13482634.jpg
ウサギギク
c0219866_13485234.jpg
ゴリラの畑みたいな鯉のぼり。
c0219866_13492537.jpg
岩小屋沢岳の右後方に鹿島槍ヶ岳が姿を現した。
c0219866_13495869.jpg
針ノ木峠直下
c0219866_13503817.jpg
槍ヶ岳や穂高岳が眺められますよ~!
c0219866_13510994.jpg
c0219866_13513335.jpg
1年前に歩いた水晶岳や赤牛岳も見えている。
c0219866_13520909.jpg
タテヤマリンドウ?
c0219866_13524098.jpg
マヤクボカールとスバリ岳。
c0219866_13531433.jpg
針ノ木岳に立って目を引くのは剱岳と立山の眺めである。
c0219866_13534837.jpg
赤牛岳と薬師岳
c0219866_13542180.jpg
右回りにスバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳と連なっていて、その後方は左に向かって鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳~白馬岳である。
c0219866_13550779.jpg
黒部湖
c0219866_13553900.jpg
さあ縦走だ!
c0219866_13561864.jpg
c0219866_13564074.jpg
まずはスバリ岳
c0219866_13571588.jpg
トウヤクリンドウ
c0219866_13574387.jpg
鞍部で腹ごしらえだ。
c0219866_13581055.jpg
c0219866_13582653.jpg
ホシガラスにはあげません。
c0219866_13590339.jpg
マヤクボカールを背にしてハイマツ帯を進むカモシカ隊。
c0219866_13593401.jpg
スバリ岳直下にコマクサが咲いている。
c0219866_14000555.jpg
c0219866_14002711.jpg
赤沢岳まで直線で2.5キロほどあるというのに、この1.5キロの距離表示は誤っているし危険ですらある。
c0219866_14012689.jpg
あの単独行の加藤文太郎は立山から黒部の谷を横断し、昭和1016日に針ノ木岳とスバリ岳に登頂している。

剱岳の小窓尾根にはネコの耳と呼ぶ岩峰があるけれど、赤沢岳西尾根にもネコの耳がある。
c0219866_14020507.jpg
c0219866_14022637.jpg
左から赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳と連なっていて、今日の宿となる新越山荘は鳴沢岳と岩小屋沢岳の鞍部にある。
c0219866_14031618.jpg
剱岳
c0219866_14035110.jpg
コマクサ
c0219866_14042830.jpg
足元のコケモモが美味しそうだけど、なにがあっても絶対に信州側には落ちないで。
c0219866_14045992.jpg
c0219866_14051875.jpg
もったいないかな鞍部まで300m近く下り、赤沢岳までの登り標高差は約200m。
c0219866_14061739.jpg
針ノ木岳方面を振り返る。
c0219866_14064637.jpg
赤沢岳
c0219866_14071461.jpg
鳴沢岳の後方は鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳~白馬岳
c0219866_14104909.jpg
蓮華岳
c0219866_14113240.jpg
鳴沢岳あたりからガスが湧き始める。
c0219866_14120724.jpg
c0219866_14122657.jpg
小さな岩場を過ぎると新越山荘は近い。
c0219866_14125835.jpg
c0219866_14131382.jpg
部屋に入りますか? なにいっちゃってビールが先ですね^-^)
c0219866_14140206.jpg
今日に続いて明日も10時間行動は確実で、何より大切な仕事はお腹いっぱい食べること。
c0219866_14144017.jpg
c0219866_14145756.jpg
明日も素敵な縦走日和になりそうだ。
c0219866_14153446.jpg
c0219866_09342566.jpg

95日(火)天候:晴れ

新越山荘530・・・615岩小屋沢岳2630m・・・740種池山荘750・・・855爺ヶ岳中央峰2669m・・・1000冷池山荘1045・・・1155布引山2683m・・・1310鹿島槍ヶ岳南峰28891330・・・1520八峰キレット・・・1550キレット小屋(泊)
素晴らしい朝を迎えることができたことに感謝しよう。
c0219866_09361740.jpg
モルゲンロートに輝く針ノ木岳。
c0219866_09372097.jpg
剱岳
c0219866_09380401.jpg
立山
c0219866_09385129.jpg
新越岳とかいう2623mピークをパスして、朝日を受けながら岩小屋沢岳に到着する。
c0219866_09393802.jpg
c0219866_09400816.jpg
針ノ木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳の山並みだ。
c0219866_09405881.jpg
立山~真砂岳~別山
c0219866_09414388.jpg
テガタチドリ
c0219866_09422439.jpg
富士山の左右に八ヶ岳連峰と南アルプス連峰が広がっていて、今日は素晴らしい縦走になると約束されている。
c0219866_09431238.jpg
秋になって初めて目にする霜であり、3000m級では初氷になったのではないだろうか。
c0219866_09435589.jpg
鹿島槍ヶ岳が昨日に比べて一段と大きくなってきた。
c0219866_09443511.jpg
平坦地には種池山荘が見えていて、爺ヶ岳は黒いシルエットになっている。
c0219866_09452828.jpg
縦走路にはノイチゴやトリカブトがいっぱいだ。
c0219866_09461716.jpg
c0219866_09464713.jpg
c0219866_09474417.jpg
種池山荘
c0219866_09483002.jpg
蓮華岳と針ノ木岳の鞍部が針ノ木峠で、その向こうには水晶岳が山頂を出している。
c0219866_09491481.jpg
c0219866_09494442.jpg
種池山荘付近はチングルマの群生地になっていて、秋になったと感じさせる風に綿毛が揺れている。
c0219866_09503568.jpg
5時間後にはあの山頂に立っているだろう。
c0219866_09511995.jpg
振り返ると立山~~真砂岳~別山~剱岳の眺めが抜群で、赤い屋根の種池山荘が緑の中に鮮やかだ。
c0219866_09520486.jpg
爺ヶ岳は南峰2660m、中央峰2669m、北峰2630mの3峰からなり、南峰は無視して最高峰の中央峰を踏みにいく。
c0219866_09525197.jpg
c0219866_09532190.jpg
ハイマツに映った5人の影が中央峰に向かっている。
c0219866_09545638.jpg
縦走路を離れて山頂までは5分とかからない。
c0219866_09554395.jpg
c0219866_09561361.jpg
c0219866_09564944.jpg
空気が澄んでいるので槍穂高連峰もよく眺められる。
c0219866_09573734.jpg
南峰の後方には歩いた針ノ木岳から種池山荘までが一望できる。
c0219866_09584242.jpg
次なるピークは鹿島槍ヶ岳だ!
c0219866_09592848.jpg
c0219866_10000094.jpg
山頂は南峰2889mと北峰2842mからなる双耳峰であり、吊尾根と呼ばれるなだらかな稜線で繋がっている。
c0219866_10005210.jpg
ここは赤岩尾根の分岐地点であり、風雪のため敗退したのは19年前の冬のことである。
c0219866_10015786.jpg
冷池山荘
c0219866_10033144.jpg
ラーメン(900円 美味)パワーで鹿島槍ヶ岳を目指そう。
c0219866_10041025.jpg
c0219866_10042894.jpg
タトトイレじゃなく外トイレと読む。
c0219866_10045888.jpg
振り返って眺めるのは三つのピークからなっている爺ヶ岳。
c0219866_10053091.jpg
加藤文太郎は昭和6211日に鹿島槍ヶ岳に登頂している。
単独行から・・・
冷ノ池附近には相当大きな雪庇が東側へ出ていたが、三月頃ほどのこともなさそうだし、つらくてもタンネの中を行けば心配はない。
ここから鹿島槍の頂上までは長いことは長いが、風が強いだけで悪場はなし雪もかたく楽だった。
c0219866_10062923.jpg
文太郎を偲びながら歩を進めるのは楽しく、前方には布引山に続き南峰と北峰が並んでいる。
c0219866_10070385.jpg
布引山までくれば残り標高差200mである。
c0219866_10073615.jpg
なぜかハクサンイチゲが一輪だけ咲いている。
c0219866_10080756.jpg
イワベンケイ
c0219866_10085363.jpg
山頂直下
c0219866_10122249.jpg
登頂だ~!
c0219866_10131148.jpg
一週間前に登ったS姫がタルチョーを残している。
c0219866_10134718.jpg
五竜岳の左後方に眺められるのは7月に歩いた白馬岳や清水岳。
c0219866_10142886.jpg
北峰の遠く向こうに見えているのは黒姫山や高妻山か?
c0219866_10145896.jpg
ここから先はヘルメット姿に変身する。
c0219866_10152822.jpg
イワギキョウ
c0219866_10155834.jpg
五竜岳まではアップダウンが多そうで、明日もなかなか厳しい行程になりそうだ。
c0219866_10163823.jpg
北峰の向こう側にはバリエーションルートの天狗尾根があり、ブロック雪崩で命を落としそうになったのは45年前。
c0219866_10204091.jpg
南峰
c0219866_10211556.jpg
北峰の下りは岩場の連続で、八峰キレットよりも厳しいと後で分かることになる。
c0219866_10214846.jpg
c0219866_10222676.jpg
五竜岳が見え隠れしはじめて、雨にならないかと明日の天気が心配になってくる。
c0219866_10243004.jpg
楽しい岩場の下りが続いている。
c0219866_10250513.jpg
c0219866_10252096.jpg
c0219866_10253290.jpg
北峰分岐から下ること1時間あまりで前方にV字状の地形が現れて、やっと八峰(はちみね)キレットに到着して小休止。
c0219866_10262080.jpg
c0219866_10265053.jpg
c0219866_10272428.jpg
キレットを通過する。
c0219866_10275929.jpg
c0219866_10282085.jpg
五竜岳から鹿島槍ヶ岳を冬期単独縦走してから44年になり、八峰キレットで20mの6mmロープをシングルで懸垂下降した。
その場所を探すが分からない。
c0219866_10291192.jpg
c0219866_10292684.jpg
c0219866_10294809.jpg
c0219866_10300266.jpg
そのうち小屋が真下に見えてきて、キレット通過は20分ほどで終了する。
c0219866_10304095.jpg
最後のハシゴを降りるとマツムシソウがたくさん咲いている。
c0219866_10315945.jpg
c0219866_10321430.jpg
キレット小屋
c0219866_10325447.jpg
今日もビールが先ですね^-^)
c0219866_10333978.jpg
明日は雨が降る予報になっていて、曇り空なので期待した夕焼けの剱岳は見られない。
c0219866_10341302.jpg
夕食のハンバーグが美味しい
c0219866_10344998.jpg
フランスから来たというBOULANGER(ブロジェ)さん。
c0219866_10352496.jpg
今回の計画を聞くと日本海側の市振から山に入り、北アルプスを縦断して中央アルプスを越えて駒ヶ根に下山するという。
今朝は天狗山荘のテント場を出発し、1314時間行程を9時間ほどで走破している。
明日は針ノ木岳までだというから鉄人だ。


宿泊者は鉄人&単独女性&カモシカ隊の7名。

キレット小屋に再び来ることはなさそうで、記念にTシャツを買うのかな?
c0219866_10410873.jpg
明日は唐松岳まで行くことができるだろうか。


96日(水)天候:雨 

キレット小屋605・・・800北尾根ノ頭・・・9105・・・1020五竜岳1030・・・1125五竜山荘(泊)

昨夜は11時ごろから雨が降り始め、今日は唐松岳まで行くのは難しいだろう。

BOULANGER
さんの雨具はポンチョだけで、いかに西洋人が寒さに強いかを証明しているといえそうだ。
c0219866_12465738.jpg
Seeyouでお別れだ。

ルートは黒部側につけられていて、アップダウンを繰り返しながら高度を下げていく。
c0219866_12474779.jpg
c0219866_12480227.jpg
c0219866_12481906.jpg
c0219866_12484038.jpg
c0219866_12485423.jpg
時間雨量12ミリで風も弱い状態で、行動するのに困ることはない。
c0219866_12493319.jpg
c0219866_12494642.jpg
示された高度により気圧が下がっているのがよく分かる。
c0219866_12503767.jpg
北尾根ノ頭が五竜岳との中間地点と思われる。
c0219866_12511028.jpg
岩稜歩きかと思えばハシゴの下りがあったりする。
c0219866_12514613.jpg
c0219866_12520222.jpg
やっとG5の登りにかかって高度を上げてゆく。
c0219866_12524805.jpg
このあたりでキレットへ向かう単独男性とすれ違う。

5は小さなアップダウンを繰り返すあたりが面白く、みなさん余裕で岩の感触を楽しんでいる。
c0219866_12532818.jpg
c0219866_12534363.jpg
c0219866_12540354.jpg
c0219866_12541794.jpg
c0219866_12543371.jpg
この天気だからライチョウが現れて当たり前。
c0219866_12550574.jpg
こんな天気なのにキレットへ向かう2名の男性も現れる。

山頂までの残り標高差70mぐらいになり、心臓は登頂に向けてパワー全開になってきた。
c0219866_12554297.jpg
山頂稜線に乗り北西に50mで五竜岳の山頂だ。
c0219866_12561565.jpg
c0219866_12562903.jpg
やった~(^o^)
c0219866_12570766.jpg
ゴリラも44年ぶりの登頂が嬉しいっす。

山頂直下は岩場が続くので、1時間かけて慎重に五竜山荘へ下ります。
c0219866_12575164.jpg
c0219866_12581036.jpg
c0219866_12582471.jpg
ウラシマツツジ
c0219866_12585316.jpg
五竜山荘
c0219866_12592561.jpg
風は少しづつだが強くなっていて、最終ピークの唐松岳は諦めることに決定する。

濡れた雨具やウァアを乾燥室に吊るし、ビールで乾杯してキノコうどんで温まろう。
c0219866_13000659.jpg
c0219866_13011872.jpg
c0219866_13003818.jpg
食堂の壁にルートを示した地図がある。
c0219866_13015921.jpg
c0219866_13021450.jpg
夕方には風が強まりガスも濃くなってきた。
c0219866_13025200.jpg
お疲れさま~
c0219866_13033598.jpg
すごく美味しいカレーはおかわり自由になっている。
c0219866_13040750.jpg
今日は前線が通過中だったようで、明日は風雨が強まりそうである。
c0219866_13044273.jpg

97日(木)天候:雨

五竜山荘625・・・635白岳・・・740西遠見・・・805大遠見・・・845中遠見・・・905小遠見分岐・・・920二ノ背髪・・・1010地蔵の頭・・・1035テレキャビン・アルプス平駅⇒⇒ゴンドラ⇒⇒1100山麓駅⇒⇒1120十郎の湯1250⇒⇒1410安曇野IC⇒⇒中央道⇒⇒名神高速⇒⇒淡路⇒⇒2010鳴門IC


低気圧が通過中なのか風雨は昨日よりも強くなっていて、西から吹きつける風速は10mを超えている。
c0219866_18550536.jpg
いざ下山!
c0219866_18554324.jpg
白岳で登頂したピークは10座目に。
c0219866_18561621.jpg
先に五竜山荘を出発した岡山パーティーを追い越して、カモシカ隊は岩場の下りは慣れたもの。
c0219866_18565116.jpg
この雨の中でなにをしているかって? クロマメを食べている^-^;
c0219866_18572276.jpg
遠見尾根は風の裏側だが時間雨量は45ミリあり、時には土砂降りになり雨具のテスト下山みたいになってくる。
c0219866_18575886.jpg
西遠見
c0219866_18582847.jpg
大遠見
c0219866_18585419.jpg
中遠見
c0219866_18592166.jpg
小遠見分岐を過ぎると雨が止み、遠見尾根が途中まで見渡せるようになる。
c0219866_18595412.jpg
c0219866_19001110.jpg
八方尾根には薄日さえ差しはじめるけれど、地蔵の頭では再び雨になってくる。
c0219866_19004921.jpg
c0219866_19010833.jpg
c0219866_19012475.jpg
五竜スキー場の花を楽しみながら下ればアルプス平駅に着き、後立山連峰南部縦走45日の山行が終了する。
c0219866_19020045.jpg
c0219866_19021486.jpg
c0219866_19022716.jpg
ゴンドラを降りたらカモシカ号が待っている。
c0219866_19025948.jpg
すぐ近くにある十郎の湯で汗を流し、カツ丼(これがまた美味かった)を食べて帰りました。
c0219866_19032932.jpg
c0219866_19034370.jpg

参加していただいた皆さん大変お疲れさまでした。
あいにく五竜岳は雨になり、最終ピークだった唐松岳には届きませんでした。
しかし針ノ木岳から鹿島槍ヶ岳までは天気が良く、北上するにつれ姿を変える剱岳の眺めは文句なしでした。

c0219866_19072391.jpg
c0219866_19081125.jpg










by nakatuminesan | 2017-09-08 08:21 | 山行報告(中級) | Comments(2)