2012年 06月 24日 ( 3 )   

7月の計画(2)   

2012年 06月 24日

6月25日(月)は『サガリハゲ山~滝下の天狗塚』でしたが、またしても雨予報のため7月2日(月)に延期しました。

★前線が九州付近に停滞するということですが、いつ四国に接近して大雨になるか微妙です。
雨が止んでも藪のあるルートは濡れて滑りやすく、もちろん晴れか曇りが一番いいのですが、せめて降らないと約束された時に行きたいものです。

by nakatuminesan | 2012-06-24 17:47 | 募集企画 | Comments(0)

古いガイドブック   

2012年 06月 24日

初めて手にしたガイドブックは昭和39年発行の「阿波の山」。
県内の主な山と縦走コースが紹介された、当時としては本格的なガイドブックである。

買ったのは山を始めた高校生のころで、その後は使うこともないのに後生大事に手元にある。
いつか表紙はなくなってしまい、二頁目にある西熊山の写真が表紙の役割をしている。
c0219866_1727278.jpg

今のガイドブックのように写真や詳しい解説はないのだが、何度読み返しても飽きない内容に満足している。
造林小屋や木馬道が度々出てくることから、昭和30年代といえば自然林から人工林へと移行させた拡大造林政策による植林作業が盛んなるころ。
c0219866_17273424.jpg
c0219866_17274046.jpg

地図に表示されている造林小屋は大規模なものだけだろうし、小さなものや短期間使用の造林小屋は県内にたくさん存在していたはず。
c0219866_1728931.jpg
c0219866_17281649.jpg

国道が整備され林道が奥まで延びた現在では、木頭の湯桶丸や甚吉森でさえ日帰りはおろか1日での縦走すら可能になった。
当時は山を一つ登るのに徳島市から二泊を要すると書かれている。
c0219866_17284641.jpg

石立山や赤城尾山はバスに揺られること7時間でやっと登山口の北川なのだから、当たり前となった日帰りの現実を当時の岳人の誰が想像しただろう。

山頂までスギやヒノキに覆われてしまった山々を「全山紅葉してすばらしい」とある。
これらの山は標高こそ高くはないが、自然林豊かな深山幽谷の雰囲気が残るころに歩きたかったと思ってしまう。

by nakatuminesan | 2012-06-24 17:32 | 山のあれこれ | Comments(0)

7月の計画(1)   

2012年 06月 24日

6月24日(日)の『樫戸丸』は雨天のため7月1日(日)に延期しました。

★オオヤマレンゲは次々とツボミが膨らむので、毎年7月上旬まで楽しむことができます。
集合:文化の森8時 TEL:090-7782-6031
c0219866_6572416.jpg
c0219866_657332.jpg

by nakatuminesan | 2012-06-24 06:57 | 募集企画 | Comments(0)