2017.12.10 山スキー風呂塔   

2017年 12月 10日

標高800mあたりから四駆走行になってきて、当たり前だが高度を上げると雪が増えてくる。
c0219866_17462644.jpg
c0219866_17465534.jpg
桟敷峠の積雪は20センチを超えていて、ここから出発のつもりだったが除雪されているのでカモシカ号を走らせる。
c0219866_17473253.jpg
除雪はキャンプ場跡までできているのかな。
c0219866_17481238.jpg
いつも山に入る作業道の所で出発準備をすることに。
c0219866_17490075.jpg
c0219866_17491583.jpg
c0219866_17492948.jpg
青空~!
c0219866_17500336.jpg
昨日のものと思われるツボ足トレースが続いている。
c0219866_17503959.jpg
植林帯を抜けて自然林になると積雪は40センチに増えてくる。
c0219866_17511615.jpg
c0219866_17513393.jpg
期待の霧氷はなさそうだ。
c0219866_17520630.jpg
トレースを外れてジグザグに登れば東屋だ。
c0219866_17523412.jpg
またしてもツボ足トレースが現れて、雪の風呂塔では初めてのことである。
c0219866_17530205.jpg
何年前だったか標識が埋没したことがあり、山頂の積雪は1mを軽く超えていた。
c0219866_17535453.jpg
わぉ~ 霧氷があるじゃないか!
c0219866_17542799.jpg
このブナまで登れば登頂は確実で、今シーズンも山スキーでやってきました雪の風呂塔。
c0219866_17552010.jpg
積雪量は4050センチといったところ。
c0219866_17555316.jpg
c0219866_17560949.jpg
なんとか霧氷に間に合った。
c0219866_17582995.jpg
c0219866_17584286.jpg
火打山
c0219866_17591744.jpg
矢筈山
c0219866_17594509.jpg
このシールを剥がす瞬間が大好きで、スキー板にブーツをセットして滑降準備完了だ。
c0219866_18003813.jpg
c0219866_18005371.jpg
c0219866_18010574.jpg
素手でも寒さを感じないほど気温が高いので、雪質は少々湿っぽくてスキー操作は難しい。
c0219866_18014859.jpg
ボーゲンと斜滑降で安全を第一に滑ったほうがよさそうだよ。
c0219866_18023020.jpg
スキーのトップは雪に沈んだ状態で、かっこ悪いがオジオジ滑っている。
c0219866_18030719.jpg
c0219866_18032186.jpg
c0219866_18034006.jpg
ショートターンもままならぬ(><
c0219866_18041335.jpg
パラレルターンもなかなか難しい。
c0219866_18044181.jpg
直滑降が最も安全だしスピードを楽しもう。
c0219866_18051065.jpg
それでもパラレルターンのシュプールを描きたい。
c0219866_18054129.jpg
c0219866_18055778.jpg
なに 下手くそだって?
ゴリラ転ばないので
(^-^)v

年々加齢とともに滑りが下手くそになってきて、日陰はシュプールがはっきり見えなくていいね。
c0219866_18065135.jpg
c0219866_18070656.jpg
もっぱら作業道は直滑降じゃ。
c0219866_18074408.jpg
c0219866_18075911.jpg
ヤレヤレなんとか初滑りを楽しんで無事に下山しました~
c0219866_18105982.jpg



by nakatuminesan | 2017-12-10 18:08 | 山を歩いてきました | Comments(0)

<< 12月の計画(5) その後の干し柿 >>