ステーションビバーク   

2017年 08月 09日

ビバークのことは201110月に書きました。
フォーストビバークは緊急時・予定外に行うビバークで、フォーカストビバークは登山計画の中に折り込み済みの予定されたビバークです。

ステーションビバークと駅で寝ることで、知っているのは古い山屋さんぐらいのものでしょう。
つまり駅の待合室のベンチや軒先で寝袋に入って眠ることです。

昔は大きな顔をして駅で寝て、これ以上安上がりの宿はありませんでした。
合宿が終わると残りの食料をもらって風呂に入り、単独や個人山行など次の山のために
ステーションビバークは合理的でした。
つまり金が一切かからない宿泊先だったのです。
c0219866_15251165.jpg

松本駅、大糸線の信濃大町駅、飯田線の駒ヶ根駅、中央本線の甲府駅など。

c0219866_15254667.jpg



by nakatuminesan | 2017-08-09 15:26 | 昔むかし | Comments(0)

<< 残暑お見舞い申し上げます 山が好き >>