2017.6.28~7.9 北海道の山旅(後編)   

2017年 07月 11日

73日(月)天候:曇りのち時々晴れ

斜里第一ホテル430⇒⇒520木下小屋550⇒⇒タクシー⇒⇒620車止め630・・・635登山口・・・825新噴火口・・・930960m・・・1140山頂直下肩1420m・・・1210硫黄山15621220・・・1245鞍部・・・1400知円別岳1544m・・・1415花畑・・・1520南岳1459m・・・1610二ツ池キャンプ指定地


オホーツク海を左に眺めながらカモシカ号は国道334号を走っているが、霧雨が止まないのでゴリラの心中は不安というか落ち着かない。

c0219866_14421159.jpg
羅臼岳からの下山口となる

木下小屋の下で朝食を済ませると、6時に予約していたタクシーがやってくる。
霧雨はやんでいるような気がするが天女たちは雨具を装着して出発する。

c0219866_14425380.jpg

道路歩き5分ほどで登山口。

c0219866_14434417.jpg

テント、シュラフ、食料、ビールなどでザックは10キロを超えていて、クマに知らせる鈴もついているので重くて仕方ない。

c0219866_14441984.jpg

知床はヒグマの生息地として有名で、100mぐらい離れているなら出合いたいと思っている。

10
分あまり歩くと暑くて雨具は邪魔なだけ。

c0219866_14451155.jpg
1

時間あまり登ると明るくなってきて、雲の切れ間からは青い空が覗くようになる。

c0219866_14454455.jpg
c0219866_14460240.jpg
新噴火口とやらを過ぎるとハイマツ帯に突入する。
c0219866_14464028.jpg
c0219866_14470483.jpg
雲はハイマツの海を上昇中で、そのうち晴れてくるに違いないと勝手に信じている。
c0219866_14474402.jpg
c0219866_14474402.jpg
ハイマツの枝や根っ子に難儀しながら、足元のマイヅルソウやウコンウツギで気を晴らす。
c0219866_14483385.jpg
c0219866_14484866.jpg
標高980m付近で硫黄川の雪渓が眺められ、あの谷に入れば楽な登りになりそうで安心する。
c0219866_14492585.jpg
谷までは足元の不安定な下りトラバースとなる。
c0219866_14495919.jpg
谷に降り立ってやれやれご苦労さん。
c0219866_14503285.jpg
すぐに雪渓歩きが始まって楽勝気分になってくる。
c0219866_14510038.jpg
c0219866_14512093.jpg
雪渓は緩急を繰り返すがアイゼンを必要とするほどではなく、薄い箇所の踏み抜きだけに気をつければよさそうだ。
c0219866_14515438.jpg
c0219866_14521667.jpg
エゾコザクラが現れて嬉しさが爆発する。
c0219866_14524726.jpg
高度を上げるにしたがい雪渓は痩せてきて、北には1372mピークが見えるようになってくる。
c0219866_14531957.jpg
c0219866_14535490.jpg
シレトコスミレは北海道の知床半島にのみ分布し、高山の砂礫地の限られた環境に生育する貴重な植物である。
c0219866_14543252.jpg
谷から離れて山頂の肩に突き上げるが、なかなかガスが晴れずに山頂は姿を隠している。
c0219866_14551115.jpg
残す標高差100mに迫ってくる。
c0219866_14554455.jpg
振り返るとウプシノッタ川上流の雪渓を見下ろすようになり、胸を突くような急斜面の登りになってくる。
c0219866_14561210.jpg
エゾコザクラ
c0219866_14564163.jpg
イワヒゲ
c0219866_14571090.jpg
イワウメ
c0219866_14574752.jpg
いよいよ最後は岩場になってきて、5時間半を要して山頂に到着する。
c0219866_14585216.jpg
c0219866_14592253.jpg
c0219866_14593983.jpg
頑張りましたねっ!
c0219866_15001433.jpg
これから向かう知円別岳。
c0219866_15012385.jpg
雲の切れ間から羅臼岳が山頂を見せている。
c0219866_15020283.jpg
c0219866_15022929.jpg
さあ縦走だ!

いったん下って東斜面の雪面をトラバースし、鞍部から見上げる硫黄山は鋭鋒である。

c0219866_07185042.jpg
c0219866_07191014.jpg
アップダウンの連続を覚悟はしているが楽ではない。
c0219866_07195075.jpg
ひと登りした1550mピークから望む山は知円別岳。
c0219866_07201912.jpg
ここで縦走路では初めてとなる3人パーティーと会い、聞くと東岳を往復してきたらしい。
富良野から来たという地元民で、親切にもクマ避けの鈴をプレゼントしてくれた。

羅臼岳まで10.4キロいざ行かん!
c0219866_07210763.jpg
急な斜面を下るとトラバースが待っている。
c0219866_07214226.jpg
c0219866_07220721.jpg
白っぽい火山灰の稜線が続いていて、ハイマツの緑を見飽きたころなので雰囲気が変わって新鮮だ。
c0219866_07224163.jpg
豊富な残雪の向こうにはオッカバケ岳やサシルイ岳が眺められ、明日には越えてゆく山並みが楽しみだ。
c0219866_07231428.jpg
その後方には最終ピークである羅臼岳が招くようである。
c0219866_07235090.jpg
岩峰を縫って進むのが面白く感じられ、奇怪な岩が次々と現れるので退屈はしない。
c0219866_07242975.jpg
c0219866_07244633.jpg
穂高のジャンダルムみたいだよ。
c0219866_07252097.jpg
オバサマたちジャンダルム経験者なのよ。
c0219866_07255383.jpg
c0219866_07261278.jpg
知円別岳は山頂直下をトラバースする。
c0219866_07264414.jpg
小さな尾根を越えると風景は一変する。
c0219866_07271721.jpg
c0219866_07273112.jpg
チングルマやエゾコザクラの花畑が広がっている。
c0219866_07281054.jpg
c0219866_07282531.jpg
c0219866_07285108.jpg
c0219866_07291225.jpg
こういうのを花園と言うんだろうな~(^^;
c0219866_07300837.jpg
c0219866_07303441.jpg
c0219866_07304996.jpg
前方には緑濃いハイマツに覆われた南岳が近くなってきたけれど、ハイマツと格闘することになるなるとは今の時点では分からない。
c0219866_07313815.jpg
振り返って眺めるのは硫黄山や知円別岳。
c0219866_07320880.jpg
南岳で最後の休憩だ。
c0219866_07324141.jpg
雲海に浮かんでいるのだ国後島の爺爺岳1822mとルルイ岳1486mだと思われる。
c0219866_07333435.jpg
キャンプ地である二ツ池が見えてくる。
c0219866_07340498.jpg
ハイマツの枝や根と格闘しながら二ツ池までの遠いこと長いこと。
c0219866_07344134.jpg
直角に曲がる標識からは刈られていて歩きやすくなるが、それでも疲れた身体には遠く感じられる。
c0219866_07351789.jpg
c0219866_07353238.jpg
行動時間9時間半を要してキャンプ地に到着するが、12時間行動したようにさえ思えるのは南岳のハイマツか!?
c0219866_07395936.jpg
テントを張る前にやることがあるのだが、池の水は生温くてビールは冷やせないときた。
しかし冷たくない缶ビールの美味いこと文句なしに美味いこと
(^.^)
c0219866_07403970.jpg
手早くテントを設営し、50m離れたフードロッカーの横で夕食だ。
c0219866_07420655.jpg
c0219866_07422517.jpg
c0219866_07425486.jpg
焼酎のアテもある。
c0219866_07434803.jpg
c0219866_07440323.jpg
レトルトカレー
c0219866_07443702.jpg
食料や生ゴミはフードロッカー(クマ対策食料保管庫)に入れる。
c0219866_07453501.jpg
知床連山縦走路のキャンプ指定地(第一火口、二ッ池、三ッ峰、羅臼平)には、フードロッカーが設置されている。


7
4日(火)天候:晴れ

二ツ池525・・・600オッカバケ岳1450m・・・730サシルイ岳1564m・・・810三ツ峰キャンプ指定地850・・・940羅臼平950・・・1050羅臼岳16601105・・・1150羅臼平1200・・・1325極楽平・・・1345弥三吉水・・・1510木下小屋1530⇒⇒1620斜里セントラルホテル(泊)

オッカバケ岳に朝日が当たりはじめ、各自のんびり朝食を楽しんでいる。

c0219866_12074457.jpg
c0219866_12081032.jpg
羅臼岳に向けて出発進行!
c0219866_12084922.jpg
雪田を越えるとオッカバケ岳に立ち、目の前には緑鮮やかなハイマツと雪渓が残るサシルイ岳が大きく迫ってくる。
c0219866_12094233.jpg
c0219866_12095856.jpg
右後方には羅臼岳も山頂を見せている。

キタキツネ君おはようさん。
c0219866_12110717.jpg
下った広々とした鞍部には雪田がある。
c0219866_12114550.jpg
ここでルートは左に折れていて、オッカバケ岳から見えた雪渓に入っていく。
c0219866_12121769.jpg
7月いっぱいは消えそうにもない雪渓上で一休みし、無駄のない動きをしなければと地形図でルートの確認中。
c0219866_12130278.jpg
雪渓上部で振り返ればオッカバケ岳の向こうに硫黄山が見えている。
c0219866_12133156.jpg
雪渓から礫の道に変わるとサシルイ岳西の肩に立ち、さらに羅臼岳が近づいたのでゴリラは安堵しているようである。
c0219866_12140849.jpg
c0219866_12143458.jpg
歩いて来た硫黄山~知円別岳~南岳~オッカバケ岳の山並み。
c0219866_12150690.jpg
少し進むと写真を撮りたくなる雪田があり、昨日と違って歩きやすいハイマツ帯を下ってゆく。
c0219866_12153772.jpg
c0219866_12155476.jpg
エゾコザクラは可愛くて見飽きない。
c0219866_12162150.jpg
チングルマにハクサンチドリと花の道が続いている。
c0219866_12171880.jpg
c0219866_12173266.jpg
この時期の知床は残雪と花と緑の世界である。
c0219866_12180646.jpg
c0219866_12182727.jpg
c0219866_12184082.jpg
三ツ峰キャンプ指定地までやってきた。
c0219866_12191201.jpg
ジャーン!
c0219866_12194051.jpg
わたしたち花と団子なの~
c0219866_12200854.jpg
越えてきたサシルイ岳を眺めながら飲むアイスコーヒーは格別。
c0219866_12203979.jpg
c0219866_12205389.jpg
三ツ峰鞍部までは緩い道を辿るだけ。
c0219866_12212407.jpg
鞍部の手前で硫黄山へ向かう5人がいて、初めて出会った縦走パーティーである。

鞍部から眺める羅臼岳。
c0219866_12220181.jpg
まだ新しいヒグマの糞を発見する。
c0219866_12222938.jpg
シナノキンバイ
c0219866_12225476.jpg
羅臼平から羅臼岳までは標高差300mである。
c0219866_12232449.jpg
少し登ると国後島の爺爺岳とルルイ岳が今日も見えている。
c0219866_12235708.jpg
c0219866_12241377.jpg
硫黄山あたりに雲が湧きはじめ、山頂から眺められるか心配になってくる。
c0219866_12244762.jpg
岩清水
c0219866_12251822.jpg
雪の斜面を過ぎると見事にエゾノツガザクラが咲いている。
c0219866_12255471.jpg
c0219866_12260819.jpg
残り標高差80mからゴロゴロした岩場になってくる。
c0219866_12264587.jpg
登頂~!
c0219866_12272040.jpg

念願の縦走をやりました

(^o^)

c0219866_12275202.jpg

歩いて来た山並みは雲に覆われはじめたが、良い天気の時に縦走できたことに感謝しよう。

下手くそなグリセードをやっている。

c0219866_12294435.jpg

岩清水はビールの次のコーラの次に美味しいよ。

c0219866_12304949.jpg
c0219866_12310226.jpg
大沢には雪渓が残っている。
c0219866_12313647.jpg
つい声を出してしまうほどエゾコザクラが咲き誇っている。
c0219866_12320944.jpg
硫黄山の雪渓よりも短いとか何とか言っている。
c0219866_12324137.jpg
緩いのでグリセードでは滑らない。
c0219866_12331542.jpg
一度やってみたかった?
c0219866_12334453.jpg
雪渓歩きは終わりです。
c0219866_12341131.jpg
ツマトリソウ
c0219866_12344264.jpg
極楽平付近から羅臼岳を振り返る。
c0219866_12350771.jpg
c0219866_12352634.jpg
弥三吉水
c0219866_12355447.jpg
硫黄山からの山並みだ。
c0219866_12362734.jpg
クマの出没が多いといわれる樹林帯を下り、木下小屋の下で待つカモシカ号に無事下山。
c0219866_12365627.jpg
c0219866_12371248.jpg
c0219866_12374193.jpg
斜里町の宿泊施設は満室状態で、空室があったのは駅前のセントラルホテルのみ。
c0219866_12385714.jpg
オジロワシ
c0219866_12393587.jpg
汗を流して行き先は居酒屋“熊湖”。
c0219866_12400949.jpg
c0219866_12403029.jpg
c0219866_12404714.jpg
c0219866_12410846.jpg
c0219866_12412318.jpg
c0219866_12413704.jpg
それにしても人に会わない縦走路でした。
c0219866_12420738.jpg

75日(水)天候:晴れ

斜里セントラルホテル730⇒⇒R334⇒⇒R39⇒⇒1215旭川北IC⇒⇒道央道⇒⇒1300滝川IC⇒⇒1515道民の森 テント泊

時間に余裕があれば今日は天塩岳の予定だが、移動時間を考えると強行軍だし無理がある。
明日は夕張岳に登ることに決定する。
今日の行程は夕張市まで移動し、登山口から徒歩30分の夕張ヒュッテでテント泊する。

北見あたりで夕張ヒュッテに電話をして登山状況を確認する。
驚いたことに登山口の9キロ手前で道路が通行止めになっている。
昨年の台風災害が原因らしく、後で分かったことだがニペソツ山や石狩岳も同様らしい。
登山口までの9キロを歩いて行く気にはなれず、さてどうすればいいのだろう。
キャンプができて確実に登れる山として、神居尻山(かむいしりやま)947mがよさそうだ。
キャンプ場がある道民の森が登山口になっていて、ガイドブックでは樺戸山地の鋭鋒とある説明も気に入った。
c0219866_10100910.jpg

39の北石峠を過ぎると正面に大雪山系が見えてきて、多くの残雪を抱いた姿はさすが北海道らしい。
c0219866_19415779.jpg
旭川北ICから道央道を走り、滝川ICで降りてスーパーで買出しをする。
c0219866_19425227.jpg
さすが主婦だから手際よく、ゴリラはじっと見てるだけ。
c0219866_19432738.jpg
道民の森からは神居尻山らしきが眺められる。
c0219866_19435467.jpg
疎開しているのじゃなくキャンプサイトまで荷物を運んでいる。
c0219866_19474082.jpg
1区画1000円と高額だがビジネスホテルよりも超安価。
c0219866_19484497.jpg
歩いて10分と近いので大ナラを見学する。
c0219866_19493420.jpg
これでやっとビールにありつける。
c0219866_19500880.jpg
今夜はジンギスカンだし赤ワインもあるし焼酎もあるから居酒屋と変わらない。
c0219866_19510753.jpg
c0219866_19585549.jpg
ゴリラ菜園から持ってきた最後の野菜はゴボウ。
c0219866_19513612.jpg
米と麦の飯炊きはまかせなさい。
c0219866_19520365.jpg
ジンギスカンは野菜と肉がいっぱいだ。
c0219866_19523850.jpg
c0219866_19531570.jpg
海老もあるから居酒屋「神居尻山」なんちゃって^-^;
c0219866_19555776.jpg
現地調達したミツバ入り雑炊と豪華な夕食になりました。
c0219866_19563847.jpg

76日(木)天候:晴れ

道民の森650⇒⇒700Aコース登山口・・・715Bコース登山口・・・825標高707m・・・855842m・・・930神居尻山9471005・・・1020分岐・・・1155林道接点・・・1305Aコース登山口1325⇒⇒R451⇒⇒浜益⇒⇒R231⇒⇒札幌⇒⇒R36⇒⇒1905ルートイン千歳駅前(泊)

ランチはジャガイモとウインナー。
c0219866_10110343.jpg
Bコース~Aコースの周回だ。
c0219866_10121960.jpg
c0219866_10124178.jpg
今日は出没に期待しようかな。
c0219866_10131832.jpg
階段の急登が続くBコースだが、樹林の間から雪を残した暑寒別岳の展望に救われる。
c0219866_10134844.jpg
c0219866_10140139.jpg
標高707m地点から見えるのは山頂だ。
c0219866_10143882.jpg
ピンクのタニウツギが花盛りになっている。
c0219866_10150619.jpg
 シシウドに似ている花はオオバセンキュウかな?
c0219866_10154726.jpg
ウツボグサ
c0219866_10161480.jpg
階段を登りきるとP842mに着き、山頂までは30分で着きそうなので一休み。
c0219866_10164679.jpg
c0219866_10170134.jpg
付近はヨツバシオガマなどの花畑になっている。
c0219866_10173426.jpg
トモエシオガマ
c0219866_10180286.jpg
ニッコウキスゲ
c0219866_10183335.jpg
花を観賞しながら立派な方位盤がある山頂だ。
c0219866_10192850.jpg
c0219866_10195057.jpg
c0219866_10200397.jpg
ランチ
c0219866_10202921.jpg
東方にある三角の山はピンネシリ1100mである。
c0219866_10205870.jpg
夕張岳の眺めに期待していたのだが、100キロ近く離れているし霞んでいるため無理だった。

少し下った稜線上に避難小屋がある。
c0219866_10213828.jpg
ゴゼンタチバナがたくさん咲いている。
c0219866_10221299.jpg
ピンネシリとAコース分岐点から山頂を振り返る。
c0219866_10223991.jpg
c0219866_10225200.jpg
これから辿るAコースは5キロぐらいあり長そうだ。
c0219866_10232465.jpg
Aコースは小さなアップダウンを繰り返し、樹林帯の退屈な下りからの眺めは山頂である。
c0219866_10235310.jpg
ヒグマに出遭わず無事に下山する。
c0219866_10242172.jpg
途中でサクランボを買ったりしながらR231を札幌方面へ。
c0219866_10245633.jpg
c0219866_10253763.jpg
c0219866_10255944.jpg
札幌ではすべてのホテルが満室になっていて、札幌ドームを右手に見ながらR36を南下する。
c0219866_10263326.jpg
道の駅でテント泊もいい(仕方ない?)けれど、見つからないのでしつこく泊まれる宿を探しまくる。
3名と少人数なのに探せど恵庭市でも宿は満室で、やっとのことで空いていたのはルートイン千歳駅前のみ。
c0219866_10275335.jpg
山屋にとっては高額(貧乏性?)だが奮発するとして、豪華な風呂で汗を流して駅前の居酒屋「白木屋」へ一目散。
c0219866_10283217.jpg
c0219866_10285675.jpg
c0219866_10291109.jpg

7月の北海道ではビジネスホテルは満室状態で、2年前も旭川や札幌で宿泊先に苦労した。

77日(金)天候:晴れ

ルートイン千歳駅前930⇒⇒支笏湖⇒⇒2000苫小牧東港フェリーターミナル2330⇒⇒新日本海フェリー⇒⇒

豪華な朝食をお腹いっぱい食べて支笏湖へ。
c0219866_11502366.jpg
前方には恵庭岳1320mが眺められる。
c0219866_11505044.jpg
樽前山1041mと風不死岳(ふっぷしだけ)1102mが見えていて、
「樽前山だけなら2時間あれば往復できるから登りませんか~?」
「もう汗をかくたくないのワタシタチ」
c0219866_11513647.jpg
じゃ支笏湖一周ドライブを楽しもうかな。
c0219866_11522099.jpg
ところがオコタンペ湖付近で道路が通行止めになっていて、ここでも昨年の台風災害の影響が。
c0219866_11525735.jpg
地図からすると前方の山は小魚山1235mらしい。

これは魚岳1318mに違いなく、縦走すれば面白そうな2座である。
c0219866_11540605.jpg
c0219866_11543610.jpg
やるなら雪に覆われた4月がべストじゃなかろうか。
c0219866_11550853.jpg
引き返して丸駒温泉で昼ごはん。
c0219866_11554255.jpg
c0219866_11561279.jpg
c0219866_11563476.jpg
大きなフキを採っている。
c0219866_11570601.jpg
ウトナイ湖
c0219866_11574885.jpg
c0219866_11573659.jpg
ショッピングセンターでお買い物。
c0219866_11582897.jpg
魚を買ったのかな?
c0219866_11591804.jpg
c0219866_11593467.jpg
夕食は回転寿司
c0219866_12000914.jpg
運転手はノンアルだけどゲストは生ビール(--,)
c0219866_12005495.jpg
c0219866_12010921.jpg
美味しかった~ あとはフェリーに乗るだけよ。
c0219866_12022555.jpg

78日(土)

⇒⇒新日本海フェリー⇒⇒2030敦賀東横イン敦賀駅前(泊)

誰も入っていない朝風呂でくつろいで、来たときと同じように持ち込んだ食料で朝ごはん。
c0219866_12535210.jpg
c0219866_12542627.jpg
食後は甲板で海を眺めて過ごすだけ。
c0219866_12550911.jpg
1015分に敦賀からのフェリーとすれちがう。
c0219866_12555171.jpg
部屋で横になったりしているうち昼の食事になっている。
c0219866_12563579.jpg
敦賀の港が近くなるころ日が沈む。
c0219866_12571615.jpg
最後の乾杯になりました。
c0219866_12580226.jpg
鉄板焼き
c0219866_12584584.jpg
c0219866_12591402.jpg
広島風?
c0219866_13000180.jpg

今回もよく飲み食べました。
もちろん山も頑張りました!


7
9日(日)・・・敦賀IC900⇒⇒1330鳴門IC

敦賀駅前の飲兵衛オジサンさようなら。
c0219866_13012150.jpg
鳴門に着くなり雨模様になりました。
c0219866_13021011.jpg

出発近くなってのキャンセルで人数が少なくなりましたが、天候に恵まれた北海道の山旅となりました。
特に硫黄山~羅臼岳の1泊縦走は文句なしに楽しかったです。
お疲れさまでした。







by nakatuminesan | 2017-07-11 15:04 | 山行報告(中級) | Comments(2)

Commented by エゾコザクラ at 2017-07-16 09:16 x
斜里岳のアイスコーヒーは最高!
二つツ池のぬるーいビールが不思議とおいしかった!
三ツ峰キャンプ指定地の思いがけない氷小豆練乳に驚いた!
登って口にした者のみがわかる味だね~
テント泊、ホテル泊、居酒屋、自炊などバランスがとれて
楽しかったよ!
いや~北海道だからこそ味わえる山旅でした。
ゴリラガイドありがとうございました。(礼)
Commented by nakatuminesan at 2017-07-17 07:26
エゾコザクラさん
今年の北海道も面白くて楽しい山になりました。
あの冷えていない缶ビールの美味しさは、初めて経験する不思議な味の思い出になりそうです。
さ~ 来年も行くぞ北海道!

<< 2017年夏の県外計画『朝日岳... またしても雑草園 >>