2017.6.28~7.9 北海道の山旅(前編)   

2017年 07月 09日

2年前に続いての北海道は道東を中心にした12日間の山旅でした。
メインは硫黄山から羅臼岳への1泊縦走で、行き交う人もいない静かな知床を楽しみました。
c0219866_17411444.jpg
c0219866_17414007.jpg
c0219866_17415648.jpg
c0219866_17421688.jpg
c0219866_17423698.jpg
c0219866_17425709.jpg
c0219866_17431138.jpg
c0219866_17462773.jpg

北海道滞在は登山6日に予備日&観光2日間で8日間。
登る山は雌阿寒岳、斜里岳、硫黄山~羅臼岳1泊縦走、

夕張岳であり、天気と時間に余裕があれば天塩岳にもと欲張っている。
当初は日高の鋭鋒カムイエクウチカウシ山1979.5mを23日テント泊で計画していた。
ところが昨年の台風で傷んだ林道が復旧工事中で、登山口まで10キロあまりを歩くことで中止した。
カムイエクウチカウシ山は来年の課題となりそうだ。

628日(水)
夕方に松茂で集合して敦賀のフェリーターミナルへ向かう。

629日(木)

敦賀030⇒⇒新日本海フェリー⇒⇒2030苫小牧東港⇒⇒2120東横イン苫小牧駅前

朝食はゴリラの畑でとれた野菜が登場し、さっそくワインで北海道行きを祝っている。

c0219866_11051445.jpg
c0219866_11054054.jpg
1020分ごろには苫小牧港からのフェリーとすれちがう。
c0219866_11065687.jpg
すずらんは27.5ノットで苫小牧へ向かっていて、今回も楽しくて面白い山旅になるに違いないだろう。
c0219866_11074431.jpg
c0219866_11080284.jpg
昼ごはんも持ち込んだ食材を使っていて、レストランの食事は高いので入らない。
c0219866_11084611.jpg
ビールはしっかり飲んでいる。
c0219866_11092595.jpg
19時ごろ夕日が沈んで1時間半後には苫小牧東港だ。
c0219866_11100561.jpg
焼き肉で上陸祝い
c0219866_11110137.jpg
c0219866_11112619.jpg
c0219866_11114006.jpg

630日(金)天候:快晴

東横イン苫小牧駅前700⇒⇒730苫小牧東IC⇒⇒道央道⇒⇒道東道⇒⇒1030足寄IC⇒⇒1200登山口1230・・・1445雌阿寒岳14991450・・・1645登山口1700⇒⇒1845斜里町グリーン温泉(泊)

ガラ空き快適な道東道を足寄ICで降り、1時間足らずで雌阿寒岳と阿寒冨士が見えてくる。
c0219866_11140447.jpg
c0219866_11141836.jpg
ちょっと道を間違えたりしたけれど、予定より30分遅れで登山口に到着する。
c0219866_11150014.jpg
時間に余裕がないので雌阿寒温泉コースを往復する。
c0219866_11153729.jpg
午後だがゴゼンタチバナが花を咲かせている。
c0219866_11162196.jpg
根っ子が広がっている針葉樹の林はエゾアカマツだろうか?
c0219866_11170094.jpg
イソツツジ
c0219866_11174224.jpg
標高1000mあたりまで登ればハイマツが海のようになり、見上げると礫の斜面も緑が山頂近くまで覆っている。
c0219866_11182427.jpg
c0219866_11184024.jpg
メアカンフスマ
c0219866_11191623.jpg
イワブクロは開花直前になっている。
c0219866_11195368.jpg
コケモモ
c0219866_11202481.jpg
神秘の湖「オンネトー」が見えてくる。
c0219866_11210098.jpg
メアカンキンバイ
c0219866_11213460.jpg
火山らしい礫の斜面になってくる。
c0219866_11221223.jpg
山頂稜線に乗ると火口が大きく落ち込んでいる様子が見え、不気味な赤沼や湧き上がる噴煙はまさに活火山である。
c0219866_11224388.jpg
北東方向に阿寒湖と雄阿寒岳の展望が広がっている。
c0219866_11231571.jpg
山頂直下
c0219866_11234143.jpg
登頂!
c0219866_11241201.jpg
阿寒冨士1476
c0219866_11245777.jpg
下山してからは明日登る斜里岳を右に眺めながら斜里町へ。
c0219866_11252999.jpg
畑は考えられないスケールで広く続いている。
c0219866_11260448.jpg
今回は29日の苫小牧と8日に泊まる敦賀の東横インしか予約していなく、少人数だしテントも持っているので何とかなるだろう。
数少ない
斜里町のホテルは満室で、キャンセルが出たグリーン温泉だけOKでラッキーな宿である。
c0219866_11265461.jpg
2食付6800円と安価だが食事は超豪華(^-^)
c0219866_11283604.jpg

71日(土)天候:晴れのち曇り

グリーン温泉630⇒⇒720清岳荘745・・・845下二股・・・1035上二股・・・1115馬ノ背・・・1150斜里岳15361200・・・1215馬ノ背1240・・・1305上二股・・・1400熊見峠・・・1455下二股・・・1600清岳荘1615⇒⇒1635清里オートキャンプ場(泊)

今日の斜里岳では雨の心配はなさそうだが、明日は停滞になりそうな予報になっている。
c0219866_11294421.jpg
c0219866_11300342.jpg
豪華な朝食を腹いっぱい詰め込んで出発しよう。
c0219866_11304923.jpg
カモシカ号は斜里岳を目指してまっしぐら。
c0219866_11311865.jpg
素泊まりできる清岳荘がある登山口。
c0219866_11315181.jpg
一度ぐらいはヒグマを見たいと思っている。
c0219866_11323271.jpg
一ノ沢に沿った道は何度も渡渉を繰り返す。
c0219866_11330393.jpg
c0219866_11334416.jpg
その度に写真を撮っていたけれど面倒になってくる。
c0219866_11332140.jpg
標高800mもないのに雪が残っていて、さすが北海道の山だと感心してしまう。
c0219866_11345096.jpg
山頂だと思われるピークが望まれるが、自信がないので説明はしないことにする。
c0219866_11352376.jpg
下二股に到着する。
c0219866_11355259.jpg
谷沿いの旧道から上二股に至り、帰路は熊見峠を経由する周回が面白そうである。
c0219866_07073801.jpg

水蓮の滝
c0219866_11363549.jpg
ウコンウツギ
c0219866_11370721.jpg
ミヤマオダマキ
c0219866_11374118.jpg
羽衣の滝
c0219866_11381566.jpg
羽衣天女たちは滝の下を歩いてくる。
c0219866_11384868.jpg
ミニトマトをくれる天女たちの優しいことよ。
c0219866_11391968.jpg
さらに標高を上げると小さな滑状の滝が連続し、万丈ノ滝はロープを掴んで登るあたりが面白い。
c0219866_11395419.jpg
c0219866_11400731.jpg
ちょっとした沢登り感覚を楽しめる旧道は変化がありお勧めだ。
c0219866_11410507.jpg
c0219866_11412260.jpg
c0219866_11414678.jpg
雪があったり岩を攀じたり面白い?
c0219866_11422163.jpg
c0219866_11423614.jpg
グンナイフウロやシナノキンバイが現れる。
c0219866_11431537.jpg
c0219866_11433105.jpg
この辺りが最も沢登りみたいで気分は最高だ。
c0219866_11440971.jpg
c0219866_11442803.jpg
岩は濡れていてもフリクションが効いて滑らない。
c0219866_11450739.jpg
山頂稜線らしきが見えるようになってくる。
c0219866_11453755.jpg
大きな白い花をつけたエンレイソウ。
c0219866_11461725.jpg
ヒメイチゲ
c0219866_11464538.jpg
上二股
c0219866_11471561.jpg
サンカヨウ
c0219866_14312521.jpg
水流がなくなり雪渓を歩くのは少しだけ。
c0219866_14321526.jpg
オウレン
c0219866_14324893.jpg
視界が開けてきて1508mピークを眺められるようになってくる。
c0219866_14332069.jpg
ハクサンチドリ
c0219866_14352967.jpg
新緑が鮮やかな山の斜面に白い雪渓があるのは北海道らしさを感じさせる。
c0219866_14360357.jpg
胸突き八丁を過ぎると馬ノ背の直下はガレ場になっている。
c0219866_14363535.jpg
c0219866_14365110.jpg
馬ノ背から山頂までの標高差は100m。
c0219866_14372336.jpg
キバナシャクナゲ
c0219866_14375661.jpg
チングルマ
c0219866_14382547.jpg
エゾノツガザクラも咲きはじめている。
c0219866_14385660.jpg
前峰から山頂までは10分だ。
c0219866_14392447.jpg
ハクサンイチゲ
c0219866_14395291.jpg
アズマギク
c0219866_14402024.jpg
やった~! 斜里岳1536に登頂じゃー!!
c0219866_14404919.jpg
標高は高城山より100mほども低いのに、4時間も要するとは北海道の山は甘くない。

1508
mピークと南斜里岳1442
c0219866_14420331.jpg
馬ノ背に引き返して昼ごはん
c0219866_14451342.jpg
アイスコーヒーの美味しかったこと・・・羽衣天女たちアリガトウ。
c0219866_14455773.jpg
c0219866_14461680.jpg
オレンジも出番を待っている。
c0219866_14465209.jpg
下山コースの熊見峠が見えている。
c0219866_14472017.jpg
上二股
c0219866_14474854.jpg
雪も残っている緩やかな新道にはエンレイソウにナナカマドやハクサンチドリが咲き、まるで春と夏が同時にやってきたようである。
c0219866_14482044.jpg
c0219866_14483661.jpg
c0219866_14485962.jpg
c0219866_14491501.jpg
山頂を振り返りながらハイマツの尾根を進むと熊見峠。
c0219866_14494695.jpg
c0219866_14500000.jpg
山頂を見上げながら高度を下げてゆくと下二股。
c0219866_14503227.jpg
c0219866_14504577.jpg
ここから渡渉を13回も繰り返し(数えました)無事下山。
c0219866_14512586.jpg
c0219866_14513977.jpg
c0219866_14520647.jpg
今夜の宿を清里オートキャンプ場に決め、雨が降りそうなのでバンガロー泊が無難だね。
c0219866_14525563.jpg
c0219866_14530912.jpg
メニューは朝からジンギスカンに決めていて、コンビニで買えるから登山や旅行者にとり便利な時代になったものである。
c0219866_14535252.jpg
5分間100円のシャワーで汗を流し、冷えたビールほど疲れが吹っ飛ぶものはないだろう。
c0219866_14541161.jpg
ゴリラ畑の枝豆も登場する。
c0219866_14544964.jpg
c0219866_14550580.jpg
飯炊きもやらせてもらってま~す^-^;
c0219866_14555058.jpg

72日(日)天候:曇りのち時々雨 巨樹見学や網走など観光 斜里第一ホテル(泊)

曇り空で雨は降っていないが午後は怪しい天気になりそうだ。

c0219866_08070618.jpg
ホッケを焼いてみそ汁もある朝ごはん。
c0219866_08085125.jpg
炊事棟にやってきたクワガタ君グッドモーニング。
c0219866_08092500.jpg
網走まで車を走らせ美岬のヤチダモを見学する。
c0219866_08095533.jpg
林野庁の「森の巨人たち百選」に選ばれた貴重な巨樹であり、樹齢は推定300年以上と言われている。
c0219866_08102543.jpg
幹周460cm・樹高37mあり、周囲の木々を圧倒させる迫力がある。
c0219866_08105662.jpg
c0219866_08110956.jpg
四方に根を張って雄大にそぴえ立っている姿には、鹿取湖畔のオホーツクの風雪に耐えてきた厳しさすら感じさせられる。
c0219866_08114616.jpg
c0219866_08121316.jpg
ランチは網走で一番人気の寿司屋さん。
c0219866_08124660.jpg
c0219866_08130571.jpg
生ビールを飲む人がいる。
c0219866_08133613.jpg
c0219866_08135111.jpg
小清水原生花園
c0219866_08141949.jpg
c0219866_08144240.jpg
c0219866_08150257.jpg
原生花園駅
c0219866_08153482.jpg
濤沸湖(とうふつこ)
c0219866_08160267.jpg
オホーツク海
c0219866_08162810.jpg
小雨模様にもかかわらず多くの人の姿がありました。
花とオバサン
c0219866_08171525.jpg
晴れていれば眺められるらしい峰々は、明日こそ行くと決めている硫黄山~羅臼岳である。
c0219866_08175003.jpg
道の駅に立ち寄ったりして。
c0219866_08182262.jpg
c0219866_08184284.jpg
ちょっと畑が気にならないでもない。
c0219866_08191306.jpg
30日は満室だった斜里第一ホテルに泊まる。
c0219866_08194147.jpg
明日は縦走だ~!
c0219866_08200840.jpg
明朝は430分出発なので深酒は禁物。
c0219866_08203934.jpg






by nakatuminesan | 2017-07-09 17:47 | 山行報告(中級) | Comments(2)

Commented by 熊湖 at 2017-07-12 09:40 x
山、宿、食事にメリハリをつけて楽しめました。
斜里岳は、渡渉、急登、花などいろいろ楽しめ、忘れられない一つにアイスコーヒーだよね。

キャンプでは、ご飯炊きの役目を引き受けてくれて
ありがとう!
今回のような状況判断で動く山旅はいいね~! 

Commented by nakatuminesan at 2017-07-12 13:40
熊湖さん、北海道の山旅お疲れさまでした。
キャンプの飯炊きお任せくだされ。
ブログはやっと斜里駅前の居酒屋“熊湖”にたどり着きました。
続きの夕張岳はどうなるのでしょうか!?

<< またしても雑草園 相変わらず畑です >>