2017.6.4 石鎚山1982m東稜   

2017年 06月 04日

今年はシャクナゲが表年らしいと聞いていましたが、東稜もたくさん咲いたピンクの花で飾られていました。

c0219866_19311398.jpg
c0219866_19325145.jpg
c0219866_19331061.jpg
c0219866_19332823.jpg
c0219866_19334518.jpg
青空にブナの新緑が瑞々しく今日の快晴は約束されている。
c0219866_07585770.jpg
c0219866_07591527.jpg
コヨウラクツツジ
c0219866_07594818.jpg
鶴ノ子ノ頭のトラバースを終えて進めば東稜の撮影ポイントだ。
c0219866_08002414.jpg
東稜基部
c0219866_08005539.jpg
さあ登ります!
c0219866_08012917.jpg
今年は雲早山のシャクナゲ尾根が素晴らしいと話していると花が現れる。
c0219866_08021473.jpg
ザワザワ笹漕ぎ楽しそう。
c0219866_08024482.jpg
サラサドウダンツツジ
c0219866_08031781.jpg
矢筈岩と南尖峰を眺められる場所がある。
c0219866_08035273.jpg
簡単な巻き道を通らず小さな岩場を試し下りする。
c0219866_08042680.jpg
c0219866_08044187.jpg
c0219866_08045987.jpg
矢筈岩が正面になる。
c0219866_08053762.jpg
岩壁に黄色いダイコンソウが一輪だけ咲いている。
c0219866_08060842.jpg
この笹の凹角状の登りが急だけど面白い。
c0219866_08064235.jpg
c0219866_08065747.jpg
シャクナゲが増えてくる。
c0219866_08072871.jpg
2mぐらいの岩を過ぎるとコイワカガミがピンクの花を咲かせていて、岩の上に立つと南尖峰が迫力を増してくる。
c0219866_08080176.jpg
c0219866_08085376.jpg
c0219866_08090744.jpg
シャクナゲは豪華な花の一つである。
c0219866_08093953.jpg
c0219866_08100001.jpg
さらに南尖峰が大きくなってくる。
c0219866_08103793.jpg
恐そうな恐竜の背は左にトレースがあり、トラバースするから通過は簡単ですよ。
c0219866_08111267.jpg
c0219866_08113669.jpg
c0219866_08115113.jpg
c0219866_08121416.jpg
c0219866_08122968.jpg
さらに続く岩場は年毎に木がなくなってきて、登りやすくなったので面白くない。
c0219866_08131151.jpg
さあ最後の登りですよ~!
c0219866_08134221.jpg
コツはクラックの上部に左足を入れること。
c0219866_08142710.jpg
c0219866_08144473.jpg
クラック右のスタンスに右足を置いたら登ったようなもの。
c0219866_08153086.jpg
c0219866_08154960.jpg
c0219866_08161635.jpg
c0219866_08163214.jpg
ほら簡単だったでしょ。
c0219866_08170835.jpg
少し高度感が出てきたかな。
c0219866_08174073.jpg
山頂稜線に乗るとコイワカガミがいっぱいだ。
c0219866_08181568.jpg
天狗岳が目の前になってくる。
c0219866_08184724.jpg
西ノ冠岳
c0219866_08192389.jpg
二ノ森~鞍瀬の頭~堂ヶ森
c0219866_08195773.jpg
ワ~イ♪ 天狗岳
c0219866_08204117.jpg
今日64日は“虫の日”になっていて、いっぱい飛んでいるし弁当にも寄ってくる。
c0219866_08225739.jpg
弥山は大勢の登山者で賑わっている。
c0219866_08232729.jpg
岩稜歩き慎重に。
c0219866_08235982.jpg
東稜を登った人は鎖を掴まないで登ってくださいよ。
c0219866_08243207.jpg
弥山から眺める天狗岳は聳え立っていて、左下には矢筈岩も見えている。
c0219866_08250613.jpg
しまなみ海道
c0219866_08254503.jpg
北壁
c0219866_08261670.jpg
ワチガイソウ
c0219866_08264723.jpg
6月にしては風が爽やかで汗をかくこともなく、帰りも撮影ポイントから東稜を眺められました。
c0219866_08272462.jpg
天候:快晴

土小屋825・・・935東稜基部・・・1020矢筈岩・・・1110南尖峰・・・1120天狗岳1200・・・1210
1220・・・1245成就社分岐・・・1310東稜基部・・・
1410土小屋


by nakatuminesan | 2017-06-04 19:34 | 山行報告(中級) | Comments(0)

<< 2017.6.5~6 峯長瀬大... 大きくな~れ >>